「小粒でも刺激的な一台」 | クルマレビュー | BMW 1シリーズ クーペ

BMW 1シリーズ クーペ

ユーザー登録台数

692

本体価格

新車
-
中古
94.9万円298万円

( 51 件)

1シリーズ クーペの買取情報を調べる

※新車価格はメーカー発表当時の価格です

ユーザー評価

4 ( 32 件)

燃費

ハイオク
8.81 km/L ( 1,592 件)
マイカー

小粒でも刺激的な一台

イイね!
走行性能
溢れるパワー(306ps)でどこまででも加速してくれそうな感覚がある。他の輸入スポーツカーと比べると控えめな数値にも見えるものの、高速の合流や料金所通過直後の加速には申し分ない。というか雨だと2速でもホイールスピンする。タイヤも重要。
イメージ的に100km/hまでの距離が近い。普通の車でじんわり加速して到達する速度域にストレスなく到達出来る。
BMWお得意の理想的な50対50の重量配分のためか挙動は素直でコーナーでもグングン頭が入っていく。首都高C1、特に江戸橋→銀座新富町→横羽線に抜けるあたりの連続コーナーでの安定感は感動モノ。
標準でブレンボキャリパーが付いてるのも自分的に大きなポイント。フロント6potリア2potという結構やる気のあるもの。現行のM240iなどですら4potになったところをみると性能過剰だったのかな?
乗り心地
乗り心地は硬いの一言。ただ鋭い突き上げはあまりなく収束も早いのでそこまで乗り心地は悪く感じない。感覚的に言うならば「カッチリ」している。こういうのをロードインフォメーションが高いというのかな?
設計段階であえてエンジン音を車内に入れ込むような狙いが有る気がする。風切り音やロードノイズは少ないもののエンジン音はしっかり聞こえる。高速道路で巡航中に助手席の人間と小さめの声で話しても全く問題ない。
燃費
街乗り7.5~8km/L前後
高速11km/L弱

渋滞が苦手で、ハマってしまうとガソリンをモリモリ食ってしまう。流れていればほかの車に比べて明らかに悪いと言うほどでも無い。
積載性
2ドアクーペに後部座席は飾りというのはあるあるだが、この135iの場合にはそんなことはなく意外に広い。身長175cmの成人男性が座っても天井にはまだ余裕がある。
緊急用と割り切っていても実用性があるのはありがたい。他にZ4やSLKも購入検討に入っていたが後部座席の存在が大きかった。
後部座席を倒すとトランクスルーになる。173cmの自分が寝っ転がれる広さ。運転席と助手席の間にスキー板を通せば170cmくらいまでなら積めそう。
故障経験
まだ4000kmほどしか走っていないため無し。
満足している点
【エンジン】
40.8kg/1300rpmという出力特性。
掛けた瞬間から響く低音、5000rpmあたりから聞こえてくるツインターボの吸気音。
レッドゾーンまで一気に回るなめらかさ。

【走行性能全般】
具体的には後ほど

【ボディーサイズ】
1730×4370という絶妙なサイズ感、都内や幅の狭い峠に加えて立体駐車場でも扱いやすい。

【エクステリア】
こればかりは個人の趣向によるところが大きいが、個人的には気に入っている。鍵を開けたときにドアノブがLEDで照らされる所は意外にお気に入りポイント。シルエットがちょっとふとっちょかな?(笑)
2シリーズになって更に洗練されたように感じる

【インテリア】
シンプルで質実剛健。内装が黒とアルミで統一されているのが落ち着いている。メッキなどはほぼ使われていない。またシートが赤や白だと印象が違うだろう。照明とメーターがアンバーなのはBMWの伝統だそう。
不満な点
【ホイールサイズ】
前後異サイズ(18インチの7.5J+49と8.5J+52)でPCDが120という時点で選択肢が大幅に削られてしまう。おそらく同じサイズ展開をしているホイールはほぼないのでは?
前後同サイズでタイヤサイズを225で統一するか(もともとは215と245)、8Jと9Jのホイールにして225と255のタイヤを履かせるか。

【ブレーキダスト】
ドイツ車全般に言えることかも知れないが、例に漏れずブレーキダストが多い。2週間もほっておくとフロントホイールが黒々している…。ホイールを選ぶときも無意識に掃除のしやすさを考慮してしまう(笑)
実際パッドを変えればよいだけの話なのでホイール程の不満ではない。

【ライト類】
エンジェルリングがハロゲンだったり、ウィンカーがオレンジのまるまるとした電球だったり。好みの問題も有るがちよっと古さを感じる。

【エンジンの排熱】
ほかの方も仰られている通り、エンジンがフロントミッドに搭載されているためか車内が熱い!秋口からは快適になる?

【ハンドルの重さ】
日本車に慣れていると重く感じる。走り出すと軽くなる。慣れの問題も有りそう。切り返しの時は体力使う。 

【燃料タンクの小ささ】
フルで50L、後述の燃費と併せて考えると短いときで航続距離は400km弱。比較はナンセンスと分かっていても世間には1タンク1000kmが可能な車もあるわけで、なんだかなぁ。
総評
だいぶマイナーなモデルだが、小さなボディーにBMWのエッセンスがしっかり詰まった良い車だと思う。
逆にこのサイズのボディーに3Lツインターボを積んだ車はそうそういない。GolfR32くらいか。
エコエコのこの時代の流れに逆らう存在でも走っているととにかく楽しい。これが駆け抜ける歓びかと。
歓びのままアクセルを踏むと一瞬で免許が吹き飛ぶ速度域まで行ってしまうので油断ならない!

ツードアで3L、メイン使いにするには少々使い勝手が悪く維持費も掛かるが、刺激的で何にも代え難い興奮を与えてくれる素晴らしい相棒と言える。
関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/2463063/blog/40233309/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter