• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

やんぢのブログ一覧

2012年03月21日 イイね!

とりあえず…

シトロエンDS4の納車日は、今週の金曜日になりました。(今日決まりました)

車両のほうはまだ完成していない部分があるのですが、下取り車ヴォルツの名義変更の都合などもあり、いったん受け取ることにしました。

朝一で納車を受けて、時差出勤で昼から会社に行きます。
そのあとの土・日も出勤なので、“とりあえずドライブ”っていうのは週明けまで出来ないと思いますが、私の場合、通勤だけで毎日40km以上走るので、それがドライブみたいなものですね。

昨日ヴォルツのオイル交換をしたばかりなので、せいぜい新油を味わおうと思います。

下取りに出す前に洗車して、記念写真撮って…っていうことは、多分できません。
そのままサヨナラだと思います。

いよいよだと思うと、新車が楽しみな反面、ヴォルツと別れるのが寂しくもありますね。
Posted at 2012/03/21 15:55:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | 代替狂想曲 | 日記
2012年02月11日 イイね!

手放すことが決まっているヴォルツに、買ってまで新品パーツを付ける

ヴォルツは下取りに出します。

で、ヴォルツに付いている後付け部品は
 ① DS4に移植するもの
 ② とりあえず外すもの
 ③ そのまま下取りに出すもの

と3つのパターンに分けられます。

今日は②のうち、ホーンの話です。

ヴォルツに付けているのは、シトロエンGSに装着されていたFIAMMの電磁ホーンです。

30年以上経っているとは思えない艶やかな音色を、しっかりした大音量で奏でてくれます。

昔持っていた部品取りのGSから外して、ヴォルツに装着するまでは何年も寝かしていたものですから、もちろん装着したまま下取りに出せるワケがありません。
次回の使用は未定ですが、外して再び長い眠りについてもらいます。


そうは言っても、ヴォルツをホーン無しで下取りに渡すわけには行きません。

しかし、ヴォルツの純正ホーンはR2に移植しているので使えません。↓



じゃぁR2の純正ホーンはというと、ちゃんと保管してますがシングルホーンなんです。
下取りに出した後のことなんか知ったこっちゃねぇというなら、このシングルホーンをヴォルツに付けて、余ったコードを処理しておけば車検的にはOKなんですが、
軽自動車の『ぴ~』という情けない音のシングルホーンではヴォルツがかわいそう過ぎます。

そこで、R2のシングルホーンと周波数の違う適当なメーカー純正の薄型ホーンを探してダブルホーンにしてやろうと、アップガレージのジャンク品売り場へ。
上手くすりゃ100円か200円で済むかなと思っていたのですが、運悪くジャンク品のホーンに出会えず。
しょうがねぇなぁと店内をうろついていたら出会ったのがこちら。



聞いたことのないメーカーの中国製ホーンですが、新品で699円。

なんと下取りに出すクルマのために新品パーツを買ってしまいました。
(699円で偉そうに言うなっての・笑)


実際に付けて鳴らしてみて、ヴォルツ純正よりもいい音だったらこっちをR2に採用し、ヴォルツは純正ホーンに戻せばOKという思惑もありました。

そして装着。

マイナスのアース線を増設したのですが、とりあえずの装着なので、下回しで隠し処理…とかはしていません。
果たして、699円の音色とは…






ん~~~  微妙(笑)

詳しくは、パーツレビューに書きました。
(ってほど詳しくないけど)


決してけなし言葉を浴びせるほど悪いわけじゃないんだけど、もう一回付け外しの作業をするめんどくささを考えると、このまま下取りかなってのが結論です。
とりあえずのアース線もこのままで失礼しますよ。



こちら、また長い眠りについてもらうシトロエン純正FIAMMホーン。
お疲れ様!
また出番が来るまで、ゆっくりお休み。
Posted at 2012/02/11 08:26:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | 代替狂想曲 | 日記
2012年02月02日 イイね!

短期集中連載~代替狂想曲その6

短期集中連載~代替狂想曲その6代替にあたってカタログを集めたクルマの中で、最後に残ったのがシトロエンDS4。
今回のカタログの中では唯一、表紙にクルマの写真が載っていません。
デザイン優先の心意気を感じます。




昔からシトロエンが好きで、1989年から2003年までの足かけ15年間、シトロエンばかり何台も乗り継いできました。
9年ぶりにシトロエンに戻りたいという気持ちがあったのも事実です。

しかし、そこはシトロエン好きなのがかえって車種決定の邪魔をします。
旧車に逝きたい… やっぱりCXだろ…
旧車がダメでも、ビッグシトロエンに乗りたい… C6も中古なら買えるぞ…
新車を買うならディーゼル車にも乗ってみたい…
並行車だとどうなるのか相談してみたり…

このあたりの顛末は今までに何回もブログに書きました。

そして、ここまで書いてきたように、決して出来レースで最初からDS4に決まっていたわけではなかったんです。
BMWなどは夫婦そろってディーラーを訪ね、試乗も2回しましたし、相手のセールスさんが私の携帯番号を登録して待っていてくれるほどになりました。

セールスさんの対応によっては、スカイラインクロスオーバーに乗っていたかもしれません。
実は私の中では、BMWのX3を見送ったことより、こっちのほうが未練があったりします。

でも、やっぱりDS4にしちゃいました。


その背中を押してくれた大きな出来事は、これまた妻の一言でした。

『ジジイになる前に、MT乗っときたいんだよ』(←DS4についての話ではなく、一般論として)
『どうしてもって言うなら、それでもいいよ』


ヴォルツの前にはシトロエンサクソVTSというMT車に乗っていて、ヴォルツ購入の時にもMTにしたいと思っていたんです。
しかし、当時妻は…
『私も運転するかもしれないから、オートマにして』
そう、彼女はAT限定免許なんです。

そして、ヴォルツに乗り始めてしばらくたち、家族旅行に行った時のことでした。
『私も運転してみる』
交通量が少ない地方国道で運転を代わりました。
5分も走らなかったと思います。

『こんな大きいの運転できない』

この一言で、二度と妻がヴォルツを運転することはありませんでした。(爆爆爆爆爆)

それでも、今回の代替では
『もしもってことがあるじゃない。旅行先であなたが足を怪我してもATなら私が運転して帰ってこられるから』
って言い続けて、MTに反対してたんです。

最初は、私が趣味的にMT車に乗りたいという雰囲気を醸し出していたのが失敗の元だと思い、説得工作のため上記のセリフ(ジジイになる前に)に変えてみました。
そうしたら、意外とすんなりOKが。\(~o~)/

MT車は今回の候補車の中ではDS4とフォレスターしかありません。
これで決まりだな!となったのはまだつい最近、先週の事でした。


さて、2月1日の朝、時差出勤にしてディーラーに行きました。
その道中シトロエンDS4を見かけました。


あぁ、これはなにか因縁めいているなと思いながら、お店へ。

実は、私のクルマの買い方って、ちょっと変わっているかもしれません。
前日にメールで“明日行ってもいい?”って連絡をして行ったので、お店では見積書を用意して待っててくれたんですが、
『買いに行く』って決めて行った時点で、値引きも下取り額も支払い総額も一回も話をしないままに行ったんです。
でも、実走行25万キロ超、メーター交換をしたため中古車としては走行不明扱いのヴォルツにもそこそこの値段をつけてくれていましたし、
詳しくは書きませんが、6桁の値引きも用意してくれていました。
その場での価格交渉は一切なし。
『それでお願いします』
となりました。



まだ日本に来ていないクルマで、2月26日に日本入港予定。
油圧・油温計の移植やら、正規カタログ以外のナビ取り付けやら、そのほかにも若干の作業があって、納車日は決まっていません。


これからは、ヴォルツの最後の日々とDS4がやってくるまでの日々を平行して楽しもうと思っています。
Posted at 2012/02/02 00:06:02 | コメント(10) | トラックバック(0) | 代替狂想曲 | 日記
2012年02月01日 イイね!

短期集中連載~代替狂想曲その5

短期集中連載~代替狂想曲その5(連続アップです)
BMWは妻の一押しです。

一番最初にディーラーに行ったのは昨年の12月。
やはり、納期の確認をしておこうと早めに動きました。
最初はX1の話だけをしました。




ところがこの時も、ルノー・コレオスと似た状態で
『もうすぐマイナーチェンジで、お渡しできるカタログも無いんですよ。』
とのこと。
安い方のグレードは変更がないそうですが、上のグレードが変わるとか。
ちょっと待つことにしました。


このセールスさんは、初めて飛び込みで入った時からこちらの話をきちんと聞いて、買うかどうかも分からない初回にノベルティグッズもくれて(←やっぱ欲しいんかい・爆)、携帯番号も教えてくれて、言葉遣いもとても丁寧な方でした。

カタログのご用意ができましたと連絡を受け(ディーラーの雰囲気が良かったので、郵送を断って取りに行きますよと伝えていました)、2回目に行ったときには
『クルマは違いますが、BMWの思想には触れていただけると思います』
と新型1シリーズの試乗を強く勧めてくれて、実際に乗ってみました。

一般道路だけしか乗りませんでしたが、アクセルを踏んでハンドルを回して、実際に運転しての正直な感想は
『ラインアップのなかの一番下のクルマがこんなに良いとは…』
というものでした。

なにしろ、実際にハンドルを握ったことがある私の中でのドイツ車はゴルフⅡで止まってましたから(爆)


X1の試乗車が調いましたと連絡が来て数日後、妻と一緒に試乗に行こうとセールスさんの携帯に電話をかけたら、開口一番『やんぢさん、お電話ありがとうございます!』
私の番号をインプットしていたんですね。
できるセールスさんはこういうものなんでしょう。

実は妻は、X3も見てみたいとけっこうノリノリだったので、その旨も伝えると
『今日はX1もX3もご用意できますので、お待ちしています』

で、見に行きました。
妻はX1の現車は初めてだったんですが、
『ちょっと屋根が低い』
『セダンみたいで乗り降りがしにくい』
と事前のイメージとは違っていた様子。
なんと、あんなに気に入っていた(?)X1は一目見て却下になり、X3の試乗へ。
妻は助手席、セールスさんは後席で20分くらい走りました。

モデルチェンジでちょっとサイズは大きくなったものの、車自体は扱いやすく、妻も大変に気に入っていました。

実は妻は、街で見る旧モデルのX3が出た当初から気に入っていたんです。
サイズ的にはヴォルツより一回り大きいくらいで、価格帯もデビュー当時には車両本体価格で500万円台前半からあり、最高級グレードでも500万円台後半に収まっていました。

ところが旧型のイメージを持ったまま見積もりしてもらうと、現行モデルは一番安いヤツでもオプション・諸経費込みで700万円に届こうかという値段。
ここで、ちょっと妻に迷いが出たようです。

『クルマはすごく気にいった。できることならX3に乗りたい。
お金の問題は出せない金額ではないけれど、
700万円のクルマであなた(やんぢのことです)が毎日通勤してたら、
会社でなんて言われる?


日本人以上に日本人的なメンタリティでの迷いです。
これが理由で、決定は保留になりました。
(この時点でX1は全く無しになっていました)

その後、クルマの買い替えについて話が出るたびに、彼女は迷っていて
『やっぱりBMWにしよっか?』
というセリフを何回聞いたことでしょう。


『あなたは何が一番好きなの?』
『やっぱりシトロエンだよね』
『いくらくらいだっけ?』
『諸経費込みで350万あれば』(いや、ホントはナビとかは別なんだけどね)
『あなたがシトロエンが好きならシトロエンかな?』


以前のコメレスに
>ある程度会話を重ねてから断るのは、心苦しいですね。
と書いたのが、このセールスさんです。
将来、もう仕事を引退したご隠居状態になった時に、もし日本で車を買うことがあったら、
この人からX5を買いたいものだと思いました。

妻が強く押せば
BMWになっていた…
と今でも思います。



これで、残りの候補車は1台になってしまいました。
やっぱり出来レースだったんでしょうか?(爆)
Posted at 2012/02/01 13:45:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 代替狂想曲 | 日記
2012年02月01日 イイね!

短期集中連載~代替狂想曲その4

短期集中連載~代替狂想曲その4アベンシスワゴンとフォレスター。
写真は別々に用意したんですが、この2台はあんまりネタがないので抱き合わせで。(笑)



アベンシスワゴンはヴォルツでお世話になっているネッツ店で話をしました。
エンジンと足回りはヨーロッパ仕様そのまま。
メーターも240キロスケールで、ウインカーレバーが左側。
いろいろな制御システムが標準装備で、サイド、カーテン、ニーエアバッグまでついて
250万円ぽっきりのバーゲン価格。


一ヶ月300台で、4ヶ月しか輸入しないということで、事実上の1200台限定。
希少車好きの心をくすぐります。
(その後2012年モデルも導入するということになったらしく、限定感は大幅に薄れてしまいました。)

白・黒・銀の3色しかないのが残念ですが、一度は乗ってみたいクルマ。

ネッツの店長さんは、
『4ヶ月限定とは言っても、4ヶ月で売切れないと思いますからぜひ代替えでご検討ください』
と言っていました。

でも輸入車とはいえトヨタ2連荘は無いかなぁと思って、あんまり真剣に検討しませんでした。
現に今でも売っているようなので、店長さんの言葉は正しかったわけですね。(笑)

最近街中で走っている姿を見かけて、『おっ!カッコいいじゃん!』と感じました。
どうしてもトヨタ車とか、どうしてもネッツで、っていう事情があれば買う可能性もあったかもしれません。



フォレスターは、
 雪踏み好きな身としては、四駆性能の優れた車に乗ってみたい
 スポーツモデルじゃない、普通のMTに乗ってみたい

という2つの条件を満たすモデルです。

みんカラの誰かのブログで、アメリカでRAV4クラスのクルマの片輪登坂状態を何台かテストした様子をアップしたyoutubeがリンクされていたのがあって、事実上フォレスターだけが登り切ったのを見て、ちょっと萌えちゃって候補に入れてみました。

スバルR2でスバルディーラーには懲りているので、買うならR2を買ったモータースさんでと思いましたが、最新のカタログがないということでディーラーへ。
セールスレディのお姉さんが相手をしてくれました。

その店ではたまたま展示車も試乗車も無いということでしたが、これは本当にたまたまだったみたいなのでしょうがないですね。

強く候補にしていれば、展示車や試乗車がなくてもまっしぐらなんでしょうが、とりあえず…くらいの気持ちで見に行くと、実車がないのはかなり厳しいです。
(気持ちとしては、日産より弱かったので)


Posted at 2012/02/01 13:12:46 | コメント(2) | トラックバック(0) | 代替狂想曲 | 日記

プロフィール

「ちゃんと見て進もう」
何シテル?   09/26 16:49
愛知県北部在住です。 “部品取り”も入れると過去に13台のシトロエンを買った熱狂的シトロエニストですが、なぜか今はBMWがメインカーです。 ****...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

スズキ車の衝突安全性は世界一 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/04/02 15:00:38
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/07/22 15:34:10
CITROËN NEW DS&C FRIENDS Teaser ※YouTubeに差替えました。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/01/26 22:32:23

ファン

165 人のファンがいます

愛車一覧

BMW X1 BMW X1
なんだかんだと偉そうなことを言っても、初ドイツ車です(^^ゞ 分厚い取り説とクイックガイ ...
シトロエン CX シトロエン CX
あまりに素晴らしいコンディションのCXを あまりにお値打ちに譲っていただけるというので… ...
シトロエン DS4 シトロエン DS4
2012年3月13日登録 2012年3月23日納車 2013年2月10日引き渡し たった ...
シトロエン C5 ツアラー シトロエン C5 ツアラー
シトロエンとしては9台目。 ハイドロシトロエンは13年ぶり6台目です。 昔のハイドロとハ ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.