• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月17日

好きなバイク( ´∀`)

ここ最近、何度もその名前を連呼しておいて、スルーというわけにも行きますまい。

ホンダの「スーパースポーツ」カテゴリーのフロンティアを。

【HONDA CBR900RR FireBlade】
「ホンダ CBR900RR ファイヤーブレード」です。

ぶ・・・ブレイド?

違う、それじゃない(^_^;)\('_')

このバイク、「実は」(実話)に溢れたバイクなのです。

「実はの壱、最初は750ccで開発されていた。」
VFR750シリーズの後継として、当初はレーサーレプリカとして開発されていました。排気量750ccで、コストがかかるV型を止めて直4にするため?、そういう意図も見え隠れ。しかし、ご存じの通りレプリカブームに陰りが、じゃあもうレプリカとしてでは無く、スポーツバイクとして輸出をメインに考えて、900に排気量を上げようと相成りし候。

「実はの弐、あの・・・900じゃ無くね?」


1992年、輸出用として初代(SC28)がデビュー、そのスペックは。
水冷DOHC4バルブ4気筒、排気量【893cc】、最高出力は124馬力。
ん?、少し排気量が900を名乗るには足りていないような・・・え?、や、893!!
いえ、何でもありません(-_-;)。 
剣は剣でも「ドス」だったのか(^_^;)。
輸出されてから、特にナ~ウなメリケ~ン達のハートキャッチ!!プリ・・・ンンッ(--;)。メリケーヌの評価は、レプリカでもなく、ツアラーでもない、「スーパースポーツ」だと。ここに新しいカテゴリーが爆誕したのです。

少し経って、実質マイナーチェンジ版である二代目(SC28)に。
型番が変わっていないのがマイチェンの証。 
お目目が汝の正体見たり!!前世魔人・・・いやそれダイヤモンドア(ピー)、タイガーアイに。
スペック的な変化は全く無し、エンジンオイル容量が若干増やされていたりとかです。
ここまでを初代とする場合もあります。

「実はの参、えっ?キミ本当は16なの?やっべ・・マジか・・・」


1996年にモデルチェンジと言える三代目J・・・じゃねぇよ、三代目(SC33)にチェンジ、外観以外にスペックにも変化が。
排気量が918ccに(厳密には918.5cc)、馬力が4馬力向上で128馬力へ、車重が2㎏軽くなった(微妙っ!!)。
海外では「CBR918」として販売された地域もあるそうです。なんかこう書くとドゥカティみたいですね。

そしてまた四代目(SC33変わらず)にマイナーチェンジ。外観はカラーが変わったぐらいです。
このモデルの大事な所は「最後のキャブレター&フロント16インチモデル」ということです。
そうです、この型までのファイヤーブレードはフロントが16インチだったのです!!、他社はとっくに、いや、ホンダ内でももう他のバイクは前後17インチに移行していたのに。
これは、開発者の馬場忠雄氏もかなり悩んだ末の選択だったそうで、「楽しい操縦性を再優先に考えてあえてこうした」と、いや、あの・・・16インチは握り転けとかの安全性は?(^_^;)。それはフロントタイヤの幅を広げて対処したようですが。ある意味最後のフロント16インチスポーツバイクだったのかも。
尚、この型にはアッパーカウルの裏に馬場さんからのメッセージが刻印されているそうです。
その刻印のメッセージはこう書かれています。
「For the people who want to know the mening of lighit weight」Tadao Baba
Repeat after me!!、英語の時間です、では訳して下さい戸田(ピー)津子ばりの「超翻訳」でw。
ここまでを二代目とする・・・以下同文。

そして、2000年に

五代目(三代目?)にチェンジ。この型は大幅な改良がなされています。
排気量が929ccへ、キャブからインジェクション化、これで148馬力へジャンプアップ!!。
アメリカではCBR929RRという名前で販売されました。
何故これ程までのメガ進化を?、ヤマハのアレ、「壱」の脅威からですね。

「実はの肆、えっ?ここまで無かったの?」
そして、900RRとしての最終モデルへ、2001年と矢継ぎ早にデビューしたのが

六代目(いや、四代目か?)CBR954RRです。
更にマキシマム ザ 進化、排気量が954ccへ、馬力は遂に大台の151馬力、そして何とCB400SFとほぼ同じ168kgの乾燥重量!!。これ、この後の後継車1000RRより軽いんです。最早ピリオドの向こうへ行っちゃってますな。正にホンダ(馬場さん)の本気。
そして、この型から「初めて」国内仕様が販売されました。国内仕様は91馬力・・・馬力削りすぎィ!!w。ファイヤーブレードのステッカーも付いていません。750カタナの「刀」ステッカーが無かったように。
今現在はどのメーカーも国内仕様でも馬力が変わらなくなっていますね、いい時代だと思わんか?。
中古市場は最終958は流石に高めで80万以上、でも、ドス(893)つまり初期型は、走行6000kmあたりでも50万~60万のものがありました。
個人的には、初代で充分ですw。
ツーリングユースには初代はまだ良さげですし、前傾姿勢はかなりキツめですが。

ホンダの「もっともっと」(あの弁当屋じゃないよ)が詰まったバイク、それがこの炎の剣ではないでしょうか?。
ブログ一覧 | バイク
Posted at 2016/10/17 22:28:53

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2016/10/17 23:01:13
こんばんは~(^^)/

雪虫が飛んでしたとか。
いよいよ本格的な冬の到来ですか。
スタッドレスに交換する時期なんですね。
ファイヤーブレード、五代目(三代目?)に乗ってみたいです。

コメントへの返答
2016/10/17 23:06:38
こんばんは、雪虫は今日日中にいきなり大量発生でした。最初はあの白い産毛は無いんですけどね。
バランスの初代~四代目(二代目)、激っぱやの五~六代目(三~四代目)と言われています。私は初代でいいですw。五からはもうついていけないかも。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「あと数年で2020年、しかも狙ったように東京オリンピックですが、これ(画像)はまだですかね?w」
何シテル?   08/21 17:25
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 23:44:02
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/15 01:45:26
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/06 07:44:01

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
13 人のお友達がいます
タケ.ちゃんタケ.ちゃん マシャ雪マシャ雪
ノブノブノブノブ hayabusa0824hayabusa0824
きいスポおやじきいスポおやじ もぐ夫もぐ夫

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
カワサキ GPZ900R カワサキ GPZ900R
以前所有していたバイク、カワサキGPZ900RのA8の逆輸入車、フルパワーです。 更にも ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.