車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月24日 イイね!
■告知 第2回 房州 SVXメンテオフ (愛称:「てつピット」オフ)延期のお知らせ。 参加予定の皆様には、既にご連絡させていただきました通り、来る3月26日に予定しておりました「第2回 房州 SVXメンテオフ (愛称:「てつピット」オフ)」は、千葉県北東部の天気予報が3月24日現在、降水確率80%、曇一時雨となっておりますため、当初の告知通り、予備日の4月2日に延期したく存じます。

 本オフ会の性格上、作業効率性や出来映えを考慮しますと雨天は好ましくないため、何とぞご理解賜りたくお願い申し上げます。参加予定の皆様には、4月2日の件につきましては改めてご連絡させていただきますので、万障お繰り合わせの上、ご参加下さいませ。
また、変更後の日程で興味のある方は、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。

何卒よろしくお願い申し上げます。
Posted at 2017/03/24 16:03:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2017年03月12日 イイね!
■青春18きっぷ 国鉄型通勤車両を求めて関西遠征(3日目)JR西日本には、淘汰されつつありますが、国鉄型車両がかろうじて営業運転されており、さらに奥へと攻めたいところですす。しかし、ちょい用事ができたのでそろそろ上京します。

今日は 10日に言及していた奈良線103系に乗ってから北上するつもりなので、早朝よりスタート。
こういう時だけ、朝って全然辛くないですよね!(笑)

本日はこういうルートです。


特に、奈良線の103系目的のために、学研都市線→奈良線を経由して京都駅という、モノ好きルートで行きます。


現在工事中の鴫野駅が気になったので、ここからスタートしてみました。駅ホームがきつくカーブしています。まずは先頭放出方から。


反対の最後尾、京橋方から見た感じ。


こちらの元下りホームはどうなるのでしょうか。


車掌側にも、間違ってドア操作しないよう注意書きがありました。


始発木津行きが来ました。こんな早朝から頑張ったのに…


奈良線の普通列車に来たのは 221系でっせ!!こんな仕打ちってアリっすか!?なんでやねん!何で103系ちゃうねん!!


京都駅10番ホームに着きましたわ!ムカついて、大阪もう一回戻ろうか思いましたわ。


しゃあない、少し予定変更して、普通列車を待つことにします。


あんたを待ってたんやで!!


どこ行ってたんや…ほんまに。


まあアップで許したるわ(苦笑)


乗降客が一段落して一枚。


近ナラ。


雨樋も原形。


こうやって103系撮るのも、


勇気いりまっせ。


なんでかって?そりゃ端から見たら、通勤時間帯に通勤電車の写真なんて撮ってる変態ですがな(笑) 黒サッシ化。


しかし、この高度経済成長期を支えた103系という鉄道文化遺産の記録を残すため、めげてはいられません!実際は自己満足っすよ(笑)


最後にカメラ持ったまま車内巡回して(笑)、逆光の中、上から一枚。夏に帰って来るときには奈良線の103系乗車を優先課題にしますか。 


京都から米原まで移動して、儀式的に米原でダッシュ。大垣行きに乗り替え。乗り込むと同時に乗客同士がケンカして、警察呼んでました(苦笑)でもそれ程混んではなかったです。


伊吹山が美しい。


東海道新幹線と交差。


大垣で特別快速豊橋行きに乗り替え。


おお、DD51。京都でも見たけど、やっぱり親しみのある機関車だけに、遭遇できると嬉しいです。


名古屋着。名古屋といえば以前仕事で来た時に、飲んだ後の〆で食べた味仙の「台湾ラーメン」という激辛が超ウマかった。降りて食べたかったけど、もし食べたら車両トイレ貸し切り状態になること保証しますので、今日は遠慮しときます。


今回は訳あって、中央本線ルートで上京します。ルート拡大。


快速中津川行き入線。


中津川といえば、SVXオーナーの方にとってはS.A.Bですか(笑)


前が211系、後ろが313系でした。国鉄型はまだまだ頑張ります!


順調に中津川駅着。


ここからは松本行きワンマン運行です。


時間はたっぷりあったけど、駅舎のトイレには行かず、敢えて車両の「おトイレ」見学(笑)


広くて使いやすいですよ。


特急「しなの」の後、出発。


山岳地帯をひた走り、


塩尻駅到着。


向かって右手が木曽福島方面、左手が岡谷駅方面。
しかし本数が少ないのと、時間がかかりすぎるので、東京〜大阪間の移動に、このルートはおすすめできません。


駅で信州そばでも食べますか。駅そばって、いつの時代も旅人の癒しですね。


鴨南そば。鴨肉はレトルトで味気ないですが(苦笑)そばがうまい。四国は麺のコシ、大阪はダシ、信州はそばがそれぞれの特徴ですかね。


そろそろ1番線に向かいます。


221系、普通塩山行き。なかなか長大編成です。これで小淵沢まで。


シートはこんな感じ。少しだけ傾斜がついてます。


国鉄時代の灰皿の跡でしょうか?


長野自動車道と交差。


さて、茅野駅で特急との時間調整が長いので、


こちらの見学をしておききましょうか(苦笑)


やっぱこの「便所」プレート、四角い造形、これが列車便所の王道でしょう(笑)


循環水も素晴らしきブルー(笑) *諸事情により、画像の一部にモザイクかけてます。


ようやく追い抜かれます。


小淵沢着。


今回の最終目的は、前々から気になっていて、なかなか乗る機会がなかったこれです。


ダブルデッカー、215系!


先頭最後尾車両は、1階部分は機械室。オトコはメカ好きってことよ!


『ホリデー快速ビューやまなし号(新宿行)』 小淵沢駅16:17発、新宿駅18:15着。


所要時間118分。確実に座りたかったので、乗車するのはこちらの7号車指定席。奮発ですな(笑)


2階席へ。


いいねえ。何となく、近鉄の初代「あおぞら」号20100系を連想させる構造ですね。


ボックスは固定。


網棚は実質一人用です。


デイパックでこんな感じ。


しかし、シート下が空間になっているので、ここを活用しろということです。


1階部分も拝見。


ほう。 


1階の方が、天井が湾曲していない分、網棚が広い。


もちろんダブルデッカーでない部分の一般席は、広々としています。


本車両のトイレは(笑)座席区画の外にあります。


まず通常のモノと、


男性専用のモノの2種類。


別に洗面台もあり。


始発駅では当然自由席に乗客は集中しましたが、次第に指定席も混みだし、ほぼ満席状態でした。


空調の吹き出し口。


この湾曲した窓から流れゆく風景を見ていると、寝台特急『北斗星』のBソロ上段を思い出します…。


駅弁にしましょう。旅の醍醐味のひとつであります。ビールは飲むと爆睡しそうなので、やめときます。この旅情が特別な調味料ですな。


相変わらず中央道が激混み中のようです。自分、渋滞だけは大嫌いで耐えられないんです。なので実は大阪もクルマでは帰ったこと無いのです。
長距離の旅はやっぱ寝台列車が最高ですなあ…。北海道や九州ブルトレ復活しないかなあ。


新宿駅到着。


グリーン車は、やはり構造が違います。


田町車両センターまで回送。


またホリデー快速を利用する時まで、楽しみにしています!


