車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月19日 イイね!
イメチェン、2017仕様。 ~ 続編昨年末にエアロを組みだした銀。乗り手のスキルアップの為手元にやってきたので なるべく手を入れずに… と、思っていましたのから 外装に関しては更に後回しでノンエアロのまま暫く乗ってきました。

GTウイングは付けれるようにしてはありましたが実はノンエアロもなかなか気に入ってたんですよね。壁のようなギャップのあるコーナーやジャンプの為に縁石引っ掛けてもスポイラーを割る心配が無いわけですし。(笑) それにエアロ無しの180なんてまず見ないですから。

でも、基本的に純正フルエアロってスタイルが… 
好きなんですよね~



コソコソと少しずつ揃えてきた純正&純正形状エアロ。このまま無しでもいいかな~ なんて思ったりもしましたが付けてしまえばやっぱカッコいいじゃん! ってなり、そうすると だんだんリヤがさみしくなってきて…  




まぁ、結局こういうことになるんです。残念ながら堪え性がないんです。(笑)
年末のフロントに続いてリヤディフューザーの取り付けです。







リヤってフロント以上にメンドクサイんですよね。フロントは元々そこに他のモノがあったのでそこを基準に取り付け部分を追加してやればいいのですが、最近のクルマには結構フツーに付いてますが、この頃のクルマは無いのが基本ですもんね。車体の下にディフューザーを置き、ステーの取れそうなトコを探します。





車体の下に潜り込み位置出し&仮組みを繰り返し、マフラーの逃げも作ってやります。よし、これで本組みだ と思ったら、どうにもペランペランとしなってしまいます。一応FRPを貼り重ねる時に補強した感じはありますが合計9ヶ所でステーを取ってもペランペランと。ダメって程ではありませんが、まぁ 値段なりと言いますか… いえいえ、極限まで軽量化した結果ですね、きっとね。(笑)







せっかくの(笑) 軽量ディフューザーですが 自分はストリートユースなので ちょっぴり補強を追加しもう少し耐久性に振ってやりたいと思います。元々 薄い造りだったうえにマフラーの逃げをカットしましたのでたくさんステーを取ってもペランペランしてしまうのはしょうがないんでしょうね。用意したのはアルミのアングル材。ステーで使用したアルミの平板より薄くて細い物ですが、平板と違い しなりやねじれにも強そうなので、それなら少しでも軽い方がエライかな~ と。加工が楽で材料単価が安いってのもありますケド。(笑)



ペランペランしてるところにアングル材を渡し位置決めをします。
曲げ部分はカットせず切り込みを入れてグイッと曲げ ガムテで仮留め。





あとはドリルでアングル材ごとディフューザーに下穴を開けてリベットでバチンバチンと。
やるとやらないとでは結構違うんですよね。
多少大らかな造りのものでもある程度なんとかなってくれます。





はい、こんな感じに。




黒いパネルにチラリと見えるリベットのアタマがシルバーのアクセント。
どうでもいいトコですが、なんとなく好きです。(笑)







ちゃんと空力のコトを考えたら路面とこんなに離れてちゃどうなの? って感じですよね。
そもそも形状もアヤシイし角度もアヤシイし。(笑) 
でもフロント同様無いよりマシってことに期待を込めて。




まぁ、自分好みの純正プラスαのスタイルになったので
それだけで結構満足なんですケドね。(笑)




Posted at 2017/01/19 23:02:22 | コメント(2) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
2017年01月13日 イイね!
コソ連メニュー 追加計画。年が変わってもヤルこたぁ同じ。
ここ最近老眼が酷くなりセンターラインがあやふやになってきましたが、いつまで経ってもコゾーな三河屋さんです。(笑)

休みになるとクルマの下に潜ったりもしますケド、基本的にはカラダの中にガソリンが巡る方の人間。出来ることなら触る時間も乗る時間に回したいのがホンネのところ。

前のブログにも書きました通り、走るのが好きなのに変化には鈍感という残念さんで… それでも変化を感じたいという欲求は強くありますので足繁く裏山に通っています。




三河屋さんの生息地、たまに雪も降りますが基本的には一年中スタッドレス知らずで走る事が出来ます。と、言いながら週末は降りそうな気配ですが… それに積雪地域も隣接してますのでスタッドレスかましてわざわざ向かう方々も居ますケドね。ただ、そうは言っても晴れた日ばかりじゃないですし、山奥の裏山だけあってこれぐらいならまだ暖かい方。いつまで経ってもタイヤなんて温まるわきゃありません。






