ポルシェ ボクスター (オープン)

本体価格
【新車】-
【中古】74.9万円1380万円
【買取】査定を申込む
ユーザ評価
4.51
(クルマレビュー数:144件)
燃費
ハイオク 8.72km/L
(燃費記録数:3360人)
カタログ燃費 9km/L
(10・15モード)
[PR]
関連パーツをamazonで探す

クルマレビュー

過去所有

Boxerを駆った感想 【2台目】

イイね!
走行性能
とても速く感じ、実際にとても速い車。

コーナーでBoxterに勝る車は所有したことがありません。
0-100では数値的にSLK350に劣りますが、体感的にはBoxterが勝ります。

私の乏しい経験上ですが、田舎のタイトなワインディングでは四輪中最速。二輪ではCBR250RRがこれに並びまず。(これまた私の乏しい技量では、CBR600RRよりも速く曲がれます。)

現在所有中のS2000の能力を引き出すことが出来れば、Boxterに匹敵するのではないかと感じています。いつになるかは分かりませんが。


この車に乗ると、ある自動車評論家の言葉を思い出します。
「高級車とは、性能が高級なのである」

ポルシェは内装がゴージャス、スイッチなどの質感も上質で、走行音も静か、そんな高級車だと思ってました。
しかし、違いました。

性能が高級でした。

ギャップを踏み、ストロークしたタイヤが、同じ軌道を経て同じ場所に戻ってきます。
他の車ではストロークする時、または戻るときに、上方向の動きだけではなく、左右前後にズレるような動きを感じます。

ストラット、トーショービーム、マルチリンクなど構造的な違によるものでしょうか。技術的、機械的なことはさっぱり分からない私にはうまく説明することができませんが、この車が最も安定して速く曲がることができることだけは確かに分かりました。


こうして無味乾燥にキーを叩いている今でも、官能的なフラットシックスのエグゾーストとともに、舞うように軽やかに駆けるその素晴らしい瞬間を思い出すことができます。

また、妥協して選んだティプトロニックSですが、なぜこの自動変速機が雑誌などで酷評されるのか私には分かりません。

トルコン式の最高峰であるZF製8ATに滑らかさで大きく差をつけられますが、鋭さではなかなかのものです。これでブリッピングしてくれたら言うことなしです。

ロックアップ率も高く、マニュアルモードではまるでガヤルドのEギア!と言ったらイイ過ぎですが、なかなかイーです。笑

オートモードでのコンピューターの制御も優秀、私の技術では間違いなくMTより変速が早い、そして速い!

乗り心地
硬い。
街乗りでは「我慢できる」と「悪くない」の中間くらいのレベル。

山道が本分。
無敵感を錯覚できます。


燃費
記憶にございません。
6km/lから10km/l程度だったような気がします。


積載性
破格に積めます。

RIMOWA SALSA CABIN TROLLEY IATAがフロントにすっぽり入ります。
2名乗車で泊りがけの旅行もOK!

この車では行ったことも、行こうと思ったこともないですが。笑
遠出はシルキーシックスのファミリーカーが担当してました。


故障経験
走ってたらエアコンの吹き出し口が取れた。

元の位置に押し込んだら、パコっとはまった。
そういうものらしい。


満足している点
速い、楽しい、気持ちいい!


不満な点
暑い!


総評
3ヶ月で売りました。

これまでの車歴で、最も速く曲がることが出来た車。
そして、最も早く手元を離れた車です。

購入した社外マフラーを取り付ける間もなく、お気に入りの撮影ポイントで写真を撮る間もなく、売ってしまいました。

無情な事故も、不条理な故障もなく、素晴らしい車でした。

でも、どうしても耐えられないことがありました。

「暑い」
ただそれでけです。

あの夏は、あまりに暑かった...(遠い目)

車には何の問題もありません。
エアコンも素晴らしく効きました。

しかし、片道5キロの通勤に使うには、まったく不向きです。
もちろん通勤用に買ったわけではなく諸事情により…

「ソファーをキャビネットとして使うようなものである」
ジャガー(ジャギュアァァ。笑)XJでサーキットで走ったイングランドのライターが言ってました。

本来ならば十分機能的な道具を、異なる用途で使用してしまったため、機能を活かすことができなかった、というわけです。


そして暑さのあまり朦朧としていると、うっかり安楽なSLKを買ってしまっていました。
通勤で使用する必要がない今ならば、Boxterを売ることはなかったと思います。

現在はSLKを経てS2000を所有しております。
S2000を購入する時にも、Boxterは最終候補まで残りました。

S2000も素晴らしい車で、今のこところ買い替えは考えておりませんが、もし、いやもしですよ、買い換えることがあるのならば...


「やっぱりポルシェですね」

内外装もすっかり高級になった718Boxterのステアリングを握りながら、独り言のように呟きます。
述語のない突然な私の言葉に、少し引きつりながらも「そうですね」と助手席から返すセールス氏。

いや、引きつっている理由は他にあるようです。

私はステアリング上のモードスイッチをそっとノーマルに戻しました。


関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/2649952/blog/38718444/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

ポルシェ ボクスター (オープン)

みんカラを始めよう!

イイね!ランキング

注目キーワード

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter