スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド

ユーザー評価: 4.43

スズキ

ワゴンRスティングレーハイブリッド

ワゴンRスティングレーハイブリッドの買取情報を調べる

クルマレビュー - ワゴンRスティングレーハイブリッド

  • マイカー
    スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド
    • ミーコ(=^・^=)

    • スズキ / ワゴンRスティングレーハイブリッド
      ハイブリッド T(CVT_0.66) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/11/06
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ストップ&ゴーでアイドルストップに入る前、アイドルストップからエンジン始動後の動き出しでギクシャクするところを除けば、低速から高速までスムーズに走ってくれます。
      パドルシフトを使用すればマニュアルっぽく走ることもできますが、変速までのラグタイムはあります。
      加速から定速になった時にアクセルをほとんど開けてない時、エンジン回転にして1200~1500回転辺りでマニュアル車の無理くりトップに入れた感じの「ぶるぶる」振動が気になります。燃費を稼ぐために早めにハイギャーに移行してるんだと思うけど、そこまでして燃費稼がなくても良いのでもう少し快適に走る回転数を選択してほしいかな。試乗したNAではそこまで感じなかったのでターボのトルクに合わせてハイギャード化した?

      乗り心地

      凹凸は振動としては伝わってきますが、嫌な感じではありません。橋脚の継ぎ目段差で突き上げる感じはないが、左右両輪同時に段差を超えるような継ぎ目だとドラレコのGセンサーが働いてしまう程度の振動が発生します。この辺は車重が軽いから仕方ないかもしれませんが…。

      燃費

      今のところメータ読みで平均燃費20km程度ですが、前車の13km前後から比べれば良いです。

      積載性

      大物を積んで走ることはほとんどないので不明

      故障経験

      さすがにまだないです

      満足している点

      前車からの乗換もあると思うが室内が広いです。そして、ハードハイブリッドのような静かさではないけども、軽自動車としては音が静かなところ。
      アイドリングストップからのエンジンスタートで「カシャカシャ」とセルの音がしないところ。

      不満な点

      室内が静かなだけに、低速時から停止するときや発進時に「ピーン」というインバータ音が小さい音ですが気になる。(EV走行時の歩行者警告音ではない)
      リチウムバッテリの充電が少ない時にアイドリングストップからブレーキリリースしてエンジン始動した後の動き出す瞬間、「ドン!」っと軽く追突されたかのような動力系のつながり方がスムーズではない。十分充電されているとブレーキリリースと同時にEV走行が行われるのでこのようなショックが軽減される。EV走行できない程度の充電の時はブレーキリリース前にハンドルを軽く動かしてエンジンスタートしてからブレーキを放すなど電池の充電状態によって気を使わなければいけないのは乗っていて疲れる。

      総評

      エクステリアは個性的なため好き嫌いが分かれるところだと思うが、軽自動車という枠の中では良くできていると思う。普通に乗るなら小回りも利くし、乗り心地も悪くなく室内もそこそこ広く、維持費も安いので良いと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド
    • Tomoyori

    • スズキ / ワゴンRスティングレーハイブリッド
      ハイブリッド T(CVT_0.66) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:3人
    • レビュー日:2017/10/09
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      パワー十分!
      最高速度110km/h(120km/hだったかな?)の日本で、これ以上パワーを欲しがる必要あるのか?というくらい普通に走ります。

      またターボが効いてる感は皆無!
      とてもスムーズです。

      乗り心地

      しなやかで、十分に静かです。
      ただしカローラ以上のクルマほど静かではありません。

      後席について:
      どのクルマも前席はそれなりに作っているようですが、このクルマは後席も快適に感じます。
      子供が後席に座るのでこの点はとても気に入ってます。

      積載性

      積載性はさすがに軽自動車枠を超えることは出来ません。

      しかし、軽自動車のワゴンタイプでは、最高クラスだと思います。
      シートを畳むとフラットになるのは、さすがワゴンR!

      満足している点

      まず、広い!!!

      軽自動車とは思えません。
      縦や長さではなく、幅が広いんです!
      錯覚かもしれませんが、広く感じるのは良いことです。
      水平基調デザインとセンターメーターの配置による奥行き感や、肘置きできるドア部のエグレのおかげでしょうか?
      もう縦方向に拡大するしかないと思われていた常識を覆した設計陣に拍手です!


      走行性能も素晴らしく、コンパクトカーと同じ土俵で比較できます。
      さすがにスイフトには勝てない。デミオにも勝てない。
      でも、その他コンパクトカーとは勝負できそうな感じです。(あくまで私見)

      マイルドハイブリッドはとても良いです。
      発進・停止時のスムーズさをかなり助けています。
      アイドリングストップの不自然さを上手く消しています。

      あとデザインが、今までの軽自動車とは違う攻め方でコレも気に入ってます。

      不満な点

      クルーズコントロールの速度バラツキが大きく感じます。
      パワーに余裕がないからでしょうか?
      上り坂、下り坂で速度が少しバラつきます。

      あと、顔が変(笑)
      とても愛着湧くので長所かな?

      総評

      外から見ると、軽自動車らしくコンパクトなのに、乗ったら驚きの室内空間&走行性能!

      ハイト系に逃げず、良くぞここまでバランス良く設計したなぁと感心しまくりです。

      ブレイクスルーしてくれるのはいつもスズキだと感じます。
      (ジムニー、アルト、初代ワゴンR、ハスラー等)
      どのような設計陣でどのような設計思想をもってモノづくりしてるのか、とても興味あります。

      宣伝だけ見ると、イマイチなデザインに感じましたが、実車はうまくまとまっていると感じます。
      けっこう愛嬌のある顔に感じます。


      マイルドハイブリッドについてはクリープ走行に注目してる人もいますが、どちらかというとアイドリングストップの不自然さを和ませてスムーズな発進・停止に大きく貢献していると感じました。
      コレはとても上手い!と感じます。

      コンパクトなクルマを検討しているなら、ワゴンRも一度実車を見て、試乗してみるの悪くないと思います。
      使う人の気持ちをじっくりと考え抜いて作ったクルマだと思います。

      初代〜現行車までけっこう多くのワゴンRが走っていますが、よく考えて作られたクルマなので、長く使ってもらえているのだと思います。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • G-Power-zakiyama

    • スズキ / ワゴンRスティングレーハイブリッド
      ハイブリッド T(CVT_0.66) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:2人
    • レビュー日:2017/09/07
      使用目的:レジャー
    • 走行性能

      ・エンジンは軽規格ですがCVTにMモードもあり、パドルシフトでギアチェンジしながら一気に6500回転まで吹き上がりますから、マニュアル走行が楽しいです。
      ・市街地を静かに走っても、少しばかりのモーターアシストもあり、発進加速に不足はありません。

      乗り心地

      ・足回りについては、乗り心地重視で路面の段差などもしっかりといなしてくれます。しかし、柔らかくてロールが大きいかと言うと、コーナーリングでは路面をしっかりとらえてくれます。

      燃費

      ・燃費は、峠ドライブや高速道路など踏むと落ちますが、そこそこのところで流すなら18~20キロ/Lです。
      カタログ値までチャレンジしていませんが、エコドライブを心がければ達成しそうです。

      積載性

      ・後部座席を倒すと、大きな荷物が詰めますし、貨物車のような積載性を求めなければ十分です。

      故障経験

      まだ、ありません。

      満足している点

      ・センターメーターには好みがあるかもしれませんが、初めてでも運転席正面のポップアップディスプレーに速度などが表示されるので走行中の視線移動は少なくて済みます。
      ・安全装置も、ABSや横滑り防止などはもとより、単眼カメラとレーザーレーダーによる各種の安全対策が充実しています。
      車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、歩行者検知機能、衝突防止軽減機能、誤発進防止などなど人間がうっかりしている場合に警告表示や警報音でしっかりサポートします。
      ・ヘッドライトのオートライトをセットしてハイビームにしておくと、自動的にハイ・ロ―を切り替えてくれるハイビームアシスト機能も秀逸です。
      ・純正でもエアロパーツが装着されていることで、ダウンフォース (down force) をしっかりと感じることが出来ます。
      これは、走行する自動車に対して空力によって発生する、負の揚力、つまり自動車が地面に押さえつけられる向きに発生する力で、高速になるほどステアリングがしっかりと重くなるのを感じられます。
      適度なダウンフォースでタイヤを地面に押しつけることにより高速走行時にはタイヤの路面追従性の低下を防ぎ、操縦安定性の悪化やタイヤの空転、最悪の状況である「リフト」の発生を抑制することができるとされています。
      ただし、空気抵抗も増すことになり直線走行時の最高速度や高速走行時の加速性能が犠牲になりますけどね(笑)。
      ・遮音性が高く、軽自動車にしては車内は静かです。

      不満な点

      ・車速追従機能付きクルーズコントロールではないのが残念です。
      ・車高が高めのワゴンスタイルですから、横風には弱いです。
      ・走行時の車内は静かなので風切り音が気になります。(これから対策をしてみましょう)

      総評

      納車後3か月になるし3500キロほど走行しましたので、感想などを一つ二つまとめました。
      これまでに乗り継いできた軽自動車の中では、一番のクルマだと思います。(新しければ当たり前かも)
      マイルドハイブリッドとターボで、走りも燃費もと欲張りですが、どちらの楽しみ方も出来ますね(^-^)
      安全装置が充実しているので、年寄りにとって、免許返納まで乗り続けられるかなと思っています。(笑)

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • マイカー
    • せまるしか

    • スズキ / ワゴンRスティングレーハイブリッド
      ハイブリッド T(CVT_0.66) (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/07/31
      使用目的:通勤通学
    • 走行性能

      マイルドハイブリッドとターボに効果でトルク感あり。
      パドルシフトでシフトダウン出来るから、エンブレによる減速を可能としている。

      乗り心地

      柔らかめ、静か。

      ただ、サイドのホールド感がないから、身体がふらつく。

      燃費

      悪くないと思う。満タン法でどこまで伸びるかは不明だが、 メーターでは18km/Lをキープしている。アイドリングの時間が長いからもう少し伸びると思う。

      積載性

      シートはフルフラットになるので、大きなものも積みやすい。
      荷室を広く使っても後席に圧迫感はない。

      満足している点

      マイルドハイブリッドとターボの相乗効果でトルクフルな走り。
      室内空間を最大限に利用し、広々とした室内。
      デュアルレーダーブレーキサポートなど、先進機能による運転補助。
      マイルドな乗り心地。
      落ち着いたインテリア。

      不満な点

      ハイトワゴン系宿命のロール、恐ろしさを感じるほど。
      モーターからエンジンに繋がる際のギクシャク感。
      モーターの非力さ。
      リアシートのチープさ。
      リアテールランプの位置が悪い。

      総評

      LA150Sムーヴと比較します。
      瞬発力はムーヴに軍配が上がります。ワゴンRはモーターとエンジンな為、トルクは感じるものの、瞬発的な加速は得意としない模様。
      人を乗せたときはワゴンRのトルク感が発揮されていいです。
      乗り心地はワゴンRに軍配が上がります。ムーヴの車高調入れる前の記憶と比べましたが、ワゴンRの方がしっとり感があります。重量の問題なのかと思ったり。
      センターメーターが不評ですが、HUDの効果も相まって、運転に支障ありません。
      エクステリアは個人差がありますが、私も最初は抵抗ありました。ただ、慣れたらこれもこれでよくなります(笑)

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評
  • 試乗
    スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド
    • ~オヤビン~

    • スズキ / ワゴンRスティングレーハイブリッド
      ハイブリット ターボ (2017年)
    • おすすめ度:
      乗車人数:1人
    • レビュー日:2017/07/27
      使用目的:購入目的
    • 乗り心地

      現在、車高を落として(-5cm)いるので、久しぶりにノーマルに乗ったら、物凄く良く感じました。
      あたりまえですが。笑

      燃費

      高速道路では、ターボ付きの方が燃費は延びますね。

      満足している点

      ストレスなく、加速してくれます。
      やっぱり、買うならターボ付きですね。

      不満な点

      唯一の不満は・・・
      エアコン作動時、アクセルに伴ってカチカチとうるさい。
      窓を開けて走ると聞こえます。
      ワゴンRに限らず、スズキの車ってみんなこうなのか・・・?
      昔のワゴンRは、こんな音しなかったような。

      みんな、気にならないのですかね?

      総評

      ハイブリットFZに乗ってますが、今回試乗して結果、スティングレーのターボに乗り換える予定です。
      高速道路や山道をストレスなく走れる方が良いので。

      最初、違和感があったマスクも慣れてくると良いかな。とも思えるようになりました。

    走行性能乗り心地燃費積載性故障経験満足している点不満な点総評

前へ12345次へ >

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目タグ

最新オフ会情報

  • 神奈川県

    第94回 STINGRAY- ...

    車種:スズキ ワゴンRスティングレー , スズキ ワゴンRスティングレーハイブリッド

  • 長野県

    あると祭2018

    車種:スズキ 全モデル , スズキ アルト , スズキ アルトワークス , スズキ アルトラパン , スズキ アルト ハッスル

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter
閉じる