「フラッグシップクーペと称される理由」 | クルマレビュー | レクサス LC

レクサス LC

ユーザー登録台数

27

本体価格

新車
1300万円1400万円
中古
-

LCの買取情報を調べる

※新車価格はメーカー発表当時の価格です

ユーザー評価

4 ( 11 件)

燃費

-
- km/L ( - 件)
試乗

フラッグシップクーペと称される理由

イイね!
  • レクサス / LC
    500“Sパッケージ”(AT_5.0) (2017年)
  • おすすめ度:
    乗車人数:3人
  • レビュー日:
    使用目的:その他
走行性能
ガソリン車:足回りがしっかりしていてしなやかさを残しつつ、新しいプラットホームサスペンション採用で突き上げ感少なく、路面の凹凸を程よく拾う。
      
ハイブリッド車:出足はハイブリッド車の方が軽く、従来からあるハイブリッドシステムに加えて、世界初*マルチステージハイブリッドシステムを搭載されて、発進時、低速から静かに加速。スピードの伸びが半端ない。

乗り心地

正にラグジュアリークーペ。シートに座れば納得できました。
背中から包み込むような、しなやかでしっとりした乗り心地。
ホールド感があり、特に魅力的なのは、シートに使われている素材。
このところの気温上昇でもきっと、このシートなら快適で涼しい顔でドライブ出来るはず。
運転席・助手席それぞれ温度調節出来るのはもちろん、ルーフ付近の吹き出し口や、
シートの肩の付近から、ハンドル根本からも空調された爽やかな風が吹きます。
とにかく、このクルマのエンジン部分にコンシェルジュがいるのかっていうくらい
至れり尽くせりの仕様。
燃費
ガソリン車 6.5km/L    
ハイブリッド車 11km/L 
あまり、良くない
街乗りだから・・・かな?
積載性
ラゲッジスペースに関しては、ガソリン車はゴルフバックが一つは入るとのこと。
ハイブリッド車は、やはりバッテリーが収納されているため若干狭くなっていました。
クーペモデルなので、後部座席はかなり狭い。
小柄な私でも、背筋を伸ばして座れないためシートに深く沈んでいる状態でした。

クーペというものは、大切な人と二人で乗るものかもしれない

故障経験
試乗なので、不明
満足している点

静(ハイブリッド車)と動(ガソリン車)の演出
端から端まで細部までのこだわり。

・ガソリン車では、エンジンをかけた際にデザインされた音を聞いて気分が高揚しました。「アクセルを踏み込む、エンジンが答える」
まるで映画館に要るかのような臨場感でした。

・ハイブリッド車では真逆で、水を打ったような静けさで静寂に包まれていた。

フロントグリルの三眼LEDライト、
幾つのも層で怪しく光るテールランプ。


不満な点
ガソリン車の燃費の悪さ

総評

『TAKUMI』と呼ばれる創り手の思いや、LEXUSのその一台に対する想いが壮大でした。
例えば、世界最高レベルのホテルのスイートルームに一歩足を踏み入れるような
    自分の生まれた年のワインのコルクを開けたような
    幾つもの☆がつくレストランで頂く一皿のような


最先端技術も多く盛り込まれ、製品の素材も上質で高品位
上げればキリがないくらい、端から端まで全部 作り込まれていて
とても重厚なものづくりの集大成に触れられて、幸せな時間だったと思いました。


フラッグシップモデル*とは、複数モデルの製造される製品シリーズのうち最も上位に位置づけられる製品のモデルを指す言い方です。
製造者側の技術が集結されて製造される、いわば最も妥協のない製品といえます。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

専用設計されたLEXUS LC500用のカーマットをご購入の際はぜひ、FJCRAFTの商品をご検討ください!(^^)!

楽天市場:LEXUS LC500商品一覧


ヤフーショッピング:LEXUS LC500商品一覧

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/2596361/blog/40006499/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目キーワード

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter