• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

マヨイガのブログ一覧

2016年12月31日 イイね!

好きなバイク(*^▽^*)

今年最後の好きなバイク。
あれ、これをやっていなかったんだと。
ホンダである意味一番売れた大型バイクかと。

【HONDA CB750F】
「ホンダ CB750F」です、はい、「CB子ちゃん」ですね。

1979年に、最初の形式FZが販売されました。



まずはスペックを。
空冷直列4気筒DOHC16バルブ、
排気量748cc、最高出68馬力です。これは、国内仕様は全ての形式で共通スペックです。
因みに、輸出仕様には実は900だけではなく750もあり、輸出仕様の750は75馬力の出力だったそうです。一部欧州仕様は79馬力の物も、ハンドルは一般的なパイプハンドルでした。

国内はパイプのアップハンにみえますが、ジュラルミン製のセパレートハンドルです。まあ、一度上に上がって下がるタイプのハンドル形状ですね。750刀の耕運機ハンドルも、一応セパレートハンドルになるんですよ(つまり、一本のパイプで繋がってなければセパレートハンドルなんです)。
尚、ホンダさんは公式資料でこんな事を宣っておられます。
【このホンダCB750Fは、走りに徹したスポーツモデルとして開発。力強さがあふれる4 in to 2集合マフラー、低く短いセパレートハンドル、トリプル(3)ディスクブレーキ、ホンダ独自の可変式FVQダンパーなどを採用した軽快な走行性能をそなえた2輪車である。(54 年騒音規制適合)】
はい、力入っていますね、しかし、低いか?このハンドル(^_^;)。そして騒音規制に対応しているので・・・集合?(一応)純正マフラーは、正直排気音はなんかガサついた気持ちの良くない音ですね、まず誉められません。


翌、1980年にはFAにマイナーチェンジ、さほどの変更点はありません。


1981年には、更にFBへマイナーチェンジ、某「伝説」のCB子ちゃんはこの型・・・だったかと。 
カラーリングとホイールカラー変更。
そして限定車の追加モデルで。


「CB750Fボルドール2」が追加、勘違いされやすいのですが、あのデカいカウルはオプションで、ボルドール2の場合は「付いていないのが普通」なんです。最初からカウルが付いているのは「インテグラ」の方ですよ。


これがフルオプション装備のボルドール2、インテグラとの違いは赤色のフレーム、星形コムスターホイールであることです。カウルの形状も若干違います。

そして、実質の最終型である。


FCへチェンジ。1982年です。
これは結構手が入っていまして、その変更の一覧は以下の通り。
制動時の急激な姿勢変化をおさえるホンダ独自のトルク応答型アンチダイブ機構(TRAC機構)を装備。
操縦安定性をより向上させた太径フロントフォーク(39φ)を採用
耐フェード性、耐候性をより向上させたセミメタルパッド採用のデュアルピストンキャリパーディスクブレーキを装備
高速連続走行でも安定したダンピング特性を発揮するリザーバータンク付リアクッションを装備
フロント18インチホイールを採用。同時に偏平ワイドタイヤを装着
以上です。価格もFZからかなり上がり64万円となりました。

更に追加モデルで同じ1982年に。


CB750Fインテグラが追加、見ての通りボルドール2とはホイールの形状やフレームの色が違いますね。尚、電圧計や時計の追加も行われています。ツアラー的ですね。
最終的にはFCのまま、1984年まで生産されました。

では、中古市場
流通しているのはほとんどがFC型で、たとえ走行が5万キロ行っていても70万円台、走行3万ぐらいだと85万円なんてものも。人気の高いFBは95万円もありました。バリ伝効果かな?。
ただ、生産台数は比較的に多いので、以前ほどの暴騰は収まった模様。


乗るならこの仕様で乗りたいですね、トマゼリセパハンにマックレーンのバックステップ、後は前後17インチ化とケツ上げ、フェンダーレス化。
ボルドール2のカウル無しで、この仕様にするのも渋いかも。
そして、この仕様ならヘルメットは


やはりこれですかね。

それかこれ。

定番AMAフレディ スペンサー仕様ですね。


こちらがオリジナル、実はオリジナルも車体のベースは750Fなんですよ、900Fと思われがちですが違います。エンジンはRS1000だそうですが。
実はこれ、結構急造なバイクでゼッケンの裏にノーマルのヘッドライトが残っていたりします。


さて、2016年、見ていただき感謝であります。
最後は年末らしいこの曲で〆。



来年が皆様にとって良い年でありますように。


はなちゃん、変な格好で寝ないで・・・新年に向けて猫から新たな生命体へ進化中ですか?w
Posted at 2016/12/31 20:12:44 | コメント(3) | トラックバック(0) | バイク | クルマ
2016年12月31日 イイね!

寂しい街から



小学校の通学路


小学校のすぐ近く



中学


地元の駅



駅の構内(高校の時はこれで通学)


車窓からの風景


高校の近く

以上、独りよがりのノスタルジーでした。

Posted at 2016/12/31 14:04:16 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月30日 イイね!

バカなの?国交省(-_-;)

ナンバープレートや、車検表示が新しく変わるそうです。詳しくは以下の通り。

「図柄入りナンバープレートの導入」
検査標章のデザイン変更等を行うための省令が本日公布されました。 これにより、今後、ナンバープレートの多角的な活用や、検査標章の見やすさ向上による無車検運行の防止等を推進していきます。

1.ナンバープレートの多角的活用等
(1)図柄入りナンバープレートの導入  

自動車のナンバープレートについて、背景に図柄を入れたものも交付できるようにします。
これにより今後、ラグビーワールドカップ2019、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会特別仕様のもの等を交付し、大会の機運醸成、地域振興を推進します。




(2)分類番号へのローマ字の導入(※別紙参照) 

希望番号の普及に伴いナンバープレートの番号が枯渇しつつあることから、自動車の種別及び用途による分類を表示する分類番号にローマ字を追加することとします。 


2.検査標章のデザイン変更 

フロントガラスの中央上部に貼り付けている検査標章の見やすさを向上させるため、シールサイズ、文字の配置等を見直します。



あのさぁ、ナンバープレートは見えにくくしてどうするの?。
これ、何かあった時に高齢者はパッと見て解らないと思うよこれ。それとも犯罪を助長したいの?。
まあ、原付バイクにはご当地ナンバーみたいな絵柄入りが既にありますけどね。英文字は、バイクでは既にやってるから別に構わないけど。

そして、検査証!!
わざわざ小さくしたのにまたデカくするの?、バカなの?国交省。
今のでも充分解ると思うけどなぁ。最近、車検を受けない輩が増えてるのは知っていますが、これはどうかと。
あのさ、民意は無いの?、ただてめぇらの手前勝手でやってんの?。だいたいナンバーの透明カバーは完全に規制する癖になんで見えにくくするんだ?。
なんか、利権の匂いがするなぁ・・・。
Posted at 2016/12/30 13:04:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月29日 イイね!

たま新(新型スイフト、詳細篇)

たま新(新型スイフト、詳細篇)さて、12月27日に正式発表となりました、新型スイフトの詳報ですよ~( ・∇・)。






カラーリングは全9色、結構カラフルですね。

グレードは大別すると2つ、「RS」と後は「その他のグレード」となるそうです。
エンジンはバレーノ(なかなか見かけませんね、売れてないでしょ?)と同じ1000ccターボ(水冷直列3気筒DOHCインタークーラーターボ、排気量996cc、最高出力102馬力)と、
ソリオ(ハイブリット)と同じくの1200cc(ハイブリット)(水冷4サイクル直列4気筒、排気量1242cc、最高出力91馬力+モーター)の2種類です。

では、各グレードとその価格の一覧を。 

「HYBRID RS」
総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒+ハイブリッドシステム
2WD:CVT:価格:1,691,280円
セーフティーパッケージ搭載車
2WD:CVT:価格:1,787,400円

「RS」 
総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒
2WD:5MT価格:1,594,080円
セーフティーパッケージ搭載車
2WD:5MT:価格:1,685,880円

「RSt」
総排気量996cc直列3気筒DOHCインタークーラーターボ
2WD:6AT:価格:1,704,240円
セーフティーパッケージ搭載車
2WD:6AT:価格:1,800,360円

ここまでがRSです、以下は通常グレード。

「XG」
総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒
2WD:5MT1,343,520円
2WD:CVT:1,343,520円
4WD:CVT:1,497,960円

「XL」
総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒
2WD:5MT:1,463,400円
2WD:CVT:1,463,400円
4WD:CVT:1,617,840円
セーフティーパッケージ搭載車
2WD:5MT:1,555,200円
2WD:CVT:1,559,520円
4WD:CVT:1,713,960円

「HYBRID ML」
総排気量1.242cc水冷4サイクル直列4気筒+ハイブリッドシステム
2WD:CVT:1,625,400円(CVT)
4WD:CVT:1,779,840円(CVT)
セーフティーパッケージ搭載車
2WD:CVT:1,721,520円(CVT)
4WD:CVT:1,875,960円(CVT)

以上です。
今回はRSには4WD設定は無いようですね。
ハイブリットはさすがにそれなりのお値段ですが、それ以外はそれほど価格の上昇は無い感じです。
しかし、大きな不満点が一つ!!
【RSt(ターボ)に「5MT」が無い】のはダメでしょ!!( ̄^ ̄)。

いや、丸1日問い詰めてやる!!(`へ´*)
盗(ピー)多の「C(ピー)HR」(伏せ字になってねぇw)みたいに「ハイブリットに4駆が無い」のと同じぐらいダメダメだろこれ(-_-;)。
まあ、バレーノにもMTが無いのでそれをそのまま流用したんでしょうけどね、早期の5MT追加を!!、折角の1000ccターボを勿体ない。

まあ、セーフティは・・・あまり評判が良くないみたいですから(誤作動が多いそうで)、付けなくても良いかと、ハイブリットMLなどの普段の街乗りが多いグレードならアリかなと。

さて、新型スイスポ予想
6MT:1780000
CVT:1850000
このあたりかな?と、個人的には予測しています。
先にMT、3ヶ月後にCVT追加で来るかと。
時期は早くて2017年10~11月、遅くて2017年12月~2018年初頭
こんな感じで予測をさせていただきます。

排気量が1400に下がり税金も下がる、それで恐らくターボ付でリッター100馬力で来るであろうスイスポが楽しみですね。
Posted at 2016/12/29 10:38:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2016年12月28日 イイね!

たま新(号外、新型スイフト!!篇)

驚いたぁ~!!
何気なくTVを見ていたらいきなり
「スズキ新型スイフト」のCMが!!
昨日12月27日に発表はされたんですね!!


やはり、あの予想図通りのスタイルです。
細部はわかりませんがワールドプレミアもあったようで。


うん、悪くはない、通常のスイフトでこれならスポーツは期待大では?。
来年2月に発表じゃなくて、来年2月に発売ですかねこれは。
じゃあ早ければ来年末にはスポーツも・・・。スイフトも発売になったら見に行こう。
Posted at 2016/12/28 22:26:52 | コメント(2) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「@ノブノブ 様、DSX-2はVRXより確かに滑りますけど、滑り出しからのリカバリーのコントロールしやすいと思います。2駆では大切な要素だと思うんです。VRX系は逆に滑りにくいですが、滑ってしまうとコントロールの限界を越えやすいかと。」
何シテル?   11/20 22:11
マヨイガです。出身(実家)は福岡ですが、現在、北の國富良野方面に在住しております。 怖がる事はない、恥ずかしがる事はない、オヂサンと一緒にアブナい世界に行こうね...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/12 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク・クリップ

MARANGONI(マランゴーニ) ZETA linea(ゼータリネア) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/27 23:58:24
好きな・・・動物(^_^;) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/20 21:56:35
♨音泉宿迷い家♨ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/28 23:44:02

お友達

お気軽にお声掛けの程を!!(^ω^)ノシ
13 人のお友達がいます
タケ.ちゃんタケ.ちゃん マシャ雪マシャ雪
ノブノブノブノブ hayabusa0824hayabusa0824
Gotz(ごっつ)Gotz(ごっつ) きいスポおやじきいスポおやじ

ファン

16 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ スイフトスポーツ アオタマ (スズキ スイフトスポーツ)
その車は、まるで狂おしく… (私自身がもっと馬力を出せ~!!と運転席で) 身を捩るように ...
ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン) ホンダ GB250 CLUBMAN (クラブマン)
GB250クラブマン(多分2型)、 通称「蟹男」さん。 中古車の購入で最初からWMのシン ...
フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック) フォルクスワーゲン ニュービートル (ハッチバック)
以前乗っていたVWニュービートル。10年近く乗り走行距離は17万になりました。エンジン自 ...
カワサキ GPZ900R カワサキ GPZ900R
以前所有していたバイク、カワサキGPZ900RのA8の逆輸入車、フルパワーです。 更にも ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.