みんカラPR企画

ショップレポート

全国の店舗を取材!突撃インタビュー  第1回 Garage HRS(有限会社エイチアールエス)

ランエボのチューニングで業界トップクラスの支持を集めるGarage HRS。敷居が高そうなショップと思いきや、社長の平山さんは笑顔が絶えないとっても気さくな人。「車好きに国境はない」と語る彼が目指す理想のショップ像とは?

会社概要

社名: Garage HRS(有限会社 エイチアールエス)
住所: 横浜市都筑区池辺町4831
設立日: 2004年4月1日(創業2000年4月)
ブログ: http://minkara.carview.co.jp/userid/249111/blog/

お店設立の経緯を教えてください。

実は僕、20歳くらいまで車にそれほど興味を持っていたわけではありませんでした。車に目覚めたのは、兄から日産サニーB210型を譲り受けたのがきっかけ。その車には、大森スポーツコーナー(現:ニスモ)のパーツや、ボアアップなどチューニングがされていたんです。乗った瞬間思いましたね。「これは今まで乗っていた車とは全く別物だ!」って。それが大学生の頃の話です。

大学を卒業してからは、大手自動車部品メーカーで吸排気部品の設計・開発に従事しながら、ショップに足しげく通う毎日。ただ、自分に合うショップを見つけるのは大変だなと感じていました。パーツのクオリティや価格、仕事の質などで満足できないこともあったので、ならば自分が車好きのための店を作ろうと思ったんですね。最初は会社員としての仕事と並行しながら、趣味のような感じでやっていたんですが、次第に「僕の車も見てくれない?」という友人が増えていって。そんな感じでクチコミで広がっていったのが最初でしたね。

店の中を案内してもらっていいですか?

2010年7月に、引っ越してきたばかりなのでキレイですよ。壁のペンキは自分達で塗っています。みんなペンキ屋さん顔負けの腕前になってしまったかもしれません。

新しい店舗のこだわりポイントの一つは、ピットの中を見やすくしたことですね。普段から車をいじっている人でも、なかなか愛車がリフトアップされている姿を見ることはできませんし、「自分でやりたい」という人にとっては勉強にもなるでしょう。スタッフにひと声かけてもらえれば、近くで見ることもできますよ。ちなみに、ピットを覗く窓の近くにあるテーブルとイスは僕のお手製です。

多めに取りそろえた商品は、オイル・ケミカルですね。これはオイルに限らずですが、日本製のものが一番というわけではなく、世界中に魅力的なものがたくさんあるんです。それをウチでは、メーカーや現地の代理店と直接取引しているので、お求めやすい価格で提供することができます。ですからオイル交換のような簡単なところから、その違いを体感してもらえればと。今後はスナップオンやKTCなどの工具もたくさん取りそろえる予定です。

イチオシアイテムを見せてください

■わずか2時間程度で、エンジン内部もきれいにクリーニングできます!

4万kmくらい走った車は、エンジンの中に煤などがこびりついて性能を落としてしまいます。それを掃除するとなると、かなり大変な作業になり費用もかかるのが一般。でも、ウチにはビルシュタイン社製のカーボンクリーンシステムがあるので、安価で手早くクリーニングすることができるんです。ランエボクラスの車で、1万6800円(工賃込み)、作業は2時間程度。エンジン音が静かになったり、アクセルレスポンスが改善したりするので、すぐに違いを体験できると思いますよ。

次にオススメなのが、マグネファインATF フィルター。長年乗ったオートマ車のATFフルード(ミッションオイル)は、オートマフルードの劣化や内部に蓄積された金属粉やスラッジによって経年劣化が起こっているんです。マグネファインATF フィルターを使えば金属粉などを磁力で吸いつけてくれるので、ATFフルードをクリーンな状態に保てます。ウチでは、オートマ内部の洗浄とATFサプリメントの添加なども一緒に施工しています。車を大切に乗りたい人にはかなりオススメ。

標準工賃:1万8900円
ATクリーナー
ATFサプリメント:3150円
マグネファイン1万500円

※上記以外にATF(オートマフルード代がかかります)
※輸入車及び一部の国産車は料金が異なる場合があります

■ビルシュタイン R-2000 カーボンクリーンシステム
http://www.garagehrs.com/hotparts/bilstein/carbonclean/
■プレミアムATF交換 (オートマトータルカーケアシステム)
http://www.garagehrs.com/service/atf_exchanger/atf_exchange_service.html

店員の方を紹介してもらえますか?

まずは、チーフ・メカニックの井坂君。彼はもともと金型・冶具設計のエンジニアとして他社で活躍していたんですが、レースメカニックの夢を捨て切れずウチに来てくれました。どんな仕事にも粘り強く取り組む姿勢がいいですね。

「はじめまして井坂です。車好きのお客様のためならどんな相談にも乗りたいと思っています。ちなみに、社長はおいしい食べ物が大好きなので、近くのおいしい店なども紹介できますよ!」

次は、HPなどのWebデザインや、カタログ、POP作成をお任せしている大輪さんです。彼女は今年(2010年)に学校を卒業したばかり。部品の写真ひとつとっても撮り方に工夫してくれたりなど、メカニック畑の僕らとは違うセンスを持っていますね。

「はじめまして大輪です。デザイン関係の仕事以外に、電話対応などの事務的な仕事もしています。社長はいつも笑っていて、優しい人ですよ。でも、レッドブルをいつも飲んでいるところがちょっと変わってるかな。」

今後の仕事の夢は?(目指す方向は何か)

ウチがブレイクしたきっかけは、筑波スーパーバトルなどのタイムアタックに参加したこと。タービン交換とか、フルチューンのランエボの活躍が多い中、僕はノーマルタービン・ブーストアップにこだわってランエボのポテンシャルを引き出すチューニングして健闘したんです。そのチャレンジ精神やアプローチの仕方が注目されて、雑誌取材を多数受けるなど一気に有名になりました。

それで今は、ランエボやインプレッサのお客様が多いんですが、僕は「車好きに国境はない」と思っているんです。早い車に乗るのが好き、車を大切に乗るのが好き、チューニングするのが楽しいとか、いろんな楽しみ方があっていい。今は、若者の車離れだとかいろいろ言われているけど、人より速くパワーのある車に乗りたい、運転を楽しみたいなど、人間の根っこの方の欲求を車は叶えてくれる。これは普遍だと思うんです。だからウチは、そんな一人一人の楽しみを応援し、それを広げるショップでありたいと思っています。

編集後記

Garage HRSはランエボやインプレッサのチューニングで知る人ぞ知る名店。ちょっと敷居が高いのかなと身構えての取材でしたが、全くのとり越し苦労でした。社長の平山さんはいつも笑顔で優しい雰囲気。「車好きに国境はない」という社長は、フルチューンランエボから、ファミリーカーなど車種も志向も関係なく、全ての車好きを温かく迎えたいという人でした。まずは、オイル交換から…という方も大歓迎とのことなので、気になる人は気軽に相談してみるといいかもしれません。