• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

三河屋ワークスのブログ一覧

2017年08月22日 イイね!

だから胸を張って そう。

だから胸を張って そう。毎日まいにち暑い日が続いて、しょっちゅうしょっちゅう変な天気が続いていますと、やらなければと思うコトがなかなか出来ないまま日々過ぎて行ってしまいます。



個人的にも少し思うところもあり、ちょっぴり気分的にゲンナリしていたこの夏。そうは言ってもどこかで踏ん張らなければ… と思い、たまには普段行かないようなところ行ってリフレッシュしてきてみました。





鰻と言えば浜松。全国的にはそういうイメージが強いのですが、実は愛知県って鰻の生産全国2位なんです。しかも市町村別だと西尾市の一色が全国1位なんですよね。その一色の有名店に2時間並んでみたりとか。





2019年に開催されるラグビーワールドカップの開催会場のひとつである豊田スタジアムで行われたラグビートップリーグの試合で世界的に活躍している “No.15” FB の あの選手のキックを生で観たりとか。





やっぱりね、凄いと言われる人たちは雰囲気が違いますよね。うなぎ店の店員さんの立ち振舞いもそうだし、 “No.15” の あの選手は試合中立っているだけでひとり存在感違っているし。きっとトップにいる方々は今でも人知れず努力をしてるんだろうなと思うと、やっぱりホームラン打ちたきゃ素振りは必要なんだと再確認してきました。







さて、気持ちを切り替えたらまずはメンテから。乗りっぱなしじゃあ やっぱりね。
タイヤを外して前回交換したパットを確認して。





中古で譲ってもらったテインのRSはもともとサビサビではありましたが、
調整部分は手でも回る様に清掃給油は怠らず。





素人が暴走して火を入れてしまったボディも
今のところ問題なく。





昔は気にもしなかったハブボルトやホイールナットも
今では一本一本メンテをし。





何も考えなければあっという間の作業であっても、ホンの少しでも気になる所があれば何度でも確認し必要ならばやり直して。自分の状況を人さまと比べ嘆き立ち止まる暇があるなら自分の出来うる限りの精いっぱいのことを…

そう、だってそれしかないんだモン。







そう言えばいつの間にからかリヤ周りから聞きなれないコトコト音がしていて。そもそも普段からいろんな騒々しい音がしているクルマなのでなんとなく忘れていたのですがやっぱり見ておいた方がいいかなとチェックしてみると…



あれ? あれれ??
スタビリンクのロックナットが緩んでます。しかも両側。







どうにも最後まで恰好つかねぇなあ… って感じの三河屋さんでした。(笑)


Posted at 2017/08/22 18:01:30 | コメント(2) | トラックバック(0) | ガレージライフ | クルマ
2017年08月09日 イイね!

スペシャルライン。

スペシャルライン。こないだ純正だったと発覚した銀のフロントブレーキ。その後取り敢えずのパッドで過ごしておりましたがやっと用意が出来ました。


とは言いながら、当然のごとくその間も相変わらずコソ練には行っていたんですケド 知ってしまうとやっぱり無理は出来ず… 


三河屋さんのビビリミッターは正常に作動しているようです。(笑)







そう言えば、最近 長い間の疑問が晴れ裏山での気持ちがいい夜を過ごしています。サーキットでタイムアタックなどをしていると 所々でどうもラインが違うんだよな… と、思うことがよくあったんです。しかも、他の方と違うだけでなく自分でもこれはレコードラインじゃないよな、と分かってるんですよね。でも、実際目の前に迫ってくると自分の想い描いている走行ラインの方が間違いなく正しいと思えてしまうもんだから全くもって困ったモンです。(笑)


なんとなく感覚では分かっていたんですが、それが何故だと言われると明確に答えることが出来ない。感覚って自分的には凄く大事で不可欠な部分だと思うけれど、それだけじゃダメだとも思うんです。だって、それだけじゃ一歩間違えたら中二病だし。だから知りたい、どうしてそういう感覚になるのか凄く知りたかったんです。







気付きのきっかけは一冊の本。普段そんなに本など読まない三河屋さんですが、なんとなくのヒマ潰しで手に取ったその本にヒントが書かれてて。今までも何度か読んでるんですケドね、気付かない時には全く引っ掛からなかったのに 分かる時には 『コレじゃん!』 って。

それを作らない
そこに入らない

最も注意するべきものはそれだったのかも知れないと仮定すると全てのことに合点がいくんです。そこで起こる予期せぬことに咄嗟に判断でする能力や技術、それも確かに大事なのかもしれないけれど、それ以上に無意識のうちに自分が養ってきたものはそこに潜むものに対してどう向き合うかということだったんじゃないかと。







ガードレールや、木々の枝ぶり、ライトの反射や、空気の重さ…
ちょっとでも気を抜いたら見落としてしまうサインを如何に拾い集めることが出来るか。楽しようと近道してばかりいたら大事なことに気付くワケないんだと。

裏山に棲まうということは ここぞという時には大胆に、かつ警戒心は最大に強くなければならないと思うんです。その結果、その時に自分の中で出来たラインなら それがその時のベストなラインでいいんじゃないか、って。そう考えたらクローズドでの最速ラインと違っても修正する必要もないかな、と。










自分の主戦場はあくまで裏山ですから。




Posted at 2017/08/09 01:00:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | コソ練 | クルマ
2017年07月28日 イイね!

そんなこたねえか。

そんなこたねえか。もう何ヶ月も前になりますが、少し新しいことをしてみようと何人かに声を掛けました。

自分の周りにはいろいろなスタイルやレベルのメンバーがいるのですが、ドリフトとか、グリップとか、そういう枠組み無く基本部分の底上げが出来たらな、というのを常々思っていたんですよね。そもそも自分の中にはそこの線引きってあんまりないですし。

で、自分は基本的に裏山の山族(笑) なのですが、別にアンチサーキット派ってワケでもないしそれどころか憧れすらありますので走行会とは別に合同公開コソ練をしようってコトになったんです。





ヤルと決めたら予定を組んで準備して、っていつものままで行く気でしたが(笑) 直前になり行けない事が発覚。日程的に都合がつかなくなってしまったのが一番の原因ではありますが先日の割ったパッドが間に合わないのもあり、今回は言い出しっぺがお留守番という残念な結果に。(涙) こういうオチは要らないんだけどなぁ…





もう既に抜かされてる部分も多いですケド(笑) もともとは後輩たちに… と、いう想いが合同公開コソ連にはあったのですが、実は最近 イマイチ リズムに乗りきれないというか、なんというか。決定的に何かがダメってワケじゃないんですケド、クルマ側ではなく三河屋さん側に問題があるのは間違いない感じで。なんとか原因と対応策を合同公開コソ連で掴めたらと思っていたんです。

結果的に行けなくなってしまったのは仕方がないですが、そのままではやっぱり気持ちが悪い。ここ数年の自分の中のテーマは一体感ですので、このズレを放置するワケにはいかないんですよね。と、いうワケでひとりいつもの裏山へとコソ練に通い詰めたワケです。

まぁ、かと言って方法は特に変える事もなく、いつも通りのファーストアタック、ワンチャンス。下見無しの一発勝負。その集中力はそのままでズレの原因を探っていきます。そんなんですから簡単あぁコレね! なんて分かるこた 無いのですが、なんとなく分かったのがクラッチの置いてき方とアクセルの抜き方の雑さが気持ちの悪いギクシャク感を出していたのかな、と。

もうさ、なんかこんなコト? って感じですよね。『マシンで攻める』っていうより『クルマの運転』って部分ですもん。人さまに洒落臭い講釈を垂れといてコレだもの、なんだかな~ って感じでちょっぴりマジで凹みます。(涙) まぁ、そんな一生懸命なのに素人感丸出しなところがまた、三河屋さんらしいと言えばらしいんですケドね。(笑)





よく言われることですけど 知ろうとしなければ、わからない。ホントそう思います。
真正面から対峙してるつもりでも、ホンの少し気持ちが逸れただけでわからなくなってしまう。
頭の中、イメージをしっかりもって。クルマって正直なもんだな、と。







いや、それはひとでも同じことか。


Posted at 2017/07/28 20:47:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | コソ練 | クルマ
2017年07月06日 イイね!

“Shock” in The Dark.

“Shock” in The Dark.思い込みで実力以上のモノや、潜在能力を発揮するなんてことはよくあること。例えば自転車の補助輪を外す時の 『持ってるよ~ 持ってるよ~ 』 ってあれですね。


先日、久しぶりに訪れた1号線。ご一緒したことのある方ならお分かりかと思いますが、いきなりトップスピードまで達し 延々と下るコワイとこ。そんなコワイところではあるのですがリズム的には自分に合うんでしょう、実は2号線と並んでお気に入りトコなんです。







いつものように 1、2、3、4、とアクセルを気持ちよく開けて下っていき、ググッとブレーキを掛けターンイン。ワルタンに棲むダイソンよりも強力な吸引力&排出力に負けないようバランスを取りながら 『ここがまたシビレちゃうんだよね~』 なーんてノーテンキに思っていると、

『コキン』

え? いまなんか コキンって言った?



その後踏み直してもペダルのタッチにオカシナ感じは無いしフツーに止まるので、気にはなるけど そのまま様子をみながらアタック再開。特に違和感もなくやっぱ思い過ごしかな~ なんて思い出したところ今度は2号線で、

『コキン』

やっぱ言ったよね! いまコキンって言ったよね!







帰り道、裏山カフェにて簡易チェックするも特に問題なさそうなのでそのまま帰ってきましたが 場所が場所だけにちょっぴり気になるトコ。翌日、予定を変更してチェックすることに。

生憎、小雨がパラついてきてしまいましたが そんなことは言ってられないのですよね。タイヤを外してブレーキ周りの点検です。残量はさみしくなってきてるケドもう少しイケるかな? 外したパッドを見ても特に変わった感じもないし。ダストを噛んで変な感じにでもなったのかな、と 念入りにエアブローをしてみると...

あれ、あれれ?



割れてんじゃん。
しかも、何故に純正? (笑)

ブレーキパッドはホントに色んなメーカーの色んな種類のを使いましたが、ここ数年はずっとプロミューを使っています。銀も もれなくプロミューのハズなのに外したパッドはどう見ても純正。ご丁寧にセンサーまで付いています。いつの間に入れ替わってたんだろう… 

三河屋さんの記憶力なんてそんなモンです。







仕方が無いので何か無いかな~ と、ガレージ三河屋内を物色してますとトラストのパッドが何故か2枚。これにそこら辺にあった純正パッドを組み合わせてハイブリッドブレーキシステムの出来上がりです。まぁ、割れたままより良いでしょ。(笑) 



早めにキチンとしたものを用意しなければ…







ピストンは多少動きが渋くなっていましたが特に固着も無く大きめのマイナスでクッっとやってやれば後は手でスルスルと戻ってくれます。ダストブーツもまだまだ大丈夫そうでしたが1ヶ所クリップが外れてしまっていましたのでブーツを被せ直し留めておきました。









しかし、なんで今まで気付かなかったんだろう。白と同じパッドの銘柄が入っているつもりだったんです。確かにちょっとくらいは効きがマイルドかな、とは思いましたが白と比べたら前後ともローター径が小さいのでそんなモンかな~ なんて思い込んでいたんですよね。

純正パッドでもその気になればここまでイケる、と同時に
三河屋さんの感覚なんてそんなモンだった、ということです。





はぁ、
自信なくしちゃうなぁ… (涙)


Posted at 2017/07/06 22:01:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | メンテナンス | クルマ
2017年07月01日 イイね!

春夏秋冬、梅雨景色。

春夏秋冬、梅雨景色。梅雨入りしたというのに なかなか降らない雨。


降ったら降ったでドライで思いっきり走りたいと思うクセに、時に梅雨らしくウエットで走りたいな~♪ なんて言い出すワガママな三河屋さん。


いや、だって四季を感じて走るのが日本の裏山の醍醐味でしょ。
って、日本の裏山しか知らないですけどね。(笑)





ウエットは昔からキライじゃないんです。と、いうより好きなんです。だってね、終わりかけのエンジンにマトモに直してない大事故車。若い頃はそんなクルマでずっと走り回ってましたから、クルマの差が出る状況でフツーに勝負したら相手にして貰えないんですよ。使える物なら天気でも。三河屋さんの中では当然の考えです。(笑)

昼も夜もバイトに明け暮れているのにガソリン代や消耗品で手元には幾らも残らない。そんなことだからいつまで経ってもクルマはボッコのまま。目に見える部分は進化がないけれど、走り回ってきたおかげで少しずつ周りについていけるようになっていき。

もちろん簡単なコトではなかったんですよね。ヘタってどんどん減っていくおウマをロスさせないようにする事も、アライメントのアの字もないような修復歴有車をあの手この手で曲げていく事も。愚策だろうとなんだろうと、それでも その時注ぎ込めるものを全部注ぎ込んでやってきだわけです。だって、それしか考え付かなかったですから。







最近のコソ練では技術的な向上って殆ど無いと思ってるんです。走り込みでは無いし、残念ながら永い時間を掛けて付いちゃった悪いクセもあるし。(笑) でも、そういうつもりで其処に身を置き続けなけば失うものもあるわけです。

刹那の判断力だったり持ってる引き出しの多さだったり。ある程度のレベルまでいった上で差が付くとしたらそういう部分じゃないだろうかと思ってます。だけど、そういうところはちょっとやそっと時間や気構えじゃ身に付かないモノだと思うんですね。だけど、何年先まで走り続けようとしたら必ず必要なものなんじゃないかな、と。









何がら年じゅう走り回っていますので 春夏秋冬それぞれ いろんな景色が思い浮かびますが、梅雨から夏にかけては走り始めた頃がよく思い浮かびます。非力なクルマを少しでも速く走らせたいとエアコンを外した車内で大汗をかきながら、窓を閉め切って休憩しているクルマを 『ゼッテー、チギッてやる!』 と狙っていた景色を。(笑)





梅雨の夜空のアイスコーヒーは
30年近く経っても美味しいままです。





Posted at 2017/07/01 21:21:09 | コメント(3) | トラックバック(0) | コソ練 | クルマ

プロフィール

「自称 日産派の私ですが、本日はトヨタの応援です。(笑)」
何シテル?   08/18 17:28
三河屋ワークスと申します。 とにかく走るのが好きで気付くと20ン年…  未だに悪い病気は治る気配はなさそうです。 峠、草レース、タイムアタック...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

81 人のファンがいます

愛車一覧

日産 180SX 日産 180SX
走行会仕様ですが、キチンと公認取りストリートに拘ったナンバー付き車両です。 基本仕様は ...
日産 180SX 日産 180SX
FRベースアップ計画、というか180の乗り方再開発車両としてやってきたフルノーマル後期N ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
R32で4ドアのGT‐Rを造ってみました。 基本仕様はRB26DETT載せ換え、NIS ...
日産 180SX 日産 180SX
RS13 1800cc の180SXです。 はじめて改造車検にチャレンジしたクルマです ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.