「キーパータイムズ」vol.91 キーパーコーティング愛車を守る。KeePerTIMES

汚れるだけではない!?黄砂が与える塗装へのダメージ 大地の砂漠化が進み、高濃度の黄砂が記録されるようになると、今までになかったような現象が起きはじめました。黄砂粒子により車が汚れるだけでなく、コーティングや塗装にも影響をもたらしているのです。

黄砂とは何か?
地球全体の気候に影響
 黄砂とは中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠、黄土高原などで、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊あるいは降下する現象です。
 黄砂は、発生源地域周辺の農業生産や生活環境にしばしば重大な影響を与えるばかりでなく、黄砂粒子を核とした雲の発生・降水によって地球全体の気候に影響を及ぼしています。
地球全体の気候に影響
 黄砂とは中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠やゴビ砂漠、黄土高原などで、風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊あるいは降下する現象です。
 黄砂は、発生源地域周辺の農業生産や生活環境にしばしば重大な影響を与えるばかりでなく、黄砂粒子を核とした雲の発生・降水によって地球全体の気候に影響を及ぼしています。
2010年3月21日に今年最高濃度を記録(4月1日現在)
 気象庁の発表によると、3月には9日間黄砂を観測し、3月21日に今年最高の黄砂濃度を記録。67ヶ所の観測地のうち63ヶ所で視程1.2km(濃度700mg/m3)が観測されました。車や洗濯物などの表面へ付着することはもちろん、小型航空機などへの影響も出てくるほどの高濃度。このような高濃度の黄砂は3〜5月にかけて最も多く、例年起こっているようです。
黄砂を含んだ雨の後、一時的に撥水がなくなる!?
黄砂のアルカリ成分が、一時的に撥水を阻害する
 黄砂を含んだ雨は、コーティング施工車の水はじきを悪くする場合があります。
 その原因の一つとして、黄砂を構成している成分の一つ「炭酸カルシウム」がアルカリを作り出しているからです。このアルカリが界面活性剤のような親水効果を出し、撥水性を阻害しています。しかしこれは強いアルカリではないため、塗装やコーティング被膜を浸食するほどではありません。
ミネラルの堆積には、早めの洗車を
 もう一つの原因として忘れてならないのが、水シミの原因ともなる黄砂に含まれるミネラルの堆積です。ミネラルには撥水性がありません。よって塗装上に堆積し、乾燥すれば撥水性を阻害するのは当然です。しかしミネラルは水に溶けやすいので、すぐに洗車をすることで撥水性を取り戻すことができます。
数回の洗車で、撥水は復活する
 いずれにしても黄砂を含む雨が降った場合、早めに洗車をすることが最も効果的です。
 ただし、アルカリは表面上にしつこい膜を作る性質があるため、なかなか撥水が復活しない場合があります。しかしながら、コーティング被膜は取れていないので、塗装の保護能力はなくなっていません。何度か洗車を繰り返せば復活します。
すぐに撥水性を取り戻すには
 すばやく撥水を復活させるためには酸性のシャンプーで中和する方法もあります。しかし、黄砂を含む雨が降ってから長い時間が経ってしまった場合、コーティングの撥水基が壊されることも考えられます。ダイヤモンドキーパー・クリスタルキーパーならば、犠牲被膜であるレジンを薄くぬって擦れば、劣化したレジンを入れ替えることができ、撥水を取り戻すことができます。
黄砂に含まれるミネラルが、頑固な水シミを作る
黄砂に含まれるミネラルがコーティング被膜へ強固に結合
 通常、「雨」はミネラル分をあまり含んでおらず、無機物であるミネラル分が塗装あるいはコーティング被膜の上に凝縮固着する「水シミ」を作ることはあまりありません。むしろ地上に降り注いだ後の雨水を処理し、ミネラル分が豊富に含まれる「水道水」が水シミの原因となっていることが多いのです。  しかし、「黄砂が混じった雨」は、黄砂に含まれるミネラルが雨に溶け込み、水道水よりもひどい水シミ(ウォータースポット)を大量に付着させます。特にポリシラザン系のガラス成分が表面に出ているボディガラスコーティング被膜には、より強固にミネラルが結合し、水シミの除去が非常に困難になります。
ハイブリッド構造で水シミ固着を防止する
 しかし、ダイヤモンドキーパー・クリスタルキーパーには、ガラス被膜にフレキシブルなフロロカーボン基が配列しているため、黄砂に含まれるミネラルと結合しにくくなります。  また、ガラス被膜の上に犠牲被膜となるレジンをコーティング処理し、ハイブリッド(二重)構造にしているので、水シミを固着させません。
黄砂は、酸性雨を中和し、環境に貢献することも
 黄砂は車をひどく汚し、水シミの原因ともなって、その意味では広く被害を撒き散らすものです。しかし、黄砂に付着した物質によって、土壌や海洋へミネラルが供給され、植物や植物プランクトンの生育を促進する作用もあり、黄砂に土壌を肥やす効果があることも指摘されています。黄砂の成分であるリンや鉄などが、海洋のプランクトンや、ハワイの森林の生育に関わっているのと研究結果もある。また、黄砂に含まれる「炭酸カルシウム」には中和作用があり、黄砂の飛来と雨が重なると、雨を中性・アルカリ性に変えます。そのため、塗装を酸化分解、劣化させる酸性雨の被害軽減にも寄与しています。
黄砂は毎年やってくる風物詩のようなもの。上手に付き合っていくことが大切でしょう。
KeePer
webサイトキーパーコーティングで、カーコーティングのすべてが分かる!!

ひとことにカーコーティングといっても様々な種類があり、「どれを選べばいいのか分からない」という人も多いはず。キーパーのWebサイト“keepercoating.jp”では、4つのキーパーコーティングの詳しい解説だけでなく、一般的なカーコーティングについての知識やキーパーコーティング施工車の写真などを掲載。幅広くコーティングについて知ることができます。予備知識をもっておけば、お店のスタッフとの相談もスムーズ。“keepercoating.jp”を上手に活用して、長く、キレイに、愛車に乗り続けましょう!

1そもそも、コーティングって何なの?カーコーティングとは?
KeePer
WAXからはじまり、コーティングが主流となった現代までの流れを解説。 WAXとコーティングの違い、一般的なコーティングの種類やメリット、 デメリットなども知ることができます。またカーコーティングを選ぶときのポイントも紹介されています。
2自分にぴったりのカーコーティングが分からない!商品紹介
KeePer
1年間、ノーメンテナンスの「クリスタルキーパー」、5年間耐久、ツヤと水弾きの「ダイヤモンドキーパー」、3ヶ月ごとの再施工でキレイを保つ「ピュアキーパー」、5年耐久で発色がよく汚れにくい「アクアキーパー」の4つのキーパーコーティングを紹介。それぞれの特徴や価格、メカニズムなどの詳しい解説はもちろん、おすすめポイントも掲載。愛車やライフスタイルにぴったりのカーコーティングを選べます。
3WAXがけすれば、コーティングは必要ないんじゃない?コーティングの必要性
KeePer
車の塗装が、何故・どのように劣化していくのか、さらに劣化から塗装を守るカーコーティングの保護効果を解説しています。WAXがけでは実現することのできないコーティングがもたらす「ツヤ」「光沢」「撥水性」などの仕組みが分かります。
4もっと詳しく知りたい!よくあるご質問
KeePer
4つのキーパーコーティングに関するお客様から多くいただいた質問に答えています。ここまで読めば、お店にいってもスムーズにスタッフと相談することができます。
5コーティング知識を深めたい!KeePer Times
KeePer
さらに専門的にカーコーティングの知識を深めたい人は「KeePer Times」をチェック。全国のキーパーコーティング施工店に毎月送られるキーパーコーティングの専門情報誌がWeb上でも閲覧できます。
6本当にキレイになるのかな?お客様フォトログ
KeePer
プロの技術でコーティングされたお客様の車の写真と感想を見ることができます。車がどれだけキレイになっているか、どんなふうに施工されるのかを、事前に確認することができ、安心して来店することができます。
7近所のプロショップのお得な情報を知りたい!キャンペーン情報
KeePer
全国のキーパープロショップ、Keeper LABOのお得な割引などのキャンペーン情報を掲載。チラシをWeb上で見ることができます。新店舗が続々オープンし、キャンペーンを開催しているので、こまめにチェックしよう。
8自分の家から近い店舗はどこだろう?店舗検索
KeePer
全国のキーパープロショップ、Keeper LABOの店舗情報を検索することができます。場所や問合せ先、施工メニューだけでなく、店舗の様子やスタッフの雰囲気なども分かり、安心して施工を任せることができます。