「初めての4輪車」 | クルマレビュー | 日産 フェアレディZ

日産 フェアレディZ

ユーザー登録台数

10,561

本体価格

新車
390.7万円640.1万円
中古
19.9万円1098万円

( 1,044 件)

フェアレディZの買取情報を調べる

※新車価格はメーカー発表当時の価格です

ユーザー評価

4.1 ( 694 件)

燃費

レギュラー
8.15 km/L ( 518 件)
ハイオク
8.37 km/L ( 10,425 件)
過去所有

初めての4輪車

イイね!
走行性能
排気ガス規制であまり面白くない特性になっていた。これは年代による。特にS31はNAPSとFIで猛獣ではなかった。フロントヘビーゆえのコーナーリングの難しさ。加速はタコメーター3千回転を超えたあたりからトルクが増す、いわゆるカムに乗るフィーリングだった。と言うか下のトルク不足とも言う。
乗り心地
ノーマルショックの乗り午後地は良かったが、パワーステアリングは付いていなかったため、駐車場での切り返しは至難した。6気筒ならではの滑らかなエンジン。
燃費
リッター7キロメートル
積載性
後部座席が無い分、荷物は結構載せることができた。
故障経験
ステアリングナックルの破損。
満足している点
生粋の2座席スポーツカーで現在、S30に代わる車は私の中ではない。あの時代で言うとS2000は確かにかっこいいけど。フロントマスクのカッコ良さはこちらが上。メーターも現在の車にないホリの深さがかっこいい。まあ、アルファ156のメーターもかっこいいけど。車高の低さはS30が生粋のスポーツカーである証である。当時は子供っぽくない大人な車に見え、とにかく興奮していたのを覚えている。ロングノーズショートデッキは最高であった。
不満な点
フロントヘビーでコーナーではあまり理想的なコーナーリングではなかった。
総評
ファミリーカーではない若者の車。割り切った2シーターの機能が形になっているかっこいい車。イタリアの車よりイタリアらしい。しかしアメリカを意識して作ったらしい。直列6気筒の重さゆえのコーナーリングの難しさ。インパネを眺めながらドライビングすると気分は最高。フロントガラス越しに見える中央ボンネットの盛り上がりはL型6気筒のカムカバーの納まり事情だ。決してキャラクターラインだけではない。
関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/1490383/blog/40273407/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

イベント・キャンペーン

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter