オーナーズレビュー・評価

愛車や買う予定のクルマの評判・評価が知りたい。そんなオーナーならではの“生の声”を集めたオーナーズレビュー。その注目度はクルマメーカーの開発者も日々チェックするほど。メディアに載らないリアルな評判・評価はココから!

オーナーズレビュー・評価

  • 三菱 デリカD:5
    評価
    クリーンディーゼルお勧めです。
    満足している点
    欲しい装備がすべてついているということで購入に至りました。アルミホイールに惹かれましたね。まずは乗り心地が良い。ボディーがしっかりしていることが実感できます。橋等の継ぎ目でも気にせずに通過できます。エンジンはディーゼルなのに静かです。またトルクフルで知らぬ間にすごいスピードになってます。前車は14年乗ったので、15年は乗りたいですね。
    不満な点
    特になし。ですがピラーが太すぎて右左折の時は気を使いますね。安全対策で最近の車は大体太いのでしょうがないですね。
    ハナのパパ

    総合評価 9(詳細評価点)

  • トヨタ プリウスα
    評価
    不満な静粛性ですがDIYで静音処理を施し、普通レベルまで静かな車になりました。少し手を加えれば静かでいい車になります。アフターパーツも豊富なので自分好みの車に仕上げていく楽しみもあるかも。。
    満足している点
    なんといっても燃費、経済性です。メーターで平均22km/Lぐらいいきます。実際は20km/Lぐらいでしょう。エコな運転をする楽しみがあります。安全運転にも寄与してます。エクステリアはまあまあです。
    不満な点
    静粛性を期待して購入しましたがエンジン高回転時のけたたましい音、ロードノイズ、凸凹な道路でのつきあげ。とても残念です。
    内装のチープな点、車両価格があと10万円高くてもいいのでワンランク上の上級仕様の設定がほしいです。
    轟次郎

    総合評価 5(詳細評価点)

  • トヨタ FJクルーザー
    評価
    ジープやハマー、ランドローバーなどの「冒険心をかきたてられる」四駆が好きで、その中の一車種に乗っていたこともあるのですが、やはりある程度古くなると修理などメンテに異常にお金がかかって安心して乗れない。また日本車でも、初代ジムニーや、それこそランクルFJ40なんかは好きですが古すぎて性能面も難。やはりこういう車は長く乗って少しづつ自分色に染めていきたいもの。そんな自分には、安心と冒険心のふたつを兼ね備える唯一の存在がFJです。
    満足している点
    自分の個性を表現できるクルマ、日本車で唯一の存在ではないでしょうか。ノーマルでも良いのですが、色々とパーツをつけたりステッカーを貼ったりしてオリジナルFJを作れます。これが、つり目で流線型の、今っぽいファミリー的な車でやるとイタイタしいのですが、FJの場合は、どんな個性も許される。ワイルドにも都会的にも、かっこよくも可愛くも、笑えるバカみたいなカスタムもOK。
    走行性能は悪路も舗装路もどちらも快適。今年の大雪の中でガンガンつっこみましたが実に快適。牽引ロープを装備して雪を走ると、ハマっている人を助けられて優越感に浸れます。エクストレイルやフォレスターなど街乗りSUV君たち中心に数台救助しました。
    舗装路でも、2トン近い車重を4リッターで引っ張るので安定化は抜群。高速で長距離でもストレス無いです。
    不満な点
    内装、外装ともに初期装備が貧弱。それらを後づけするのにお金がかかる。まあカスタムの楽しみが残されていると思えばいいのかもしれませんが…。燃費は町乗りで6以上7未満くらいなので、このクラスとしては悪くありません。
    ただ、このようなスタイルで、中身は超ハイテクだったらそのギャップがかっこいいのに、結局、外見レトロで中身もレトロになってしまうところは残念です。
    荷室が狭いといわれますが、まったくそんなことはなく、MTBを分解せずにつっこめます。
    観音扉は不便ですが、かつて2ドアクーペ乗っていて、特に耐えられないほどでもなかったので私は問題なし。
    ラゲッジは、日常生活にもアウトドアにも、まったく問題ないですが、ただ、使い勝手において、他の車種を圧倒する部分があってもよかったかなと思います。
    イリア

    総合評価 8(詳細評価点)

  • アルファロメオ ジュリエッタ
    評価

    GIULIETTA(Sportiva2013モデル)に乗っています。
    レビューは↓になります。http://minkara.carview.co.jp/car/alfaromeo/giulietta/review/detail.aspx?cid=121672


    こちらでは2013モデルとの比較をしたいと思います。
    一言で言うと、長所・短所が表裏一体になっています。

    2014モデルはよりマイルドに一般的な乗り味になってます。
    ミッションとブレーキフィールが自然になりました。
    Giuliettaのブレーキフィールに慣れるのは数週間かかりました。
    慣れがないとかっくんブレーキになってしまう。
    低速時に今までガクガクしていたのが、安定するようになりました。
    適切な言い方ではないかもしれませんが、ドイツ車やCVTに近いようなフィーリングになった。
    駐車などスムーズに行えそうです。

    ヒール靴を履いていたのですが、全く問題ありません。
    前期モデルではヒールで運転することは安全のため控えていますので、
    いい意味で進化していると感じました。

    エキゾーストサウンドは相変わらず心地よく入ってきます。

    そしてもう1点。
    低速時のゴツゴツ感も軽減されておりました。
    ただ、これは履いているタイヤの問題もありそうです。

    我が家のタイヤはPOTENZA。
    試乗車はPIRELLIでした。

    アイドリングストップについては作動しなかったので
    違いは分かりませんでした。
    坂道発進など試したかったのですが、坂道がありませんでした(笑)。

    デザインは好みの問題もあるので、2014モデルのデザインが好みでしたら、マイナーチェンジ後の方が乗りやすいかと思います。
    ただ、よりアルファロメオらしいのは前期モデルかと思います。
    満足している点
    ・アルファロメオでありながらも、これまでと違和感ない乗り心地

    ・新しい仕様(8スピーカー・新色・ボディカラーとシートが選べる)

    ・好きなナビが選べる

    ・Sprintの基本装備の充実
    不満な点
    ・8C・4Cと同じスイッチ類がない(アイドリングストップの類)

    ・ダッシュボード周り・ドアトリムのカラーとシートカラーが微妙に合ってない。

    ・インテリアのピアノブラック部分がなくなり、マットブラックに

    ・グリルの一部がマットシルバーに

    ・メンテナンスがオプション扱いなど若干の割高感

    ・ステアリングスイッチでオーディオの操作ができない(音量のみ可能)

    ・ナビパネルの選択ができない(マットブラックのみ)
    giuliesti

    総合評価 8(詳細評価点)

  • ホンダ オデッセイ
    評価
    ホンダのディーラーで総額138万円で買ったのでコストパフォーマンスは抜群です。
    液体類全部、とフィルター、ブレーキパットを納車時に無料で交換してくれ、ディーラーで買ってほんとうによかった。
    満足している点
    燃費がいい。ちょこまかとおとなしく走って8.5km/ℓボディーの大きさとパワーに対してよいと思う。
    乗り心地が18インチでありもっと悪いのかと思ったが許容範囲である。
    アクセルを踏んだ分だけパワー感がある。
    全車RB1にくらべてピラーが細くなりひやっとすることがなくなった。

    不満な点
    中古車でかったためオプションのスマートキーがないためいちいち鍵穴にさしてエンジンを始動しなければいけない。RB1はLグレードでスマートキーであった。
    運転席と助手席のエアコン吹き出し口はRB1のほうが調節しやすかった。
    麺好き

    総合評価 9(詳細評価点)

みんカラ facebookページ みんカラ twitter
みんカラ新規会員登録