車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月22日 イイね!
 全国紙・読売新聞が運営するニュースサイト「YOMIURI ONLINE」の配信記事から『「動物同然の扱い」に憤る母親…「裏切られた」』に怒る。


 ノシメマダラメイガ(熨斗目斑螟蛾)なる身近な害虫がいる。米櫃などに貯蔵されている穀類に集り、我々にとって貴重な栄養源を喰い荒らす。


 弊ブログでは以前、学校給食予算をちょろまかしていた木っ端役人の犯罪を、「米百俵の精神とは真逆の浅ましい行為」「ドブネズミまたはゴキブリ以下」と糾弾した。
 報じられている内容が事実であれば、姫路市の認定こども園運営もまた「ノシメマダラメイガにも劣る所業」と断じなければなるまい。


 小幡育子なる人物の個人営とは言え、現代の「米百俵」たる公的な補助金が投じられた施設で、当然期待されるべき水準の「保育」どころか、これでは「飼育」か?いやいや「虐待」ではないかとまで批判される状況は、補助金詐欺で済ませてよい問題ではない。

 自ら「米百俵」を貪って私腹を肥やしながら、通園児に分け与えず慢性的な栄養不足に陥らせ、子どもたちの成長や脳の発達を阻害してしていたなら、社会的な悪影響は今後100年に亘るだろう。

 その罪を、園長はどう贖うのか。もはや万死に値する。


 一方で、腐れ中年女だけを責め立てても、何ら根本的な解決にならない。
 次世代の育成に責任を持つべき行政は、一体何をやっていたのか。
 漫然と補助金を支出していた姫路市当局者もまた、同罪である。

 行政の責任は、補助金を与えておけば免除されるとでも思ったのか。勘違いも甚だしい。
 何ら中身が伴わない保育施設の、外形だけを整えて良しとするなど「悪しき民営化」の極地であり、まさに弊ブログ主が告発し続ける「自己目的化」の類例だ。



 私の住む街でも、我が子がお世話になった公設の保育園が建物老朽化を理由に廃止され、公募に応じて設置された私立(社会福祉法人)の保育園に取って代わられた。

 その過程で多々フリクションが生じたが、現在は表向き落ち着いているように見える。
 しかし、未来永劫問題なし、と言い切ることはできまい。

 現役の子育て世代として、地域住民として、納税者として、地元保育施設の運営について関心を寄せていきたい。



 冒頭記した通り、「ノシメマダラメイガ」は身近な害虫である。
 気を抜けば、我が家の米櫃を喰い荒らしているやもしれぬ。
 


Posted at 2017/03/23 07:28:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | オピニオン | 日記
2017年03月21日 イイね!
甘盗 全国紙・朝日新聞が運営するニュースサイト「朝日新聞DIGITAL」の配信記事から『「甘盗」と呼ばれた男?逮捕 ソフトクリーム盗んだ疑い』に注目。

 被害エリアが東京都内および石川県内と限定的で、これはつまり北陸新幹線で移動していたということか。
 盗みに入った先で欲望を抑え切れずに、甘いものを口にしてしまうような性格の人間が、在来線で移動したならば、恐らくは我慢しきれずに東回りなら群馬・西回りなら滋賀辺りで途中下車し、被害範囲が東京まで至らなかったかも知れぬ。

 観光振興や地域経済の成長など、新幹線がもたらす福音に光が当たる一方で、この事件は副作用とも言えよう。



 犯行現場でアイスを食べたと聴き、思い出したのが未だ解決を見ぬ「世田谷一家殺害事件」だ。
 一家4人を惨殺した犯人は、のうのうと被害者宅の冷蔵庫からペットボトル飲料とカップアイスを取り出して、口にしていたとされる。

 「甘盗」のような手慣れた累犯者であっても、犯行に際しては極度に緊張し、その反動で肉体が甘いものを欲する……のか。もしそうだとすれば、世田谷の件も同じ生理的現象であった可能性がある。
 刑事処分と並行して、その辺りを医学的に解明してもらいたいと願う。


 もし、あなたの周りで、例えば机に仕舞っておいたはずのチョコレートや、職場の冷凍庫に隠しておいたハーゲンダッツが無くなっていたら、それは侵入した犯罪者に食べられた後…なのかも知れない。

 そう言えば私の職場でも………(怖)






Posted at 2017/03/21 21:50:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年03月20日 イイね!
周回 連休中も予定が詰め込まれて多忙な中、たまたま何も予定が入らなかった私と長男で、今シーズン初滑りに出掛けた。
 ちなみにママは国内出張で不在、次男は水泳の記録会で東京都心のプールへ出向いていて、ゲレンデには行かなかった。

 但し滑りに行った先は、お手軽に地元の「狭山スキー場」。
 次男が明るいうちに帰ってくる上に、連休中の大渋滞に嵌っていては、いつ戻れたものか分からない。昨年も、同じような理由で「狭山スキー場」を利用しているが、その際はパートナーが次男で、長男が別の場所へ出掛けていた。
 我が子も長じてくると、なかなか予定を合わせられない。

 今日は隣接する西武ドームを本拠地とするライオンズが、イーグルスとのオープン戦を組んでおり、いつもの週末よりは人もクルマも多めだったが、それでも出発してから一時間ほどで辿り着いた。


 スキーを履き、2年ぶりにゲレンデへ飛び出した長男は、最初こそおっかなびっくり下っていたが、そのうちにコツを思い出して周回を重ね、ステップイン・バインディングのアドヴァンテージをフル活用しても全く追いつけなくなっていた。



 悔しいが、スノーボードを履く限りスキーヤーほどは早く滑り出せないし、親のことなどお構いなしに自らの滑りを愉しめるようになったのも、我が子の成長と喜ぶ他ない。


 しかし、周回を決定的に遅らせた理由は、道具のせいでも我が子のスキルアップでもない。
 最近は視力が落ちたのか、平衡感覚が鈍ったのか、バインディングを装着する場所の水平を認知できなくなって、ブーツを嵌め込む途中で板が流れてしまうことが何度かあった。

 時間を取られる上にリカヴァリで体力を使ってしまい、20~30分ほどの休憩を数回挟まざるを得なくなった。

 そして決定的だったのは、丘のてっぺんでバインディングを操作中、ぎっくり腰に襲われてしまったことである。
 これで今日の私の滑走は、実質的に強制終了されてしまった。



 本心から思う。歳は取りたくないものだ。
 老化は私から数少ない愉しみを奪おうとしている。
 今シーズンのラスト滑走としないためにも、腰部を中心に改めて鍛え直さねば。



Posted at 2017/03/20 21:12:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年03月19日 イイね!
連行 全国紙・読売新聞が運営するニュースサイト「YOMIURI ONLINE」の配信記事から『PKO隊員5人、南スーダン兵士が誤って連行』に呆れる。


 先だって南スーダンPKO部隊の撤退が表明されたが、理由は現地の情勢悪化ではなく、施設整備の任務が完了したからだとされる。
 国連や南スーダンの政権当局者からも、感謝の言葉が寄せられた旨報じられているが、このニュースを聴いたあとでは、菅官房長官のブリーフィングも、現地からの美辞麗句も、白々しいことこの上ない。

 5年もの長い時間を費やした任務の結果が、現地正規兵から「あんたどこの国の人?」「何で武装してるんだ」「怪しいからちょっと来い!」では、陸上自衛隊員の命を賭した苦労が一体何だったのかと、強い疑問を抱かざるを得ない。

 これは武力行使や駆けつけ警護を云々する以前の、国際社会におけるプレゼンスの欠如であり、我が国外交・防衛当局の覆し難い失策であると考える。



 新聞各紙はコラム欄で、防衛大臣の資質について問うている。
 産経新聞:『【主張】PKO日報問題 稲田氏に国は守れるのか』
 読売新聞:『【社説】防衛省日報隠し 稲田氏に「統率力」はあるのか』

 保守系とされる両紙が、ほぼ似たようなタイトルで同様の論調を張っているのが興味深い。
 勇ましい絵空事を叫びながら、日本を滅亡の危機へと追い込んだ軍部暴走の跡に転がる死屍累々は、歴史の教科書を読み直すまでもなく、今なお我々の眼前で腐臭を放っている。
 
 国際社会の共感を得られず、文民の統制も利かない現状に、改めて強い危惧を覚える。




Posted at 2017/03/19 21:15:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | オピニオン | 日記
2017年03月18日 イイね!
離島  沖縄の地方紙・沖縄タイムスのニュースサイト「沖縄タイムスプラス」の配信記事から『島で唯一の医者が脅迫され避難 沖縄・北大東島 常勤医が不在に』に懸念す。


 弊ブログ主はリベラルな立場から、沖縄の現状やマスコミ報道に対しシンパシーを覚えるものであるが、この事件に関しては全く看過できない。


 沖縄の離島では、警察の出先機関(派出所・駐在所)が置かれていないところもある。
 軽自動車に6人以上乗車しているのを見咎めて、地元の人に尋ねたら「ここはお巡りさん居ないもんでねぇ、だれも気にしていないよ」と返されたことがある。

 長閑で牧歌的と言えなくもないが、そんな状態の地域が夜になれば、飲酒運転および飲酒に起因する交通事故が少なくないようだ。
 しかも事故を起こした上に、相手被害者を脅迫したなどと聞けば、今さら乍ら戦慄が奔る。


 死亡事故に至っていた可能性があるばかりか、幸運にも無傷或いは軽傷で済んだ被害者の常勤医を島から放逐する結果になり、医療体制の後退が新たな犠牲者を生んでいたかも知れぬ。

 いやいや相手が顔見知りの地元関係者だったから、加害者も脅迫で踏み止まったのではないのか。
 もし一見の旅行客で、お前の事情など知るか通報してやる……と背中を向けたら、被害者は轢き殺されてクルマも遺体も処分され、闇に葬られやしなかったか。

 離島住人が困るだけなら、自業自得と冷淡に突き放せたとしても、島外からやって来た旅行客までが卑劣な犯罪に巻き込まれたとしたら、沖縄経済を支える観光業に致命的打撃を与えるだろう。

 加害者が、その責任まで負い切れるとは思えぬ。
 駐留兵士の犯罪に苦しめられてきた人々なれば、立場が180度逆転したかのようなこの事件の重大さを認識し、行政・マスコミを含めて真剣に善後策を考えて欲しい。
 また沖縄県警は遺漏なく捜査を進め、事故当事者にして恐喝犯を厳罰に処してもらいたい。

Posted at 2017/03/18 22:39:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | オピニオン | 日記
プロフィール
「収支見通しの粉飾・補助金不正受給・経歴詐称。籠池某とやらは、多々不正に手を染めてまで一体何をしたかったのだろうか。純真な子どもたちに二度と触るな、汚らわしい。

何シテル?   03/08 08:50
 軍用のヘビーデューティーさに憧れつつも、血と硝煙の匂いとは無縁の平和な日常と家族を愛するオーナーのため、我が碧いGにエコロジカルな「森林警備隊」の任務を授け、...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
58 人のファンがいます
愛車一覧
メルセデス・ベンツ Gクラス カブリオ メルセデス・ベンツ Gクラス カブリオ
 G320カブリオ(V6・ミッドナイトブルー)を愛車にしています。  息の長いGクラスで ...
その他 その他 その他 その他
 サントレックスの軽規格折りたたみトレーラーです。以前所有していたキャンピングトレーラー ...
メルセデス・ベンツ ウニモグ 除雪トラック (メルセデス・ベンツ ウニモグ)
 本国ラインナップとしては以前から存在したものの、日本への輸入が無かった独bruder社 ...
メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック) ドイツ連邦軍多目的車輌「ヴォルフ」 (メルセデス・ベンツ Gクラス (ハッチバック))
 ドイツ連邦軍が1989年~1994年にかけて10,000両以上もの大量調達を果たした軍 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.