• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月18日

MTを選択する理由

いやまあ、色々有るんですが、MT最大の利点は実は『全てを人間の感覚下における』事にあるんだろうと。

私が運転免許を入手した際、一番悩んでいたのは安全運転です。
防衛運転もそうです。
どうすれば身につくのか……永遠とも言える課題でした。
まあ悩むことなくまずは走り込み、と言うのは当時から同じですね。
結局のところ人やクルマの少ない夜に、やっぱり人気もクルマもない山で走るという選択でしたね。
素地があの頃確立されてました。なんせ買ってすぐナビ入れて徳島まで走ったりした訳なんで。

走って経験しないと判らん。
今だに自分の経験を越える知識はないと思っています。

で、安全に関しては、自分(クルマを含む)の状況を把握できていて、精確にコントロールできる状態に維持するモノだと思っています。
ドリフト状態であっても、所謂犬ション状態でも意図的にコントロールされているなら安全な訳です。

そんな状態を意図的に維持するには、操作に対して一切合切無駄なく応える事。
素直な操作特性が必要。
アクセルを踏んでもバタフライが開かない、ギアダウンするなんてのは良くない。
ドライバーがお飾りではなく、全てを認めてくれること。
お客様ではなく、クルマの一部品になれること。

つまり、機械じかけでコンピューターが出来る限り少ない事が一番です。

結果MTとなる訳で。


ドライバーの意図しないエンジン回転数の上昇なんてものは基本、スリップ状態でなければ突如グリップ抜けしたって訳だから……そりゃ気持ち悪いでしょ。

今ではATでも支配下における自信はあるケド、気持ち悪い何かの違和感は覚えると思います。
覚えちゃったらもう、怖くて運転できません。レンタルならまだしも、購入何て、冗談にも程がある。


結果私はMTを選ぶのです。それも出来る限り古臭い。
仕方ないんですよね。
ブログ一覧
Posted at 2016/10/18 18:50:32

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

この記事へのコメント

2016/10/18 19:09:17
リョウ@流しの三味線弾き様
私もMT派で、代車でお借りする車位しかATには乗りませんが、楽で便利な一面も有る反面、一瞬のタイムラグやエンジンブレーキが気になります。
ただ、一部スーパーカーの最新ATは経験する事は無いままだと思いますが(笑)
コメントへの返答
2016/10/19 05:00:13
ATって自動操縦技術の先出しみたいなものだと思ってます。便利なんだろうけど、いらないかなと。
スーパーカーに有るアレは『手に負えないパワーを手懐けるアイテム』であってATではないです(笑)
体験するんだったらエボ10というとても入手容易なATがあります。基本はアレと同じだと考えています。段数は少ないですけどね(笑)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「いつものガス屋のおやじさんと思わぬ会話。ビートにレギュラーが驚きのご様子。NAでSOHCだとレギュラーなんだけどね……軽くてMRにはかなり精神的に参ってたみたい(MR-2だったけどね)」
何シテル?   07/23 18:38
憧れのCR-Xを手放し、そして今、初めて憧れたビートを手にすることが出来ました。 今でも最高はZCエンジンだと信じて疑いません。残念ながら乗っていたのはB16...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

リンク・クリップ

パジェロどうする?! そして迎えた決断の日 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/15 23:33:25
燃費記録 2017/06/05 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/05 21:11:36
 
さようなら、ロードスター。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/05 20:41:56

お友達

VTECは麻薬です。ジャンキーは皆友達です(・ω・)/
E07Aは反則です。マイクロスポーツ好きも皆友達です(*^_^*)
ただ私はクルマは走るものであり、それ以外に考えられない思考しかしません。
全力を尽くさない走りのために、無駄に労力とお金をかける事ほどクルマは甘くはない、と考えています。
37 人のお友達がいます
Hiro.sHiro.s * VelizyVelizy *
いいよ~♪ N箱いいよ~♪ N箱 * 壇みっつ。壇みっつ。
kmagjpkmagjp AUTOWAYAUTOWAYみんカラ公認

ファン

35 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート REBEL (ホンダ ビート)
初の白、初のオープン、初の2シーター、そして初の憧れの車。初めて見て以来、ずーっと憧れて ...
アメリカその他 その他 アメリカその他 その他
助手席に括りつける予定。まずは輪行に慣れないとそれも意味はない。 とりあえず走り慣れして ...
ホンダ CR-X 黒猫 (ホンダ CR-X)
E-EG4(AT)からE-EG6(MT)を乗り継いでH20年5月、現在のE-EF8サイバ ...
ホンダ フィット RS (ホンダ フィット)
―ようこそ!失速のない世界へ― Rord Sailers 黒いクルマを乗り継いできて、 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.