みんカラPR企画

SHOWA TUNING|乗る人の感性に合わせた至高のサスペンション
  • ≪COMFORT≫
  • インサイト(ZE2) 09.2~ ¥87,150  コペン(L880K) 02.6~ ¥79,800
  • ≪SPORTS≫
  • フィット(GE6※14インチ車適応外・GE8・RS GE8) 07.10~ ¥87,150
  • フィットハイブリット(GP1・GP4) 10.10~ ¥87,150  インサイト(ZE2) 09.2~ ¥87,150
  • CR-Z(ZF1) 10・2~ ¥89,250  コペン(L880K) 02.6~ ¥79,800
  • スイフト(ZC11S・21S・71S)・スイフトスポーツ(ZC31S) ¥87,150
製造元株式会社ショーワ
販売元SPK株式会社
所在地 〒140-0011
  東京都品川区東大井1-4-20
TEL/FAX03-3472-5015/03-5460-7440
http://www.showa-tuning.com/
世界に冠たる日本のブランドSHOWA

株式会社ショーワは、ショックアブソーバを中心に国内外の4輪、2輪メーカー向けに納入している自動車用部品メーカー。モータースポーツの最高峰であるF1やINDY、二輪ではMoto GPにも供給し、その実力が認められているSHOWAがアフター向けサスペンションを発売している。大手メーカーのOEMサプライヤーという匠ならではの奥深さを感じさせてくれる商品は、まず大前提として「乗り心地」を追求。今回の取材では「スポーツでも量産車より乗り心地が悪ければ売らない」とのコメントが印象深い。そこには本来、相反するスポーツ性と乗り心地の両立を追求したこだわりが見て取れる。純正サスペンションの企画、開発を担うSHOWAだからこそ到達できた境地。今回はそんなSHOWAの魅力を紹介したい。

しなやかな走りを提供する『COMFORT』

SHOWAは、自分好みの乗り心地を求めるオーナーに対して「各々の感性に適したサスペンションを!」と考えた。こうしてアフター向けブランドの『SHOWA TUNING(ショーワチューニング)』が始まり、先駆けとして『COMFORT(コンフォート)』が誕生。文字通り快適で、応答性に優れ、しなやかな走りの提供を狙った商品だ。基本的に『SHOWA TUNING』のラインナップは乗り心地など快適性をも重視するユー ザーの声に応えるもの。中でもそれを追求した結果、車高が10mm上がるコペン用が印象深い。車高が低い方が見た目には格好良く安定感もあると思われるが、そんな常識を覆した商品と言える。これが市場で受け入れられ、今でも多くのユーザーに愛されている。そして、スポーティ感を求めるユーザー向けに誕生したのが『SPORTS(スポーツ)』。『COMFORT』に操安性と走る気持ち良さを加えることで、ベストバランスの提供を目的とした商品と言える。

『SPORTS』は操安性と気持ち良さをプラス

『SHOWA TUNING』が快適な乗り心地をもたらす理由。それは欧州車の多くに採用される「リバウンドスプリング」の存在だ。実際、スプリングとショックアブソーバーだけでバランスを取ろうとすると限界がある。そこで、リバウンドスプリングによるロッド制御でリバウンド感を払拭し、同時にキビキビ感の向上と不快な突き上げ感の減少を実現。SHOWAではその種類を豊富に取り揃え、『SPORTS』『COMFORT』とも、車種ごとのコンセプトやユーザーの乗り方に合わせてチョイスしている。さらに、ピストンやダンパーケースなども極力、純正よりも大きなサイズのモノをチョイスし容量アップに務め、懐深い乗り心地と、ハンドリングの向上に大きく寄与させている。これもSHOWAの走りの強いこだわりの現れである。

安定した挙動と快適な乗り心地を体感

街乗りと高速で100kmほど、SHOWA TUNING 『SPORTS』を体感してみた。まず、減衰力調整は「さすが!」の一言で、大きな入力がある時でもリバウンドスプリング効果で快適かつ安定した乗り心地を披露。少し専門的な表現では、アクセルオンやブレーキングに伴うノーズリフト&ダイブが抑えられ、高速走行ではシャキッとした印象。荷重移動からのグリップ感がもう少しほしいが、純正からのレベルアップ幅を考えると、これ以上を求めるのはワガママだ。これまでの実績とこだわりの結晶と言える『SHOWA TUNING』。今の乗り心地に満足できないユーザーに、ぜひ一度体感してほしい。また、2013年3月中旬には86 MT用「SPORTS」を発売(86 AT用・BRZ用「SPORTS」、86用・BRZ用「COMFORT」も開発中)。4月中旬頃にはSHOWA TUNINGの「SPORTS」「COMFORT」に次ぐ新シリーズとして、長年にわたり活躍している車両向けに"純正+α“の乗り心地をリーズナブルな価格で実現する「COLLECTION」が登場。シリーズ第1弾としてマツダ ユーノスロードスター(NA型)用をラインアップする。