• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2008年06月16日

朝になって・・・雑感いろいろ☆

朝になって・・・雑感いろいろ☆ おはようございます。
涼しい朝ですね。すっきり目覚めることが出来ました。

昨日はブログをあげたあと、このまま起きていたら明日がキケンダ★と思ったのですぐ寝ました。
おかげさまで、今朝は4時45分に起こされ(なんでか娘が「勉強する」とかで目覚まし時計をかけていた★)
おそるおそる四肢を動かしてみましたが、こわばってる感はあっても痛い、という感じはなくほっとしてみたり。

なんでか朝の5時半から娘にノートまとめ論なんかブチあげて(だって期末の勉強する、とかいいながら教科書の一字一句を書き写そうとしてるんだもん・・・)おかげさまで朝ご飯の用意も早く、コーヒーが入るのも早く、娘が食べ終わるのもなんでか早く(爆)

オーナー殿も娘も、身体に痛いところはないというのでちょっと驚愕(゜。゜)オー
オーナー殿は数日後まで見ないとなんとも言えませんが(ナニ
娘の方はもっと音を上げるかと思ったんですがそうでもなかったのでちょっとびっくり。最近の子どもたちは、遠足で山を登らないんですよね。私が子どものころ(少なくともノリノリさんも同じ市の出身なので彼が小学生だったころ)は、遠足で600メートル級の山に登らされましたからね。だいたい、その疲れ具合とか想像できるんですが、娘に関しては未知数だったので一番心配してました。
むしろ、娘が音を上げなかったので、私としても音を上げるわけに行かなくなったといいますか(爆)
また行きたい、というので、おばあちゃんといってみようか、などと話していました。

尾瀬は、良い天気でした。あんな風に良い天気なことは、たぶん滅多にないんだと思います。ものすごくラッキーだったと思うんです。
で、ビギナーズラックって恐ろしいもので、それだけであともうまくいくような気分になったりするので、ちょっと自分は戒めておかないとなぁ、と思っています(笑)同じ幸運は、そうそうないよって。
でも、今回の反省を活かして(思うところはいろいろありましたもの)次回を、と思うことは可能なわけですよね。
まぁ、次回があれば、反省点を活かしてもっと楽しくいけたらいいな、と思います。いえ、十分楽しかったんですが、実は靴擦れができていて、最後の方、相当足が痛かったりしましたし。

私みたいに、覚悟を決めて、足元にも気を遣って、いく人の方が大半だと思いますが(気を使っていっても靴擦れが出来ちゃったりね(^^;))、やっぱり見ていると「え?」と思うような人が散策者の中に散見されました。

ビーサン履いて歩いているヒトとか
クロックスのサンダルはいて歩いているヒトだとか
靴はスポーティーカジュアルですがどう見てもシブヤファッションなオンナ二人連れが所在なさげにうろうろしてたりだとか
日傘さして終始うつむいて歩いている、これもカジュアルスタイルな女性がいたりだとか

どう考えても勘違い?で入ってきているんじゃないかとおぼしき人がいたのにはやっぱり驚きました。
たいていは、女性。男性は、まだ運動靴はいているヒトが多いのでなんとかなるかなぁ、と思いましたが、そういえば革靴で降りてきている男性も見ましたね・・・。

入山口までは、マイカー規制が入っているので、お金払ってバスなりタクシーなりできていると思うんですが、ああいう人たちってなにかおかしいなって思わないのかな。
私がこれらのヒトたちと会ったのは尾瀬ヶ原に入ってからなので、あの下り坂を曲がりなりにも下りてきたのだと思うのですが、なんかおかしいなって思わないのかな。
どうして、自分のなりが、周りとあまりに違うことの意味すること、に気がつかないのかなぁ・・・

なんて思いました。だれも、チェックなんかしてくれませんからね。
あれで、歩いて、具合が悪くなって歩けなくなったとしたら、どうするつもりなのかなぁ。
尾瀬ヶ原、携帯まったく入りません。動けなくなっても、助けを呼ぶのも「人力」です。小屋の方へいく人に、伝言するしかないんですよね。
それも、あんな坂、背負って登ってくれる人だって、いるかどうかわからないっすよ。

今回思ったのは、自分でなんとかする力がないヒトは、やはり山歩きには向かないなぁ、ということ。
その点では、まったく弱音を吐かず、歩き通した娘の、自活力にはちょっと驚きましたけど。
ああいう人たちは、尾瀬の自然を廻るいろいろなことは、全然理解が及ばないでしょうね。ただの、見せ物だと思っている可能性、大ですものね・・・。
なんかちょっと情けなくなりました。

