• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2016年06月30日 イイね!

好きな車(^w^)

と、言うわけで(何が?)、今回はアフラ マズダさんから。

これがアフラさん。マツダの綴りがMatsudaじゃなくてMAZDAなのは、この善神様の名前からですと豆。
豆やったから今回の車も小さな車ですよw。

【MAZDA(Autozam) AZ-1】
「マツダ(オートザム) AZ-1」です。

1992年デビュー、軽自動車でスーパーカーを作ろうとしたのか?、はたまたマツダによる一発ギャグだったのか?定かではありませんが、実に真面目に作られております。
では、スペックを。
水冷直列3気筒4バルブDOHC、排気量657cc、最高出力は64psでした。
このエンジンをミッドシップレイアウトで搭載、あ、このエンジンの形式名は「F6A」・・・そう、これ、「スズキ」のエンジンなんです。
つまり、スズキのエンジンをマツダの作った軽量(720kg)ボディに載せていたわけですね。だから当然

スズキでも売っていましたw。
こちらは「スズキ キャラ」になります、はい、エンブレムが変わるだけですね。
ボディー外装を簡単に取り外せるスケルトンモノコックという特殊なフレームを採用していまして、軽量化&高剛性に貢献したのは勿論のこと、実はこの車、外装がない状態でも走行が可能なのです。つまり骨組みだけでも走っちゃうと。

と、いうわけでスケルトンにしてみましたw。
一見、それこそギャグなのか?、と思われがちなスタイルですが、マツダは本気で真面目に小さなスーパーカーを造り上げてみせたのです。ハンドリングも素晴らしく、ロックトゥロックが2.2回転で可能な機敏なハンドリングが与えられていました。キャラの画像を見ての通り、ガルウイングドアを採用していたんですが、ここで皆様閑話を。
このAZ-1(キャラ)方式のドアの開き方こそが、本来の「ガルウイングドア」なんですよ。
車の正面から見てカモメ(シーガル)の翼のように開いてこそのガル(カモメの)ウイング(翼)ドアなんです。

世界初でガルウイングドアを採用した、メルセデスベンツ300SLもほら、ごらんの通り。


よって、このカウンタックのような開き方のドアを「ガルウイングドア」と言うのは、厳密に言えば間違いなんです。
この開き方は正しくは「シザーズ(ハサミのような)ドア」が正解。最初の頃はそう呼ばれていましたが、なぜか定着せず、現在ではこのカウンタック方式もガルウイングドアで通じるようになってしまいました。

閑話休題

AZ-1は造り込まれていましたが、クセの強い車でもありました。
ミッドシップ(駆動輪の車軸より前にエンジンがあれば、エンジンが後ろ寄りでも一応ミッドシップなのです)となっていますが、車体の小ささ故のエンジン配置が理由でリアへの荷重が強く、まるでリヤエンジンリヤドライブ(RR)のポルシェのように、フロントタイヤの接地圧が足りず、直進安定性の不備を指摘されていました。
限界を越えるとRRのポルシェみたいにタコ踊りをしてしまうって本当なんでしょうかね?。
また、重心が高く、スピン・横転事故も有ったそうです。
ガルウィングドアに関しては、サイドシルがシートの座面よりも高いので、ミニスカートの女性を乗せるにはコツが必要だったとか・・・これはカウンタックと同じですな、カウンタックは、ミニスカでも大股を開いて、サイドシルを跨ぐようにして乗らないといけませんから・・・下手をすれば○○ツが見えちゃうのです( 〃▽〃)。AZ-1もこれと同じでした。
そして窓がほとんど開かないから、ETCの無い時代ですのでマジックハンドでチケットを・・・という逸話がw、更に体格的に乗り手を選ぶという・・・おデブさんに厳しいドライビングポジションだったのです(;´д`)。
最終的には1995年に生産終了、総生産台数は4,392台(諸説アリ)と短命でした。
結構、海外にもファンが居る車でして、海外の車関連のサイトでも紹介されていますね。あちらの高身長の方々にも厳しそうなポジションだと思いますが。
中古市場は比較的に安め安定、下は80万円(走行6万キロあたり)、上で190万(限定車)でした。中古購入の注意点が、必ずエアコンの作動、異音を確かめて下さい。エンジンを高回転で回すと何故かエアコンコンプレッサーにも高負荷がかかり、壊れやすいそうです。尚、特殊なエンジンレイアウト故に、修理費は10万円コースとのこと、諦めて(いや、割りきってか?)エアコンレスにしてしまう手も・・・車内で熱射病になっても当方責任は負いかねますが。窓は少ししか開きませんし。
対策は、エンジンを高回転までぶん回すのならば。
エアコン切れ!!エアコン!!

いや、それはエンガチョだね。

これを意識するだけでも、エアコンが壊れにくくなるそうですよ。


変わり種ではこんなのも。
かつてサブロー ジャパンが発売したワイドボディーキットで、なんとデザインを手掛けたのは、あのイタリアの名匠「ピニンファリーナ」!!、通称「スコルピオーネ」と呼ばれていました(正式名ではありません)。
たった5台だけが販売されたそうで、車幅が軽規格を越えるので白ナンバーになります。
S660のような高額な軽自動車が販売されている現在、またこういう冗談みたいな造りの軽自動車を、造って欲しいです。
スズキさん、なんかカプチが復活らしいですね、本当ならばこれぐらい造り込んでくださいませw。
Posted at 2016/06/30 23:49:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 好きな車
2016年06月27日 イイね!

好きな車(`・ω・´)ゞ

今回はドイツ人ジャーマンより。バリバリの軍用車です。
【Type 82 Kübelwagen】
「タイプ82 キューベルワーゲン」です。
この車、ベースとなったのはこちら。

KdF wagen、つまり最初のビートル(VW38)ですね。
まず、KdFとは何ぞやと。
「Kraft durch Freude」(独語:訳すると「歓喜力行団」)という労働者団体があり、その頭文字を取ってKdFと呼ばれていました。
見た目には、この頃(1938年)から既に形はビートルでした。
アドルフ ヒトラーはある日、こう演説しました。
「国家を真に支えている国民大衆のための自動車であってこそ、文明の利器であり、素晴らしい生活を約束してくれる。我々は今こそ「国民のための車」を持つべきである!!」


あ、これは忘れて下さいw

ヒトラーは実はかなりの車好きで、スーパーチャージャー付きのメルセデスでドライブスルー、いや、ドライブするのがストレス解消だったんだそうです。
そして、あのフェルディナント ポルシェ博士がこの車を設計製作したのですが、労働者の皆さんはまずDAF(ナチス労働戦線)の会員になり、給料から5マルクをDAFに支払い証紙を貰い、貯蓄帳に貼り付けて、990マルクが貯まるとその貯蓄帳と引き換えに車が渡されるシステムでした。だいたい4年間貯蓄すると手にはいる計算だったそうです。

さあ、貯蓄しましょう!!

国民(フォルクス)達は、このポスターのような「自家用車のある豊かな暮らし」を夢見て、貯蓄に励みました。
しかし、戦争に突入し、その貯蓄の殆どは戦費として費やされてしまいました。手渡されるはずのKdF ワーゲンも・・・


このような姿になり、軍用車として戦線に送り込まれました。KdF(VW38)は国民の手に渡る事は少なかったのです。
スペックを。
空冷水平対向OHV4気筒、排気量985cc、最高出力は24馬力です。
このキューベルワーゲンに求められた性能は以下の通り。
1:オープントップであること
2:総重量950kg、うち車輌自重550kg、積載量(乗員3名と貨物)400kg
3:生産性が高いこと、大量生産が可能であること
4:軍用車輌だが、民間用にも簡単に転用できること
3~4は元々大量生産を目指した国民車、問題なくクリアです。
2については、最終的には乾燥重量600kg台となり、24馬力と非力でも時速80kmでの走行が可能でした。
1は元々KdF(VW38)には、オープンモデルがあったので問題無しでした。
VW38と同じく、リヤエンジンリヤドライブつまりRR駆動でしたが、軽い車体とRRのトラクション性能の良さで、悪路走破性は良かったそうです。四駆も試作されましたが、結局はRRのまま終戦まで生産されたのです。
ただ、牽引力は四駆では無いので、不足気味でギア比などを変更したタイプも作られましたが、今度は最高速が60km台に落ちてしまいました。

