みんカラPR企画

LXF DESiGN|LEXUS 新型GS用エアロ LXF DESiGN
  • LEXUS GS250
  • LEXUS GS350
  • LEXUS GS450h
  • LEXUS GS250 F SPORT
  • LEXUS GS350 F SPORT
  • LEXUS GS450h F SPORT
会社名エルエックスエフデザイン
Official Web Site
所在地 〒651-1413
  兵庫県西宮市北六甲台3-35-1
TEL/FAX078-220-7355/078-220-7354
E-Mailinfo@lxf-design.com
圧倒的な存在感を演出

「上質なラグジュアリースポーツの提案」をテーマに掲げ、レクサスLS/GS用エアロを手がける『LXF DESiGN(エルエックスエフ デザイン)』より、新型GS用エアロが登場。まず『フロントバンパースポイラー(FRP製/115500円)』はデザイン自由度の高いフルバンパータイプを採用。フロントマスクをスパルタンに演出しつつ、センター部の低さを抑えることで十分なロードクリアランスを稼ぎ、日常域での使い勝手を高めている。また、サイドダクトが戦闘機やF1マシンを彷彿させる精悍なディテールを創出。カナード部分とデザイン的なつながりを持たせることでスピンドルグリルとの調和を完成させ、新型 GSのフロントマスクに圧倒的な存在感をプラスしている。

デザイン性と機能性の融合

ノーマルのボディラインに馴染むようデザインされ、純正と見間違うほどの完成度を誇る『サイドステップ(FRP製/105000円)』は、フロントからリアにかけて連続的に変化していく卓越したデザイン性に注目したい。まずフロント側は下方向に延長し、純正のデザインを損なわないように仕上げられる。一方のリア側は、3D形状のダクトをインストールすることで軽快感を与えると同時に、サイドビューをスポーティに演出している。また、下方向への延長を20mmに留めることで、日常ユースでの影響が少なくなるように考慮。デザイン性と機能性を高い次元でまとめ上げ、新型GSの流れるようなサイドビューをシャープに引き締めるのが、この『サイドステップ』だ。

迫力を醸し出すディテール処理

『リアバンパースポイラー(FRP製/115500円)』は、フロントマスクとのバランスを考慮してデザインされたフルバンパータイプ。『LXF DESiGN』では、スポーツセダンに仕上げる以上リアビューの存在感が必要不可欠と考え、エクステリア全体の調和を崩すことなく、大胆かつインパクトを感じさせるデザインを採用している。それを最も良く表しているのが、センター下部のディフューザー形状とマフラーフィニッシャー上下のアウトレットダクト。これらによって適度なボリューム感を与えながら、ラグジュアリー系エアロにありがちな視覚的な重さの払拭に成功している。新型GSのリアビューを引き締めつつ、スポーツセダンとしての誇りを昇華させるエアロと言えるだろう。

絶妙なバランスによってスタリングを構築

エッジが強く、非常に角張ったデザインに見える新型GS。しかし、要所には美しい曲線が織り込まれ、それらの絶妙なバランスによってスタリングが構築されていることが分かる。そのバランスを保ちながら、あたかも元々存在していたかのような抜群のフィット感を見せるのが『GTスタイルフェンダー(FRP製/168000円)』だ。欧州ハイパフォーマンスセダンの多くがそうであるように、今やスポーツセダンに必要不可欠とも言えるフェンダーダクト。ダクト内側を曲線で仕上げることにより、新型GSのエクステリアに違和感なく溶け込むようにデザインされている。『サイドステップ』との同時装着によって、オーナーは最上級のスポーツセダンである喜びを手にすることができるのだ。