• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2015年09月29日 イイね!

好きなバイク( ̄∀ ̄)

好きなバイク( ̄∀ ̄)今回はイタリィの赤くて熱いバイクメーカーより。割と近年のモデルですね。やはり私は外車バイクなら、DUCATIやBMWが好きなもので。

【DUCATI 999(S)(R)】
「ドゥカティ 999(S)(R)」です。
2003年~2006年の間で生産販売されました。
まず、スーパーバイクレースとは、市販車をベースにレーサーを作り、後はライダーの腕で勝負だという趣旨のレースでした。
4気筒は750cc、2気筒は1000ccまでのレギュレーションがあり、ドゥカティは2気筒Vツインで常勝となりました。そのベースとして開発されましたが、この999はシリーズでは最も街乗りの楽しさも追求されています。
それまでのドゥカティのスーパーバイクベースのバイクは、交差点右左折で半クラ操作が必要というぐらい、高回転ツイン特有の低速トルクがスカスカ故の気難しさがあったそうですが、この999では低速側のトルクもあり、問題無く乗れるそうです。
まずは無印こと999でスペック。
水冷L型2気筒4バルブテスタストレッタデスモの998cc、最高出力は140馬力。
999にはこの無印と、ラジアルマウントキャリパーや前後オーリンズ製サスを装着し143馬力にアップの「S」、更にスーパーバイクのホモロゲーション取得のために作られた「R」がありました。
Rは受注生産で、マグネシウム鍛造ホイールや、カーボンの外装などを装備しており、排気量は999ccで最高出力も150馬力まで引き上げられています。無印が新車で約200万ちょいで、Rは約400万円ほどの高価なバイクでした。
なぜこれが好きか?、それはもうこのスタイルに尽きます。珍しい「縦配列の丸目2灯プロジェクターランプ」。特に夜に見ると999だなとすぐにわかりますよ。
前期型はライト周りのインテークが大きく、後期型では細く小さくなります。
当時でもかなり高級なバイクでしたが、たまに見かけますけどその高級感は色褪せていませんね。
この999以降、現在に繋がるドゥカティのスポーツバイクのスタイルが確立されたと言っても過言じゃないと思います。特にマフラーの配置とかがね。
現在、中古市場では走行距離1万~2万ぐらいの物で、無印で70~90万、Sで80~110万あたりで買えちゃいますよ。Rはさすがに役モノですから、まずタマ数がかなり少ない、あって150万ほどです。
テルミニョーニのマフラーを付けて、駆け抜けてみたいなぁ。
Posted at 2015/09/29 20:50:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2015年09月28日 イイね!

コルン、告訴されるってよ

コルン、告訴されるってよたび旅足袋度々
静観するつもりでしたが…やはり予想通りの展開になったのでm(_ _)m。

【ドイツ検察、詐欺容疑で前CEOの捜査着手。ドイツの検察当局は28日、独自動車大手フォルクスワーゲンの排ガス規制試験をめぐる不正問題で、引責辞任したマルティン・ウィンターコルン前最高経営責任者(CEO)について、詐欺容疑で捜査に着手したことを明らかにした。独メディアが一斉に伝えた。検察当局は声明で、名前は明らかにしていないものの、前CEOのほかにも不正に関わった疑いがある人物について、VWから告発を受けているとしている。不正問題を巡っては、前CEOら同社幹部が、排ガス規制試験を不正に逃れるソフトと知りながら、同社が販売したディーゼル車に搭載していたかが焦点となっている。同社は、不正に関わった疑いがある複数の社員を停職処分にしたことを明らかにしている。】

そりゃそうですよねぇ~~!!。そのままお咎め無しでは、ウィンターコルン氏は退職金の80億円を総取りで、それこそ冬のカナタへ逃亡しかねませんよ。
まあ、ポルシェからの使者(元、ポルシェのCEOであった、新CEOのマティアス・ミューラー氏)が送りこまれた時点で、ああ、これは、VW筆頭株主のポルシェ(特にピエヒ氏)は怒り心頭かな?と思っていたら、やはりドイツ検察が動きましたかと、そりゃそうだ。
少なくとも告訴もしくは逮捕されれば、退職金~無しよ!!は確定ですからね。そこはキッチリやりましたかと。

しかし、こんなさなかにメルセデスは「C220d」というディーゼル車を発表とは…いい度胸ですよね~。いや、それだけ自信があるという現れかとは思いますけど。
やはりメルセデスも「大丈夫なのか?」とお問い合わせが殺到したそうです。
そして、余波はマツダさんにも、特にディーゼルのみのCX-3のオーナーから「大丈夫なのか?」というお問い合わせが殺到しているそうですね。
やましい事がないならメルセデスのように堂々として、逆に攻勢に出ればいいのに。
さて、恩恵の面も。
まず、VW車はガソリンエンジン車も中古価格の下落、これがあると思います。中古外車を扱う業者さんも「充分に有り得る」と申してました。VWのガソリン車で狙ってる車があるなら、チャンスかも。
他社のドイツ車中古(ガソリン車)も下がり傾向になる模様。

今度こそ、静観します…
Posted at 2015/09/28 23:47:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2015年09月27日 イイね!

VWマ~ン!!新しい顔よ~!!

VWマ~ン!!新しい顔よ~!!ドイツディーゼル排気ガス問題…
「なんどめだナ○シカ」
とりあえず「VW後任CEO」は決定したようですね。以下記事。

【ディーゼルエンジン車の排ガス不正の発覚から1週間、ドイツの名門企業のVWが、トップ交代を発表した。不正問題の影響が世界に広がり、経営立て直しを急ぐ必要に迫られたためだが、オーナー一族との経営の主導権争いなどが引き金を引いたとの見方もある。「かつて経験したことのない挑戦が立ちはだかるなかで、受けることにした」。新しい最高経営責任者(CEO)に就いたマティアス・ミュラー氏は25日の記者会見で、危機感をこう表した。引責辞任したマルティン・ウィンターコルン氏に代わって組織改革を急ぎ、「信頼回復につとめる」と話した。VWは、22日に不正を起こす可能性があるソフトを積んだ車が世界で1100万台にのぼり、対応にあたって特別損失として65億ユーロ(約8700億円)を計上すると発表した。1年間の販売台数に相当する台数だが、ウィンターコルン氏はビデオ声明で、自ら指揮を執る考えを示していた。風向きが変わったのは、最高意思決定機関である監査役会の23日の主要メンバーの会議だ。この日夜に辞任表明に追い込まれたウィンターコルン氏は声明で、「ここ数日のできごとに衝撃を受けた」と、悔しさをにじませた。オーナー一族で20年以上もトップとして君臨したピエヒ前監査役会長は、米国事業などへの意見の相違から、4月に辞任した。だが、VW株を約51%保有する持ち株会社は、創業家一族のポルシェ家とピエヒ家が実質支配し、その意向が働きやすい。不正問題を機に、ピエヒ氏らがウィンターコルン氏を一気に追いやろうと急いだとの見方もある。ドイツ政府からも、メルケル首相が22日、「すべてを透明にするのが重要だ」と述べ、すみやかな対応を求める声が出た。自動車は部品を含むと同国の輸出の2割弱を占め、すそ野が広いだけに、国内経済への影響も大きい。】

「新しい顔よ~!!」と人物投げ込んだのはやはり「ポル子さん」でしたか。ピエヒ氏復帰か、その息のかかった人物だろうな~とは思っていましたが。元ポルシェCEOさんでしたか(画像)。前にも書きましたが、VWが以前外資に買われそうになった時、ポルシェがVW株を抑えて…そのままなんですよね。さて、まずやるべきは前CEOの責任追求と訴訟では?。退職金なんか払ったらアホですよ。

これにてしばらく静観したいと思います。
Posted at 2015/09/27 20:14:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年09月27日 イイね!

コルン、金持って逃げるってよ

コルン、金持って逃げるってよドイツディーゼル排気ガス問題は本当にネタがつきないなぁ、というわけでマタタビm(_ _)m。

【ディーゼル車の排ガス不正問題の責任をとってドイツ自動車大手フォルクスワーゲンの最高経営責任者(CEO)を辞任したマルティン・ウィンターコルン氏は、年金を含めて最大約6000万ユーロ(約80億円)の退職金を受け取る可能性がある。ただし、これは監査役会が辞任をどう判断するかによる。ウィンターコルン氏は、VWが排ガスの不正操作を組織的に行っていたと認めたことを受け、23日にCEOを辞任した。影響は、最大1100万台に及ぶ見通しだ。VWの年次報告書によれば、ウィンターコルン氏の年金の価値は2014年末時点で2860万ユーロに達している。また、同社の内規により役員は辞任に際し、最大2年分の報酬に相当する退職金を受け取ることになっているという。この報告書によると、同年の同氏の総報酬は150万ユーロの固定給のほか各種手当てや奨励金を合わせて1500万ユーロに上った。ただ、内規では、契約満了前に辞任する役員は自分に過失がなかった場合に限り、2年分の報酬を受け取ることができる。VWの監査役会が、過失の有無をどう判断するかは分かっていない。】

ああ…だからトカゲの尻尾切りにひた走ってるのねウィンターコルンさん(-"-;)。
しかし80億だあ?…一割ください(^^;)。
これ、払っちゃたらVWはアホ丸出しでしょ。
さすがに払わないですよね?、むしろ逃げる前に身柄は拘束したほうが、しなければ今度はドイツがアホ丸出しですよ。
関与が無いのはありえませんよ、というか最高経営責任者なんですから、なんらかのペナルティーは受けて然るべきですよ。
さあウィンターコルンは冬のカナタへと逃げ切るのか、政府命令で彼を拘束して、不正への関与を白状させるか。どうするんでしょうかVWとドイツは。
払っちゃダメだ、払ったらそれこそVWは取り返しのつかない事になりますよ。
Posted at 2015/09/27 10:26:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2015年09月26日 イイね!

♪フキゲン メ~ルケ~ル…

♪フキゲン メ~ルケ~ル…ディーゼル車排ガス問題、たびたびm(_ _)m。
いや、もうこの問題、関わっている各国の思惑が見え始めていて面白いもので。日本も関わっていると思いますよ、例えばスズキは恐らくVWとの提携を発表したあたりで、情報を入手したのかも?と思える行動を取っていますし。

あのぅ…ドイツという国は、我々にネタを提供してくれているのですか?、と、言いたくなるほど暴いておやりよブラヴァツキー夫人状態です。
またまた続報を。

【排ガス制逃れの不正が発覚した自動車大手フォルクスワーゲンの母国ドイツの外交官らが、重大な抜け穴が指摘されている旧来の排ガス試験の継続を裏で働きかけていたことが24日、AFPの入手した流出文書から明らかになった。流出した技術文書の日付は今年5月で、内容はフォルクスワーゲンの不正問題で焦点となっている窒素酸化物(NOx)ではなく、CO2排出量の測定検査に関するものだ。 従来の試験NEDCから厳密な新試験WLTPへの変更点に、制限を加える方策を具体的に論じている。ドイツはこの文書内で、相関試験の際にEUがこれまでに提案してきた以上の例外を認めるよう求めており、下り坂で試験を行うことも例外対象に含まれている。】

つまり、
ドイツ外交官:
「新しいCO2の試験方法さぁ~、厳しすぎじゃね?、今までのやり方でいいじゃ~ん!!、ダメ?、わかった!!もういい!!、んじゃあウチらは計測する時には下り坂でやっちゃう(これでは無意味です)もんね~!!、異論は認めない!!」と。
やあ!!、オレ、ドルバッキー、この世のキレイごとを暴きにやって来た子ネコなんだ!!、嘘つきはどこにいるのかニャ…

いや、嘘つきはどこのドイツだ!!。

外交官がこんな事をやっていては、VWやBMWという企業単位だけではなく、ドイツという国そのものが、国ぐるみで不正をやっていたのかニャ!?、と、疑われても仕方がないですよ。

で、一方アメリカは。
「計 画 通 り」(ニヤリ…)と某新世界の王の如くほくそ笑んでいることでしょうね。
持ち上げておいてから絶頂で叩き潰す、相変わらず陰険な国ですよ全く。
日本だってやられていますよ、経済でも車関係でも。
しかし、チャンスです。日本はまず身の潔白(つまり、本当にウチのディーゼルはクリーンなんですよ)を証明すれば、やや低迷気味の欧州での販売を盛り返せるのでは?。チャ~ンス!!、特にマツダさんハンタ~チャ~ンス!!。
Posted at 2015/09/26 07:08:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「この画像、ガワはRX-8ですが、中身は次期ロータリースポーツ(RX-9?)なんだそうです。エンジンや駆動系のテスト中?、来年のワールドプレミアを目指して開発中だそうで。」
何シテル?   12/12 12:32
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

リンク・クリップ

MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 23:44:02

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
13 人のお友達がいます
ノブノブノブノブ * タケ.ちゃんタケ.ちゃん
hayabusa0824hayabusa0824 マシャ雪マシャ雪
Gotz(ごっつ)Gotz(ごっつ) きいスポおやじきいスポおやじ

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
カワサキ GPZ900R カワサキ GPZ900R
以前所有していたバイク、カワサキGPZ900RのA8の逆輸入車、フルパワーです。 更にも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる