車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月24日 イイね!
『三河屋ワークス』 走行会 VOL.1 2017 開催。先日、恒例の 『三河屋ワークス』 走行会 をいつものモーターランド三河にて 開催して参りました。


年度末の月末、なかなか皆さん忙しく参加台数もちょっぴり少なめですが今回も常連さんを中心にはりきっていきましょう! 


さぁ、2017年の開幕戦です。







まずは地元組の皆さんから

にのきん さん。



もう、顔ですよね。
相変わらずの存在感です。



にのきん さん、その2





mkg さん。



当走行会ドリフト四天王の一人!
今回はインナーのお洒落もバッチリですね。(笑)



TJO さん。





SKI さん。



クルマ造りのセンスが三河屋さん好みなんですよね。



NKD くんと、TGT くん。





いつもホントにキレイな2台です。
でもガンガン踏んでくるトコがカッコいいんです。



JRO くん & AMN くん。



ビタビタの接近戦!



robomaru くんと、TAN くん。





コンパクトバトル再燃。
ノートニスモS は当走行会初。気になる存在です。



URAKI@ER34 さん。



最後の最後で持ってきました!
本日の一等賞!



ジャックナイファー さんトコの若い衆。



また来て来て下さいね!







さて、ここからは関東遠征組の皆さん。

TERU!さん。



ベスト更新おめでとうございます♪



トシ さん。



リヤブレーキの感触が良くなったみたいで良かったですね!



+ネモ+ さんと、kar'z さん。



さん

もう常連化してきてますよね!



SS_stage さんと、そのおともだち。





いやー、想像以上でした! タイヤの使い方もまた上手い!
と、こちらもお初の NDロードスター。



つとむ君 さん。



次回はぜひ本編の反省会まで。(笑)







さてさて三河屋ワークスは…

どりこと、



三河屋さんだけ。(涙)







当日参加して頂いた皆様にはオフィシャルが手薄な為色々とご迷惑をお掛けしました。

自分の居場所は自分で作る。そういう考えが根本にありますので今までもこれからもこんな感じになると思います。いくら公道ではないサーキットとはいえ、危険な場所に好き好んで来てるワケですから 危険な行為をしている自覚と危険を感知し判断する能力を身につける事ってスゴく大事なことだと思うんです。もし運転技術を三河屋さんに尋ねようと思っていたら全くの間違いです。(笑)





で、三河屋さんは? と、言いますと…



もちろん、今年も楽しんできましたよ!


Posted at 2017/02/24 15:48:25 | コメント(11) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年02月17日 イイね!
mizunami 今昔。2月頭に家庭の事情で少々バタバタしており、少しばかり気分転換もしたい気持ちになっていて。

あることは知っていたのですがいつも素通りばかりだったところにふらっと立ち寄ってみることにしました。



岐阜県瑞浪市。
若かりし日の三河屋さんが足繁く通っていたトコです。







当時の目的はこの地方の古株ミニサーキットである瑞浪モーターランド。現YZ東ですね。裏山派を自負する三河屋さんですがサーキットが嫌いなワケではなく、サーキット走行やレースにはむしろ強い憧れもあったんです。





この頃はコンスタントに月イチで、多いときには月数回 通い詰めていました。
朝イチ到着、2時間走行、終わったら直帰。という無駄を一切省いたなんともストイックな行動パターン。(笑) 












でも今回の目的地はサーキットではなくその麓にある 『瑞浪市化石博物館』。瑞浪と言えば自分にとって古株のミニサーキットの地ですが、一般的には化石の町らしいですね。(笑) 

ここはいくつかの施設が集まっているのですが自分は化石博物館と地球回廊という施設を見ることに。中に入ってみますといきなり化石がドーンとあります。実はこの時点で既にテンション上がって 『スゲー』 を連発する三河屋さん。一緒について来た子どもたちが何気に距離を置いています。(笑) 





今では山奥の岐阜県瑞浪市ですが遥か昔は海だったんですね。
大好きなサメやクジラの化石もたくさん展示がしてあります。









公園を挟み今度は 『地球回廊』 という地球の歴史めぐりの旅的な施設をテクテクと目指します。





山を掘って作った施設の中にはこんなヤツらがいて、またしても三河屋さんのテンションは急上昇。





あまりに夢中になり、ばったり出逢った係員さんにマジでビビったのはナイショの話です。(笑)





場所は中央道瑞浪ICを降りてすぐの場所にあるのにかかわらず、平日なら昼間でも程よく空いててのんびり見て回れることが出来ました。基本山の子ですので人混みっていつまで経っても苦手なんです。入場料も各館200円とリーズナブル。隣接する4館共通券だと更にお値打ちになるらしいです。










帰り近くにある栗きんとんで有名な川上屋に寄った後、もう一か所の目的地 『世界一のこま犬』 に逢いに行きます。そう、日本一でなく世界一なんです。そもそも海外に こま犬は居ねえーだろって。(笑)





でもね、確かにでかいんです。
しかも足元には小さなこま犬たちがたくさんいて、犬好きの三河屋さんにはたまんないんです。












さて、気分転換も出来たのでいい加減に走行会前の準備もしなくちゃ、ですね。





と、言っても基本的には普段の仕様のままなのでオイルを換えて各部チェックしてハイ終了。と思っていたら年末に追加したディフューザーのおかげで地上高がほんのちょっぴり足りない事に気付き、更に左右で車高が違うのも発覚。そうだ、皿の位置で合わせただけでボディでチェックするのを忘れてた…


という事で、こないだ糸張って取ったばっかのアライメントを もう一回取り直すハメになった三河屋さんでした。(涙)



Posted at 2017/02/17 16:25:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | 放浪癖 | クルマ
2017年02月06日 イイね!
(続) 三河屋ステッカー、出来ました。気付いたら早いもので2月ももう1/4近く過ぎ、三河屋ワークス走行会の初戦も間近に迫ってきてました。

今回 三河屋さんにしては珍しく!? 結構ペースよくクルマの準備も進んでいたのですが、今は私事諸事情で完全ストップしております。仕方がない事ですけどね。


予定外のことが起こる。そういうことは今まででもありましたので やっぱりやれるうちにやっておく事は大事だなと改めて思ったワケです。





と、いうワケで実はもうひとつ年明け早々から準備していた物があります。
三河屋ワークス走行会ステッカーです。



今から2、3年程前でしょうか。参加者の方から 『ステッカーとかないの?』 と言うお話がありました。距離感がちょっぴりオカシナ方々が今ではなんだか当たり前のようにお見えになってますが(笑)、ちょうど遠征組の方が増えて来た頃でもあったので感謝の気持ちを込めて作ったのが始まり。

で、出来たら出来たで嬉しくなって 調子に乗ってバラまいていましたのでいつの間にか在庫を切らし 『いつになったら貰えるんですか?』 とお叱りを受ける始末。(笑) いやいや、ホントすいません。

重たい腰を上げ、いそいそと看板屋さんに向ったのですが 普通に追加発注するだけじゃツマンナイな~ と、今回も限定カラーを用意しました。だって日本人、限定好きだから。(笑)







今回用意しました限定カラーはこの2色。


ブチョウイエローと




ドリコオレンジ




まぁ、名前の通りの誰かをイメージしています。

冠カラーにしてあげたんだからマジで頑張って頂戴ね~
言い訳は一切受け付けないので。(笑)







今まで作ったのは黒と赤。
黒は通常版で、赤は初回限定配布完了済みです。









もし、万が一欲しい方がいらっしゃいましたら当日受付でお声掛け下さい。
先着無くなるまで配布します。

価値があるかどうかはさておき、限定非売品です。(笑)




Posted at 2017/02/06 15:52:55 | コメント(5) | トラックバック(0) | サーキット | クルマ
2017年01月28日 イイね!
まず、行為ありき。不規則な休みので三河屋さんですが、少しまとまった休みをもらったので前から手付かずになっていたメニューをガレージ三河屋にてこなしてきました。


まぁ、やりたい妄想は幾らでもあるんですケドね~ いろんな条件が揃わないと出来ない事もあるんですよね。

たとえば時間や、予算や、やる気とか。(笑) 





ここ数年で結構頑張って我楽多整理をしたつもりなんですけどね、まだまだガレージ三河屋には色んなモノがストックされています。所有しているという満足感だけでそのまま埃にまみれてさせてしまうのもなんなので再生計画再開です。





いきなり出てきたのがこの子たち。
社外のアッパーアームのスペアなんて3本も要らないですよね〜(笑)







その中からトーコンロッドはクスコ製だしピロの状態も悪くないので







純正トラクションロッドと組み合わせて







こんなの作ってみました。



純正のアタマをグラインダーで飛ばしてトーコンロッドのアタマ付けれるように長いナット!? を溶接しただけです。原価数百円の三河屋オリジナル調整式ピロトラクションロッド。ただしターンバックルではないので調整はいちいち外して、測定して、となってしまうのでかなりメンドクサイのでオススメ出来ません。素直に市販のモノを使う事をオススメします。(笑)





今まで使っていたニスモの強化ブッシュタイプのを外して、







三河屋オリジナル トラクションロッドに変更です。
取り敢えず長さは標準値のままです。せっかく調整機能が付いてますが。(笑)







さて、アーム類をバラしましたのでアライメントの取り直しもしておきます。と、いっても昔ながらのアナログな方法ですケドね。糸張ってメジャーで測って、分度器当てて… でもしつこくやればそこそこキチンとあってくるんですよね。自分で調整したあとテスター当ててみてもそんなに外れてないし。ただ、もとの車体の条件にもよるんでしょうケドね。







調整箇所が多いってコトはズレる可能性も増えるってコト、と思っています。
セッティングの幅が広がる代わりにドツボにハマる可能性も出てきますしね。(笑)



触るのがメンドクサイと思うなら非調整が一番。トラブルの危険も減りますし。
と、いうのが自分の持論です。





メンテナンスも同時進行で行ってきました。プラグ交換です。



もう 20,000km ほど走行しましたかね。ハイカム交換時についでに… と思ってたんですがすっかり忘れてました。(笑) 最近朝イチ始動時がちょっと苦手になってきてまして、どうやら自分の使ってる手のハイテンションコードは火花が強くなる代わりにプラグの寿命も短くなりがちらしいですね。

番手は今までと変わらず7番。焼け具合も悪く無さそうだし銘柄も今までと同じ物。
師匠であるラリー屋の社長の指定銘柄ですので、自分には選択権はありません。(笑)





そして準不動車の白も少しばかり手を入れて…



フィーリングアップの為の敢えてのデチューン。





いろんな部品を眺めてあれこれ構想を練ったりしているのも楽しいですが、遊ばせていても朽ちてくだけ。
それは自分的には違う気が。

まず、行為ありき。





つまりは、堪え性が無いってコトですね。(笑)


Posted at 2017/01/28 21:23:24 | コメント(1) | トラックバック(0) | ガレージライフ | クルマ
2017年01月19日 イイね!
イメチェン、2017仕様。 ~ 続編昨年末にエアロを組みだした銀。乗り手のスキルアップの為手元にやってきたので なるべく手を入れずに… と、思っていましたのから 外装に関しては更に後回しでノンエアロのまま暫く乗ってきました。

GTウイングは付けれるようにしてはありましたが実はノンエアロもなかなか気に入ってたんですよね。壁のようなギャップのあるコーナーやジャンプの為に縁石引っ掛けてもスポイラーを割る心配が無いわけですし。(笑) それにエアロ無しの180なんてまず見ないですから。

でも、基本的に純正フルエアロってスタイルが… 
好きなんですよね~



コソコソと少しずつ揃えてきた純正&純正形状エアロ。このまま無しでもいいかな~ なんて思ったりもしましたが付けてしまえばやっぱカッコいいじゃん! ってなり、そうすると だんだんリヤがさみしくなってきて…  




まぁ、結局こういうことになるんです。残念ながら堪え性がないんです。(笑)
年末のフロントに続いてリヤディフューザーの取り付けです。







リヤってフロント以上にメンドクサイんですよね。フロントは元々そこに他のモノがあったのでそこを基準に取り付け部分を追加してやればいいのですが、最近のクルマには結構フツーに付いてますが、この頃のクルマは無いのが基本ですもんね。車体の下にディフューザーを置き、ステーの取れそうなトコを探します。





車体の下に潜り込み位置出し&仮組みを繰り返し、マフラーの逃げも作ってやります。よし、これで本組みだ と思ったら、どうにもペランペランとしなってしまいます。一応FRPを貼り重ねる時に補強した感じはありますが合計9ヶ所でステーを取ってもペランペランと。ダメって程ではありませんが、まぁ 値段なりと言いますか… いえいえ、極限まで軽量化した結果ですね、きっとね。(笑)







せっかくの(笑) 軽量ディフューザーですが 自分はストリートユースなので ちょっぴり補強を追加しもう少し耐久性に振ってやりたいと思います。元々 薄い造りだったうえにマフラーの逃げをカットしましたのでたくさんステーを取ってもペランペランしてしまうのはしょうがないんでしょうね。用意したのはアルミのアングル材。ステーで使用したアルミの平板より薄くて細い物ですが、平板と違い しなりやねじれにも強そうなので、それなら少しでも軽い方がエライかな~ と。加工が楽で材料単価が安いってのもありますケド。(笑)



ペランペランしてるところにアングル材を渡し位置決めをします。
曲げ部分はカットせず切り込みを入れてグイッと曲げ ガムテで仮留め。





あとはドリルでアングル材ごとディフューザーに下穴を開けてリベットでバチンバチンと。
やるとやらないとでは結構違うんですよね。
多少大らかな造りのものでもある程度なんとかなってくれます。





はい、こんな感じに。




黒いパネルにチラリと見えるリベットのアタマがシルバーのアクセント。
どうでもいいトコですが、なんとなく好きです。(笑)







ちゃんと空力のコトを考えたら路面とこんなに離れてちゃどうなの? って感じですよね。
そもそも形状もアヤシイし角度もアヤシイし。(笑) 
でもフロント同様無いよりマシってことに期待を込めて。




まぁ、自分好みの純正プラスαのスタイルになったので
それだけで結構満足なんですケドね。(笑)




Posted at 2017/01/19 23:02:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
プロフィール
「次のステップスタート。」
何シテル?   02/28 23:17
三河屋ワークスと申します。 とにかく走るのが好きで気付くと20ン年…  未だに悪い病気は治る気配はなさそうです。 峠、草レース、タイムアタック...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
82 人のファンがいます
愛車一覧
日産 180SX 日産 180SX
走行会仕様ですが、キチンと公認取りストリートに拘ったナンバー付き車両です。 基本仕様は ...
日産 180SX 日産 180SX
FRベースアップ計画、というか180の乗り方再開発車両としてやってきたフルノーマル後期N ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
R32で4ドアのGT‐Rを造ってみました。 基本仕様はRB26DETT載せ換え、NIS ...
日産 180SX 日産 180SX
RS13 1800cc の180SXです。 はじめて改造車検にチャレンジしたクルマです ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.