車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月23日 イイね!
GOLFCUP2017 Rd.13/20(月)にGOLFCUP 2017のRd.1にS2クラスで参戦しました。
コースは筑波サーキットです。

天気は快晴で最高気温は18℃くらいの予報でしたが、体感温度はそれよりも高くて、なかなかに快適なサーキット日和でした(ちょっと暑め)

今回も大きく仕様は変えていなかったですが、昨年末くらいにフロントサスだけ12kg/mmから10kg/mmに戻して、前後とも10Kg/mmとしていました(普通は前10Kg/mmだったら後ろは8Kg/mmが一般的ですが)
そのせいか、前回FSWを走った時には弱オーバーと言う感じの走りでしたが、筑波でそれがどうなるかが、一つの気になるポイントでした。

そして結果は、最終コーナーでスピンしてのリタイア...。

予選や決勝の途中までは悪くなかったのですが、決勝の途中で「タイヤがたれてきたなあ」と感じ始めた少し後に、突如スパッときました。

ただ、車載を見ると反射的にカウンターも当てているし、アクセルも既に踏んでたような?
なんかオイルを踏んだような滑り方にも見えるし、少し調べてみた方が良いのかも?(またどこかからオイル漏れてないかとか)

と言う訳で、バネレートの問題かどうかは少し保留にしてみようかと。
スピンするまでは、そこまでオーバーステアは感じて無かったし、曲がり具合も悪くなかったので、今の状態も捨てがたい気がしています。

何はともあれ、単独スピンで他車と絡むトラブルにならなかったですし、無傷と言うのは不幸中の幸いでした(スピン直後にエンジンがかかってくれてたら、まだ走れたのに...)


途中リタイアですが、たまには全部の車載を貼ってみたり。

レース結果的には残念でしたが、タイム的には10.4秒辺りをコンスタントに出せていたのが、自分的には良かった点です。

でも車載を見ると...

・スタート失敗してる
・1周目に1ヘアをアウトから行ったのは失敗
・ブロックされて失速した後にギアを落とさなかったせいで離されてる
・ステアリングの切り方がカックン気味(もうちょいスムーズにつなげたい)
・クリップが甘いところもちらほら(2ヘアはわざとだけど)
・シフトミスしてる
・もうちょい向きが変わってから全開の方が良いのかも

などなど、イメージ通りに走れていない部分もちらほらあるので、その辺りの改善で、順位上げたり9秒台まで持って行けたらなあ(たかが0.4秒されど0.4秒...)
Posted at 2017/03/26 12:20:45 | コメント(3) | トラックバック(0) | 空色号(GOLFⅡ) | クルマ
2017年02月28日 イイね!
下書きしたまま公開し忘れてた。

少し前の話ですが、2月に群馬の方に社員旅行があって、世界遺産の「富岡製糸場」とか「伊香保おもちゃと人形 自動車博物館」とか見てきたので日記的に書いてました。


まずは「富岡製糸場」ですが、正直地味でした(笑)
これが世界遺産なんだー、とか失礼なことを思ってしまいました(見た目よりももっと存在意義的な物なんでしょうね)

ただ、古い建物とか機械とかは基本好きな方なので、個人的には単にそれを観てるだけでも、そこそこ時間も潰せたりして、結局1時間半では全部観ることが出来なかったので、実は結構楽しんでいたのかも。

富岡市のイメージキャラクターの「お富ちゃん」。

「富岡製糸場」の端っこの方にひっそり立ってました。
プロフィールを見ると、富岡製糸場創業140年(平成24年)に誕生した、永遠の14歳の女の子だそうです。

ここはちょっといい感じだなと思ったところ。

こう言う感じの建物の雰囲気は嫌いじゃないですが、何かホラー映画っぽい香りもするような。

何かを運ぶ機械。

蚕の繭でも運ぶのかな?

自動繰糸機。

こう言うゴチャっとしか機械の感じは好きです。
結構凝った作りに見えるけど、トラブルとかあったら大変そう。どうだったんだろうか。

復元されたブリュナエンジン。

蒸気エンジンらいいです。
実際に動くっぽい。


そして今度は「伊香保おもちゃと人形 自動車博物館」。
ここは昭和の香りのするアイテムだらけと言う感じで、個人的には結構楽しめました。
と言うか、こっちが本命!

鉄腕アトムとか鉄人28号のオモチャは昭和としては外せないところですかね。

ただ、アトムとか鉄人は自分にも古すぎてそこまで好きって訳でも無かったり。

そして昭和のアイドル。

年配者がやけに盛り上がってました(笑)
自分はアイドルに興味無かった子供なので、ふーんて感じ。
こんなのが壁一面に貼ってありました。

キューピィ人形量産機。

入館すると、これで作ったと思われるキューピィ人形を1つもらえます。
更に館内では、この人形に着色も出来たりもします。

良くわからないけど、ワイン瓶ロボ?

良くわからないけど存在感あった。

群馬と言えばイニシャルD!

なのかは知りませんが、藤原とうふ店が再現されてました。
この看板とか本物の藤原とうふ店のらしいですが、本物あったんだ。


この辺りから自分的本命の昭和のクルマコーナーです。
基本国産車メインなのが惜しかったですが、何故かMiniはあった(でも何故かMiniは撮影禁止)

まずはS800。

やはりS660よりこっちのが良い。

こちらはN360のエンジンを載せたレーシングカーだったような。

空冷エンジンが萌える。
走らせても楽しそう。

スバル360のレーシングカー?

調べてみると、まさにこのクルマのミニカーがトミカで出てたっぽい。

3輪と言えばミゼットと言う感じですかね。

ジオラマっぽい感じで展示されてました。

サニーのレーシングカー。

子供の頃にこの辺りのレーシングカーが活躍する漫画を読んでたような気がするんだけど、何の漫画だったか覚えてなくてモヤモヤしてます。
オーバーフェンダー好きとかは、その辺りで刷り込まれたような。

ダイハツのフェローのレーシングカー?

これでレースしてたの?

こんな感じでずらっと並べてあるのですが、クルマの前に置いてあるのは当時のアニメのポスターだったりして、博物館オーナーの趣味全開って感じでした。

この辺りのクルマも自分にはちょい古すぎて、そこまで思い入れも無いんだけど、ノスタルジーって感じは嫌いじゃないです。


こう言う博物館って、ずっとある訳じゃなくて、ある日突然閉館しちゃったりするので、興味があったら行ける時に行っておくと良いのではないでしょうか。
自分もまた個人的に行って、もっとじっくり観てみたい。
Posted at 2017/03/23 21:48:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | カーライフ | クルマ
2017年02月21日 イイね!
空色号復活!in富士スピードウェイようやく直りました。空色号が。

昨年末に昇仙峡で不動になり、その後ディストリビューターの破損と言うのは判明していたのですが、交換用のパーツが見つからなかったり、見つかっても何だか調子が良くならなかったりもして、色々困ったことにもなっていたのですが、ようやく直りました。

取り敢えず、街乗りでは大丈夫そうだったので、まずは様子見と言う感じで、富士スピードウェイを走ってきました。

今回走ったのは本コースのビギナー枠でした。
最高速度180Km/h以下、タイムも2分20秒以上、が走行条件です。
あくまで様子見が目的なので、ペースを落として走れるこの枠が丁度良かったです。

と書きましたが、実はライセンスはショートコースしか取っていなかったので、ショートコースを走るつもりで行ったのですが、勢いでカレンダー見ずに行ったら現地で走行枠が無かったのに気づき、何だかんだでライセンスを本コース用に更新して、その時走れた枠を走ることになったと言うのが実情だったりも。

でもタイムは気にしないで、敢えて飛ばさずに走る、と言うのも何だか良かったです。
心に余裕があるので、きっちりラインを走るようにしたり、いつもと違うライン試してみたりとかが、気軽な感じで出来ました。

直線の終わりで180Kn/hこえそうになってアクセル戻したりも。

結果として、クルマの調子は無事元に戻っていたのが確認出来ました。

足回りが少しオーバーステア気味な感じでしたが、カウンターを当てる程でも無く適度にテールスライドしつつ向きを変えられる感じが、個人的には楽しかったりも。

ただ、Aコーナー立ち上がりでカウンター大会になってしまう時があるのは微妙です。
このコーナーは相変わらず難しい...。
前荷重残し気味で進入するだけで、簡単にリアが結構流れちゃうんですよね。

もっと早目に向きを変えて、前荷重減らしつつ弱アンダー気味に、更にハイスピードで進入したいところなのですが、なかなか難しいです。
セッティングは今のままで、走らせ方で何とかなりそうな気がしてますが、どうでしょうか。


いずれにしても、また本コースライセンス取ってしまったし、走らないと損だよなあ...。
Posted at 2017/02/24 08:59:18 | コメント(5) | トラックバック(0) | 空色号(GOLFⅡ) | クルマ
2017年01月25日 イイね!
甲府盆地一周ルート完成!空色号のトラブルは結局ディストリビューターの破損が原因だったのですが、現在部品調達中で動けない状態です(ディストリビューターって新品で買うと8万円くらいするらしいので、中古で何とかしたいところ)

そして弁当号の方も、車検+αが未だに終わらず戻っていないので、やはり乗れません。

てな訳で、代車はあるものの自分のクルマに乗れない状態が続いているので、ここ最近は乗り物趣味的にはバイクがメインとなっています(それはそれで良いのですが)


とは言え、山梨は冬になると寒いですし、何より路面凍結が怖くてバイクで走れる場所が限られてしまうのが難点です(雪は実際は殆ど降らない(盆地は))

やはり混んだ街中では無く、空いててくねくねしたところを走りたい!

そんな冬でも何とか走れる場所の一つが、甲府盆地の山沿いを通るフルーツラインと言う道で、盆地の斜面を通っているおかげで日当たりが良く、昼であれば比較的暖かいですし、日の当たっている場所は凍結も無いのがありがたい道なのです。

適度にくねくねしてますし、走っていると常に甲府盆地を見下ろす感じになるので、眺めが良いのも魅力です。
個人的には「甲府盆地ビーナスライン」と名付けていたりも(嘘)

ですがこのフルーツライン、盆地の山沿いにぐるっとつながっている訳では無くて、所々途切れてしまっているのが残念なのです。
走っているといつの間にか山奥の方に行ってしまうか街中に戻ってしまうと言う感じなので、何とかその途切れてる部分をつないで綺麗に走りたいと言うのがここ数年の課題でした。

一応、何となくはつなげられてもいたのですが、どうしても途中で街中を走る感じになってしまうのが、まだ気に入らなかったのです(道もわかりづらいし)

ですが、昨年末くらいにまた走りに行ってみると、いつの間にか今まで工事中だった道が出来ていて(まだ地図にも載ってません)、そこを使うと街中を走る量をかなり減らして効率良く道をつなげられそうだったのです。

と言うこともあって一気に一周ルート完成の目途も立ったので、その後何度かの地図上での検討と実走を繰り返して、ついに自分的「甲府盆地一周ルート Ver.1.0」が完成したのです!

で、先日の22日(日)に同僚と一緒に走ってきたのですが、見事一周走りきることが出来ました!
ここ数年の念願がかなって感慨深い(大袈裟)

距離的には一周でほぼ100Kmと言う感じで、2時間程度の走行距離ですが、冬だしこれくらい走れれば個人的には十分かと。

今後はVer.1.0をベースに更なるバージョンアップをしたいものです。

フルーツラインはこんな感じ(中間ポイントくらいまでの様子)

長くなるので速度は×数倍になってます。

一部狭い道もありますが、クルマで走っても結構楽しいと思います。
Posted at 2017/01/25 22:06:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | バイク | 日記
2016年12月31日 イイね!
すっかりご無沙汰してましたが(前回書いたのが10/30なので2か月ぶり)、年越し前に何かしら書いておかないと2017年もこのままになりそうなので、リハビリがてら書いておこうかと。


取り敢えず、ここ2か月のネタとしては、

・車検&エンジンのリフレッシュに出してるVENTOがいまだに戻らず、いまだに代車生活中。
 14万Kmを超えてオイル消費も増えてきてたので、このタイミングでリフレッシュしようと思ったのですが、部品の入手に時間がかかったり作業の都合もあってそこそこ時間かかってます。
 現時点の予定では来年1月の中旬くらいまでには何とかなりそうな感じ。

・11月から公開中の映画「この世界の片隅に」は2回観ました(山梨では上映していないので、2回とも東京まで行って)
 お勧めなのでまだ観てない人は是非!
 クラウドファンディングに参加してるので、自分の名前も最後のクレジットに入ってるんですよ(とは言え、小さすぎて自分でも見つけられなかったのですが、パンフレットの方にも入ってました)

・旧車天国を観に行った。
 お台場で毎年やってる奴を観に行ってみました。
 こう言うイベントって、何度か観に行くと目新しさが無くなってくところがあります。

・会社の同僚とバイクツーリングに行ったところ、途中で同僚が対向車と正面衝突と言う事故を起こして入院。
 幸い命に別状は無かったのですが、目の前でモロに見てしまったので衝撃でした。

・友人がPSVRを買ったのでやらせてもらったけど、なかなかの臨場感に未来を感じた。
 サメの出てくる奴はかなりドキドキしました。

・PS4の「人喰いの大鷲トリコ」は、なかなか楽しい。
 こんなの良く作ろうと思ったなー。

・12/23(金)はやけに暖かかったので、富士山周辺をバイクで走ってきた。

・そして昨日。空色号の調子を確認しがてら、いつものワインディングを流していたら、突如エンジンが止まって動けなくなりました。
 色々調べてはみたものの、自分ではどうしようもない感じだったので、レッカーを呼んで家まで運んでもらいました。
 現在も動かないまま。

と言う感じで、特に最後が締まらない感じになってしまいましたが、何だかんだやってました。
来年も何だかんだやれたら良いなと思います。


と言う感じで、みなさん良いお年をーっ!
Posted at 2016/12/31 19:22:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | つぶやき | 日記
プロフィール
「そしてすぐさま次なるモノに着手。金属の質感が良い感じ。」
何シテル?   04/22 20:51
「さぼいあ」です。よろしくお願いします。 そうです「紅の豚」が好きなのです(主人公のポルコが乗ってる飛行艇がサボイア S.21なんですよ)。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
東京モーターショー2013 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/11/26 06:25:42
心理学・人間工学的にモータースポーツの上達を科学する 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/04/10 08:29:26
ファン
17 人のファンがいます
愛車一覧
フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック) 空色号 (フォルクスワーゲン ゴルフ (ハッチバック))
1989年式のGOLFⅡ GTI-16Vです。 ショートバンパーの3ドア。 2009年 ...
フォルクスワーゲン ヴェント 弁当号 (フォルクスワーゲン ヴェント)
1993年式のVolkswagen VENTO VR6です。 ほぼ5ナンバーサイズの車 ...
マツダ ロードスター さぼいあ号 (マツダ ロードスター)
平成元年式ツルツルデフデフ付きのNA6です。 2006年に、近場のミニサーキットで遊ぶ用 ...
ポルシェ 911 (クーペ) サボイア号 (ポルシェ 911 (クーペ))
1993年式のPORSCHE 911です(type964 carera2 tiptron ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.