スバル フォレスター

本体価格
【新車】214.9万円331.2万円
【中古】0万円353万円
【買取】266.4万円

買取相場チェック

ユーザ評価
4.21
(クルマレビュー数:1268件)
燃費
ハイオク 9.81km/L
(燃費記録数:24919人)
カタログ燃費 15km/L
(10・15モード)
[PR]
関連パーツをamazonで探す

クルマレビュー

マイカー

完成度が高いMPV&SUV

イイね!
  • スバル / フォレスター
    2.0XT アイサイト ブラウンレザーセレクション_AWD(CVT_2.0) (2016年)
  • おすすめ度:
    乗車人数:6人
  • レビュー日:
    使用目的:レジャー
走行性能
・納車前に、STIの、タワーバー、スプリング、Fドロースティヒフナー、サポートサブフレームリヤを取付。
 オンロードでの操縦安定性を重視し、15mmのローダウン。

・ノーマルより、粘りのある足回りとなるが硬さは感じない。

・DITエンジンは、低域から十分のトルクがあり、エクシーガGTのEJ20ターボの低域スカスカとは大きく異なる扱い易さ。

乗り心地
・過去保有のスバル車中最高と思う。
やや硬めのしっかり感が、ドイツ車を思わせる。
しっとりと滑りのあるような、フラット感が絶妙である。

・SGクロスポやアウトバックBP9で感じたゴロゴロ感やピッチ、起伏のある路面であおられることがない。

過去保有スバル車 自分での好み順位づけ
SJGフォレ>エクシーガXO7>エクシーガGT>SGフォレクロスポターボ>アウトバックBP9>SFフォレターボ

燃費
・このパフォーマンスなら納得。

 市街地7~8km、高速12km位。

積載性
・十分。オートリアゲートも思っていた以上に便利。

・ラッゲージはゴムマット標準でも良いと思うが。

故障経験
・なし。ありがたいことに、過去のスバル車で一度もない。

満足している点
・どのクルマにも似ていない、存在感。
 Aピラーが前に出たので、サイドシルエットが美しくなった。また、グラスエリアの縁取りが全部クロムメッキになり、洗練された印象。

・抜群の総合走行性能と、コストパフォーマンス。

・エンジン性能。特に、低域トルク。

・STIパーツによる、更なる性能アップ。

不満な点
・インテリア

①ドアハンドルは、運転席以外は全て助手席のような、走行時握り易い形状にすべき。

②豊富な外装色に対し、内装色が選べない。特別仕様以外は、未だに黒一辺倒でダサい。
海外仕様には他の色があるようだが、せめて、アイボリー・ベージュ系は欲しい。
クラスは上になるが、アウトバックやランクル・プラドには流石に設定がある。

③シートは、座面にはスーパースウェードかアルカンタラを使用するべき。本革仕様の場合は座面が滑り難い工夫が欲しい。
ハンドルヒーターなどいらないので、こういう所をきちんとデザインするべき。

・オプション設定

①この特別仕様車だと純正ナビが選べない、などちょっと?な設定。
スバルは、こういうところで生産ラインでのコストダウンのためか、顧客本位ではないのが残念。


②DOP外装の値段が高い。
 サイドモール、フェンダーアーチカバーが好きなので。


総評


もともと欧州車好きなので、BMWX1かアウディQ3の中古を検討していた。

価格的に競合するSJG試乗したところ、D型の完成度に圧倒された。代車で乗ったNAでも十分と思ったが、DITに乗ってみたくてこちらを選択。

私にとっては、3台目のフォレスターだが、飛躍的に進化しており、この間の技術の進歩を感じる。

ドイツ御三家は、走りがプレミアムなクルマという定評である。内外装の質感やデザインは兎も角、今回のフォレスターの出来は、走りではこれに負けていないと思う。

MPV&SUVとタイトルしたが

ある意味MVP(Most Valuable Passenger car)としても良いかも。



関連情報URL:http://minkara.carview.co.jp/userid/179221/blog/38674646/

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

スバル フォレスター

みんカラを始めよう!

イイね!ランキング

注目キーワード

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter