• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月16日

不定期連載 月刊レフトを振り返る 第十五回

不定期連載 月刊レフトを振り返る 第十五回  《前口上》
20世紀の終わりごろ、名古屋の出版社から月刊Leftという輸入車雑誌が発行されていました。
今でも一定年齢以上のクルマ好きの間でこの雑誌が話題に上ることが時々あります。
その大きな理由の一つは、毎年1回シトロエンの大特集を組んでいたからというのも大きいのですが、ローカル誌とは思えない志の高い紙面作りが今なお評価されているのだと思います。
ウチの本棚に何冊か残っているので、時々紹介していこうと思います。



このコーナー、超久しぶり。
前回は4月でした。


で、今まで発行順に来ていたのですが、ちょっと戻ります。
ためてたというか、後回しにしてたのですが、蔵出しです。

今回、写真の具合が悪くて、クリックして拡大しても本文は読めないと思います。
すみません。



1995年7月号です。
恒例のシトロエン特集ではなく通常運行の号で、特集タイトルは「OLD & NEW」。
同一ブランドの旧車と(当時の)現行車の魅力をオーナーに取材するというものでした。



フィアットのクーペ・フィアットと、850スポルトスパイダー。
アルファロメオは91年スパイダーと78年スパイダーを比較しています。
そしてシトロエンが、エグザンティアとCX。



こんな感じで、エグザンティアのオーナーさんを取材して、実際の使われ方とともに魅力をインタビューするという形式になっています。


そして、CXですが…



私なんですよ(爆)


ドミニコさん経由で取材依頼を受けて、ウチまで取材の方が来てくださいました。



隣にいるのは、最初の妻ですが、そこんところはスルーしてください。




もうこのナンバーが付いたクルマはありませんので、ナンバー隠しはしません。
実は、ターボ2用のスポイラーをフランスから取り寄せて、純正スポイラーを外すと装着の台座になる突起が残るのでわざわざ板金塗装屋さんに出して、付けてました。

当時、正規輸入のCXシリーズ2でこのスポイラーを付けているのは日本で1台と言われてました。
(西武経由で取り寄せた人が他にいないらしい)

シールをベタベタ貼っているのは若気の至りです。
(一応全部、シトロエンに関連する者ばかりですけど)



こんな記事もありつつ、恒例により、どみにこさんの広告です。



当時の西武はクライスラーを扱い始めてて、こんなことになっています。
今にして思うと、迷走だったのかもしれません。

ZXクーペのMTは、今でも中古車が出ると(まず出ないけど)、好事家が「おぉ!」っと身を乗り出すクルマです。

でも、当時から4ドア車、つまり普通のファミリーカーにはMTを設定せずに、スポーティーイメージの2ドア車だけにMTを設定していました。
普通のファミリーカーのMTはBX、AXで終了ということでした。
西武の好みなのか、フランス本社の好みなのか分かりませんが、ある意味日本市場のシトロエンはこの当時からぶれていないとも言えますね。



もう一つの広告は、おおむねシトロエンの中古車で埋まっていますが
この号の中古車ではCXよりも、ブルーバハマという青色のAX14TRS(初期のキャブ車)が無茶苦茶魅力的です。
このクルマに乗ってた人は、幸せだったろうなぁと感じます。


最後におまけ。

バブル崩壊が言われ始めた時代です。



「価格破壊」って言葉が、町中に氾濫していましたよね。

こういう29万円のイタ車を買って、出先で往生してみたい!って本気で思ってました。
でも、この中で一番欲しかったのは、セアト・イビーザだったんです。
この個体、見に行こうと思って思いとどまりましたもん。




続く








※月刊Leftを発行していた出版社Aは廃業
  ⇒印刷業界のB社が継承
  ⇒その後、B社は親会社C社が吸収
  ⇒C社は民事再生手続き申請後、再生手続きの廃止により倒産
  という流れをたどり、
  月刊Leftの権利継承者が存在しなくなったと思われるため写真を掲載しました。
  問題がある場合にはご連絡ください。
ブログ一覧 | 月刊Left | 日記
Posted at 2016/10/16 17:38:11

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

不定期連載 月刊レフトを振り返る  ...
やんぢさん

不定期連載 月刊レフトを振り返る  ...
やんぢさん

不定期連載 月刊レフトを振り返る  ...
やんぢさん

不定期連載 月刊レフトを振り返る  ...
やんぢさん

不定期連載 月刊レフトを振り返る  ...
やんぢさん

エグザンティアが選ばれる理由とは
Gentaさん

この記事へのコメント

2016/10/16 18:03:47
こんばんは(^ ^)

待ってましたこの企画。

オーナーとして取材まで受けられてたんですね(笑)さすがです。
コメントへの返答
2016/10/16 20:39:22
どうもです。

この手の取材は、いろいろポーズ付けられたりしてちょっと気恥ずかしかったです。
もう20年以上前の事とは思えません(笑)
2016/10/16 22:51:02
こんばんは。

セアト・イビーサってFAIAで入れていましたよね(^^;
知り合いでその頃FAIAが入れていた、
ラーダ・ニーヴァに乗っていた方がいました(遠い目
一度乗せて頂いた事が有るのですが、
メチャヒーターの効きが良かったです(笑

エグザンティアの特別仕様左ハンに萌えますねぇ・・・・(^^;
コメントへの返答
2016/10/17 08:00:11
どうもです。

そうなんです。
セアトは並行輸入扱いなんですけど、FAIAが積極的にプロモーションしていました。

>エグザンティアの特別仕様左ハンに萌えますねぇ・・・・(^^;

写真がボケボケですみません。
当時は左ハンもまだまだ選べたんですけどねぇ。
2016/10/20 14:42:12
やんぢさん、こんにちは

楽しみにしているコーナーです。
CXは確かに「シートに座っているだけでわくわく」します。
所有するCXのシートは既に30年経過したオリジナルですので、大分へたっていますが片鱗はあります。

先日来、自前のオイル交換を考えていましたがフィルターが見つからず断念し近くの専門店にお願いしました。

フィルターはボッシュのようでした。私がボッシュのHPを調べた際にはCX用は記載されてなかったようでしたが。

不動車も含めBXが大量に置いてある店でした。飽きないで眺めている自分が不思議です。
コメントへの返答
2016/10/20 15:59:29
どうもです。

当時は新車から10年経っていない個体でしたから、シートのコンディションもよかったですし、塗装のコンディションもよかったです。

オイルフィルターは結局自分で換えたことは無いんですけど、ボッシュもあったような気がします。
あんまりはっきり覚えてませんので、すみません。

BXやCXは眺めているだけで飽きませんよね。
どれだけでもいられます。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「ちゃんと見て進もう」
何シテル?   09/26 16:49
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

ファン

165 人のファンがいます

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる