スバル レガシィ アウトバック

本体価格
【新車】313.2万円340.2万円
【中古】19.8万円347万円
【買取】216万円

買取相場チェック

ユーザ評価
8.58
(投稿数:569件)
燃費
レギュラー 10.35km/L
(回答数:5508人)
カタログ燃費 14km/L
(10・15モード)
車検費用
車検費用を見積る

オーナーズレビュー・評価

愛車や買う予定のクルマの評判・評価が知りたい。そんなオーナーならではの“生の声”を集めたオーナーズレビュー。その注目度はクルマメーカーの開発者も日々チェックするほど。メディアに載らないリアルな評判・評価はココから!

スバル レガシィ アウトバック  総合評価

総合評価 エクステリア インテリア 装備 走行性能 おすすめ度
8.58 8.97 8.15 8.37 8.72 8.71

スバル レガシィ アウトバック  オーナーズレビュー・評価一覧

  • スバル レガシィ アウトバック
    評価
    この車の魅力は、なんと言ってもスタイルの良さだと思います。 そして走破力を予感させる存在感がとても気に入ってます。(客観性のない総評ですみません)




    満足している点
    走行時の安定感。
    シンプルで広い室内、そして全席ヒーター。
    アイサイトには素直に感激しました。
    不満な点
    泥はねが結構あります、スプラッシュボードを検討中です。
    ぜひ大画面ナビに対応してください。
    狭い駐車場は天敵です。

    Usb

    総合評価 8(詳細評価点)

    クルマの購入を考える前に、まずは愛車の現在価格をチェック

  • スバル レガシィ アウトバック
    評価
    非日常性や夢を買うなら個性派のアウトバックはおすすめです。 たとえば箱根の山道でポツンと高級セダンが止まっていたら、それは事故か故障であり乗ってた方が心配です。崖から飛び降りてないか気がかりです。でもそれがアウトバックだったら、おそらく止まっている先には発見や冒険がきっとあり、その先に何があるのか、ちょっと興味をそそられてしまうでしょう。 この車には、そんな遊び心のエッセンスが品良く盛り込まれているのであり、日常と非日常が同居する独自の世界感で満たされているのです。 往年の外車ファンの皆様も試す価値あり。既成の規格外である方が居心地が良いでしょうし、ちょっとゆさゆさもしますが、それはそれで面白く、まじめな車造りを前にして、長年調整不足だった目玉の位置が久々にデフォルトされてスッキリするはず。 いろいろ慣れもいりますが、車列をズバッと抜き去る生活は忘れ、ゆったり見下ろしながらもいいものです。 追記:平均燃費は冬の都内通勤渋滞路をエアコン全開のシートヒーターONで6.8km/l、市街地オンリーなら8.2km/l、そこそこ流れる幹線道路は10km/lを楽に越え、首都高戸越~関越湯沢・市街地少々を3名乗車で快適に往復したときは14.1km/lでした。新型だけに低燃費だって思ったら、自分自身もスッカリ変わっておりました。(とは言っても小型車には乗りませんが)
    満足している点
    保守的でありながらも遊び心に満ちており、日本車にしては珍しく堂々とした面構えをしています。 今多くの日本車は、個性を出そうと試みて失敗し、下品になるか不細工になるかの2拓に陥る傾向にありますが、これなら大人が乗ってもおかしくないデザインと言えそうですし、知能を疑われる心配もなさそうです。 内装は実用車として立派に磨きがかかったもので、手袋をしながらいじれる解り易い操作系を基本としつつ、プレミアム寄りの挑戦を感じさせるものです。 ややゆったりめに動き始め、走り出せば体格の割にサッと動いてスッと切れ、きついコーナーでもフラットを保とうとする車体制御が見事です。 軽くて丈夫な骨組みをしており、足のたてつけも良いので、首都高の連続したコーナーをちょっと飛ばすくらいではビクともしません。手前でギアを2つも落とせば、まず安全に走れるでしょう。そう、CVTなのにATみたいな段付きの変則が与えられているのです。ワンポイントの仕事をし、勝手に復帰してくれるバドルシフトも大正解です。ちなみに仲間同士と思ってついて来た1BOXが大アンダーからふらつき悶える姿をミラー越に良く目にします。スバルにしてはおっとり系だと聞いていましたが、ちゃんと血統を受け継いでいるようです。車内の騒音については、4気筒でも温まるとそれなりに静かで軽やかです。大陸仕様の寸法ですが、エクスプローラーと並んでみると、なるほどミドルサイズだと実感できる大きさで、大型セダンに慣れてる人なら結構コンパクトに感じるはずです。見切りが良いので走行中の不安も少なく、高い着座位置はちょっとした優越感があって気持ちがいいです。装備面で良かったのは何といっても電動ハッチです。今のところ日本車では珍しいので、ゴルフ場やホテルの入口で庶民ながらもちょっと威張りたいときに威力を発揮し、単なる実用車じゃないぞって車が頑張ってくれてる感じがとても可愛い気がします。必要性が薄くエコとも関係ないこの装備を、きっと他の装備を捨ててでも標準としたのは英断としか言いようがありません。本来このたぐいのジャンル、つまり気配りしたり、いらないとこまで電動・電子制御化してしまう技術は日本車こそが得意としていた分野のはず。 基本性能で欧州車に追いついた今こそ先人が積み上げたお家芸を思い出すときですし、それを素直に評価するときではないでしょうか。
    不満な点
    この手の車ですから過度の期待は禁物です。決定的なダメが無いことが良い車の証なのです。 デザイン面ではテールランプだけがやや不満です。デカデカと芸なくとがった目じりが旧来からのへぼい日本車感をかもしだしており、真横から見ればピラーと揃っておかしくないが、総じていじりすぎで不恰好になったきらいがあります。後ろ顔はやや品格に欠ける仕上がりとなってしまいました。 やはり力作である新エンジンは、なるほどノイズが少なくスバルさんが音を聞かせたい気持ちもわかりますが、ここは素直に実用車の最高峰CやEを手本とすべきではないでしょうか。空気を伝わるわずかな鼓動だけでも案外満足だったりするものです。外界と遮断された、ある種の隔絶感も立派に楽しさの一つなのです。 クラクションの音が相当にチープでしたので驚いて交換しました。 コーナーワークが良い分、路面のショックを拾ってドタバタする事があります。尤も、不満という程度ではありません。 追記:ミシュランXI3を軽いホイールにつけて冬季用に履き替えましたが、足回りが格段に自由になって乗り心地がアップしました。 サマータイヤも都市部主体であれば、コンフォート系、例えばレグノをSTIホイールにつけるくらいが最適でしょうから選択肢を与えて欲しかった。 幹線道路などを惰力でたらたら走行したい時でも、最近のエコカー風にサーっとは転がらず40km/hから下は1500回転付近に張り付いて予防安全モードになろうとするため、アクセルの付けたしでガクガクし易くかったるい。MT側へシフトを倒すと幾分改善されますが、良くも悪くも自動で小まめにシフトダウンし1200rpmを維持しようとする。高い安全技術を誇るスバルではありますが、可能性に満ちたアイサイトには更なる成長を期待し、減速時の動的質感も達成して頂きたい。 蛇足として見やすいアナログ時計が不可欠と思うのと、エアコンのON、OFFが別のボタンとなるのが不可解です。
    IkegamiOta

    総合評価 8(詳細評価点)

    クルマの購入を考える前に、まずは愛車の現在価格をチェック

  • スバル レガシィ アウトバック
    評価
    スバルのディーラーで、登場したばかりの最新型アウトバックに試乗させて頂きました。
    満足している点
    ・とにかく静粛性が素晴らしい。旧型ツーリングワゴンも、同じエンジン形式「FB25」を搭載しているが、新型アウトバックは部品を新設計し、大幅に静粛性を高めたとのこと。如実にわかる。
    ・車内に入ってくるエンジン音がいい。不快な騒音でなく、気持ち良い低音ビートだけが侵入する。CVTの鳴きは皆無。
    ・内装の質感は歴代レガシィ最高。ブラック基調のソフトパット+木目パネルで、ギンギラパネルが廃止されたのは嬉しい。シフトブーツも良い。
    ・メーターが派手すぎず落ち着いている。
    不満な点
    ・外装がかっこ悪い。もっとスマートでシンプルはデザインにすべき。
    ・思ったより速くない(ただし街中で不足がある訳ではない)。重いボディに2500ccだからしょうがない面もあるが。
    ・3600ccが消滅した点。フラット6は最高です。
    ・室内がバカ広い。これは、「広すぎ」です。適度にタイトのほうがクルマらしい。
    rbengine

    総合評価 5(詳細評価点)

    クルマの購入を考える前に、まずは愛車の現在価格をチェック

  • スバル レガシィ アウトバック
    評価
    6代目レガシィのアウトバック(型式BS9)の試乗をしました。

    街乗りとかロングドライブにはピッタリでしょうね。
    物凄く乗りやすいです。
    すんなりと運転できました。
    車格の割には視界も良いし動力性能も必要にして十分。
    数字的な馬力とかトルクだとかで判断できないフィーリングの良さを持っていると思います。

    多分今までのスバル車の中で一番大人な雰囲気を持っているんじゃないでしょうか?

    私はスポーツカーが好きなので多分乗らないと思いますが私の親父には勧めたいと思いました。
    ※ちなみに親父は現在レクサスのRX450hに乗っています。

    これが300万代で買えるならコストパフォーマンスはいいんじゃないでしょうか。
    最上級の豪華さはないですけど品の良さは十分あると思います。
    背伸びせず楽な気持ちで転がせる車だと思います。


    五代目アウトバックオーナなら乗換候補としてはお勧め第一候補だというのは間違いないと思います。
    先代からのキープコンセプトだと思います。

    四代目以前のオーナにはやはりでかいかなw
    満足している点
    DセグメントベースのSUVとして考えると丁度良い大きさではないでしょうか。
    もっと小型が良いならスバルにはXVやフォレスターも有りますし。

    全長が伸びたせいでしょうか、伸びやかなスタイルになって肥大したというネガなイメージではなくダイナミックさを演出してバランスが良いと感じました。

    タイヤが所謂普通のタイヤなので街乗り走行時での粗さが無くて好印象でしたね。
    足回りはスバルにしては柔らか方だと思います。
    でもフワフワした感じはなく収まりが良く凄く滑らかな乗り心地でした。
    アウトバックなのでストローク量の多さもあるかもしれません。
    五代目と比べても乗り心地がグレードが上がったような印象を持ちました。

    視界が5代目よりも良いと感じました。
    大きさをそれほど感じませんでした。
    うちの車はツーリングワゴンですけど目線が高くなっただけって感じです。
    むしろAピラーの処理のせいでしょうけど横方向の視界は五代目より安心感が有りました。
    実は五代目ってスバル車の中では視界悪い方だと思っているんですよね。。。

    ハンドリング、ブレーキ、加速、必要にして十分でありバランスが取れていると思います。
    勿論、街乗りレベルでの話ですけどね。
    X-MOdeを使うようなシチュエーションだとまた違うかもしれませんけど。
    シャシー剛性も上がっているという事なのでそれもまた各パーツの性能を引き出しているのでしょうね。

    アイドリングストップが五代目より自然な繋がりに感じました。
    元々静粛性が良いのもあるのでしょうけど意識してないとエンジンストップをあまり感じません。
    エンジン再スタートもよりモタツキが解消されていると感じました。
    特に違和感なくストップ&ゴー出来ました。
    一応SI-DriveにはS#が有りますがどこで使おうか?と思うくらいにIでもフィーリングが良いと感じました。
    パワフルに走りたいならフォレスターも有りますしね。
    アウトバックはいい意味でそういうキャラクターではないなと感じました。

    インテリアも上品になりましたね。
    五代目で不満を持っていた方たちも気に入る人多いんじゃないでしょうか。

    エクステリアの事は私普段あまり言わないんですがこの車は歴代アウトバック(グランドワゴンなど先代含む)は正常進化を遂げて現時点での完成
    不満な点
    メリットでもある大きさがネックにもなると思います。
    車庫、駐車場での制限は間違いなくあるでしょうし。

    アウトバックという事もあるでしょうけどスポーツ要素は更に薄まったかなと思います。
    ハンドル握っていて「かっとぶぞ!」という気持ちにはなり難いなと思いました。
    レガシィシリーズ=スポーティカー
    と言うイメージが有る場合はもうベクトルが違う車になったと思った方が合点がいくと思います。
    と言っても「スバル車にしては」という前提ですけどね。
    他社同車格の車と比べると十分スポーティーカーだと思います。

    どうせなら6発エンジンもほしいですよねw

    あと、S4やレヴォーグが有る今、過去のレガシィと言うブランドに対する拘りを切り捨てるという意味でもこの車格でツーリングワゴンも有りじゃないかなと思ったりもしました。

    このスタイルで立体駐車場入る全高だと一定のニーズは有るような気がします。
    それこそ欧州車の対抗馬になるのではと。

    ex.走り屋パパ

    総合評価 8(詳細評価点)

    クルマの購入を考える前に、まずは愛車の現在価格をチェック

  • スバル レガシィ アウトバック
    評価
    インテリアやタイヤはもうちょっと良いものにしてほしい。タイヤはオールシーズンタイヤのジオランダーを採用しているが、正直中途半端。雪が10センチも積もれば走れないなんてちょっとお粗末だし、ノイズも大きい。これなら夏タイヤの方が良い。インテリアももう少し。質感をあげる努力をお願いしたい。

    エクステリアや走行性能は、非常に満足している。

    ラゲッジの積載量も十分。安全性も高く、運転するのが楽しい。アイサイトや電動パーキング等、初めての装備が多く慣れるのに時間がかかったが、今では最高のパートナー。
    満足している点
    ・走行安定性。高速での安定感は素晴らしい。そしてシートの良さもあり長時間運転していても疲れにくい。

    ・車体が大きいが、視認性がよく車両感覚を掴みやすい。狭い道や駐車場でもそれほど苦にはならない。

    ・室内空間。大きいだけあって後部座席はかなり広く快適です。嫁さんも革シートの座り心地と広さに大満足です。

    ・燃費。今のところ町乗り9キロ、高速14キロです。排気量と四駆でこの数字は思ったより良いので満足。

    ・アイサイト。あくまでも補助的なシステムなので頼りすぎると良くないです。でも追従システムは高速や渋滞時に大変便利です。ただし慣れるのに多少時間がかかりました。

    ・希少性。同じ車にほぼ会いません。
    不満な点
    ・静粛性。タイヤのロードノイズがかなりします。標準のジオランダーが原因でもあるのでしょうが、これは頂けない。次回車検で夏タイヤに交換予定。どこまで良くなるのか。

    ・ダッシュボード辺りの質感がもっと良くなればいいな。

    ・シフトノブがレヴォーグみたいに革だったらなー。
    ガミ。

    総合評価 9(詳細評価点)

    クルマの購入を考える前に、まずは愛車の現在価格をチェック

前へ12345678910次へ >

<< 前の10ページ次の10ページ >>

愛車のアレコレをみんなにレビューしよう!

投稿する

 

 

スバル レガシィ アウトバック

みんカラを始めよう!

お気に入りを見る(中古車情報)

お気に入りはありません。

イイね!ランキング

注目キーワード

最新オフ会情報

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter
閉じる