• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2015年03月31日 イイね!

はあ?(パート2というかもの申~す!!)

はあ?(パート2というかもの申~す!!)ホンダS660の2回目。
非常に不満な点がありまして。
一部で言われていた「軽自動車の馬力上限をぶち破る」は止めたんですかね?(-"-;)。

今現在、実際に販売されている車で「ケータハム160」という車がありますが(別名「軽ータハム160」)、これはスズキジムニーの660ccエンジンですが、ロムチューン等により「80馬力」を達成しているんですよ。
それで尚且つ、軽自動車として認定されているのでナンバーも黄色ですし、当然税制上も区分も「軽自動車」のままなのです。
つまり、既に軽自動車の馬力規制をぶち破った「前例」はとっくにあるんですよ。
ホンダさん何故やらないの?、出し惜しみですか?。この事実を突けば可能だと思うんですけど。
これにチャレンジしなかった事が残念でなりません。また、この制限を破っていれば、あの暴騰的な価格も納得でしたけどね。
そりゃまあ価格が400万円オーバーのケータハム160と比べるなよと言われればそれまでですけど、でもあれ「キットカー」ですよ本来はね。
作り込みはメーカー生産のS660の方が間違いなく上でしょうから尚更です。
ホンダさん、ここは発売を延期してでもやって欲しかったなぁ~、国産メーカーのどこかがやれば他社も追随するでしょうし(少なくともコペンは間違いなくやるでしょうねw)。
たとえ軽の価格が上がっても、軽自動車業界が面白くなると思うんですけどね。
まあ、リッタークラスとの兼ね合いもありますから、難しい部分があるとは思いますけど。
もう、これだけ全体的に高騰を続けている軽自動車、そろそろ馬力上限の撤廃はあってもいいんじゃないかと思います。
「新自主規制値は660ccのままで85馬力あたりまで」がいい線引きではないかと個人的には思うんですけど。
以前から叫ばれている「車幅拡大&排気量800cc化」は、それこそ現行のリッタークラスと変わらなくなるので今すぐはまだ出来ないでしょうからね(特に「盗用多」が青い顔になるかと、個人的には「ならば良し!!」なんですけどw)。
ホンダに限らず、どこでも良いので軽自動車メーカーさん、そろそろ一発頼みます。
「税金が上がるんだから、引き換えに新しい付加価値を持たせろよ!!」と叫んでみては?。
「弱いものイジメ」とか「貧乏人にスポーツなんかいらない」とばかり嘆いてないで、ねっ、修(某会長)さんw。
Posted at 2015/03/31 21:52:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年03月30日 イイね!

はあ?

はあ?ホンダS660が発表されましたね…。
一番下で1,980,000円
一番上で2,380,000円
(税込)

え~っと…これ、「軽自動車」ですよ…ね?(^^;)

最近、ホンダは軽自動車の値段を吊り上げるのが趣味なんですか?。
まあ、S660は内容的に200万近くというのはわかりますが。
N/(スラッシュ)も車両本体で190万でしたよね。
税込だと200万軽くオーバーって。これはボリすぎでは?。

益々、リッタークラスの方がコストが安くなりますね。
軽自動車の税金ももうすぐ「倍付け」になりますし。燃費は言わずもがな。
スズキさん、ここでスイフト(スイスポ?)に開発中の「1000ccの3気筒ターボエンジン」の投入ですよ!!チャ~~ンス!!。
やるのは知っていますよw。
それを170以下で売れば…下手すると諸刃の剣な自爆テロかもですが(-"-;)。
ならばせめて、アルトRSに四駆のMTをよろしくです。
結局、S660による軽自動車の100psオーバーはやれなかったようですし。64psのままでしたね。
ホンダはS1000に期待しています。
Posted at 2015/03/30 16:53:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年03月30日 イイね!

蟹男脱皮計画(改訂版)

調べると更に色々わかってきたので改訂版をm(_ _)m

もうすぐバイクシーズン。来月末には冬眠から目覚める(と、思われる)蟹男(GB250クラブマン)。
そろそろイジりの蟲が騒ぎ始めています。
やりたいこと。
「セパハン化」、今のポジションは絶妙だからそのままでもいいのですが、やはりシングルカフェを目指すなら避けては通れない道…この道を行けば如何なるものか、危ぶむなかれ…
やはりやるならメイドインドイツの「マグラ」のセパハンっ!!と探してみたらもう生産していないんですね(;_;)。
一応、数年前に作られた再生産品の在庫はまだあるようですが。サイズが合わないかも…クラブマンに適合するのは33Φです。まあ、類似の国内製でもいいんですけどね。困った時のハリケーンか?w。
ポジションはあまりキツい前傾にならない程度に(オッサンだしw)。目標は「バックステップは不要なぐらいの前傾」なんですが。場合によってはアクセル&ブレーキケーブルの延長&ブレーキオイルリザーバータンクが必要になりますから慎重に行きたいなと。
トップブリッジは、ハンドルクランプはあえて残して、そこにパイプを通してミラーステーとして使う手もあるのか。
人気の「WM製トップブリッジ」(絶版品)はオクでも値段が上がり続けていますし(-"-;)。

それが終わったら、「ロケットカウルの装着」
長年の夢です。探してはいたんですが…他社流用だと頭でっかちになってバランス悪いカッコ悪いで、それこそ珍走のように上に向けてつけるしかないじゃんとかw、他には装着困難とか色々と立ちはだかる壁が沢山ありまして悩む日々でした。
一応見つかりました、スタイル的には御の字であろうという物が。
ペイトンプレイス製のハーフカウルキット(ただしSR400用です)とか、チャックボックス製のショートカウルも良さげ。
しかし、結局どちらも専用品ではないので、要フィッテングなんですけどね。なかなか難しそうです。
純正流用にこだわるなら、同じホンダの「CB400SS」に限定100台のモデルで「アーバンカフェ」というロケットカウル付きのがありました。モンゴリ改で有名な「KIJIMA」の手によるカフェ仕様。そのロケットカウルはほぼ無改造で装着可能の…模様。装着後のバランスも悪くないです。ただ、恐らく社外製より価格は高いかと。
いっそ、Nortonみたいなクラシカルなメーターバイザーにしようかな。
Posted at 2015/03/30 11:27:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2015年03月29日 イイね!

日常車事(次いってみよう~!! 編)

日常車事(次いってみよう~!! 編)思いがけずに駆動系のリフレッシュ(になってしまったw)を敢行した我がアオタマ様、今年は何を…。

とりあえず、昨年断念した「フルレンジスポーツコンピューター」、これはやりたいっ!!。
調べてみると、だいたい発送から5日ぐらいで書き換え→戻ってくるようなので。その間はまたワゴンRのお世話になれば…w。
やる時には「4-2-1ツインキャタライザーEXマニ」がついていますと、モンスポ側にお知らせもしないとですが。
で、その間を利用して、「ローテンプサーモスタット」もやる予定です。
ちなみに社長(ラリー屋様)曰く「ノーマルロムでローテンプサーモをやるのはオススメしないね、大半はトラブルの元になるだけだから、ロムをローテンプサーモに対応させてからやるのが正解だよ」とのことです。
だからローテンプサーモにも対応したプログラムにしてもらわないといけませんね。
ただ、スイフトってサーモスタットがかなり面倒くさい位置についているそうで、エンジンの背面?だとか。
社長もスイスポを初めてイジリだした時、最初は軽~く考えていたそうですが、ローテンプを入手していざやろうとするとまず「場所を探してしまったw」そうです。
整備マニュアル引っ張り出し~の、ネットで検索しぃ~ので場所を特定…「うわっ!!こりゃ結構面倒くせぇ~!!w」になったそうですw。
ぁゃιぃ様も「そういえば、サーモスタット交換は、ディーラーでも来ると整備さんにちょっと嫌な顔される修理(整備泣かせ)でしたねw」と申していました。
皆さんの整備手帳を巡ったり、他の場所でも調べてみると…ああ、こりゃ確かに面倒だ。
なになに?、ウマかけて当然ドレンからクーラント抜いて、エアクリBOX外してさらにスロットルも外してって…げっ!!インマニもですか!!ww。
あら、じゃあ本当に背面(インマニの裏)なんだな。
普通エンジン前面の下のほうでは?、スズキさんなんで?。
だけど、ロムをやる時には同時によろしく(←鬼!!w)。

とりあえずこのあたりで、後は夏タイヤを変えるかも?、結構偏磨耗が…。タイヤとしては良いタイヤなんですけどねマランゴーニは。やはり減りは早いですね。

ところで、「オイルパンプレート」(中に入れてオイルの偏りを防止するモノ)って良いものなんでしょうかね…?(←気になってる)。
あと、「エンジンルームアンダーカバー」も…エンジンルーム内のサビ具合を見ていると、やりたくなります。
Posted at 2015/03/29 10:23:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年03月26日 イイね!

サビのお話

サビのお話
先日、アオタマを迎えにいった時に「ぁゃιぃ様」と軽自動車のサビの話になりまして、ワゴンR(代車で借りてたので)に限らず、スズキの軽はリヤフェンダーまわりとかリヤタイヤハウスあたりから腐る車が多いですよね?と聞いた所
「あ~、それ、スズキの場合年式によります。ワゴンRは年式によって錆びやすい錆びにくいがあるんですよ、特に三年前ぐらいまでは非常に錆びやすかったんです」とのこと。更に「まあ…スズキは安いですから…ね、正直鉄板と塗装は"お察しください"ですけどw」ともw。
正直軽自動車で、というか全般的に鉄板と塗装が一番弱い会社は間違いなくスズキだと断言していました…それはわかりますw。
過去にワゴンRと現在進行形でスイスポに乗っていますから。
ワゴンR(初代に乗ってました)はかなりサビやすかったので、スイスポはその分手をかけて手入れして、外観と下回りは(大概、整備に出すと割と綺麗に乗ってますねとは言われています)とりあえずは維持していますが、エンジンルーム内部はかなりキテいますね…(-"-;)。
正直、エンジンマウントもそろそろ純正新品に変えたい、強化は…純正にプラスでウレタンサポートを挟むぐらいで良いかと、強すぎるとアイドリングなどで振動が酷くなるそうですから。
話がそれましたm(_ _)m。
で、じゃあどこが塗装が良いの(特に軽自動車)という話になり…ぁゃιぃ様曰くやはり「天下の盗用多」wの息がかかっている大八いやダイハツ車ですねとのこと。
コペンの、特に白は綺麗です。クリアー三重コートは伊達じゃないですよと。
とりあえず社長(ラリー屋さん)も交えた三者会議での順位は。
ダイハツ→スバル(特に自社で作ってた頃)→三菱→ホンダ=スズキ。
このようになりました。
「ホンダもスズキと対して変わらないよ~」(by社長)と。
「割と最近、Nボックスが来てね、整備したんだけどさ…人気が出て"急づくりしました!!感"が結構あったねぇ、特に足回り下回りの塗装ね…あれはちょっとコレ大丈夫?レベルだったな、新しい割には結構サビてたよ」と
でもやはり、スズキ以外の他社も当たり年ハズレ年があるとのことです。
「ダイハツでも、ムーヴは結構年式によるムラがあるとか、三菱だとアイは割と上質、だけどekはねぇ」と。
「まあ、正直同じ会社の同じ車でも当たり外れはあるし、特に軽自動車はバラつきやすいからね」と社長の〆で会談終了。
スズキ、頑張れw。
Posted at 2015/03/26 18:23:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「ソリオじゃなくてイグニスがベースなのかなこのX-BEE(クロスビー、デカいハスラー)って、1リッターターボハイブリットだそうで。じゃあ変速はCVT(嫌いでして)かな、だとしたら残念。MTとは言わないからせめてAGSで・・・、ハイブリット無しでお願いしたい。」
何シテル?   11/17 23:27
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/3 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 23:44:02

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
13 人のお友達がいます
タケ.ちゃんタケ.ちゃん マシャ雪マシャ雪
ノブノブノブノブ hayabusa0824hayabusa0824
Gotz(ごっつ)Gotz(ごっつ) きいスポおやじきいスポおやじ

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
カワサキ GPZ900R カワサキ GPZ900R
以前所有していたバイク、カワサキGPZ900RのA8の逆輸入車、フルパワーです。 更にも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.