そんな状況の中でも今までとの違いを知ろうと思うとやはりホームは重要な役目を果たしてくれます。

いつもの場所をいつものように。
分からないなりにいつもと違う感覚を探ります。

誰も居ない裏山で、ひとり集中してクルマと向き合う。この時間が個人的にはたまらなく好きです。もうね、正直誰にも邪魔されたくないくらい。
でも楽しみはひとつだけじゃあ、もったいない。







今年は基礎の部分のベースアップに力を入れていきたいと思います。乗り手もクルマも。どんなにいいモノを組んでも基本的な乗り方が出来なければ引き出せないし、どんだけ技術が身に付いたってクルマが仕上がらなければアタマ打ちしちゃうし。今までも そこのバランスを考えてやってきたつもりですが今年は自分だけでなく周りも巻き込んでみようと。

最初に意図していたことから段々ズレていってしまう。よくあることです。自分も気付かぬまま数年経ってしまった事案があります。ズレていった先が心地良いと尚のこと気付くのも遅れ。でも気付いてしまったらやっぱり直しておかないと、と思うんです。






年始のあいさつ回りしながらここ最近思っていたことをコトバにして話してきました。
なかなかカタチにはならないだろうし、結果もついてこないだろうけど、
やらなきゃ何にも始まらないですしね。













さて、思い立ったらスグやろっと。
三歩も歩いたら忘れちまうゼ。(笑)

Posted at 2017/01/13 17:28:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | コソ練 | クルマ
2017年01月06日 イイね!
自由自在を取り戻せ。 ~ 後編既に明けて暫く経ってしまいましたので今更感はありますが、
皆さま本年も宜しくお願いします。



さて、年末年始ですが短いながらもお休みがあったのでウチの用事を済ませながら、銀の作業の方も進めていました。

既にモノは手配済みだったリヤスタビを先日のフロントスタビの交換に続いて取り掛かろうと思っていたのですが、残念な事に先に時間を作ってやらないとイケナイところを見つけてしまいました。




ラジエターのアッパーホースです。



経年劣化で中の補強のコードが切れてしまったらしく、まるでツチノコのようにぷっくり膨らんで… もう軽く漏れも始まって破裂秒読み状態です。(笑)  さすがに出先で不動車になるのは勘弁なので部品が届くまで数日の間こんな感じでしのいでおりましたが、日産部品さんがお休みに入る前でホントよかったです。(汗)





フランケン状態でなんとか持ち堪えてくれ新品部品に交換です。
いくら最終型の個体とはいえもう20年近く前のクルマですからね。いや、逆によくもったなぁ と感心しますね。



そう言えば年末になるといろいろあるんですヨ。
クラッチのブラケットの溶接が飛んだりとか燃料ホースが爆ぜてたりとか。
出来れば平穏に過ごしたいのですが… (笑)










さて、無事修理も終わったので本編の方に入ります。作業自体は特に難しくもないし、フロントの時のような下処理も必要なく ホントにボルトオンでサクサクと進んでいきます。まずはリンケージ部分を切り離して





車体側のマウントを外してやればスンナリ外れてくれました。抜き取る時にマフラーが邪魔になりますがマウントを切って下げてやれば脱着まではしなくて大丈夫ですが そのままぶら下げておくのはジョイント部分に負担がかかりそうなので軽く くくっておきました。





外したノーマルは21パイ。用意したのは 23.5パイ。
フロントと同じように太くなるから選んだのではなく、調整式だからの選択です。









こういう部品って交換したらヨシ、ってモンじゃないんじゃないかなって思うんです。クルマの仕様によっては細いのを使った方が具合が良かったコトもありましたし。そこへきて残念なことに三河屋さん、昔から鈍感なんですよね。だからしつこいぐらい乗って確認して触ってを繰り返さないと分かんないんです。何本か用意しておいてその都度交換してもいいですけど、現地でそれをやるにはちょっと面倒なので。




さてさて、暫く集中して山籠り… ですね。










って、既に籠り始めてます。(爆)




今年もきっと こんな感じなんだろうな~




Posted at 2017/01/06 15:50:58 | コメント(6) | トラックバック(0) | ガレージライフ | クルマ
2016年12月21日 イイね!
自由自在を取り戻せ。 ~ 前編ハイカム仕様もフェイズ1 が完了し、速いとは言わないけれどもう遅くはなくなった銀。

ノーマル時と比べたらそりゃもう全然気持ちよくなりましたし 確実に速くもなっているんですが、クローズに持ち込んで完全全開ストレートだと7,000を超えると意外に鈍く感じ… 

言ってもカムだけですもんね、そんなもんなんでしょう。いつもの裏山で走っている分には気にならなかったんですけどクローズドでストレート全開が続くとハッキリ分かってしまいます。



もう一点、今まで遅い代わりに自在に舞えた銀。少ないお馬を少しでも無駄なく路面に伝えられるようにとひと工夫してみたのですが代わりにすごーく安定指向になっていて。積極的にクルマを動かすのが好みな自分としてはアンダーオーバーのバランスイメージ掴めないのはやっぱり気持ちが悪い。全く言うことをきかないワケではないのですが仮にタイムが出たってそれじゃあダメなんです。





ここ数年のコソ練は自分なりの目的があり一発アタック方式を取り入れてます。もちろん それはそれで得るものがあるのですが、前回の走行会で久しぶりに猿走りをし繰り返し走り込むことで普段のコソ練では気付かなかったことがわかったのは大きな収穫です。

クローズドも好きなんですよ。定期的に走行会を開催してるのも元々は自分が好きなだけ走り回りたかったからですしね。だけど、どこまで行っても基本が裏山の山族ですから。(笑) 何が起こるか分からない裏山では速さと同等に自由自在も自分にとっては必要なものなんです。

と、いうことで 自由自在感を取り戻せ作戦決行です。(笑)





内容としてはスタビでなんとかなんないかなぁ、と考えてます。前に手を入れた部分を元に戻せば解決するのですが、そこはそこでいい方向での効果もあるので戻したくないんですよね。

最初はですね、ガレージ三河屋にストックしてあるサイズ違いの純正を組み合わせて使おうかな、と思っていたのですが、もう何年も前からフロント用が壁飾りになっていたのを思い出し、そういう時に限って何気に見ていた某オクでリヤの出物を見つけしまい。思わずポチっとなってしまったワケです。(笑)







取り敢えずリヤは後日着になるので、今回はフロントの交換だけしてきました。
純正と比較してみますと、色が違うのが分かりますよね。



あっ、ポイントそこじゃないですね。(笑)



でもまぁ、太いから使おうと思ったんじゃなくて、
これが使おうと思ったポイントです。



調整式なんです。

昔はね、純正の太さが違うのをいろいろ試してみたんです。S13系って使えるのがたくさんありますから。主にリヤばかりですケドこれが結構変わるんです。でもその度いちいち交換するのはメンドクサイんですよね。





交換作業自体はそんなに難しくなくスルスルと… と思ったら意外なトコで難航しました。先日付けたアンダーパネルが邪魔になるかなと思いましたが外すことも無く抜けたのでラクショーじゃん、とタカをくくってたらなんとスタビが太くてマウントブラケットに入らない。しかも入るように広げたら今度はネジ穴が届かないという。(笑) 仕方がないので万力で挟んで鉄パイで広げたあと長穴の方をグラインダーで更に長穴加工してなんとか取付完了です。







今の問題がスタビで上手くいくかは分からないですが、ダメが分かったらそのままにしておくワケにはいかないですよね。やったらやりっ放しじゃあ自分的には意味が無いんです。せっかく収穫したモノが無駄になっちゃう。流行りやノリでやってきたワケじゃないし、ダラダラと惰性でヤメられずここまできたワケじゃないですから。





さて、リヤはいつ届くかなー



Posted at 2016/12/21 20:50:05 | コメント(3) | トラックバック(0) | ガレージライフ | クルマ
2016年12月15日 イイね!
イメチェン、先取り 2017仕様。11月の暮れに開催した三河屋ワークス走行会で取り敢えず今年のイベントがひと段落しました。

今のところ次回の走行会までは予定がないので、この機会に少し銀に手を入れてやろうかと思っています。


いくつか予定はあるのですが部品待ち等で作業に入れないものもあるので、今回は既に手元にある外装から手を入れてやることに。




そう言えば銀が手元に来てから外装って殆ど手を入れてないんですよね。GTウイングだけは2セット目ですが普段は外したまんまだし。ノンエアロも結構気に入ってたんですがアンダーカバーがこんな感じになっちゃってるので…



漏れたオイル吸ったりして 直ーぐ グニャグニャ ボロボロになっちゃうんですよね〜
オマケに何ヶ所かチギれてるし。(笑)

ずっと気になってはいたんですよ。ちょっと覗き込むと直ぐグニャグニャアンダーカバーが見えるのが。三河屋さんトコのクルマたち、そんなに車高は低くないのでまたよーく見えるんですよね。(笑)




新品でアンダーカバーを買い直そうかとも思ったのですが意外と高いし、それなら いっそのこともっとカバー出来るヤツにしてやろうかと用意したのがこれ。



ディフューザーです。




実はディフューザー、白にはもう15年程前から使ってます。いつもお世話になってる某ラリー屋の社長のトコへいつものようにヒマ潰しに伺った時に事務所に無造作に立て掛けてあったんです。『これ、スゴいッスねー』 って聞いたら首を横に振って 『こんなの飾りですよ。もっとちゃんとした形状のじゃないと。』 と。実はクラブ員の方が持ってきたらしいのですが 『こんなんだったら使わない方がいい。』 と、取付拒否をしたらしいんです。

『そんなにダメなんですか?』 と社長に聞いてみたら 『無いよりはいいケド。』 という答え。当時 社外バンパーに交換していた為 バンパー裏がスッカスカで地べたが丸見えになってしまってて なんとかしたいな~ と思っていたんです。『じゃあ無いよりはいいんですね。』 『えぇ、まぁ、手間じゃなければ。』 と、いうことで導入。効果のほどは… えぇ、未だによく分かっていません。(笑)




まぁ、それでもね、無いよりはマシらしいですから(笑)、さっそく取付に入りましょう。

まずは本体を当てがってみます。汎用品なので少し大きめに作られていますからセンターをしっかり出したあとカットする部分をマーキングします。仮固定はガムテープと後方はジャッキに載せてやります。カットが済んだら同じようにガムテープとジャッキで仮固定をしてやり、今度は純正バンパーに合わせて固定穴を開けてやります。マーキング→仮穴→仮組→穴位置修正 を 2、3回繰り返せば大体バチッと位置が出ます。でも、これが結構メンドクサイんですよね。






中心部と後方はそのままでは固定出来ませんのでステーを作ってやります。いつものアルミ3㎜平板くんの登場です。最初は2㎜を使ってたんですけどね、2㎜だと振動やちょっとしたヒットで折れてしまうんですよ。3㎜なら今のところ折れてないのでよっぽど大丈夫じゃないでしょうか。


中心部用と



後方部用




それぞれこんな感じにしてあります。

中心部と



後方






そうそう、ディフューザーを組む時に一緒に組みたい物がありました。



純正形状のフロントスポイラーと、リヤアンダープロテクターです。
純正は高くて手が出ませんので FRPの物ですけどね。


リヤアンダープロテクターの取付にもアルミの平板でステーを作ってやります。




はい、こんな感じでしっかりと。



これなら 200オーバーでも飛ばないでしょう。(笑)




なんだかんだで下準備も合わせると丸二日掛ってしまいました。純正風エアロに関してはすり合わせなしの時価塗装カンペクオリティーですが、5Mルールくらいではイケそうかな? という仕上りです。

空力の事は全くわかりませんが、大好きな純正フルエアロに段々なってきて ちょっぴり嬉しい三河屋さんでした。






Posted at 2016/12/15 23:05:11 | コメント(5) | トラックバック(0) | チューニング | クルマ
プロフィール
三河屋ワークスと申します。 とにかく走るのが好きで気付くと20ン年…  未だに悪い病気は治る気配はなさそうです。 峠、草レース、タイムアタック...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
82 人のファンがいます
愛車一覧
日産 180SX 日産 180SX
走行会仕様ですが、キチンと公認取りストリートに拘ったナンバー付き車両です。 基本仕様は ...
日産 180SX 日産 180SX
FRベースアップ計画、というか180の乗り方再開発車両としてやってきたフルノーマル後期N ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
R32で4ドアのGT‐Rを造ってみました。 基本仕様はRB26DETT載せ換え、NIS ...
日産 180SX 日産 180SX
RS13 1800cc の180SXです。 はじめて改造車検にチャレンジしたクルマです ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.