• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2016年09月24日 イイね!

意外な人気( ̄O ̄)

少し前に、テレビでもやっていたんですが。最近、アメリカでは。

日本の「軽トラック」が人気なんだそうです。
これまでは、あちらでミニトラックと言えば。

こういうのを指す言葉だったのですが(画像はトヨタのタコマ)、しかし、あちらでもガソリン代の高騰や、そしてこのタイプは意外と物が積めないですよね。
そこで、日本の軽トラックが持て囃されているんだそうです。

最近は、日本に買い付けに来るアメリカ人が増えているそうですよ。
ただし、アメリカで使用するには条件があり、あちらでは「25年ルール」というものがあるんだそうで、製造25年以上経過した車は、排ガス検査を通さず輸入できるのです。 
よって、あちらが欲しがるのは製造から25年を経過した、日本では古い物ほど歓迎されるのです。

正に山のように買い付けられていく軽トラックw。

こんな感じであちらでは改造して使われています。最近日本でも見かけるハイリフト化は、むしろアメリカから逆輸入されたイジり方なんだとか?。
尚、あちらでは4駆が好まれるそうで、2駆も4駆に改造するとか?。
農場や牧場でも引っ張りだこで、更に、ハンティング(狩り)などにも使われているそうです。
「音が静かで獲物に近づきやすいし、小さくて4駆なのでどこにでも行けるし、仕留めた獲物をそのまま荷台に載せられるし、最高だね。」とユーザーの談。
あちらでは、「Japanese mini truck」と呼ばれていて、一つのカテゴリーになりつつあります。

こんな改造パーツが販売されていたり。

チ(ピー)ラギじゃないですよw。あちらのカスタムカーイベントでの一台。やはりローダウンも居るんですね。
そして、あちらの田舎だけでなく、都会でも大学の構内で清掃作業用に使われていたり、タイヤをクローラー(ゴムキャタピラ)に変えて、排土板をつけて除雪に使ったりなどなど多用途に活躍しています。また、故障しても、修理しやすい(改造しやすい)点もウケているそうです。
意外な車が、あちらでは人気なんですね。
尚、この動きに合わせて、日本の25年前以上の乗用車も、じわりじわりと人気が上がっているそうですよ。
Posted at 2016/09/24 11:08:39 | コメント(1) | トラックバック(0)
2016年09月22日 イイね!

好きなバイク(*^ー^)ノ♪

今回もカモン!!カワサキロ(音泉共々略)w
はい、カワサキのマジックナンバーたる「900」を担った三代目ですね。

【Kawasaki ZX-9R】
「カワサキZX-9R」

いわゆる「ユメタマ」さんです。
え?、なんでユメタマと呼ばれているのかですと?。
はい、こちらの画像を五郎次郎いや御覧じろ。

はい、カウルサイドのZX-9Rの文字ですが、見ようによっては「ユメタマ」に見えませんか?、いや、見える!!、私にもユメタマが見える!!(某赤い3倍大佐の如く言い切るw)。
だからユメタマなのです。
1994年にデビュー、Z1、Ninjaと続いたカワサキの悪魔の数字666じゃなくて、神聖な900の数字を背負って登場しました。それだけ気合いの入ったバイクだったのです、ZZ-Rよりも軽く、扱い易くとの願いを込めて、でも、ホントの所は同時期にホンダワラさんが・・・ね。

【「炎の剣900」で、我々の神聖なる900の数字に喧嘩をふっかけて来やがったからなんかムカついた!!】
これがカワサキさんの本音です、うん、クラス最速は「カワサキイズム」である!!w 。だからこれでどうだ(初代B型、通称Bタマ)。
 
あれ?、なんか丸い・・・なんか幅も太い。そしてなんか長いぞ炎の剣より。
案外カワサキにしてはお顔も可愛らしいし。
B型スペック
水冷4サイクルDOHC4バルブ並列4気筒、排気量889cc、最大出力139馬力よっしゃ!!ざまあみさらせホンダワラ!!
「乾燥重量 215kg」・・・・はい?。
尚、ホンダ炎の剣900の乾燥重量は185kgですよ。
馬力では9馬力ほどタマちゃんが上回っているんですが・・・うーん(-_-;)。
ちなみに、発表された時にカワサキイズムを語る上での重要アイテム「リアグラブバー」が付いていないじゃないか!!と騒がれ、カワサキ側は「あんなのは飾りです!!、偉い人にはそれがわからんのです!!」と弁明・・・嘘です。
結局、炎の剣ほどは売れませんでしたとさ。
お前、マジックナインよ?、我々カワサキの神聖なる数字よ?、炎の剣を叩き折れ!!。
と、いうわけで、今度は600ccクラス(ZX-6R)をベースにして、いや、これ、炎の剣の手法の朴・・・いえ、なんでもありませんw。 
1998年のC型(Cタマ)へ。

うん、小柄になった、軽くなった。重量も183kgと結果にコミットしたぞ!!。馬力も143馬力へアップ!!、がははは炎の剣へし折ってやったわww、グラブバーも付けてやったわい!!。その年はこの世の春でした、顔がなんか下品とか言われましたがw。
しかし、翌年に。

はい、ちょっくらごめんなさいよ~と、ヤマハモトーレンヴェルケが空気を読まずにこれを・・・R壱。
こちら、150馬力、乾燥重量177kg・・・。
タマよりも速く、あっさりひっくり返されましたとさ(-_-;)。
もう、900じゃダメなのか?、いや、そんなこと無い!!、900は神聖なんだと最早意地のカワサキイズム(同義語、頑固)で。
2000年にE型(Eタマ)をひねり出しました。

ははは、どうよこの昆虫顔!!。昨今主流の昆虫顔はここから始まったのかも知れませんな。
馬力を涙ぐましい努力で144psに、後はさほど差はありません。しかし、足りぬ・・・足りぬのだ(ブワッ)と世紀末覇者のように涙するばかり、R壱の牙城は崩せずでした。
そして、断末魔。
あ?900?、もう知らね。
もうすぐ1000出すし、それでダメなら1200も出してやるし。
ああ、ユメタマね、もう許して。
2002年F型(Fタマ)、最終型です。

馬力そのまま、何故か重量が数キロ重くなりました(^_^;)。グラブバーまた外したのに何故?。
結局、R壱には1000と1200で立ち向かうと決めたので、案外投げやりです。
でも、タマちゃんは、実は高速ツアラーとしては一番優秀なんですよ。剣や壱よりポジションは緩く、Cタマにはグラブバーまで付いているし。長距離も案外楽なんだそうです。
さて、中古市場、案外出回っていませんね。
B型と、一番売れたC型が流通のメイン、過走行気味の個体が多く(走行3万以上)、お値段は50万あたり。長く乗る方が多い模様です。
形はB型、性能はC型、これが個人的には理想なんですが。総合的に見るとやはりC型ですかね。なんか、大爆笑してるような顔なんですが。
イジるならマフラー改ぐらいで充分かと。
なんだか、三代目としてとても頑張ったんだけど、「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった」マジックナイン、それがユメタマかなと。
まあ、カワサキさんは、割とこのパターンが多めなんですけど。
Posted at 2016/09/22 22:01:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク
2016年09月17日 イイね!

好きなバイク(* ̄∇ ̄*)

今回は久々の

カモ~ン!!カワサキロキンロー!!


ギターウルフ!!

じゃなくて、音泉にひとっ風呂浴びていただいてからの。

【Kawasaki GPz400(F 、F-Ⅱ)】
「カワサキ GPz400(F 、F-Ⅱ)」です。


これの前の、Z400GP

これですね。以前取り上げましたが、これが実質2年ぐらいで絶版車になりました。
これのエンジンをそのまま使い、更なるパワーアップを至上命令とした、頑ななまでの「カワサキイズム」wを貫き通して、1983年に誕生したのがGPz400です。
余談ですが、Z400GPのサイドカバーには、「GPz」と書いてあるんですが(画像参照)、誤植だったのかな?これ。
閑話休題、とりまスペック。
空冷4サイクルDOHC2バルブ直列4気筒、排気量399cc、最高出力 51psです。なかなか大人は見えない釈迦力コロンブスなパワーアップ、ショートストローク化で実現したんだそうです。
しかし、この1983年があける前に

GPz400Fへ更に進化しました。
何故、そうなったのか理由は不明ですが、こちらのスペックも。
空冷4サイクル2バルブDOHC4気筒、排気量:399cc、最高出力は54psです。3馬力のパワーアップと、9kgの軽量化・・・ん~、これまたビミョー(^_^;)。
そして、更にノンカウルネイキッド版である

F-Ⅱも追加されました。Z400GPに先祖返りしたわけですね。
さて、販売面では・・・これまた苦戦。
他社はレーサーレプリカ百花繚乱、そんな中での空冷、2バルブ、鉄フレームと頑ななまでの「カワサキイズム」(しつこいようですが)ww。
貫き通した結果の販売不振と。
さすが、漢(おとこ)カワサキ。
しかし、時代の妖精いや要請で、遂に水冷4バルブ、アルミフレームの

GPZ400Rが1985年にデビュー(以前紹介済)、実はGPzF-Ⅱは、2年ほど併売されたんですよ。
まあ、400Rは長く生産されてヒットしたんですが、結局レーサーレプリカか?と、言われれば違いますけどね。車重が重すぎますしお寿司。
さて、GPz-Fの中古市場ですが。
下は50万前後、上はナントカ水鳥拳90万円!!。
ちょっ・・・暴騰しすぎやろ(^_^;)。
まあ、いわゆるバンボーオジサン達(つまり旧(ピー)會)と、その市場に群がる人々が80年代バイクの相場を吊り上げているんですけどね(-_-;)。
本当いい加減にしろやぁ。
なんで「先輩から貰うモノ」とまで言われていたホ(ピー)ダホ(ピー)クが50万も60万もすんのよ。
まあ、バンボーオジサン達はシャッチョサンになっていたりするから、金はありますからね。
GPzはいいとこ50万が適正相場だと思いますが。
まあ、つまり、今の国産新型には魅力が無いということの、裏返しでもあるんでしょうけどね。
今の国産新型に、乗りたいバイクがほとんど無いなぁ(;´д`)。
Posted at 2016/09/18 00:23:00 | コメント(2) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2016年09月15日 イイね!

