車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月02日 イイね!









124スパイダーが登場し、新たにRFを追加した現行ロードスター
豊富なラインナップを揃えた今だからこそ、発売開始から設定されていたソフトトップのLeather Package(FR、6MT)に試乗し、ロードスターという車の本質を見極めていこうと思います

ロードスターといえば、NA型から謳われ続けているのが、"人馬一体"である
これは、車を自分の手足のように操れる操作性を持ち合わせた車を作り上げたという意味で謳われているわけであります
NA、NB、NC、NDと進化していく上で絶対にロードスターとしてなくてはならない、いわゆるロードスターがロードスターたる由縁なのが人馬一体なのであります

今回試乗したND型も、勿論人馬一体を目指して開発されており、そして、それがあってかは分からないが、数多くの人に支持され、日本カーオブザイヤー、ワールドカーオブザイヤー、ワールドデザインオブザイヤーと3つの賞を受賞しています

そんなND型ロードスターに、新たにOEMでアバルト 124スパイダー、そして、ソフトトップではなく、メタルトップに2ℓエンジンを搭載したRFをラインナップに追加することで、様々な選択肢を得ることが出来ました

そんなロードスターの発売開始から設定されていたソフトトップのLeather Packageを試乗し、改めて様々な選択肢の中での良し悪しをお伝え出来ればと思っています

今回試乗させて頂き、再認識したのは、とにかく全てにおいて軽快という言葉に尽きる…ということであります
ドアを開け、乗り込み、そしてドアを閉める時のドアの感触、エンジンを始動する瞬間、発進、ハンドルを曲げた時の動き、全てにおいて軽やかで軽快な印象を与えてくれます
それでいて、安定感もあるので、スピードを出しても恐怖を感じることはないです

そして、作り込みの良さも、今のマツダだからこそ実現出来たと言えます
124スパイダーも殆どはロードスターと同じなので、悪くはないのですが、ロードスターは雰囲気的にエレガントな印象で、124スパイダーはかなりオシャレに作り込んでおり、両車共に良さがあります
これは、エクステリアの好みと同じく好みが分かれるのではないでしょうか
因みに、個人的には落ち着いたインテリアが好きなので、ロードスターのインテリアが好みですね

見た目はCX-5から続く魂動デザインらしく、生命感が溢れるパワフルかつエレガントな美しい、ワールドデザインオブザイヤーを受賞しただけあるデザインになっています
ソフトトップとRFはルーフのデザインこそ違うものの、他は同じなので、比べることはルーフでしか出来ず、124スパイダーとは見た目は全く違うので比べることが出来ますが、ロードスターはとにかく躍動感溢れるパワフルなデザインで、124スパイダーは飽きのないシンプルながらも流線の美しさを与えたイタリア車らしい、そして、フィアットらしいデザインに仕上がっています
因みに、この124スパイダーは、旧型をモチーフしたそうで、全体的に雰囲気が旧型っぽく見えます
旧型の雰囲気を残しつつ、新たなデザインを付け加えることで、現代に生まれ変わった124スパイダーと言えます
果たして皆さんはどちらが好みなのか…!
僕は、ロードスターっぽさでは124スパイダーの見た目の方が好みです
が、ロードスターの新たなデザインも嫌いではありません
どちらも甲乙つけがたい良いデザインしています

さて、124スパイダーを交えつつ、ロードスターの試乗をさせて頂きましたが、両車共に良さもあり、悪さもある、ベースは同じでも似て非なる車に仕上がっているなぁと感じ、メーカーも頑張って良い車を作り上げようとしているのをヒシヒシと感じさせられ、つくづく感心させられました
これにRFが加わるとどうなるのか、それが物凄く楽しみです
近い内にRFにも試乗してきますので、その時にまた試乗記を書きたいと思います

では、また次の記事で…
Posted at 2016/12/02 16:50:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 試乗記
2016年11月27日 イイね!
先日、会社の社員限定のサーキット走行会があり、セントラルサーキットまで行って来ました!

僕が働いている八光カーグループは、年に1回で、社員に自社で取り扱っている商品の魅力を感じるための走行会が行われているらしく、それに参加してきたというわけです

まぁ、それ以前に八光カーグループとは何ぞやという人がいると思うので、会社の説明を…!

八光カーグループは、フィアット、アルファロメオ、アバルト、マセラティを扱う八光自動車工業株式会社、そして、マクラーレン、ランドローバー、ジャガー、アストンマーチンを扱う八光エルアール、そして、これは殆ど知らないのですが、八光カーリースという3社を取りまとめるグループなのであります
先日六甲山ホテルの譲渡のニュースで取り上げられたこともあり、世間にも認識されつつあります

因みに、僕はその八光カーグループの中の八光自動車工業のアルファロメオ芦屋、フィアット/アバルト芦屋のサービスセンターでサービスエンジニアとして働いております!

とまぁ、そんなことは置いといて…

今回、その走行会に"出勤扱い"で参加してきたのです!(笑)

ただ、200人を超える社員がいっぺんに走れるわけもなく、走れるのは3車種を2トライアルなのです…
今回僕は、

1回目 アバルト 595 ツーリスモ(DL)

2回目 アルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ(TCT)

3回目 フィアット 500 1.2(DL)

を乗ってきました!

走行会と言いましても、サーキット内の決められた区間を走るということで、フルで全開に走れるわけではなかったです…(汗)

でも、走れるだけマシ…しかも、出勤扱いですから!(笑)
恐るべし、八光自動車…

まぁ、それぞれを運転した感想を書いていきたいと思います

まず、1回目のアバルト 595 ツーリスモ!!



※写真はアバルト 595C ツーリスモ

この車は走る•曲がる•止まるの全てにおいて強烈な印象を与えてくれました

ただ、僕にはその強烈な印象を与えてくれる性能を扱える程の腕もなく、直線で加速の凄さにふらつき、コーナーではどアンダーで後続車に煽られ、自分の未熟さを痛感させられました…

そして、続いてのアルファロメオ ジュリエッタ スポルティーバ!!



※写真はジュリエッタ QV(クアドリフォリオヴェルデ)

この車、懐の深さ(意味合ってるかな…)で僕の未熟な腕でもシッカリと走ってくれました!
何て言うか、シットリとした乗り味でアバルトと同じように走ってもだーいぶマシに乗りこなしてる感を出せました!(笑)

そして、最後はフィアット 500 1.2です!



※写真は500 TwinAir Lounge

この車、決して速くなくて、コーナリングも身のこなしが危なっかしいのですが、その軽快なテンポで走り抜けてくれるのが心地良かったです!
ただし、コーナリングでのロールは横転しそうなくらいで、怖くて仕方なかったです!(笑)

以上の3台に乗ることが出来、楽しかったです

そして、今回の走行会にはインストラクターとして福山英郎さんが来て下さってたので、自由にお話することが出来、良い思い出になりました!

[走行会の風景]

アバルト 124spider(レッド&マットブラック)


アルファロメオ ジュリエッタ クアドリフォリオヴェルデ(アルファレッド)


アバルト 595 コンペティツィオーネ(グレー)


アバルト 124spider(ホワイト&マットブラック)
Posted at 2016/11/27 08:06:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車
2016年11月09日 イイね!
試乗でも少なく、兵庫日産時代も少なく、そこから自分の車で約半年、そして、八光自動車のアルファロメオ芦屋•フィアット/アバルト芦屋でほぼ毎日マニュアルに乗れる日々が楽しくて仕方ない!

日本では大半の人が楽さを求めてオートマを選んでる…
けど、操る楽しさではマニュアルが圧倒的に楽しいから、オートマには次の車でも乗れなさそう…!
てか、オートマを長距離乗ってると左手と左足使わないからか退屈で眠たくなるしね!(笑)

今日もAB500、PANDA 4×4とコアなマニュアル、楽しかったです!(笑)


Posted at 2016/11/09 01:46:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車
2016年11月08日 イイね!
昨日久し振りに初代レガシィツーリングワゴン見た!

初代レガシィツーリングワゴンは、叔父が初めての愛車として乗っていたから身近な存在のスバル車で、洗練されたスポーティな雰囲気が凄く好きだったなぁー…!
今はその叔父もレガシィツーリングからセレナ(C24)→ノート(E11)と乗り換えちゃったけど、レガシィツーリングワゴンの走りの良さを覚えているみたい!
思えばそこから自分がスバル車に対する興味がわいてきたのかもね!

機会があれば、一度乗ってみたいなぁー…!
最近は見掛けるのが滅多になく、タマ数も減っていってるんだろーけど、ホント、カッコ良かった!
Posted at 2016/11/08 12:57:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車
2016年11月03日 イイね!
社長がカルロス・ゴーンに変わってからの日産はどこか日本よりも世界に目を向けてきた感じがあり、ここ最近まで車好きからの評判は悪く、僕個人的にも興味が失せつつありました…

そんな中、"やっちゃえ日産"というキャッチコピーを使いはじめてからの日産は試乗する度に

「良くなっているな!」

と思うようになってきました!

