三菱 デリカD5

本体価格
【新車】-
【中古】-
【買取】査定を申込む
ユーザ評価
4.67
(クルマレビュー数:3件)
燃費
レギュラー 10.20km/L
(燃費記録数:36人)
カタログ燃費 - km/L
(10・15モード)
[PR]
関連パーツをamazonで探す

クルマレビュー

マイカー

Di-Dエンジン凄し。

イイね!
三菱 デリカD5
走行性能
悪路走破性優先にして開発された車なので、ディーゼル車は、走行性能に文句なし。
デリカD5に文句がある人がいるとしたら、より高い悪路走破性を求める人ではないかな。
そういう人には、ランクル、パジェロ(ロング)、ランドローバーなんかが合うのではないかしら。
乗り心地
足周りの作りこみがしっかりしているので酔わない。
言いすぎかもしれないけど、ビルシュタシンダンパー入れているのかと思えるくらいに、衝撃吸収力と伸縮のバランスが良く取れています。
それでいてシートの硬さもしっかり座れる固めソファーのような作りなので、ゆったり乗っていられます。

今まで歴代乗ってきた車の中で一番乗り心地がいい車です。
燃費
燃費問題が色んなところで話題になってますが、山を少しなりとも走る機会があるなら、ディーゼルエンジンはマッチしているのだろうと思います。

ディーラーが公表している燃費の公称値は、平地で測定しているものであって、実際に山道を走った場合の燃料の差は、走ってみないとわかりません。

ディーラーに見に行くまで知らなかったのですが、D5はディーゼルターボ。昔ながらのNAディーゼルとは異なり、タービンが回る分、走りにトルク(引っ張る力)不足を感じさせません。(トルク36kg台は、一般に3.5L以上のハイオクエンジンの出力特性。)
ここまでが基礎知識。

その上で、デリカD5のディーゼルエンジンは、1500rpm~2500rpmのトルクバンドで山を駆け上っていきます。
低回転型エンジンかつ、最大トルクが1800rpm~2500rpmであるので、この回転数で登れてしまうのです。
簡単に言えば、最大でも2500rpmの燃料しか使わないということですね。

一般に、2000cc~3000ccのガソリンエンジン車で山道を走ろうと思うと3000~4000rpm前後が必要です。排気量が低い場合は5000rpmも回さないと、登坂に必要なトルクを引き出せないこともあります。

このエンジン回転数の差がレジャーの際の燃費の差にかかってきます。

先日、長野方面に550kmを走破しつつ、登坂しまくりましたが、燃料満タンから無給油で、自宅に帰ったときに燃料残1/3といったところでした。登坂でも平均燃費に差がでないところがディーゼルの特徴ですね。
積載性
ワンボックスとしてはそこそこの積載力。
故障経験
まだ10000キロも走っていないので故障も何もなし。
満足している点
1.ワンボックス車なのにRV車の走破性を兼ね備えている点。しかも、町乗り仕様のRV車とは一線を画す、悪路走破性を最優先に作りこまれた仕様。

2.ザ・四角なデザイン。今時珍しいカクカクしたデザインで、嫁様にも大好評。

3.軽油で走れるので、総合燃費が安い。

4.車中泊ができるようになった!

5.スライドドアが自動(今時当たり前なのですが、ヒンジドアから電動スライドドアになると感動するんです)
不満な点
ディーゼル特有の馬力のなさ。
ガソリンエンジンと異なり、低回転型エンジンであるため、馬力(押し出す力)が2000ccエンジン程度。
2tの車を押し出す力としては力不足。

どういう場面で不便かというと、高速道路で120km/h以上の速度を維持するのがきついということ。追い越し時のトルク(引っ張る力)は非常に高いのですが、巡航する馬力(押し出す力)が弱いので、巡航は無駄に燃料を使います。
四角いボディなので空気抵抗もそれなりに大きいしね。

高速道路では、トコトコと 80~100km/h巡航で走るのが似合っている車といえますね。(そのためのオートクルーズ機能)



車に対してではないですが、良い物を豊富につけすぎて、普通に考えれば500万円~でスタートしそうな車を、大衆向けに300~400万円程度で売ってるのって、企業としては売り方が下手なんじゃない?と思う。
ディーゼル車はいくら売れても、ガソリン車以上に利益は出ないと思うんですけどねぇ。
総評
家族で乗れて、お父さんとして力強く引っ張っていく、操縦性を含めて車の楽しさを残したワンボックスとして、素晴らしい車です。

ツーリングワゴン、ワンボックスもろもろ、家族で乗れる車は多種多様あれど、多人数(家族+α)乗れて運転を含めて楽しめる車となると、なかなかありません。

家族乗り=ワンボックスな選択をした時点で、ほぼ全てが町乗りメインの奥様仕様の車ばかり。
奥様にしか媚を売ってない車の中で、唯一、お父さんに媚を売りまくり、尖った個性で車本来の運転する楽しさを併せ持ったワンボックスは、世界中を見てもデリカD5しかないでしょうね。

平日、家族に振り向いてもらう機会の少ないお父さん。
お父さんの素晴らしさを、家族に背中で伝える機会は、家族旅行など、アウトドアに行くときしかないんです。
そんな唯一の機会に、普通のワンボックスでスタックしてJAFを待つお父さんの背中を見せてしまったら。
たとえ車のスペック的な問題で解決できない問題であったとしても、子供からは絶望され、嫁さんからは何もできない男と罵られ、使えないお父さん判定を受けるわけです。

折角の機会、家族に格好良く見られるお父さんであり続ける、それを支援をしてくれる車がこの車です。

どんなに不安定な傾斜になろうが歪まないボディ剛性、燃料の逆流を防ぐ機構、ラリーで培った4WDシステム等など、これら何年もかけて研究しないと作り上げられない技術を惜しげもなく搭載しているワンボックスなんて、世界中を見渡してもデリカD5の他にないんですよ。

旅のパーツは、移動、宿、遊びの3つです。このうちの1つでもコケてしまうと、折角の時間を使った旅も損した気分になります。
宿や遊びにお金をかけて移動にお金をかけないなんてありえません。この移動を快適にしつつ、いざと言う場面で何とかできてしまうタフさを持っている車、それがデリカD5なんです。

総評
「買って良かった!」


最後に、デリカD5はガソリン仕様と、ディーゼル仕様の2択があるのですが、多少予算的に頑張れるのであれば、絶対にディーゼルの方が良いです。頑張ってガソリン車しか選択できないのであれば、中古車でよいのでディーゼル車を選択した方がよいです。
トルクもそうですが、燃費とガマン度が全然違いますから。車重2tという重さを走らせる上で、ガマンする必要のない方は、ディーゼルですね。
関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/823830/blog/38710714/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

三菱 デリカD5

みんカラを始めよう!

イイね!ランキング

  • LDA-CV1W

    ミツビシファン! 29

  • ねぎ坊主ー2 8

  • CV1W

    レインストーム 1

注目キーワード

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter