• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

shiro4のブログ一覧

2017年04月23日 イイね!

慣れとは残酷でもあり。

慣れとは残酷でもあり。先日借りたGLCクーぺ220d。初めての最新ディーゼルエンジン搭載車をトータル数百キロに渡り乗ってみて、ガソリンエンジンのマイGLCと比較できたのは貴重な体験でした。
どんな車であれ、なにかと較べたくなる、やはり自分はクルマ好きなんだな〜〜。
そして本来全く存在感なし!と断言していたエンジンについて、あ〜だこ〜だ言いたい、欲求不満の現れか(汗

で、何が言いたいかと言うと、語り尽くされてるディーゼルとガソリンエンジンの違い。
ガソリンエンジンの低速トルク感はディーゼルより劣りますが、やはり回転フィールが断然良い。アクセルペダルに置いた右足に感じるザラザラ感をディーゼルではどうしても感じるのですが、ガソリンエンジンはきめ細やか!!「あらっ、こんなに気持ちよく回るんだ!」って感じ。(あくまでもディーゼルと比べて初めて感じたことですがね。)

比べるものが変われば、凡作も秀作に(大汗
まあ感覚なんて忘れるものだし、なければないで目の前にあるものの良さを感じればいい、なんてネガティブな思いが駆け巡る一方、あの3.8リッターFLAT6ツインターボの度、ど、ド迫力を既に忘れかけているのは寂しいことでもあります、、、。

Posted at 2017/04/23 09:14:00 | コメント(3) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2017年04月18日 イイね!

馬主、ならぬ車主の時代へ?

馬主、ならぬ車主の時代へ?2021年施行予定のF1再度の大改革において、使用するエンジンは「シンプルで安価で音を重視したもの。」にする方向になったとか。
これはF1が電気化まっしぐらの先端技術追求路線からエンターテイメント重視路線へ舵をきる重大な決定と言えるでしょう。フォーミュラeやWECと比較し、なにか煮え切らない方向性であったF1ですが、この割り切りは歓迎すべきだと思います。

確かに馬術競技、クラシックカーレースなど、古き良き時代をどこか懐かしむ競技ってやつは、確固たる地位をもって生きながらえているわけで、F1も爆音驚速レースなんてジャンルに住処を見出すのかもしれませんね。


こういう流れは市販車にも起こりつつあるようで、「あればいいのに〜〜。」と常々言っていた「旧車の新車販売?」的動きが名だたる純正メーカーにおいても目立ってきています。


1971年製 ランボルギーニ ミウラのレストア。


1978年製 レンジローバーのリボーン。


1960年代製 ジャガーEタイプのリボーン。

もちろんポルシェは昔からレストア部門をしっかりおさえてます。


1973年製 ポルシェ 911T のレストア。

確かにどれも美しく魅力的。でもレストアってもちろんとんでもなく高い!趣味性が増せば高くつく、どんな趣味でもおんなじですが、車の場合はコストパフォーマンス、ピカイチで悪いですな(汗

で、自分ならなんのレストアを? なんて思いを馳せて見たのですが、高い金出すならやっぱこれでいいじゃん!って思っちゃうわけです。


ダメダコリャ。
Posted at 2017/04/18 22:01:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | クルマ一般 | 日記
2017年04月15日 イイね!

INDY 500 ・ McLaren Honda Andretti・Alonso

INDY 500 ・ McLaren Honda Andretti・Alonso恐らく昔から、F1こそが最高峰の世界選手権であり、インディなんてアメリカの「かっぺレース」という偏見を、欧州各国そして昔ながらのF1ファンは持っていたのは間違いないでしょう。私も少なからずそんな偏見を持ってました(汗 そんな偏見が根底にあるからF1は中々アメリカに根付かず、F1とINDYの「ポジティブ」なコラボなんて今までありえなかった、、、。

そんな中突如発表されたマクラーレンホンダのINDY500参戦。これぞやり手アメリカ人、ザック ブラウンの手腕が光るナイスなコラボレーション。バーニー体制、ロン体制では絶対に許されることのなかったコラボでしょう。

・マクラーレンブランドの大市場アメリカでのアピール。
・もはやクソエンジンに怒り絶頂、アロンソのガス抜き。
・地の底まで堕ちたHONDAの失地回復のチャンス提供。
・その引け目一杯HONDAの足元を見まくった楽ちん参戦。


ザックブラウン、凄え〜〜〜。


セナがF1政治に嫌気がさして、インディカーをテストした時だって、彼お得意の思わせぶりアピール、参戦するわけないじゃん、と冷ややかな目で見てたものでした。


ただ昨今のF1人気の凋落は、WEC、INDY の再評価にも繋がっていて、この流れのなかでのマクラーレンINDY参戦は今後のモータースポーツ覇権を見据えた色々な思惑が絡まってそうで興味深いです。
ちなみに画像は名も知らぬ今年のLMP2マシン。マクラーレンとカラーリングそっくり!!

あとはアロンソが怪我をしないこと、これだけは切に願います。


あのピケだってこんなことになったのですから、、、。よく生きてたわ〜〜。


ピケはタンブレロからも生還していますし、ベルガーと共に強運レーサーでしたね!

そんなわけで、バーレーンGPではまた悲惨な展開のマクラーレンホンダですが、このINDY参戦をきっかけにした5月、6月反攻に期待しましょうかね。
Posted at 2017/04/15 10:15:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月22日 イイね!

どうなるHONDA!!

どうなるHONDA!!さあ、いよいよF1 2017シーズンの開幕。
体制が変わりF1のメディア解放も進行、私も本日「DAZN」に加入、観る機会が増えれば自然と関心も湧くってものです。
今期マシンは「モンスター」がキーワード、ラップタイムが意図的飛躍的に向上、1/100秒を巡る熾烈な争いと言われるF1で、ラップタイムが3〜5秒速くなるって尋常ではない。
30代ベテラン勢には体力的にキツイでしょうね〜〜。
そのなかでも応援したいのが、アロンソ!!武士の心、和の心で耐えに耐えた2年間。今年も悲惨なスタート必至ですが、もう一花咲かせて欲しい。一度でいいから表彰台を。

このマシンが輝くことはあるのか。HONDAパワーユニットに奇跡を起こす余力は皆無。
開発制限はなくなったので、シーズン中に進化はしていくでしょうが、恐らく信頼性を取り戻すため、他メーカーの二番煎じ的な面白みのないパワーユニットになっていくのではないでしょうか。そして社長は「2位じゃダメなんですか?」と吠えることでしょう(爆


一方、復活を遂げそうなのがフェラーリ。ライコネンにももう一花(^^)
マシンがいいと、目立ってくるのが戦略ミス。アリバベーネ、落ち着いテーネ。 


今シーズン活躍すれば、あの黒セーターも「DINO」の市販化にゴーサイン!?


その一方で、こんな色で走らされるマシンも。恥ずかち〜〜〜。

なんだか変化を感じられそうな今シーズン、楽しみです!!
Posted at 2017/03/22 19:54:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | 日記
2017年03月21日 イイね!

ウォッシャー液、○○○○円なり((((;゚Д゚)))))))

ウォッシャー液、○○○○円なり((((;゚Д゚)))))))ターボSを手放したのでPCに行く理由がなくなった。当たり前なのですが、これはこれで寂しいこと。
かといって、その代替策としてメルセデスディーラーに行くっていうのもちょっと違う。
まあ、とにかくクルマ屋と疎遠になっているわけです。そんな中、GLCのウォッシャー液がなくなった。
ディーラーそばを走行中に警告灯が点灯したので、そのままメルセデスを訪れてみました。

たまたま前日にAMG GT-S と AMG S63 4MATIC カブリオレが到着とのこと、バーンッ!と展示してありました。


ご存知、AMG GT-S。遠目で見るとコンパクトだが、近づくとデカイっ!乗り込んでみると良くも悪くも「普通」。GLCと共通した雰囲気。メガメーカーによる豪腕手法で「普通」を「スーパー」に持って行った感じ。乗りやすいんだろーなー、とは思いますが、、、。


Vの間に収まるタービン2基、ここには萌えた。でも両サイドに設置しても十分な横幅あるじゃん!っとツッコミを入れたくなった、、、。


それならこちらの方が素直に受けとめられる。も〜全てがゴージャス。以上。


乗り込んで見渡す景色はもうクルーザー(乗ったことないけど(爆) 付けてよかった、と自画自賛のブルメスターオーディオシステムが、GLCの何倍の規模でこれでもかと装備!!
ソフトトップの開閉もまさに「無音」(汗 で、エンジン音は「ドロドロ」系。
オーナーは「人生に勝った」感を満喫できるのではないでしょうか、、、。

そんなスーパーな2台のプレゼンを受けていたら小さなGLCの作業終了。
で、メンテパックには入っているので、当然、無料だろうと思っていたウォッシャー液代、なんとその額3240円(大汗 AMG2台の丁寧なプレゼンを受けていただけに流石に取り乱せず、平然を装い「あっ、そう。」とカード払い(爆 
このあたり思いっきり小市民であることを痛感した次第(爆
今後はいつも通りホームセンターでウォッシャー液買おう、そしてAMG GTの試乗は取り付けたのでよしとしよう、、、。
Posted at 2017/03/21 17:40:56 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「久しぶりに2連チャンのブログアップ!やっぱりポルシェ最高だな(^^)」
何シテル?   03/07 18:30
shiro4です。愛車トラブルからブログスタート、水冷4駆系911にどっぷりはまり、ついには2台目の911へ移行。順風満帆に思えるも、訳あってポルシェ浪人生活突...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ファン

93 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ GLCクラス メルセデス・ベンツ GLCクラス
2016モデル。激戦の2.0L 中型SUV群の中から「総合力、バランス」で選んだ「初ベン ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2004年6月登録。11年春シリンダー損傷にて長期入院リビルトエンジン載せ換え。 夏も冬 ...
アウディ Q5 アウディ Q5
2011年夏、オイル過消費にてピストン交換、さらに複数回のミッション不調でミッション交換 ...
ポルシェ 911 (クーペ) ポルシェ 911 (クーペ)
2011モデル。偶然が重なり獲得に成功。991カレラ4デビューフェアの最中にあえて997 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる