車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月22日 イイね!
 もう少し早く記事にするつもりでしたが、去年、盛岡の繋温泉に出掛けた時に、通り道にある「手づくり村」へ立ち寄りました。

 ちょっとしたサイズの急須が欲しいな、と思って鉄瓶工房へお邪魔してみると、鉄瓶とともに何故かオーディオが(^^;

 職人の方にお話を聞いてみると、非常に気さくながら様々拘りをお持ちの方で、職人の方なのに「よい鉄瓶の見分け方」、等々、かなり話し込んでしまいました。
 ということで、やかん代わりに使える見た目もおしゃれなこちら

をいただき、手入れ方法などのレクチャーを受けたのですが、その後たまたまクルマの話になり、私がレジェンドを所有していて、道路から同じ顔のレジェンドが見えたことを伝えると、実はこの職人さんこそがオーナー(^^;

 ということで鉄瓶の次はレジェンド談義。

 ユーロLだったので、スモークテールと赤ステッチ+黒木目内装を初めて間近で見ることが出来まして、次回訪れる際はレジェンドで行く旨お伝えし、その場を辞しました。

 さて、自宅のリフォーム後まだ梱包を解いていない普段使わない食器類などがある中、ちょっと行方不明のままになっているドリッパーと、以前使用していたものの破損して処分したこちらを再び購入し、鉄瓶で沸かしたお湯

を使ってコーヒーを飲みました(^^)


 間違えました(^^ゞ

 以前あったものと同じものを購入したのですが、偶然ミニチュアと同じ組み合わせに。



 コーヒーも美味しくいただけましたが、このミニチュア、良く出来てますねぇ。
Posted at 2017/01/22 17:03:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月14日 イイね!
 福袋をもらうついでに蕎麦を食べるため年末にお知らせが来ていた「Honda Total Care(ホンダ・トータル・ケア)」の手続きのため、Dその2に足を運びました。


 ちょうど担当の方がいらっしゃったので手続きはどのクルマに紐を付けるか悩むくらいですぐに出来ましたが、そのまま話題は次のクルマのことへ。

 こちらとしては数年以内の想定として
 ① 部品入手困難となりつつあるZは、1台退役(本来の目的の部品取りへ)
 ② 今年半ばに車検を迎えるティアナも17万km

  近くになったので、次回の車検を継続したとしても、今後大物(ステアリング回り、
  ベルト、足回り(最低限リアロアアームとダンパーは交換が必要そう)
  などの修理が出ることが目に見えている
ということで、ざっくばらんに相談を。
(ちなみに会話は当然オートサロンに係るHondaプレス報前です)
私「冬を考えれば四駆で床が高いCR-Vかな。

(アメリカホンダHPから)
見た目も悪くないけど出るのかなぁ?」
営「シビック

は今年のスケジュールに載っているし間違いなく出るけど、CR-Vは情報がないから出ないかも。」
私「(USホンダのHPの情報を基に)計算してみたけど、CR-Vは全幅がうちのレジェンド(KB2)

より大きくて、回転半径も5.7mだからちょっと冬に使えない気もして・・・」
営「確かにそのサイズは・・・。フリード良いですよ。長距離下道を走ってきたんですけどリッター23走ったし(^^)」
私「確かにホンダセンシングも付いているし、ハイブリッドじゃなくても充分なんですねぇ。ただ、レジェンドの代車で借りたオデッセイハイブリッド

が運転しやすくてお気に入りだったり☆」
営「一度大きいのに乗ればねぇ(^^;」
私「3.7のレジェンドは今のところHonda最大排気量だしまだ持っていたいですね(^^; あと、オデハイもそうだし、シビックのデザインが気になるけど、二駆なんですよねぇ。」
営「今どきならトラコンとかがあるので冬でも二駆で何とかなりますよ」
私「Zの代わりじゃないからいいのかな。そのものの代わりならキャストアクティバかハスラーなんだけど・・・」
営「Nボックスなら新しくなるけど、確かに床が高い軽は(雪国でクルマを売る側としても)一つくらい欲しいですねぇ。」
私「やっぱりシビックかなぁ。ハッチバックは気になってるんだけど・・・」
営「他に何があるんでしたっけ?」
私「レジェンド、プレリュード、ティアナ、Z以外だとEKシビック、ワンダーのシャトル

だから、ティアナを替えるとすれば本当はSUVか同じセダンかなぁ。シビックだと維持費も下がるし☆」
営「詳細の情報が出たらお知らせするので買ってください(笑)」

という会話で終了したのですが、HondaプレスカンファレンスとHP上の画像


を比べると、黄色いFサイドマーカーやサイドマーカーが光るテールランプはUKホンダのサイトのもの

(エアロの形状は同じ)
と違いUS仕様に近いですが、展示車両はR同様欧州仕様ですね。

 また、ヘッドライトの形状からハッチバックはUSセダンでいうところのTouring、セダンはパワーシートやシートヒーターを持つEX-Tまたは追加で自動防弦ミラーなどを装備するEX-Lですが、どのようなグレード展開になるか気になります。

 日本でシビックといえば(ベスモホットバージョン 96年頃調査:笑)、
 ・ コンパクト
 ・ 燃費が良い
 ・ キビキビ走る
 ・ 若者の車
 ・ 女性が乗っていると格好いい
というものでしたが、これは3代目=ワンダー、4代目=グランド、5代目=スポーツまでは黄金期ともいえるでしょう。
 6代目=ミラクルになるとやや陰りが見え始め、他社も含め国産コンパクトクラスの2ドアの需要は激減し、7代目シビックでは国内は4ドアハッチ、北米はセダンとクーペ、欧州は2/4ドアハッチをメインとしたものの、フロントサスをストラットにするなど露骨なコストダウンが見えるとともに、弟分として登場したフィットや、ストレッチしたストリームに人気を奪われ、日本でのハッチバック生産が終了という事態に。
 8代目は北米・中国をターゲットとした3ナンバーサイズセダン、欧州はフィットの兄弟車となり、出来は良い車ですがこのクラスの人気はカローラ・コロナのようにかたくなに5ナンバーを死守した車種が残り、日本ではひっそりと幕を下ろします。

 本国不在の9代目は米欧で作り分けられ、欧州5ドアハッチのタイプRが限定輸入されました(抽選外れました・・・)が、特に米国ではデザイン等で評判を落とす結果となり、今回再び全世界共通の車体として10代目が生まれたところです。

 10代目の全幅は1.8mちょうど。セダンの全長は4.6mほどなので、全幅ではクラウンと同じくらいまで巨大化しています。
 でかいでかいと騒がれますが、国産ではアクセラが長さも含めほぼ同寸、海外では同じサイズだったゴルフもこんなモノですし、レガシィの肥大化がいわれ登場したレヴォーグも同じです。現在2台シビックを持っており、過去には初代も家にあった私にいわせると、大きいと売れないのではありませんね。Hondaらしさがないんです(笑)

 側突やスモールオフセット衝突を考えると仕方ないのかもしれませんね。値段も色んな装備があれば概ねこんな感じと納得できそうです。横から見た安定感は私好みで、Rとセダン2台抑えたいですが、流石にお金と置き場がありません。
 CR-Vも気になりますが、どういう出来なのか今から楽しみにしています。

 とはいえ、ティアナを手放すのも勿体ない・・・(ぼそっ)
Posted at 2017/01/14 22:24:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月09日 イイね!
 久慈市へ再び戻りました。
 JR・三陸鉄道久慈駅近くに「あまちゃんハウス」がありまして、まもなく近くの建物に移転するということもあり
「そういや一度も入ったことがないな」
と思って散策ついでに立ち寄ったものです。


撮影に使った衣装やジオラマ等が置かれていまして、Nゲージが好物の一つである私はそれに釘付けとなりました(^^;

 その後、この建物があった通りの一本北側にある駅へまっすぐ続く道路に移動しようと交差点で信号待ちをしていたところ、何となく気になるお店が。

(小腹が空いていたこともありますが吸い込まれました)
 厨房が隣の寿司店と繋がっているのかもしれませんがかなり広く見えました。
 ここでは

昭和スタイルのオムライスと

カツ丼を購入しましたが、時間帯が夕方であったこともあり二つでワンコインに(^^;

 帰宅後道の駅で購入した


ホタテ弁当と一緒に食しましたが、いずれも素朴な味で非常に満足できました☆

 しかしそれから1ヶ月ほどで訪れた2箇所はいずれも浸水することに。時々使っていた駅前にあるビジネスホテルも裏にある駐車場は相当な水位になったようで、空撮映像で見る限りクルマが浮かんでしまったようです。

 年末の紅白歌合戦で紅組司会の女性がこの界隈を歩いている映像が流れ、お店はどうやら復活しているようで一安心しましたが、台風第10号で被災された方全てに平穏が訪れるよう祈念するばかりです。
Posted at 2017/01/09 00:47:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月07日 イイね!
若干順番が前後しますが、三線堤の建設が進む城内地区を抜け、小山を破産で南側にある米田地区では国道45号との兼用工作物となっている防潮堤~水門の災害復旧工事が進められていることから、迂回路を通ります。

 迂回路の横には、盛り土を通る三陸鉄道が2線堤の役割を果たしていますが、ここの海岸はハマナスの群生地となっています。

 更に進んでいくと、先の震災で国道の橋のすぐ下の高さの津波が流れ込んだ安家川沿いの下安家集落があります。

 平成28年台風第10号の被害では、どうしても人的被害が大きかった岩泉町(これは「避難準備情報:当時の名称」を理解していなかった施設管理者の問題です)と、市の中心部が浸水被害を受けた久慈市がクローズアップされますが、実はこの下安家地区はかなり被害を受けています。

 画像左上に見えるのが三陸鉄道の下安家橋梁ですが、安家川河口近くにある震災からようやく立ち直ったばかりのサケマスふ化施設が再び壊滅的な被害を受けてしまっています。今年秋には再度復旧する予定ですが何ともいえない気分になりました。

 その橋を渡って坂道を登ると普代村に入ります。
 野田村と普代村では、熊本地震の本震直後村長が直接やり取りし、お互いが備蓄している飲料水・食料・毛布などを「報道が少ない地域はどこか」という観点からリサーチし、熊本県大津町に調整の上届けたとのことでした。

(私が見た・聴いた熊本地震については、丸1年が経過してから、書ける範囲のことを書き残しておきたいと思います)

 普代村の最北端の鉄道駅である堀内駅

に立ち寄り、

 そういえばここは「あまちゃん」で使ったんだったな、と思い出し、久慈市に移動することにしました。
 再び45号を北上し、先ほどの道の駅の向かいにある

(嵯峨商店)
というお店に。こちらはもう少し北側にある越戸商店と同じく水産加工工場を持つ会社ですが、新鮮な魚介類を購入することも出来ます。

 この時は夏だったので、当然これをお買い上げ☆

しっかりとした形の良いウニがたくさん詰まっており、大変甘くて美味しかったです(^o^)
 今の時期だと「早取りワカメ」という、間引きしたワカメが柔らかくてお勧めです。

 この後は再度北上して久慈駅近くに向かいました。
Posted at 2017/01/07 20:50:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月03日 イイね!
今年もよろしくお願いいたします<(__)>

 ということで、昨年に引き続き、動作確認ついでに走行距離の確認を行いました。
1 Z2台

  (1号)
 車体レストア後は完全に盆栽状態のため、県内の道の駅巡りと2号不在時の代替機としてしか使っておらず、年間走行距離は300km強でした。
 タービンの過給圧が0.85位でで安定するよう細工してあげる必要がありますが、今年は久々に高速走行してみたいと思います。


  (2号)
 こちらは主に融雪剤を原因とする車体各所の錆修理、1号でもあったルーフ後端の雨漏り修理がありましたが、概ね快調です。ただ、そもそも予備部品の塊としてやって来たはずが、6年近く経っても普通に走り回り、そのために手を入れているという状況であることから、1号と2号の位置づけが不明確(爆)
 まもなく8万kmとなるので、1号で手こずったオイル漏れが出てくるかもしれません。また、これも1号同様ですが、ガタが出てきた運転席側ドアヒンジの交換が必要そうです。あとは劣化してきたヘッドライトの交換でしょうか。

2 シビックシャトル、プレリュード
 現在冬眠中で、車庫内での移動に留まっています。いずれも動態保存状態です。

 (ステアリング交換後ほとんど使っていないので新品同様)
 プレリュードは20歳を越えましたが、冬に使いづらいために一切使っていないだけに車体の程度は同い年のシビックと比べものになりません。これまで足回り(リアアッパーマウント異音)・ブレーキパッド・ステアリングの擦れ以外大きな不都合はなく、ドアパッキン劣化やヘッドカバーのオイル滲み程度なので、大当たりの個体だったともいえます。
 冬に使わない→程度が悪化しないという循環でもありますが、ひととおり手を入れたシビックと入替で戦線復帰させるか考えます。

3 シビック(EK4)

 こちらも無事20歳を超えましたが、洗車が面倒なので(爆)晴れた日専用と化しており、年間走行距離は500km弱でした。
 プレリュードやレジェンドから比べるとギア比の関係上高速燃費が伸びない(プレリュードが2割程度良好+下手をするとレジェンドに負ける)ため、隠居生活に入っているような気もしますが、今では存在し得ない軽量+良く回るNAエンジンは得がたい魅力です☆

4 N-ONE(PT-Lパケの四駆)

 初回車検を無事終了しましたが、この距離です(笑)
 取りあえず後ろから見えないマフラーをフジツボ製に替えたいところですが、Zの音を考えると違う銘柄でもあまり問題なかったり・・・

5 レジェンド

 約2千km走行しましたが、ほとんどが4月末の山梨県までの往復・・・
 リコール修理ついでにステアリングとシフトノブを交換したので今年はもう少し使いたいのですが、洗車するのが面倒なのと、リアシートもトランクも広く便利なティアナに押され、出番がありません(笑)
  
6 ティアナ


 1.2万km走行を伸ばし、もうすぐ17万km。今年の車検を乗り切れば、20万kmも見えてきますが・・・
 スタビリンク・ロアアーム交換、ドアパッキン交換をしたこともあり、若干車体が緩んできた感覚があること以外静粛性も戻り至って快調です。年末にシャーベット路面~乾燥路が混じった高速道路を走行しましたが、リッター12km走ってくれました。
 果たして車検を無事乗り越えられるかですが、恐らくあと2年頑張ってくれるでしょう。そうなったら劣化したステアリングを交換しようと思います(^^)

 ということで、出番が無い車が多いですが、それぞれ個性があるので手放したいとは思わないですが、今後、歳を取った家族が運転することを考えると、ティアナから運転補助装置を備えた10代目シビックかCR-Vへの代替を考える必要がありそうです。
 ただ、自分が運転しない+四駆に拘らないなら最近お世話になったオデハイも捨てがたいです(^^;

Posted at 2017/01/03 11:48:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「@ラインゴルトさん クーペは大きい方が良いとはいうものの、これは別世界ですね(^^; 」
何シテル?   01/24 00:55
備忘録代わりに登録してみました。 御覧になってくれる方がいらっしゃるようなので、特に整備手帳を少しずつ追加していきたいと思います。 車が増える→置き場所...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
生保行政に蔓延する違法行為 小田原の事件は氷山の一角に過ぎない 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/20 01:29:18
アパ元谷代表、朝日への広告やめる 慰安婦大誤報「国家的損失は天文学的」 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/01/19 00:59:07
スクールゾーンで起こった悲惨な交通事故が二度と起きないことを願って 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/30 22:39:11
ファン
87 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ シビック ホンダ シビック
 最初の私専用車両なので永年保存するつもりで内外装の部品を少しずつ交換しながら大事にして ...
ホンダ レジェンド ホンダ レジェンド
 Top of Honda(NSXが不在となってからは事実上)だけあり、見えないところ( ...
日産 ティアナ 日産 ティアナ
 外装の程度が悪く、過走行ということもあり引き取り手が居なかったのですが、内装はそこそこ ...
ホンダ N-ONE ノネ (ホンダ N-ONE)
 車検で車を引き取りに行っただけのはずが・・・  元々買うつもりだったので良いのですが ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.