帰りの高速、厳しい渋滞を予想していたんですが、6時半の段階で「花園-本庄児玉」間で4キロ?東松山で2キロ?練馬で3キロ?とかで、え?渋滞はどこに行っちゃったの?状態でした。
上里まで帰ってきて、渋滞らしい渋滞なし。車も少ない。
その段階で、渋滞情報は練馬の料金所渋滞を残して「消えて」いました。
やっぱり、みなさん、自家用車で出かけることを控えているのかな。
尾瀬にはたくさんの方がいましたが、どうやらバスツアーの方がすごく多かったみたいで、戻ってきてみた駐車場もすかすか状態でしたし、共に戻っていくクルマも少なかったですし・・・
おかげで、車移動に関しては、まったくストレスなしで行ってくることが出来ましたが。
このままだと、冬のスキーなんて・・・みなさん、行かなくなっちゃうかなぁ。
そんなことがちらっと心配になりました。




・・・ちょっと、いろいろ思ったことを雑多に書き留めておきました。
他にもいろいろあるんですけど、おいおいに、書いていこうと思います。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2008/06/16 09:13:44

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

週末、人生初の手術です。
ウッドミッツさん

息子から・・・🎵
よっさん63さん

1億円当たった~!!(笑)
ぽにょっちさん

プロトタイプ!?少しお値段はかかり ...
シュピーゲルさん

zeroコーラの真実
もと部長(初代部長)さん

祝・みんカラ歴2年!
お姫様♪さん

この記事へのコメント

2008/06/16 23:01:37
そういう点では私は幸せでしたね、始めた頃は周りに同類がいっぱいいたし、一人ではどうなったか分からない所へも飛び込ませてもらえたから・・。初めて行った山が鎖場、初めて泊まった山は体調不良、初めて行った高山は暴風雨の八ヶ岳(爆)ぜんぶ楽しい思い出。
場違いなカッコの人は昔からいますよね。酔狂でそうしてるなら放っておきますが(笑)
尾瀬がいいのは、本来であれば人の入れるハズのない場所、、昔ならマタギや木こりが何日もかけてやっと入り込むような所に、拍子抜けするほど簡単に行けちゃうところ。そんな理屈はともかく、あの景色に触れれば・・。大湿原以外にも見所はいっぱいですよ。
コメントへの返答
2008/06/16 23:10:18
私にとってはスキーがまさにそれでした。
初めて板履いた瞬間に後ろへ向かって滑り出して、道路に落ちたとかw
苗場の頂上へおびき?出されて、降り切るのに5時間半かかったとかww
木の根元に落ちたとか(よくケガしなかったよなぁ・・・)
土砂降りの雨の中を滑り帰ったとかww
よくぞスキーをイヤにならなかったものだなぁと感心します。

ああした場所は「おじゃまさせていただいているところ」と娘に言い言い歩きました。東電小屋の横に、タンポポが生えているのをみんなで見て、これはどこから来たのかねぇ、なんて言い合ったんですが、実は、入り込むだけでそのバランスを崩していってしまっているのかもしれませんものね。。。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「わーい、ゲームで初めて一位~!で、クマもらいました~!」
何シテル?   10/08 14:43
書くことと車で走るのが大好きです。 レヴォーグ1.6GTアイサイトに乗っています。その前はレガシィツーリングワゴンを初代BFからBG、BPまで3代、25年...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

今年、最初で最後の桜とmyレヴォ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/04/20 05:19:20
レヴォーグのオートワイパーを間欠ワイパーに 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/08 22:14:27
オートワイパー → 間欠ワイパーへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/07/08 22:10:37

お友達

小心者ゆえ、いきなりのお誘いはお断りいたします。コメントのやりとり、オフ会等でのやりとりの中からお誘いいただけると大変嬉しいです。
リンク解除ですが、予告なしに解除する場合がありますのでご了承下さい。逆もまた真なり。とも思っています。よろしくお願いいたします。
142 人のお友達がいます
モコすけ(ききゆき)モコすけ(ききゆき) * yamaken89yamaken89 *
チェロ.チェロ. * 革男革男 *
しろくま@NB6Cしろくま@NB6C * GriffonGriffon *

ファン

32 人のファンがいます

愛車一覧

スバル レヴォーグ らじぇんどら2世号 (スバル レヴォーグ)
2015年4月12日、納車されました。 11年乗った赤いレガシィの跡を継いで、赤いレヴォ ...
その他 自転車 ビアンカ (その他 自転車)
Bianchi ViaNirone7(2015) ホワイト(差し色にピンクとチェレステ) ...
スバル レガシィツーリングワゴン らじぇんどら号 (スバル レガシィツーリングワゴン)
我が家の3男、レガシィツーリングワゴン2.0Rです。我が家は長男の時からワゴンでNAを通 ...
スバル レガシィツーリングワゴン くろまる号 (スバル レガシィツーリングワゴン)
250T、珍しいエアサス車でした。 ちょうどBE/BHへの切り替えを前に、たたき売り(失 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.