車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月09日 イイね!
認知 産経新聞が運営する関西版ニュースサイト「産経WEST」の配信記事から『〝自信過剰すぎる〟? 80代の6割「自分は運転大丈夫」…老いるほど強気になるワケ』に注目。


 クルマの運転に限らず、高齢者の狼藉を厳しく指弾してきた弊サイトだが、この記事に関しては比較的冷静に読み込めた。

 高齢者に限らず、誰もが陥る可能性がある「正常性バイアス」の一種であるように思うからだ。



 精神が簡単にパニック状態に陥らぬよう、危険や異常の認知にリミットを掛ける心的作用を「正常性バイアス」と呼ぶ。

 この仕組みが、ドライヴァーに最悪の結果をもたらした一例が、東名高速道路・日本坂トンネルの火災事故だ。

 トラックの追突で火災が発生し、トンネル入口の信号機が赤・情報板が「火災発生」「進入禁止」を明示しているのにも関わらず、次々と後続のクルマがトンネルへ進入し類焼。173台もの車輌が、紅蓮の炎に巻き込まれてしまった。
 ドライヴァーは赤信号や警告表示を見ても、「何かの間違いだろう」「どうにか通り抜けられるのでは」と勝手な判断を下し、即座に停止しなかった。


 そして直近で最も身に積まされる例が、東日本大震災の津波被害者だろう。
 ラジオやテレビでは巨大な津波発生と避難を呼びかける放送がひっきりなしに流されていて、住民はそれを聴いていながら、「まさかここまで来ないよね」「どうせ大袈裟に言ってるんでしょ」と受け流し、避難行動を取らぬまま破滅の時を迎えてしまった。


 多くの高齢ドライヴァーも、身体的能力の低下から危険な局面を実感しつつ、「あれはたまたま運が悪かった」「相手の不注意だって原因だ」と「正常性バイアス」が働き、健全かつ妥当なリスク分析を放棄してしまっているように感じる。それが記事で紹介されている調査結果として、如実に顕れているものと推察する。

 ただ、自身が破滅するだけなら「それも人生」と諦めて貰えばいいが、クルマの運転は他者を巻き込み、無残に死傷させる。
 そして私的に制裁を加えたいほどに憎たらしいのは、他者を深く傷つけ、滅ぼしたことすら、恍惚の彼方へ置き忘れてしまうことである。



 ステレオタイプな一般論かもしれないが、高齢者は精神の柔軟性が喪われ、頑固になりがちとされる。
 「自分は運転が上手い」「事故を起こさない自信がある」と、根拠なく思い込むのも、老化現象の一つだ。
 ならば「自分は人が思うほど運転が上手くないのでは」「自分が事故を起こさなくても巻き込まれることは有り得る」と、常に不安に駆られる高齢ドライヴァーだって、いらっしゃる筈である

 その不安をバネに、末永く安全運転に勤しんで貰う。そしてクルマを運転することで得られる便益よりも、不安に苛まれる辛さが上回ったら、即座に免許を返納できる社会的な支援体制(代替となる公共交通機関の充実・買い物や通院等のアクセス改善)を整える。
 併せて、常に安全確認・危険を感じたら減速ないし一旦停止を欠かさない、頑固なまでに慎重なドライヴァーを初心者段階から育み、そのまま歳を重ねて貰うことも、長期的には効果的な方策だ。



 また記事後半で紹介されている、高齢ドライヴァーをアシストする安全デヴァイスの普及も、絶対的に安全側へ倒れるものでなければならない。
 自動でスイスイ走らせることよりも、まずは認知能力が欠如したドライヴァーがクルマで徘徊するのを阻止すべく

○ドライヴァーを限定する認証システムを導入する(指紋や暗証番号入力)
○免許証を挿入するスロットを設け、イグニッションと連動させる
○車体の変形、衝撃を検知したらクルマを動けなくする

 といった対策から進めてみてはどうか。
 自動運転の早期実用化は無理でも、上記案なら現状の技術水準や法規制で十分対応できよう。




 私個人の運転経験を振り返ると、ふとある局面を思い出して、不安に陥ることが有る。
 そう言えば、あの交差点で左右をちゃんと確認しただろうか。
 車線変更をした際に、後方から接近するクルマがいたのではないか。
 歩行者なぞこの世に居ないかのような、粗暴な運転をしていなかったか。

 事故を起こさなかったのは、単に運が良かっただけなのでは……と振り返り、青ざめる。
 再度同じ局面に遭遇したら、次こそは主体的にリスクを回避したいと願う。

 運転に限らずあらゆる場面で、歳を重ねても危険や異常を正しく認知できる人間であり続けたい。



Posted at 2016/12/10 23:09:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記
2016年12月08日 イイね!
 全国紙・読売新聞が運営するニュースサイト「YOMIURI ONLINE」の配信記事から『スタバのコーヒー豆かすなど、燃料に再生実験』に注目。

 我が家でも、毎朝消費するレギュラーコーヒーの滓を客土材としてリサイクルしているが、商業ベースで燃料化する可能性を探る実証実験を紹介している。

 バイオマスの活用についても、弊ブログで何度か話題にしている。スターバックスコーヒーが進める実証実験は、大規模なプラント設備を必要としない/原料確保~燃料として消費するまで店舗や地域でスタンドアロン運用できる可能性など、優位性も見出せる。


 私はコーヒー好きであると同時に酒好きでもあるので、ビールや焼酎を製造する過程で生じた穀類の絞り滓なども活用できるのでは……と考える。
 特に目が無い「黒ビール」は、麦芽をローストしてしまうため搾りかすを家畜の飼料に転用し難い(焦げ臭くて食べてくれない)そうだが、むしろ炭化が進んでいる分、バイオコークスには適しているように思う。

 昨今は下火になった感がある地ビールの醸造所や、小規模な酒蔵が原料供給源となって、酒造の過程や地域で消費するエネルギーを提供できれば、収支が改善して旨い酒が安く呑めるようになるかもしれない(なんだそれが目的かww)。



 「バイオコークス」という名称から記事を読んだ当初は、豆かすなどの原料が完全に炭化するまで加熱処理するのかと早とちりしていたが、どうもそうではないらしい。
 記事にあるように固形燃料として利用する場合は、高い圧力で圧縮し脱水・乾燥・成型したものが使われる。これなら豆かすを処理する機械は、然程大きなサイズにならないだろう。
 加工に投じられるエネルギーも、別の実証実験(関連情報URL参照)に拠れば、回収エネルギーの2割程度で済む。

 完全に炭化した「バイオコークス」も製造可能で、こちらはいわば「炭焼き」のような感じ。必要な電力も、プラントのサイズも大きくなり、投入エネルギーは回収エネルギーの50%にまで跳ね上がる。
 こちらは製鉄の際に必須の「還元」に、石炭コークスの代替としての活用することでCO2の削減につながることが確認されている(ただし炭素量が足りないので、投入量やタイミングの綿密な管理が必要)。




 ゴミ問題とエネルギー問題を一度に解決可能な、新技術の進歩に希望を見出しつつ、今後の展開を継続的に追っていきたい。




Posted at 2016/12/10 10:45:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年12月07日 イイね!
帰社 今朝は、久しぶりに子どもたちの通学に付き合う。
 出張中は当然のこと、外勤に従事している際は、自宅から愛車で出向いたり、登校のタイミングに合わなかったりして、子どもたちを見送ることが無かった。

 ちょっと距離を置いて歩くようになった長男、比較的速足である私の歩みに小走り状態で必死についてきていたものが、余裕をもって歩けるようになった次男。それぞれの成長を実感して目を細めつつ、それだけの期間、触れ合う機会を喪っていたことに気付き無念を覚える。


 外勤は今日までだったが、照査業務の消化が望外に順調で、残るは撤収作業と、一部の粗忽者が宿題を届けに来るだけになっていた。
 よって集合時間が遅めに設定され、子ども達の通学に帯同する時間的余裕が与えられたのだ。


 午前中はゆっくりと撤収作業をし、昨日までの嵐のような多忙を振り返りつつ、のんびり外勤先での時間を過ごす。
 鬼神にも息抜きと癒しは欠かせない(笑)。


 とは言え、サボってばかりもいられない。
 職場には消化し切れるか不安に陥るほどのヴォリュームに膨らんだ、本来担当している業務が待ち受けている。
 正午を過ぎてから、お世話になったクライアントに深く礼を述べ、憂鬱を圧し退けて外勤会場を辞し、帰社の途に就いた。

 心から安らぎを得るには、もう少し時間が掛かりそうだ。

 


 いつも弊サイトへお見えの各位へ、訪問の足跡は随分進捗した(今日の午前中に集中しているのはナイショww)が、気の利いたご返事を返せぬままお待たせしてしまっている。

 コミュニケーションの質に拘りたいブログ主の身勝手と、仕事に忙殺されてしまう体力と根性の無さを、何卒寛大にご容赦賜りたい。





Posted at 2016/12/10 07:34:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年12月06日 イイね!
鬼神 慌ただしい札幌出張を終え、息つく暇も無く今日から照査業務の戦列に復帰。ただし外勤状態には変わりなく、相変わらず本来の職場には戻れずにいる。

 照査そのものは順調に進み、疑問点の解消やミスの修正が終わった会社から退出して姿を消し、先週からすれば会場がスッキリした。



 今年も、恥ずべき粗雑な業務を為した同業者を血祭りに挙げたが、実は昨年と同じ相手ではない。
 昨年は厳しく照査に勤しみ過ぎ、諸々副作用が生じたことから「あんまりやり過ぎないでくれよ」と、担当先を変えられてしまった。

 ただし一方的に干された訳ではなく、新しい担当先については、業務遂行中からクライアントの覚えが怪しく「昨年以上に思いっきりやってくれ」「徹底的に締め上げてヨシ」と発破をかけられた。


 昨年の相手先からすれば、私が照査担当から外れた上に、月曜日は姿さえ見せず「うるせー奴がいなくなってラッキー」と思ったかもしれない。
 ところが、である。


 私が出張前に居残りを課した会社は、月曜日中に業務を終えて引き揚げた。
 逆に私が担当から外れた会社が、ポツンと拘束されている。

 聞けば私に代わって照査を担当した同僚職員も、結局は杜撰な仕事を見逃す訳にはいかず、膨大なミスを指摘されて対応が追い付かなかったようだ。

 若干ならず担当替えにわだかまりを覚えた私だったが、この結果に溜飲を下げた次第。
 雑な仕事は、誰が評価しても雑。ダメな奴は、誰が相手してもダメなのだ。


 粗忽者の群れを前に、鬼神の如く立ちはだかるは、髭面の大男だけではない。
 ノウハウを絶えず蓄積し、常にスキルアップを心掛け、誠実な業務遂行に誇りを抱く、私の勤務先職員全てである。


 


Posted at 2016/12/08 22:04:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年12月05日 イイね!
食気 昨夜私が搭乗した全日空機B-777は、一路北上し新千歳空港へタッチダウン。北海道の空気は予想外に暖かく、ダウンのコートが邪魔で仕方がない。

 更に約1時間で一夜を過ごす札幌駅前の宿にチェックイン。連日の疲れから、飛行機内では泥のように寝てしまい、眠気を覚えない一方で小腹が空いてきた。
 JR線の西口高架下で営業している焼き肉店「焼きもん酒場風土.」の看板に、「ラムユッケ」なる一皿が掲示されているのを見て、ついつい入ってしまった(笑)。



 意外なほどに臭みが無く、もっと獣肉感がするかとの期待は外れたが、満足度は高い。
 当然、その一皿で腹が満たされる筈は無く、レアでも食べられるジンギスカンと、カルビの風味も愉しめると謳う脂たっぷりのホルモンをオーダー。



 「一人焼肉」の侘しさを除けば、豪華な夜食だった。
 日付が変わる前後に宿へ戻り、就寝。



 今朝は、ホテルが提供する軽食を摂りながら、1日の行動予定を組み立てる。
 スケジュールが組み上がるのと並行して、道内産小麦のパン4種類・ヨーグルト・クラムチャウダー2杯・コーヒー5杯に、デザートとして牛乳プリンが胃袋に納まる。
 エネルギーを補充し、気力を奮いチェックアウトして歩き出した街中は、相変わらず寒さが緩い。

 今年は、街路樹の枯葉が落ち切る前に積雪したからか、このところの暖かさで雪が消えた路面には、泥に塗れた木の葉が積み重なり、見た目が汚く埃っぽい。



 午前中の予定を順調にこなし、ランチは札幌駅近く「ラ~メン共和国内」に出店している「みその」のスペシャルラーメン。盛れるだけトッピングを載せた豪放な一杯を、汁の一滴まで愉しんで退出。



 午後の予定も順調だったが、想定外に話がはずんで時間が押してしまい、夕刻の帰京便に間に合わせるべく駆け足状態で新千歳空港へ。

 空港で急ぎお土産を買い集め、保安検査を通過したら、搭乗開始時刻20分前。
 昼間のラーメンが効いて空腹を覚えず、待合売店で買った缶ビールで喉の渇きを潤し、街路の埃が原因と思われるいがらっぽさを洗い流す。

 羽田でも、降機後10分でリムジンバス乗り場へ行き、自宅最寄り駅まで行ってくれる便にギリギリ間に合わせたため、何も口にせぬまま帰宅。

 札幌で最後に食事ができなかったのは残念だったが、夕食は自宅で2日ぶりに食べ、寛いだ。



 疲れていても、仕事が辛くても、食気が湧き上がるうちは、まだ耐えられる。
 食事は肉体の栄養源であり、精神的な癒しであり、効果的なストレス解消法でもある。

 私が食いしん坊なのは、決して卑しいからではない。
 食べることもまた、仕事の一部なのだとの自覚し、使命として各地の美味しい名産を口に含み、血肉とするのだ。







Posted at 2016/12/07 23:35:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | | 日記
プロフィール
「客の好みを細かく聞いておきながら、提供するラーメンを取り違えるってどういうこと?。ビジネスモデルが根本から破綻してるよね、一蘭さんよ。」
何シテル?   12/10 12:50
 midnightbluelynxです。初代MクラスML320(ブリリアントシルバー)、直6のGクラスロング(ノーチカルブルー)を乗り継ぎ、現在はV6のGクラス...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
57 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Gクラス カブリオ メルセデス・ベンツ Gクラス カブリオ
 G320カブリオ(V6・ミッドナイトブルー)を愛車にしています。  息の長いGクラスで ...
その他 その他 その他 その他
 サントレックスの軽規格折りたたみトレーラーです。以前所有していたキャンピングトレーラー ...
メルセデス・ベンツ ウニモグ 除雪トラック (メルセデス・ベンツ ウニモグ)
 本国ラインナップとしては以前から存在したものの、日本への輸入が無かった独bruder社 ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) ドイツ連邦軍多目的車輌「ヴォルフ」 (メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック))
 ドイツ連邦軍が1989年~1994年にかけて10,000両以上もの大量調達を果たした軍 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.