みんカラPR企画 | 教えて!業界&パーツの先生特集企画 第5弾

実はチューニング初心者におすすめなRaceChip!

ポイント1:いろいろなパワーアップ方法

パワーアップにはいろいろなチューニング方法があります。機械的な方法のタービンやマフラーなどの部品交換やエンジンボアアップやエンジン載せ替え。電子制御的な方法のDME(エンジンコンピューター)書き換え。そしてRaceChipのようなブーストアップモジュールのサブコン(サブコンピューター)と呼ばれるものです。その中でも一番簡単に行えるのはサブコンでのパワーアップです。RaceChipはお手元に届いた時点で本体は設定済みですので付属のお取扱説明書に従ってハーネスを車両に取り付ければパワーアップチューニング完了!(取り付けは車両により難易度が異なります。)部品交換やDME書き換えは金額面やディーラーサービス、車両への負担が大きくなる可能性があると思います。サブコンでのパワーアップももちろんリスクは伴いますが、すぐにノーマルに戻せる事や金額面、ディーラーサービスについては他のチューニングと比較すると選択しやすいと思います。

ポイント2:RaceChipの仕組み

RaceChipのブーストアップモジュールは車両DMEプログラムに手を加えることなく、ハイパフォーマンスを発揮でき、主にガソリンターボ車、スーパーチャージャー車、ディーゼルターボ車用のサブコンです。RaceChipはどういった制御でパワーアップを可能にしているかと言いますと、ガソリン車の場合は主にブースト圧、ディーゼル車は燃料圧力のセンサーからの数値を変更して車両DMEへ送ることによりパワーアップを行っております。燃調等に関しましてはRaceChipにて変更された数値に合わせて車両DMEが最適化を行いますので燃料噴射量が足りなくなることはございません。RaceChipにてスピードリミッター解除は行えません。車両のマージン内での制御となります。車両個体差などによりメーカー設定値を超えてしまいそうな場合には車両DMEが制御し車両保護を行いますのでその他のパワーアップチューニングと比較すると各部品の故障や破損リスクは少ないです。

ポイント3:他のパーツとの併用は?

RaceChip製品と吸排気系商品、他社製スロットルコントローラー、点火系商品との併用が気になる方が多いと思います。RaceChipはノーマル車両へのお取り付けを前提に本体設定を行っておりますので純正エアクリーナーBOXを使用するタイプの社外エアクリーナーであれば併用可能です。しかし剥き出しタイプのエアクリーナーは吸入空気量の数値変動が大きい為、エラーが発生する可能性が高くなります。またマフラーの種類によってはブースト圧が上がりエラーが発生する場合がございますが、その際には本体内部の調整ダイヤルを調整することで問題解決できます。他社製スロットルコントローラーは併用時にエラーが発生してしまう車両がありました。その際の対応は、調整式の場合スロットルコントローラーの調整を下げて頂くかRaceChip本体の調整を行って頂くことでご使用が可能となります。点火系チューニングはブーストアップによる失火を防止するため是非強化して頂ければと思います。