• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

どんみみのブログ一覧

2017年06月27日 イイね!

装甲が脆弱と言われても…

装甲が脆弱と言われても…映像は、海上保安新聞6月22日号の1面のハードコピーです。

6月17日に発生した米海軍・イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」(満載排水量8,362t、全長153.9m)とフィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル」(総トン数29,060t、全長222.6m)の衝突事故がトップ記事でした(トン数は軍艦と商船で考え方が違うので単純な数値比較に意味はない)。

この事故で米海軍側に7名の死者出ています。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

さて、どこの記事だったか忘れてしまったのですが、この事故で、軍艦の方が大きく破損し、居住区等に浸水し、死者が出ていることを大きく取り上げている新聞がありました。

曰く、軍艦なのに脆すぎると言うもの(苦笑)

あの…巨艦巨砲時代の戦艦じゃあるまいし、バイタルパートに暑さ数百ミリの鋼板なんて使ってませんから…(構造的にも使えません)。
直接打ち合うことなんか想定していないのが、いまの軍艦です。

また、仮に装甲板があったとしても、大戦中の巡洋艦の事故例が幾つかあるように、船首、船尾よりの横っ腹は弱いんです。
逆に船首は丈夫

米海軍側の破損が大きいのは、仕方ないところだと思います。

しかし、まぁなんなんでしょうね
マスコミって、ネガティブな誘導と不安を煽るのが仕事なんですかね
そんな世界が就職希望の人気業種にあるのが信じられません(苦笑)

122930
Posted at 2017/06/30 03:49:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 艦船 | ニュース
2017年05月30日 イイね!

陸軍空母「山汐丸」

陸軍空母「山汐丸」5月30日の夕方、みなとみらいにネットワーク機器の調整に行きました。

その時、前々から気になっていた錨を見てきました。

錨の主は、「山汐丸」
戦時中、戦時標準船として、大型タンカーに飛行甲板を設置して対潜機能を持たせようとした特2TL型と呼ばれる船の5番船です。

大戦中期以降、南方からの資源輸送は米国の潜水艦攻撃により壊滅的な打撃を受け、陸軍は、海軍に対して度々、船隊護衛の強化を要請していましたが、既に海軍にもその余力はなく、護衛空母の建造より、陸上基地からの援護が効率的であると要請を拒否されていました。

しかし、陸上基地からの援護もままならぬ状態であり、最終的に戦時標準型の大型タンカーに空母機能を持たせる特2TL型の建造となりました。

「山汐丸」は、山下汽船の発注で、1944年(昭和19年)9月11日に、現在のみなとみらい地区にあったた三菱重工業横浜船渠で2TL型タンカーとして起工された後、前記の経緯から陸軍の特2TL型として設計変更が行われ、1945年(昭和20年)1月27日に竣工しました。

搭載機は、陸軍の三式指揮連絡機を6機、対潜哨戒機として搭載予定でした。

竣工した1945年(昭和20年)1月27日の時点では、サイパン・グアムは陥落し日本本土空襲の拠点化が進み、フィリピンもルソン島に米軍が上陸し、首都マニラの攻防が始まっていました。
とても南方から物資を輸送できる状態ではなくなっており、また、船団を動かす燃料も不足している状態で、「山汐丸」は本来の任務に就くことはなく、横浜港内で係留されていました。

1945年(昭和20年)2月16日、米機動部隊から発艦した攻撃部隊の攻撃により大破、着底
そのまま終戦を迎えます。

終戦後、解体作業が行われましたが、解体作業中に船首が折れ沈没、引揚げは費用的にも難しいことから、船体はそのまま岸壁の一部として埋め立てられました(横浜船渠にあった通称・山汐岸壁)。

みなとみらいに建設されたみなとみらいセンタービルの工事の際、この「山汐丸」の錨が発掘され、現在に至っております。

尚、同型船として建造された「千種丸」(日本郵船所属)は、同じく空襲で大破しましたが、戦後、修理され捕鯨船団のタンカーとして活躍し、1963年(昭和38年)佐世保で解体、生涯を終えています。

知らなければ単なるオブジェとして通り過ぎてしまうかもしれませんが、少し足を止めて歴史を振り返ってみても良いかもしれません。

※記事と写真の映像は、1993年7月にデルタ出版から発行された「スーパー・キャリアー」に掲載されていた記事のハードコピーです。








122868


Posted at 2017/06/04 03:18:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 艦船 | 旅行/地域
2017年05月21日 イイね!

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練(帰港)

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練(帰港)5月21日の「第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練」の様子をアップします。

今回は訓練海域から晴海客船ターミナルへ戻るまでの様子です。

訓練が終わった後、PLH22「やしま」の船内を少し見て回りました。

ヘリ甲板の下から船首へ
入港は船首側の席で見ることにしました。

左舷側を追い抜いて行く巡視艇
残り少なくなったむらくも型巡視艇(30メートル型)PC222「うみぎり」です。
第二管区(宮城)に所属している巡視艇で、おそらく、これが見納めになると思います。

羽田空港は夕方のラッシュ時が始まろうとしていました。
着陸滑走路は、訓練海域に向かう時と同じく22R(B滑走路)と23L(D滑走路)でした。

今回、初めて知ったのですが、PLH22「やしま」の機銃台座の下
ここは資材格納庫になっていたんですね
機銃に関する装備(台座の回転装置や給弾系装置)があるとばかり思っていました。

京浜港東京区・東京西航路を進みます。
航路信号は「F」なので、入出港船が行きかいます。

栗林商船の自動車運搬船「神川丸」(総トン数:13,018t)とすれ違います。
「神川丸」で川崎汽船の「神川丸」(特設水上機母艦)が思い浮んだ方は、マニアック過ぎます(笑)

さて、大型船舶が行き交う、航路のど真ん中にカヌー
バカじゃないの!と思います。
やって良いことと悪いことの区別もなく海に出て来ないで欲しいです。
勿論、注意・警告されていました(芝浦から来たレストラン船にも警告の汽笛と進路変更予告の汽笛を吹鳴されていた)。

レインボーブリッジを抜け、接岸サポートのタグボートが接舷
出船状態に転舵

後続のPLH02「つがる」もレインボーブリッジを通過し、接岸準備
こちらはタグボートのサポートなしで接岸します。

接岸作業が終わり、海上保安庁音楽隊のお見送りを受けながら下船しました。

海上保安官、職員の皆様、ありがとうございました。

これで、一連の「第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練」を終わります。

























122846
Posted at 2017/06/03 02:24:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | 艦船 | 日記
2017年05月21日 イイね!

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練(フェアウエルセレモニー)

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練(フェアウエルセレモニー) 5月21日の「第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練」の様子をアップします。

今回は「フェアウエルセレモニー」の様子です。

訓練に参加したヘリコプター、巡視船艇が視閲船隊の前を通過し、お見送りをします。

各船艇、地元の名物やキャラクターの仮装等、趣向を凝らしす、総合訓練の締めくくりのイベントです。

まずは、ヘリコプター
羽田航空基地所属、スーパーピューマ225、MH691「いぬわし」
PLH02「つがる」搭載、シコルスキー76D、MH919「はいたか」
の順に飛来しました。

次に巡視船艇
第三管区・横須賀所属、なつぎり型巡視艇(特23メートル型巡視艇)PC87「すがなみ」
制圧・逮捕した容疑者が乗っているようです(笑)

第三管区・東京所属、すずかぜ型巡視艇(20メートル型巡視艇)CL135「いそぎく」

第三管区・川崎所属、すずかぜ型巡視艇(20メートル型巡視艇)CL48「しおかぜ」
テロ想定船役、お疲れ様でした。

第三管区・茨城所属、びざん型巡視船(180トン型巡視船)PS14「あかぎ」

第三管区・横須賀所属、びざん型巡視船(180トン型巡視船)PS07「あしたか」

第五管区・田辺所属、びざん型巡視船(180トン型巡視船)PS12「こうや」

消防艇FL01「ひりゅう」(横浜)、PC51「よど」(鹿島)は、放水をしフェアウエルセレモニーを盛り上げます。

第三管区・銚子所属、かとり型巡視船(500トン型巡視船)のネームシップPM51「かとり」

第四管区・尾鷲所属、はてるま型巡視船(1,000トン型巡視船)PL68「すずか」

最後は、第三管区・横浜所属のくにがみ型巡視船(1,000トン型巡視船)PL10「ぶこう」(就役時は第十一管区・那覇所属「もとぶ」)

これで全てのプログラムを終了し、横浜に戻るPS31「いず」と別れ、晴海に戻ります。























122845



Posted at 2017/06/03 01:28:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 艦船 | 日記
2017年05月21日 イイね!

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練(高速機動連携訓練)

第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練(高速機動連携訓練)5月21日の「第三管区巡視船艇・航空機展示総合訓練」の様子をアップします。

今回は「高速機動連携訓練」の様子です。

PS14「あかぎ」、PS07「あしたか」、PS12「こうや」が横一列で進んできました。

視閲船隊の手前で、取り舵をとり、PS14「あかぎ」を先頭に縦一列に
視閲船隊のところで、空砲射撃を行ったのち、再び、取り舵をとって横一列に

例えば、領海侵犯船をブロックし排除警告を行う等を想定、また、過去の総合訓練では、海上自衛隊の護衛艦と共同で民間船を警護する想定等、船隊を組んで一糸乱れぬ高速機動が必要なシーンは幾つかあると思います。

前方航行船の引き波の影響もありますので、一斉回頭で隊列を整えるのは、とても高度な操船技術を要します。

海上保安庁の能力の高さを証明していると思います。










122844
Posted at 2017/06/03 00:40:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 艦船 | 日記

プロフィール

「好き嫌いはイケマセン http://cvw.jp/b/106065/40451169/
何シテル?   09/22 03:53
【コメントなしのトラックバックは、ご遠慮願います】 【宗教団体、日教組、左翼系政党、民進党支持、親中国政府派、...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Volvo 
カテゴリ:メーカー/ディーラー
2015/06/22 00:26:36
 
日産プリンス神奈川 
カテゴリ:メーカー/ディーラー
2008/05/04 12:54:58
 
NINJA TOOLS 
カテゴリ:ツール
2007/09/16 01:05:36
 

お友達

美味しい物、素晴らしい景色、四季折々の話題…
色んな感動を通じてお付き合い願えれば幸いです。
娘達(ミミ・ナナ・ルル・モモ・ゆき・ゆめ)と息子達(ロッピー・アッピー・ハッピー)もヨロシク♪

※一定期間やり取りの無い方は、解除させて頂くこともあります。
100 人のお友達がいます
happy37happy37 * UMA.UMA. *
とひさまとひさま * 元峠師元峠師 *
MLpoloMLpolo * 銀鬼7銀鬼7 *

ファン

73 人のファンがいます

愛車一覧

ボルボ S60 ナッピー (ボルボ S60)
12年間、兎にも角にも気に入っていたルノーラグナからの代替です。 いろいろ迷った末、一番 ...
ルノー ラグナ ラグちゃん (ルノー ラグナ)
買換えを検討中、性に合う車が見つからず時間だけが流れていたある日、冷かし半分で、フランス ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.