マツダ デミオ

本体価格
【新車】135万円222.5万円
【中古】0万円257.6万円
【買取】115.6万円

買取相場チェック

ユーザ評価
4.05
(クルマレビュー数:1533件)
燃費
レギュラー 14.63km/L
(燃費記録数:42006人)
カタログ燃費 30km/L
(10・15モード)
[PR]
関連パーツをamazonで探す

クルマレビュー

マイカー

デミオという名の上質なハッチバック。

イイね!
走行性能
ガソリン車はキビキビ走り、運転するのが楽しい。

山道の登りや、高速道路の合流加速など、もう少しパワーがあれば…ということはあるが、動力性能的には不満はない。

デミオにはディーゼル車もあるので、可能なら乗り比べの上で、どちらを選ぶか考えてもいいだろう。

6ATについているマニュアルモードとスポーツモードはなかなか面白く、操作感も違和感がなく、特にシフトダウンは人間がやるより早い。


乗り心地
サスは柔くも硬くもなくちょうどいい感じ。ノーマルサスだと少々ロールが大きいのが気になる。

自分のデミオは16inchタイヤを履いているのだが、ゴツゴツ感はあまり気にならない。

純正装着されているTOYOプロクセスR39が良いタイヤというのもあるが…


先代デミオの13SKYACTIVも静粛性が高かったが、現行のデミオもまた静粛性が高く静かである。むしろロードノイズの方がうるさいくらいだ。

先代では標準で装着されていたボンネットのインシュレーター(遮音材)がディーゼルのみに装着され、ガソリンには装着されないのは不満。
燃費
前車デミオ13SKYACTIVから比べ、とても良く、燃費はモデルチェンジで最も改善された点ではないだろうか。

通勤、買い物など一般的な使い方をした燃費は燃費計の数値で平均16〜18km/Lといったところである。

遠出をするとラクに20.0km/Lをこえ、うまく走らせるとJC08モードの24,6km/Lを超えることもある。

燃料タンクの容量が44Lと増えたため、前車より給油回数が減り、月の燃料代も減った。

クルマ自体フルSKYACTIVになったこともあるのだろうが、ミッションがCVTからSKYACTIV-DRIVEに変わったことが一番大きいのだろう。




積載性
ラゲッジ容量は同クラスのフィットやノートと比べると劣るが、日常生活で使用する分には特に不満は感じられない。
故障経験
リコールやサービスキャンペーンは何度かあったが、走行に支障をきたすトラブルの類いは今のところない。

満足している点
・先代に比べ格段に良くなったクルマ自体の出来。

・従来のマツダ車からは見違えるほど良くなった内外装の質感。特にインテリア。
不満な点
・後方視界の悪さ。(特に斜め後方)車庫入れに自信のない方は、オプションのバックモニターを装着されることをオススメする。

・収納スペースの少なさ。

・使いづらいカップホルダー。

・マツダコネクト。
総評
先代までのデミオと比べると価格が高くなってしまったが、実際乗ってみると走り、燃費、高い内外装の質感etc…トータルバランスに優れたクルマだと思う。

デミオを考えているが、価格が高くて…と躊躇われている方は、是非一度デミオに試乗して欲しい。

初期投資は高いが、長く乗ることを考えると、却ってお得ではないだろうか?
関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/1896131/blog/38717076/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

マツダ デミオ

みんカラを始めよう!

イイね!ランキング

注目キーワード

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter