「クルマづくりそのものに「誠実さ」が欠如している。このクルマのトランクマットは荷物を積むというトランクの基本機能をなしておらずペラペラ。絶えず微振動を繰」 | クルマレビュー | トヨタ クラウンアスリート

トヨタ クラウンアスリート

ユーザー登録台数

9,351

本体価格

新車
396.4万円618.3万円
中古
9万円1799.9万円

( 2,305 件)

クラウンアスリートの買取情報を調べる

※新車価格はメーカー発表当時の価格です

ユーザー評価

4.07 ( 511 件)

燃費

レギュラー
9.47 km/L ( 1,690 件)
ハイオク
9.26 km/L ( 9,564 件)
マイカー

クルマづくりそのものに「誠実さ」が欠如している。

トヨタ クラウンアスリート
満足している点
静粛性。エクステリアデザイン。
不満な点
腰が痛くなる、あまりにレベルの低いシート。こんな粗悪なシートで日本を代表するクルマ??WEB CG等のきちんと事実を評価するマスメディアでもこの粗悪シートの件はコメントされている。腰が痛くなるだけでなく、腰をしっかりと支えず背骨が曲がり、腹部が絶えず圧迫されるというおかしな姿勢になるためくつろぐことができない。明らかな設計ミスである。フロントシートはおろかリアシートの構造もおかしく30分と耐えられない。重要保安部品関連だけでなく、こういう「品質」についても著しく顧客満足度の低いクルマしか今のトヨタには作れない。しかもこういうコンプレインについて真摯にとりあうという姿勢に欠如しており、ユーザーをばかにするにもほどがある。というよりそういう面倒なことを言うユーザーを排除しようとすらしている。こんな商売は長続きしない。ろくな満足度を与えずリピートユーザー無視の劣悪な安旅館なみの姿勢である。こんなクルマづくりではいずれトヨタは崩壊する。先般の一連の品質問題はおこるべくしておこった。「奢り」が何を引き起こすかは歴史が証明している。
総評
クルマづくりそのものに「誠実さ」が欠如している。このクルマのトランクマットは荷物を積むというトランクの基本機能をなしておらずペラペラ。絶えず微振動を繰り返す安っぽい乗り心地。信じられないほど安っぽい内装。決定的なのは人間工学を無視した腰の痛くなるシート。シートに関してはゼロクラウン時代から根本的な改善がはかられていない。つまり確信犯である。2代続けてこういったクルマづくりをクラウンという看板車種で行ったトヨタ。案の定クラウンは一時のいきおいを完全に失っており明らかなユーザー離れが起きている始末である。真因はデフレやハイブリッドブームなど諸々あるが、一番の原因はユーザーを裏切る顧客満足度の低いクルマづくりにある。さらに、こういった本当のユーザーの声を即、削除するようなメーカーから外注された人が存在することも、もとをたどればトヨタの仕業である。
総合評価 エクステリア インテリア 装備 走行性能 おすすめ度
5.2 8 3 9 5 1

レビュー一覧へ

レビューを投稿する

 

 

みんカラを始めよう!

PVランキング

注目キーワード

最新オフ会情報

  • 山梨県

    みんカラオープンミーティング

    車種:トヨタ 全モデル , トヨタ エスティマ , トヨタ エスティマL , トヨタ エスティマT , トヨタ エスティマハイブリッド

  • 神奈川県

    Summer Offline ...

    車種:トヨタ 全モデル , トヨタ MR-S , トヨタ MR2

ニュース

みんカラ facebookページ みんカラ twitter