BMWアルピナ B3 リムジン

ユーザー評価: 4.55

BMWアルピナ

B3 リムジン

B3 リムジンの買取情報を調べる

クルマレビュー - B3 リムジン

  • 家族所有
    • シュウ(秀)

    • BMWアルピナ / B3 リムジン
      B3 3.3 リムジン (1999年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2015/09/11
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      欲を言えばあと30psと伴ったトルクが欲しい。

      ハンドリングはきちんと整備していれば文句なし。
      初期型で重たいパワステだが、走り出すと信頼感がある。
      直進性もサーキットで200km/hでバンザイできるほど、文句なし。

      174cmの横幅は、447cmの長さとの比率が良い。

      ハンドルの切れ角はとても優れていて、切り返しが楽。

      乗り心地

      ボディ補強をしているので、足が良く動き快適。そして静か。
      各ブッシュ類は強化品と純正を織り交ぜ、9割方交換済み。

      不快な振動の類は、適所アーシングにより激減した。
      駆動部稼動部グリース交換、ベアリングも交換済み。

      風切り音も低減させた。

      乗る人すべて、静粛性、ボディ剛性、走りに驚く。

      燃費

      固めのエンジン&AT、デフ油脂類にした為、0,7ほど落ちた燃費は、
      ハブベアリング含め、オイルの見直しにより、エンジンオイルは減らない、
      ATは気持ちよく切り替わる、デフの唸りは消えた、そして燃費も回復し、
      リッター9前後を維持している。

      そうそう、45kgほどの軽量化も効いているはずである。

      積載性

      交換用タイヤは4本積めた。

      故障経験

      カムシャフトセンサー不良、ヘッドカバーガスケットオイル漏れ、
      ATシフトショック、ブレーキマスターバック不良、エアコンガス漏れ。

      エアコンはガスと潤滑オイル注入、ガス圧適正化により、
      寒いほど効く。

      2000年式、18万キロのクルマと考えると、予備整備もあるが、
      大変丈夫なクルマだ。

      満足している点

      おとなしいセダンボディでスポーツカーとも走れる走行性能。
      500kmほどのツーリングでも疲れない優れたバランス。

      不満な点

      政府が税金を不当に吊り上げたこと。

      総評

      眺めてよし、走ってよし、音もよし。
      電子制御も少ないのである程度自分で整備できて、
      世界に500台ほどの希少性は維持の甲斐がある。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    BMWアルピナ B3 リムジン
    • エースー

    • BMWアルピナ / B3 リムジン
      3.3セダン_LHD(MT_3.3) (1999年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/08/08
    • 満足している点

      走りに尽きます。ちょっと、オーバーパワー感がありますがストレス解消には持って来いです。吹き上がり感は超一級品だと言えます。足回りも負けていません。普通にワンディングを流しても道を譲ってくれます。

      不満な点

      以前所有のアルファードと比べると当たり前ですがエアコンの利きが悪い。後席は最悪です。扇風機を買いました。

      総評

      オイルの交換時の量が多いのとオイルが食うのを除けば今の所、大変満足です。細かいトラブルがありますが許容範囲内だと思います。これからは分かりませんが?

    満足している点不満な点総評
  • マイカー
    BMWアルピナ B3 リムジン
    • BMWアルピナ / B3 リムジン
      3.3_LHD(AT_3.3) (1999年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2013/06/17
    • 走行性能

      ロールはありますが、粘ちっこく吸い付くようなフィーリング、6気筒の滑らかなエンジンフィール。パワー感も満足です。

      ただ、チューンドエンジンなので、ノッキング気味なのが気になります。

      乗り心地

      318に乗ったことがありますが、足が明らかに違います。扁平タイヤにもかかわらず、質感の高い路面にヒタヒタと馴染む心地よさがあります。いわゆるアルピナマジックというのでしょうか。

      使い勝手

      コンパクトセダンとして取り回しも良く、日本という道路環境では調度いいと思っています。

      内外装

      内装、外装共にアルピナオリジナルテイストがあり、既に7年目になりますが、満足しています。

      不満な点

      価格が高すぎることと、ディーラーに相談してもノッキングが改善されなかった点です。

      総評

      全車、工場出荷前にマイスターが試走してチェックをしているそうで、そういった魂の篭ったマシンとなると愛着が一層増します。既にF30が登場していますが、色褪せを感じず存在感を感じさせてくれます。

    走行性能乗り心地使い勝手内外装不満な点総評
  • マイカー
    BMWアルピナ B3 リムジン
    • BMWアルピナ / B3 リムジン
      不明 (2003年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2012/11/27
    • 走行性能

      昨今の0-100km/m加速が5秒を切るのが当り前のスポーツカーに比べると遅く感じてしまうが、日本国内を普通に走る分には十分な速さ・加速が得られる。カーブの速さや加速のスムーズさなど非の打所がない

      乗り心地

      これぞ車作りの良心、良心の塊だ! エンジン・足回り・ATの見直しにより、地味~~~に良い車に仕上っている。出だしの良さ、加速の良さ、コーナリング、ハンドリング、全てが気持良く、官能的。

      使い勝手

      コンパクトなボディに、十分な室内の広さ。ツーリングボディなので、BMW特有のリアガラスハッチが使い勝手よく二重丸

      内外装

      外装のアルピナブルーと、アルピナエアロが良い。ホイールも良い。内装もアルピナレザーが良い

      不満な点

      後部座席が長尺ものを通す仕様になっていないこと

      総評

      自分にとってはこれ以上の1st Car はない。 あくまで1st Car としては。 sporty さを求めれば、クーペやオープンカーとなるので・・・

    走行性能乗り心地使い勝手内外装不満な点総評
  • マイカー
    BMWアルピナ B3 セダン
    • LNP-2L

    • BMWアルピナ / B3 リムジン
      E46 B3 3.3 LHD 6MT (2001年)
    • おすすめ度:
    • レビュー日:2011/11/07
    • 満足している点

      2006年に中古で購入して以来、主に通勤と普段の脚に使っています。気に入っている点は沢山ありますので、箇条書きで。
      (エンジン&駆動系)
      1)エンジンが点火した瞬間のあの’フォーン!’という独特の澄んだ太い音。少し離れていてもALPINAだと判る、その気にさせる音。鋳鉄製エンジンブロックにいまだに拘っているおかげかも?
      2)アクセルに対する回転のレスポンスがとにかく良いので、MTで扱い甲斐がある。ヒール&トゥーで回転を合わせる操作も、アクセルにほんの一瞬ヒールを当てる程度で充分。(逆の見方をすると、普段雑なアクセルワークをしている人には極めて運転しにくいはず)
      3)回転数が4,000rpm辺りを超えると排気音が甲高い快音に豹変!(ドライバーにアドレナリンを一瞬で注入させてくれる)
      4)ノーマルBMWのE46では考えられないほどに太いトルクがアクセルワークとほぼ同時に発生するので、加速したいときはギアの選択次第でほぼ思いのまま。
      5)ゲトラグ製の6MTはシフトのダイレクト感が素晴らしい。まさにレスポンスのよいALPINAにはベストマッチングだと思う。
      (左Hも左クラッチ&右シフトノブの操作は理にかなっていている上にBMWの左Hはポジションが自然に取れるので疲れ知らず)

      (足回り&ハンドリング)
      6)フラット感があり腰のある絶妙のサスペンションセッティング。この絶妙なフィールはそう簡単に造れるものでないと乗るたびに思う。
      7)遊びが少ないのに神経質すぎないハンドリング(疲れ知らず)。  ※)現タイヤはミシュランPS2のノーマルサイズ装着
      8)ステアリングの握りが太すぎず、細すぎずでスポーツドライブ志向の自分のスタイルには丁度よい。(ノーマルBMWのMスポーツは太すぎに思う→操舵フィールが感じ取りにくくてタイヤの接地感がつかみにくいはず(BMWは最近はファッション優先?))
      9)コーナーへのアプローチでブレーキングによる加重移動からハンドルを切っていく過程で挙動がつかみやすいので、思い描いたラインへ気持ちよくスムーズに入っていける(ロングドライブでも飽きない)。
      (ボディ関連)
      10)何と言ってもドアが4枚あること。(これ、カミさんを説得する際にとっても大事!)
      11)アルピナブルーは日差しや天候によって微妙に色味の表情が変わるので結構味

      不満な点

      不満な点は区分けせずに一気に。
      1)3,000rpm以下の通常走行ではあまり存在感を主張しないジェントルな排気音。(どうしても回転を引っ張り上げたくなる原因に)
      2)E46はどうしても内外装はそれなりだと思う。ALPINAを知らなければ新車時にオプション込みで札束9つ以上の車には見えないだろう。(逆に言えば、中身に価値を認められるかどうか?がALPINAを選ぶ人とそうでない人を選別する’踏絵’なのかもしれない)
      3)雨滴センサー付きのワイパーは便利そうで便利ではないと感じる。微妙にこちらの期待する払拭タイミングとズレる。
      4)センターコンソールのシフトノブに干渉しそうになるアームレストはいただけない。自分は普段からしっかりとシフトノブの腹部を握ってシフトするのを癖にしているが、あのアームレストは邪魔者以外の何者でもない(スポーツドライブ時にシフトミスしては危険なので購入時に取り外して別のタイプに付け替えてもらった)
      ※)ALPINA純正ノブは指の腹が当たる側に皮革が張られているが、まさにそういう握り方を想定して滑りにくいようにデザインされていると感じるが・・・このアームレストとは完全にちぐはぐ。
      5)ALPINAオリジナルのパーツは高価すぎる。自分は幸いにもまだそのような事態に遭遇していないが・・・ALPINAオーナー最大の悩みでは?

      総評

      総じて述べるなら、中身に拘る大人のためのスポーツセダンの一角に確実に名を連ねる資格のある車だと思う。時計で言うなら、まるでごく普通のステンレスケースをまとっているのに、中身のムーブメントはあのジャガールクルトを格納するIWC Mark12の趣味に似ている。解る人には他に代えがたい満足感を与えてくれるが、そうでない人にはまるで興味の対象外・・・そんな趣味性の高さという点では近年では希少な絶滅危惧種のような奥深い味わいをもった工業製品の一つだと思う。新車登録から10年、中古購入から5年で走行距離5万Km弱。できることなら大切に長く付き合っていきたいと思う。

    満足している点不満な点総評

前へ1234次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter
閉じる