特に新型セレナ、あれは試乗記が書けていませんが、先代までのセレナとはひと味もふた味も違う車に生まれ変わっていました!
最新技術であるプロパイロットがCMで大々的に宣伝されていますが、それよりも注目されても良いのが走りがだいぶ良くなっていたんです
これには驚きました!
「セレナもここまで良くなったのか」と!
ちょっと日産に対して見直していました!

そして、昨日、発売日だとは知らずに通りかかった日産ディーラーにマイナーチェンジされたノートがあり、見させてもらい、そして、試乗させてもらいました!

「まぁ、ノートだろ…」

と、最初は期待せずにいました
NISMOはエンジンはDIG-Sのスーパーチャージャーなのでそこまで劇的な変化はなく、でも、NISMO Sは足の硬さが酷くて街乗りには不向きなのが最悪で、ライダーも標準車もごくごく最近の日産車なので、好きではないですし…

しかし、少し運転しただけで、

「あぁ、今回のノートは違うな…!」

と思いました!

試乗コースは神戸から六甲山へと続くワインディングで、上りや下り、そして、街中も走れる試乗コースとしては良いコースなのですが…

この車、トルクが25kgあり、そしてそれがモーターなので、坂道はディーゼル並みにグイグイと力強く上ってくれます!
リーフでは違和感の凄かったモーターの加速も、ノートではそこまで違和感に感じることなく、気持ちの良い加速を味わうことが出来ました!

続いては、気になる乗り味なのですが…

標準車のノートではフニャッとした動きで、NISMO、NISMO Sはとにかくゴツゴツとしたちょうど良い部分を外れた残念な乗り味でしたが、今回のノート、良い仕上がりです!
硬過ぎず、柔らか過ぎず、絶妙なバランスの取れたしなやかなイイ乗り味で、試乗にはリーさんにも来てもらいましたが、乗り味は好評でした

ここまでの走りの部分では高評価となりましたが、見た目や内装等はどうなのか…

残念ながら、もっと頑張れるんじゃないかと思える点がいくつかありました…
それは、e-POWERのリーフと共通のシフトノブ付近の後付け感満載の作り、そして、プラスチックの使い方が雑なパネル類、そして、これは個人的な価値観なので、皆さんがどう思われるかは分からないのですが、フロントグリルのデザインが後付け感満載でデザインの中に溶け込めてないんです
まぁ、これよりはGT-Rの方が遙かにマシだと思えます
あれもデザイン的には安っぽくなりましたが…

しかし、走りの面では良くなっており、そこはきちんと評価することが出来る車になっていたので、"やっちまった日産"ではなく、"やっちゃえ日産"なのが分かり、日産ファンの僕としてはホッと安心しました

皆さんも是非試乗してみて下さい
きっと、笑顔をもたらしてくれるはずですから…!


Posted at 2016/11/03 15:20:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 試乗記
プロフィール
「ムーヴキャンバス見に行ったら、キャストスタイルとターボの比較、そして、コペンも試乗するだけさせてもらえた♪」
何シテル?   10/26 14:02
Aglas34です! 兵庫県でイタリア系の自動車整備の仕事をしています! 幼い頃から親父のスカイラインを見て育ってきたスカイライン好きです!(笑) ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
交差点内で右折待ちの間に赤信号に!そのまま通行したら違反!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/13 21:06:32
スーパーの少年来店 と 今日の【 ピンク6号 】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/15 21:17:43
H27年3月7日現在でーす! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/03/10 06:58:10
お友達
スカイライン好きな方だけに限らず、車好きな方の友達を随時募集しています!
62 人のお友達がいます
TRIAL@大阪TRIAL@大阪 *みんカラ公認 TOSIHIROTOSIHIRO *
すて☆るび夫すて☆るび夫 *みんカラ公認 みんカラスタッフチームみんカラスタッフチーム *みんカラ公認
番場琢番場琢 * ぷっちん@赤火ぷっちん@赤火
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン ER34 日産 スカイライン ER34
人生で初めての愛車…だけど、3月末に手放した元愛車…(汗) 「維持費かかる…」と文句ばか ...
ホンダ ストリーム ホンダ ストリーム
親(母親)の現愛車です。 かなり気に入って乗っていたCR-Vもガタがきだしたので、家族会 ...
トヨタ カリーナ トヨタ カリーナ
祖父の現愛車です。
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.