私を月へ連れて行って(*´ー`*)

十五夜ですね。
写真に撮ってみましたが・・・

やはり、スマホカメラでは厳しいですな(^_^;)。

なんで、十五夜にお供えをするのか。要は「秋の収穫祭」なんですね。
本来は旧暦の8月15日が本当の十五夜で、9月の今日のは「中秋の名月」なんですけどね。
お団子は12個供える所(毎月1回の満月の数から)と、15個供える所(十五夜にちなんで)とあるそうです。
ススキは、実は「稲穂の代用品」なんです。稲はまだ収穫には早い時期ですから、姿形が稲穂に似ているススキを飾るのです。
ススキは神様の依り代でもあります。
団子も地方によっては色々あり、また、中国では「月餅」(げっぺい)という饅頭を供えます。

さて、月といえばこの音泉。

「Fly me to the moon」

訳は「私を月へ連れて行って」という意味になります。
本来、Jazzのスタンダードナンバーで3拍子だったのが、いつしかボサノヴァ的なアレンジになって現在に至っています。



これが、Jazzのスタンダードナンバーとしての本来の姿、歌詞も長いんです。



恐らく世界で一番売れたFly me to the moon、あの大御所「フランク シナトラ」のバージョン。これ、アポロで月に運ばれて、月で初めて流れた地球の音楽でもあります。



宇多田ヒカルのバージョン。これは好きですね。



やはり、これも上げないと(^_^;)。

夜空を見上げるたびにヤツの名を思い出せ・・・と、これはマッドマックスだな。そうじゃなくてたまには、夜空を見上げて綺麗な月を愛でるのも良いものですよ(^-^)。
Posted at 2016/09/15 20:52:31 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月14日 イイね!

♨音泉宿迷い家♨

秋です(そうですねっ!!)、「秋の夜長」と申しますからこの音泉を。
今回は、Chicago(シカゴ)の「25 or 6 to 4」(邦題「長い夜」)です。

Chicago

1967年、その名の通りアメリカはシカゴで結成されました。
現在も活動しています。
メンバー
ロバート・ラム
ジェームズ・パンコウ
リー・ロックネイン
ウォルター・パラゼイダー
ジェイソン・シェフ
トリス・インボーデン
キース・ハウランド
ルー・パーディニ
ウォルフレッド・レイエス Jr.

人数からもわかるように、いわゆる「ビッグバンド」的な編成ですね。
基本的にロックですが、トランペットやサックスやトロンボーンなどの金管楽器を取り入れていて、「ブラスロック」とも呼ばれていました。

この曲は、日産のブルーバードマキシマ

これですね、これのCMにゆったりとしたアレンジで使われていました。
マキシマ懐かしいでしょ、でも、ご存知ですか?。

これ、「現行のマキシマ」なんです。昨年発売されたばかり、実は北米では今でも、この8代目が健在なのですよ。
あの、これ、なかなかカッコ良くないですか?。日本でも売ればいいのにな。
話がずれました。


泉質:ブラスロック泉
効能:夜明けを待ちたくなります。
途中のギターソロ部分がカッコ良いので必聴ですよ。
それでは、ごゆるりと(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

余談
実は結構車のCMで、シカゴの曲は使われています。
Hard To Say I'm Sorry(素直になれなくて)とか、Saturday in the Parkなど三菱やトヨタも使っていますよ。

おまけのたし湯


なんと、あのソウルミュージック界の大御所「Earth, Wind & Fire(アース、ウィンド&ファイヤー)」とのライブでのセッションです。これはいいなぁ。
Posted at 2016/09/14 22:07:48 | コメント(2) | トラックバック(0) | 音泉宿迷い家 | 音楽/映画/テレビ

プロフィール

「プラモかよ!!ww(≧▽≦)(中身は本物の冷凍伊勢エビです、解凍して盛り付ければ刺身が完成します)」
何シテル?   12/06 22:18
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/9 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 23:44:02

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
13 人のお友達がいます
タケ.ちゃんタケ.ちゃん hayabusa0824hayabusa0824
ノブノブノブノブ マシャ雪マシャ雪
Gotz(ごっつ)Gotz(ごっつ) きいスポおやじきいスポおやじ

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
カワサキ GPZ900R カワサキ GPZ900R
以前所有していたバイク、カワサキGPZ900RのA8の逆輸入車、フルパワーです。 更にも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.