向かいから「スーパービュー踊り子」が発進。これも乗りたくなってきた…。 


久しぶりに「青春18きっぷ」を利用し、鉄道の楽しさを堪能させていただきました。
数少なくなってきた国鉄型車両ですが、特に103系は自分にとっては共に生きてきた感じがする、大阪にいた時には生活の一部のような車両で、最も慣れ親しんだ鉄道車両です。

単に人を運ぶだけを目的とした通勤型車両ですが、国鉄型車両の耐久性とJR西の整備技術の高さで、半世紀以上も人々の暮らしを支えてきました。淘汰されつつある今、時の流れと強い哀愁を感じざるを得ません。

また国鉄型車両オリジナルの配色は、それぞれの地域にとけ込むような、飽きの来ないものであったと再認識させられました。

今回は国鉄型車両を目的とした在来線での旅でしたが、その旅程で、さらに乗ってみたい路線や鉄道事業者を発見することができるという、副次的効果もありました。いくつか今後の楽しみもできたようです。
時間があれば、山陰、信州、東北、北海道のJR路線、点在するローカル線鉄道事業者をゆったりと回りたいですね。 






Posted at 2017/03/14 01:40:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2017年03月10日 イイね!
■青春18きっぷ 国鉄型通勤車両を求めて関西遠征(2日目)さて本日も国鉄型を求めてぶらり旅です。
大阪市近郊で、どこに国鉄型が走っているかを調べてみると、どうやら奈良線と草津線にそれぞれ103系と113系健在とのことらしい。早速出発。

本日の経路はこんな感じ。

学研都市線「鴫野駅」と「放出駅」との間。おおさか東線の複々線工事ですかね?この後、沿線の近畿車輛の写真を撮ろうと思ってたのに、通り過ぎてしまいました。


学研都市線放出駅。ここでおおさか東線と分岐するんですね。昔は放出駅の横に貨物のターミナルがありましたが、見る影も無し。ここで快速に乗り換えます。


同志社前駅の使用されていないホーム。ここから103系に乗った記憶がある。


ドアが手動に切り替わりました。


木津駅到着。1,2番ホームに移動。


いい感じっすね!


「大和路快速」「みやこ路快速」等、221系が最大勢力ですか。


駅員に103系のことを訪ねてみると、ご丁寧に何時の列車が103系か教えてくれました。さすがはJR西って親切だ。何も無いトコロなので、何もせず待機(笑)


定刻通りにキタキタキター!本日の国鉄型!


おお、素晴らしい!


103系と言えばコレっすね!大阪環状線のよりも、オリジナルに近い103系っすよ!!


ダッシュで階段上がって、


反対側からも。ああ、この103系の唸る音というか、慣れ親しんだ安心感、生はええわあ。数日中に、これ乗ろ。


あっという間に行ってしまった…。加茂行きが入線してきたので、これに乗ります。


加茂駅着。次の目的はコレ。


関西本線キハ120。乗ったことあります? オレ? 今から乗る(笑)


おおよそ赤い矢印。


近カメ。


ふと気がついたんですが、枕木が文字通り木です。ガキん頃のあの感触、オイルのニオイが蘇ってくる。。


来ました。


一両編成だ!ローカル感抜群!


ホーム中央付近に停車。


ワンマンなので、バックミラー付いてます。


段差に気をつけてと…。都会人は慣れていないので(苦笑)、ほんまコケます。


キハ120運転台。


東京にしろ、大阪にしろ、少し市街地から離れると、意外にローカル線ってありますよね。


月ヶ瀬口駅。のどかな所ですね。鉄道は走ってても、駅までの移動も大変そう。


何の路線!?


伊賀鉄道…知らなかった。タスクの一つに加えるか(笑)伊賀上野へは、ガキんときに家族旅行で来た思いでがあります。忍者屋敷に行ったな。


ちょっとしたターミナル駅に到着。


柘植駅。SVXに乗ってる人なら、何か聞いたことあるような名前(笑)
ここで草津線に乗り換えます。


キハは交換を待って、さらに先へ。


く、黒い!何じゃこりゃ!?


「忍電車」ですか。


なかなか細かいところまで筆が入ってますねえ。大井川鐵道がC11をトーマスにしたのと同じように思えるな。。


ほお。


しかし国鉄型113系!!車内はきっと…車内も忍者一色でした(笑) シートは改造されてますね。


113系の「便所」拝見。


「空き」を確認して(笑)


おお、これは期待通りです!!この金属製便器と手洗い、薄汚れた感じが国鉄のニオイっちゅうもんですよ!(笑)


せっかくなので、使わせてもらいましょう…なぜ循環水が透明??


よく見たら、便所前も忍者(笑)


こんなトコロにまで、凝ってました(笑)


しかし車両といい駅舎といい、やはり国鉄が感じられますよね。この出発までの静けさが何ともイイ!


まもなく出発。


多少内装も手を加えられてはおりますが、しかしこの窓枠とか、固めのしっかりした乗り心地、


それにモーター音。ガキの頃から長きに渡って乗ってきたこの感触…窓を開けて乗った思い出。様々な記憶が蘇ってきます!乗ってヨカッタ!!


途中駅にも忍者。徹底してます!   


おっ、ここにも近江鉄道と緑の113系。


ほんと、青ガエルでんな。オリジナルの国鉄型車両が愛される理由の一つに、日本の風景にとけ込み、飽きのこないカラーリングもあるでしょう。


田園地帯を通り抜け、


東海道線と合流。


草津駅到着。


新快速で一気に大阪に戻ります。


上淀川橋梁、全長790メートル。トワイライトエクスプレスで大阪駅到着直前、感極まったのを思ひ出す…。


大阪駅。


さて、環状線だ。


新型車両には見向きもせず、黙って201系よ!まばゆいまでの、オレンジバーミリオン!


大阪環状線は、このオレンジ一色ってもんよ。オレンジっちゅうたら環状線よ!
201系も、長きに渡って活躍してもらいたい。


天満駅外回りホーム京橋方。高校時代に先輩同士が電車を降りてボコボコにケンカした思い出の場所(笑)


京橋駅着。


本日も国鉄型を楽しめて満足!やっぱJR西は面白い!


ほいで、とりあえずいつもの立ち食い。今日は素うどん大盛り。
Posted at 2017/03/14 00:09:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2017年03月08日 イイね!
■青春18きっぷ 国鉄型通勤車両を求めて関西遠征(1日目)毎年この時期になると、寝台特急『北斗星』に乗ったり、札幌発着の寝台列車を眺めたり撮影したりするのを楽しみにしていたのですが、ご存じの通り本州から北海道行きの寝台列車は全滅。定期寝台特急といえば『サンライズ瀬戸・出雲』だけという風前の灯火状態であります。

自称「寝台子鉄」である我が輩の興味をそそる列車も少なくなってしまいました。
寝台特急の存在が自分の中でこれ程までに大きかったとは…ああ、まるで恋愛みたいなものでしょうか。

ノスタルジーを求めて、全国の国鉄型保存車両を回る「静態保存鉄」の旅もいいですが、たとえ夜行でなくとも営業運転している国鉄型車両に乗るには今でしょ!(もう聞き飽きた)、乗っておくべきでしょ!と奮い立ち、そういえば今年の正月には大阪環状線の103系を再訪する約束をしてましたので、急遽大阪へ旅立ちです。

無味乾燥な新幹線はあまり好きでないことは前々から申しておりますので、できれば排除です。そこで急行『銀河』の足跡を辿りながら、在来線でJR西エリアへ進むことにします。

この時期の在来線と言えば、皆さんは即「青春18きっぷ」の文字が浮かぶことでしょう。
「18キッパー」とか、その他ネットでは結構な言われっぷりですが、そういう輩に限って、実は貧乏旅行こそ最高峰と思っていたりしますぜ(笑)
我が輩も一応メンツのために、「18きっぷ」が一次的な理由ではなく、たまたま構想と時期が重なったのだと言っておこうか(笑)

ルートはこんな感じの王道です。


ほいでいつものJR金町駅からですが、今回のスターはあくまで国鉄型なので、いつものようにスタート写真も撮ることなく淡々と攻めていき、最初にアンテナにひっかかったのがコレ!

熱海駅:国鉄185系 特急『踊り子』


この旅での最初の国鉄型…なかなかカワイイ奴だぜ!
185系運用のライナーは、路線も時間帯も合わないし、『踊り子』に無理に乗るしかないか。


『踊り子』が去った後、伊豆急の下田行きがおりました。


ここかららJR東海の313系。島田行き入線。


デコ突き合わせてマス。


左右非対称ですな。


富士山がゆっくり流れていくのが、在来線での旅の良さですね。


岳南電車 吉原駅。


これも乗りにこなければ。


興津駅で浜松行きに乗り替えました。おっしゃー、国鉄211系。


新幹線には抜かされっぱなし。


まあええわ。別に相手にしてへんし(笑)


天竜浜名湖線 新所原駅。こういうローカルが次から次に見えてくるのが、「18きっぷ」の良さでしょう。


名鉄1030系?どうやら近年廃止されているらしく、遭遇できてラッキーです。


この造形が何かそそる。


米原行きに乗り替え。


米原の文字が見えたら、気分的に関西圏がぐっと近づきますな。


米原駅では、新快速 播州赤穂行きが向かいホームに停車していました。ラッキー♪


近江鉄道700系。


近江鉄道車両群。


16:45頃、大阪着。意外と余裕。『銀河』なら、乗り替え無しで、寝て移動できたんだがなあ。


さて、ここからが本番です。大阪環状線に向かいます。早速新型車両323系がお出迎え。違う、オマエじゃなくて…


内回り液晶案内板に、ユニバーサルシティ行きの表示。これはと思い構えていると、キターぁ、、、


あれえ?なんじゃPOWER LOOPって?


何か余計なラッピングされてます…(汗)


でも、とにかくOK!呼鳴、愛すべき国鉄103系!!


この後、国鉄201系の嵐ですぜ!


ホームを塚本側に移動。リニューアルされた大阪駅で、こちら側が国鉄時代の面影を少しだけ残している感じ。何かほっとします。


大和路快速221系も、1989年登場か。そろそろ年季入ってきてます。


223系2500番台1次車? この転落防止幌、車両デザイン全体に調和しているのか浮いているのか微妙。


内回り外回り、201系入れ食い状態!!まだ、それなりに在籍してるよう。ヨカッタ!


この思い切った造形、


ムダの無さというか、


単なる箱というか(苦笑)、改めてこの割り切りの良さにシビレマス!


この何気ない風景に、ノスタルジーを感じるなあ。


中央線で走っていたのも、ついこの間のよう。


この共演も、あとわずか。


再びホームを天満側へと移動し201系を撮影して、先程の103系が折り返してくるのを待ちます。


キター!!平成の中の昭和。


停車時間はあまりないので、ブレながらも写真を撮りながら、


もちろん乗り込みましたぜ(笑)


久しぶりの乗り心地を楽しみながら、京橋駅着。今思えば、そのまま天王寺まで行ってもヨカッタなあ。失敗した。


しかしド派手な103系です。


本日のミッション終了。


京橋駅を降りて、立ち食いうどんでも食いますか。
前にも言ったように、「京橋浪花」という超名店のうどん屋は、数年前に店主が亡くなったらしく廃業。
跡地にできた「京橋うどん」という名の店は別の経営母体です。一応「浪花」の味を意識しているようですが、「浪花」があまりにもうまかったので、少しでも近づけるよう頑張ってもらいたいです。


今後に期待しましょう。
Posted at 2017/03/13 13:52:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 鉄道 | 日記
2017年02月27日 イイね!
「多摩陵」「武藏野陵」「八王子城跡」訪問。本日は、八王子在住の旧友宅に訪問。例の海上自衛官の彼です。「多摩陵」「武藏野陵」が近いので、午前中にこちらを訪ね、午後から「八王子城」に行くことに決定。
「武藏野陵」といえば、昭和天皇崩御で大喪の礼が執り行われる模様が、当時TV中継されていましたが、あの場所だと教えらてから気づきました。

しらさぎでしょうか? 「しらさぎ」といえば、特急を連想してしまう…。


まずは「多摩陵」「多摩東陵」方面へ。


「多摩陵」。


続いて「武藏野陵」「武藏野東陵」方面へ。


向かって左手が「武藏野陵」、右手が「武藏野東陵」。団体さんの合間を縫って参拝。


歴史の重みを感じます。


厳かな雰囲気の中で、花が咲いてました。


昼食後は八王子城跡へ。北条氏康の三男・氏照が1571年(元亀2年)頃より築城し、1587年(天正15年)頃に本拠とした山城とのこと。山の複雑な地形を利用し、いくつかの地区に分けられていました。

そこで、駐車場でまず目に飛び込んできたのがコレ(苦笑)…SUZUKI RG250γWalter Wolf !!! 1985のタイプⅢですかね?
全国の高校で展開された、いわゆる「3ない」運動もなんのその、勉強よりも「虎の巻」を必死で暗記して、16の誕生日になったら親にも学校にも内緒で、まずは原付免許を取りに行ったのを思い出します。


ガイダンス施設。


登山開始です。


まずは古道へ。


曳橋。


虎口。


御主殿跡。山城といえど、ここまでは楽勝。


一旦戻って本丸方面へ。


次第に険しい道になってきます。


結構キツイです。


所々に当時の石垣。大半が土砂で埋まっているとのこと。


ついに八王子神社に到着。


ほんと凄いところに建っています。


ご神体。


境内も凄いです。


この場所に建っているので、手入れが厳しいのでしょうか。


このさらに先に本丸跡があったのですが、このまま引き返してしまいました。

夜は横濱屋でラーメン。


いつものV-Power。7.60km/L。


今回も友人から色々お土産をいただきましたが、中でもとびきり嬉しかったのがコレ。
小西金属製 護衛艦「はたかぜ」 43,000円の逸品!!


「はたかぜ」型は海上自衛隊の中で、一番好きな護衛艦なのだ。
そういえば2番艦の「しまかぜ」が第63護衛隊所属だった時には、わざわざ舞鶴港まで乗艦しに行ったな…。
写真は2002年10月13日国際観艦式での「はたかぜ」。



もらっちゃって、いいのかな~(苦笑)


Posted at 2017/02/27 03:00:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | 散策 | 日記
プロフィール
「ホンダ「モンキー」、8月生産終了かよ。ただでさえ少子化な上、原付きの販売台数が80年の1割ほどに減ったとなると、二輪のみならず四輪も含めて、個性的なマシンは生まれない訳だ。」
何シテル?   03/24 23:57
東京も長くなりましたが、大阪魂は抜けません。 車はアルシオーネSVXに乗ってます。巨匠ジウジアーロ氏のデザインに惚れぼれです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
リンク・クリップ
2017年1月1日 岡山県久米郡久米南町 JR津山線 弓削駅 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/25 02:12:03
フロントバンパー固定ボルトの交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/24 06:35:11
センターベアリング交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/24 05:25:03
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
スバル アルシオーネSVX スバル アルシオーネSVX
3ナンバースペシャリティクーペ、アルシオーネSVX [Alcyone SVX] に乗って ...
ホンダ ジャイロキャノピー ホンダ ジャイロキャノピー
ホンダ ジャイロキャノピーです。ミニカー登録なのでノーヘルOK、法定速度60kmOK、二 ...
ホンダ インテグラ ホンダ インテグラ
丸目4灯のインテグラ。当時はこの4連丸目にグリルレスって斬新でしたが、今では結構採用され ...
マツダ ファミリア マツダ ファミリア
豪華仕様のXGi (B6型 EGI)4WD。結構レアなグレード。 当時の親父の車で、免許 ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.