オープン状態、アメリカのジープのように、後席は向かい合わせでベンチシートに座る形式ではなく、バケットシート型の普通の座席でした、乗用車ベースであるので生産性優先でこの形です。
名前の由来である「バケットシート自動車 (Kübelsitzwagen = Kübel + Sitz + Wagen)」、「バケツ自動車 (キューベルワーゲン Kübelwagen = Kübel + Wagen)」はこのシートから来ています。

運転席、メーターはKdFの物をそのまま流用しています、そう、KdFもキューベルも「センターメーター」だったのです。
やはり流行りは繰り返すんでしょうかね。

中古市場・・・オークションでしか出てきませんね。生き残った現存車両は、敗戦国の軍用車両の常で非常に少ないのです。
日本の世界初の四輪駆動の軍用車両「くろがね四起」(九五式小型乗用車、以前紹介済み)も、現存車両は3~4台ですし。
お値段は数千万行くかも?。
アフリカの砂漠を、ロシアの泥沼や凍土を走り抜いた堅牢な軍用車、それがこのキューベルワーゲンなのです。

余談、戦後、KdFからフォルクスワーゲンへと社名を変更し、VWタイプ1として改めて販売された時に、この貯蓄帳を満額貯めていた人々が希望すれば、貯蓄帳と引き換えに(タイプ1、つまりビートル)車を渡したそうです。
Posted at 2016/06/27 22:31:16 | コメント(1) | トラックバック(0) | 好きな車
2016年06月25日 イイね!

あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙あ゙~(°Д°)




いや、藤原さんじゃなくて。


今日は雨で、その中を旭川へ向かっていたんですが。
ちょっと加速して坂道を登る・・・と、はぁ?、助手席側のワイパーが有らぬ方向に曲がったぞ!?、遂には動かなくなってしまいました。


なんじゃあぁこりゃあぁぁ~!!

路肩に車を止めて、助手席側のワイパーアームを触ってみる、はい、見事にぷらんぷらんです。全く抵抗感が無し、こりゃ多分リンケージが外れたかな?。運転席側は普通に動きますけど。

正式には、「リンク・アーム」と申します。つまり、スイフトの場合はこの図とはモーターの位置が逆になりますかね。


これは、ZC72(通常のスイフト、現行型)のワイパーアッシー(モーター付き)、なるほど、モーターの位置はまん中なんだな。恐らく私のスイスポも(ZC31)、大差は無いと思われます。
純正部品だから素直にディーラーだなこれはと思い、旭川のアリーナへ初入店。
で、状況を話して工場へ、暫くして結果発表。
「これは・・・アームの接合部の劣化と、それと助手席側リンクアームに曲がりもあってもうダメです。リンクアームは両側アッシーの交換になりますが、しかし現在部品が北海道内にありません。取り寄せになりますがどうしましょ?」とのこと。
そりゃもう、取り寄せるしかないでしょあーた(;´д`)。
尚、部品代19500円也、更に工賃で5000円近くかかると。

もー、好きにして(´・ω・`)。

納品に5日ほどかかるとの事なので、部品到着は次の木曜日~金曜日になりますと。
それまで運転席のみのワイパーになりますな(;´д`)。
いやはや、走行距離10万キロ越えると、細かい虎舞竜がロード第1章・・・♪何でもないような事がしわ寄せだったと思うと・・・・。 





チクショーメェー!!
これも皆アイツらが!!
 




EU離脱派が悪いんだバーカ!!

ダイッキライだ!!



♪関係ないから関係ないから関係ないから関係ないから・・・


運転席側は動きますが、暫くの間は雨の日の運行は注意が必要っすわ(^_^;)。
Posted at 2016/06/25 23:48:37 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年06月24日 イイね!

絶対笑ってはいけないホグワーツ24時(≧▽≦)

ハリポタのオフショット。


「名前を言ってはいけないあの人」と校長、談笑中。



校長「踊っちゃうもんね~」
スネイプ先生大ウケw


談笑中その2、何を話しているんですか?。


ある意味凄い組み合わせの集合写真、「あの人」さんは鼻があるとかなりの美形さんですよ。


校長「ねぇ見て見て~、この杖ちゃんと光るんだよ~」


死喰い人様はMac派ですか。



ディメンターじゃなくて、直接魂を吸われています・・・(^_^;)



スネイプ先生ぇぇ~ww



ちょっ、ヴォルデモートさん何をしているんですかw。



スネイプ先生(アラン リックマン)、今年1月に癌で亡くなられたのが惜しまれます(;つД`)。
デヴィット ボウイと同い年で、ほぼ数日間の差で同じく癌で亡くなられたんです。
過去にナカトミビルから落ちていますが(ダイ ハードですね)。
今やってるアリス・イン・ワンダーランド/時間の旅にも出演されているんですね(声の出演、遺作だそうです)。
Posted at 2016/06/24 20:57:36 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年06月22日 イイね!

好きなバイク(о´∀`о) 

また、ミニバイクです。
12インチ(10インチ)ミニバイクのトリはヤマハのアレにて。

【YAMAHA TDR50(80)】
「ヤマハ TDR50(80)」です。

漢(おとこ)!!、カワサキがちょっと態度を軟化させて、デュアルパーパスモデルで12インチミニバイク界にKS-1を誕生させて、孤高のカワサキイズムを満喫していた所に、ヤマハさんが翌1988年に「はい、ちょっくらゴ~メンナサイョ~」といきなり乱入させたのがこのTDR50(80)であります。
実はあの鬼加速マシンたる「250」もほぼ同時に出たのですが、それはまた今度ミニアム。
スペックタイムイズナウ
水冷2サイクルリードバルブ単気筒、排気量49cc(78cc)、最高出力 7.2ps(10ps)です。()内は80ですよ。
エンジンの元ネタ、こちらになります。

RZ50です、これの水冷単気筒エンジンをそのまま流用しています。このエンジンはTZR50にも受け継がれた名機ですよ。
カワサキイズム(という名の意地)で空冷で頑なに頑張っていた所に、横っ面を叩くが如く表れたのです。
カラーリングは、以下の三種類





ちなみに、黒は80専用カラーですよ。
パワフルな水冷エンジンで、カワサキKSを文字通り蹴散らしてしまいました。それでカワサキはもうイズムとか言ってられっか!!と、水冷のKSRでリベンジを果たすわけですが。
このTDR50、調べても正確な生産期間が出てきません(^_^;)、とりあえずはTZR50が出た1990年までは作っていたようですが。
最終的にはTZMまで繋がるこのエンジン、決して遅くはありません、ミニバイクレースでもなかなかの速さを見せたそうです。
ちなみに、TDRとは「Twin Dirt Racer」(ツインダートレーサー)の頭文字から取った名前です。名前からもデュアルパーパスである事の表れかと。
中古市場ですが、新車当時の値段は22万円と割りと高価でしたが、現在は下は10万円台、上で20万円台と割りと値ごなれしています。
ただ、欠点も、このTDRだけに限らずミニバイク系はバッテリーが6Vでして、とにかく夜はヘッドライトが暗いと。ブレーキをかけると更に暗くなるんですよこれが。
それこそ暗いぃ・・・ 暗ぁあああい! くらぁぁああああいぃぃ!我等が天帝は暗いのがお嫌いじゃ~っ!!まわせまわせ~ 心をこめてまわすのだ~!!

こうなるぐらいにw。
夜は覚悟が必要です。

モタードへの先鞭をつけたTDR、普段の足にあると良いバイクかと、今では絶滅寸前の2サイクルバイクの火を絶やさないためにも、いかがでしょうか。
Posted at 2016/06/22 22:08:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク

プロフィール

「セブンのチョコミントどら焼き、なかなか強烈な色合いです。味は普通にチョコミントですが(^_^;)。」
何シテル?   12/15 22:43
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/6 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 23:44:02

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
13 人のお友達がいます
ノブノブノブノブ * タケ.ちゃんタケ.ちゃん
hayabusa0824hayabusa0824 マシャ雪マシャ雪
Gotz(ごっつ)Gotz(ごっつ) きいスポおやじきいスポおやじ

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
カワサキ GPZ900R カワサキ GPZ900R
以前所有していたバイク、カワサキGPZ900RのA8の逆輸入車、フルパワーです。 更にも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる