車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月18日 イイね!
オートサロン2017~海外メーカー①今回はいわゆるハイパフォーマンスカー(とは言え昔ほどパフォーマンスの差がないですが)の展示を掲載。

<フェラーリ>
意外とF12のカスタマイズが多く、また様になっていたような気がしました。










今年からチャレンジも488ベースになるんでしょうかね。




ここの展示はライティングで色んなカラーに見えて楽しめました。




<ランボルギーニ>
アヴェンタは相変わらずイジるには持って来いで、オバフェンが定石になってきている感じ。
















<ポルシェ>
相変わらず質実剛健。サーキットで映えるのがポルシェですから。










そうまでして911で荷物を運びたいのかと思いますが、海外では結構走っているみたい。


<その他メーカー>


何だかんだ言って2016年の国内登録台数は200台にせまる勢い。




前年比約30%減の登録台数でマクラーレンと同レベル。



Posted at 2017/01/18 23:53:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー | クルマ
2017年01月16日 イイね!
オートサロン2017~国内メーカー今年最初のイベントは恒例のオートサロンです。今年も海外、特にアジアからの見物客が増えていた気がします。また以前は輸入車メーカーの方がアピールの場として積極的だったような気がしますが、最近はどちらかといえば国内勢の方が色々な方向性を示している感じです。

そこで、まずは国内メーカーの展示から。最初はトヨタです。今年のGT500に参戦するプロト。


GT3車両のRC-F。GT300用なんでしょうが、海外GT3レースでも使ってもらいたいものです。クルマの後方でGT+の撮影をやってました。


来週から始まるWRC。


モナコでデビューのヤリス。今年はちゃんとWRCの放送を見てみようかなと思ってます。


C-HRのカスタマイズが結構あった気がします。形が形だけにイジりやすいのかも。




相変わらず86ベースのモディファイが多いです。




現在、日産のレース車両はGT-Rしかないのが現状で今年も展示の中心はこのクルマ。業者のカスタムも多数存在。




レクサスよりもデザインはいいと思うのだが。。。イマイチ人気がない。


昔のZは良かったなーとついつい言ってしまいます。




大きさ的にはシビックというよりも昔的に言えばアコードの大きさ。アメリカで人気があるのもうなずけるデザインです。ホンダにしては滑らかな曲線を使っている感じです。






既に見慣れてきているNSX。


アキュラ・バージョンが早速展示されていました。




無限のプロト?微妙。。。なカタチ。


スバルの展示は例年とあまり変化がないような。






マツダはメイン市場が北米のCX-5プロトを展示。SUV系は日本からの輸出なので影響薄ですが、デミオやアクセラを生産するメキシコ工場が今後どうなるかマツダには気がかりなところ。


プロモーションの割にはそろそろ頭打ちの感じも。


ダイハツは例年いろんな展示をするんですけど。。。提案だけで終わっているような気がします。




スイフトは正常進化、イグニスも結構見かけます。




これぞオートサロンという3台。単に派手さにはしらず、デザインで勝負しているところが凄い。






今年の傾向として、クルマ単体で売るのではなく服飾とかインテリアとかトータルで提案する様子が見受けられた。いかにクルマを使ってのライフスタイルを提案できるかが今時の若者には重要なのかもしれません。

Posted at 2017/01/16 23:29:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー | クルマ
2017年01月04日 イイね!
新年のご挨拶新年明けましておめでとうございます。皆様には今年も充実したカーライフを満喫できるよう願っております。

今年も昨年同様、申酉騒ぐの格言通り何かと予想外のことが起こる可能性もありますが、そこはジェットコースターにでも乗った気分で楽しめるようにと考えております。





さて今年はフェラーリ70周年ということで節目の年であり、すでに記念モデルもいくつか発売されておりますが、今一度歴史の重みを感じつつ我が愛馬とともに過ごしていければと考えております。


















Posted at 2017/01/04 23:04:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 出来事 | クルマ
2016年12月20日 イイね!
Toyota GRF 2016当日、現地では朝方雨が残っていたようで、メインストレートの開会式ではちょっと霧がかった感じでした。到着した頃にはモリゾー&マキネンのドーナツターンによる登場は終わっていて、こんな感じで関係者が一同に会してました。可夢偉が落ち着きなくキョロキョロしていたのが目につきましたね(笑)。



最近の傾向としてはこういった単なる展示を少なくして、動いているクルマを見せようとしているように思います。




先日来年のWRCへの体制を発表しましたが、あまりスムーズにいっている感じがしないのは気のせいでしょうか。




最終的にGT500のタイトルを獲得しましたが、敵失の部分もかなりあった年でした。




来年はブランパンGTのアジア大会も国内で開催されますし、個人的にはGT3の方が興味がありますが、プリウス等が頑張っちゃう国内GT300は何とかしてほしいものです。




今回は来年のWRC参戦に向けて、ラリー車をプッシュしている感じで、展示車のライティングも素晴らしいものでした。






オーナーズクラブの展示も例年どおり。


ニュルの展示も力を入れている部分です。




C-HRも展示されていました。最近のトヨタ・デザインは正直ちょっと理解できないところもあります。先日のニュース番組で開発担当者はデザインありきだと言っていました。リポーターが後方視界が悪いのではとの質問に、デザイン優先なので我慢してもらってるとのこと。それでいいの???


サーキットタクシーに何とモリゾー氏が登場。こんな機会がないと思いっきりサーキット走行ができないんでしょうね。#48で周回を重ねてました。




今年はニュル参加車のデモ走行を見て帰宅の途につきました。



Posted at 2016/12/20 23:06:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | Toyota | クルマ
2016年12月07日 イイね!
クラシックカー・フェスティバル 2016今年も晴天に恵まれて外苑の銀杏並木が見ごろでした。ということは見物客も大勢来ていて、今年は時間帯によっては歩行者天国にしていました。

交通整理も行き届いていて、一時停車しているクルマの数も減ったような気がします。その為なのか比較的スムーズに参加車が走り抜けていくのですが、どうしても青山通りに出る交差点で見物客の多さのために止まってしまい、渋滞がちになってました。







そこはトヨタ主催のイベントなので王道的なクルマが多い気がします。












この場所で見ていてい楽しいのは新旧のクルマが並走してその形や大きさが比較できることだと思います。




CR-Xは参加車じゃありません。








今回のメインはこの2台でした。トヨタ博物館まで行かないとなかなか試走は見れませんから。








トライアル車はさすがに排気音が高かったです。

Posted at 2016/12/07 23:34:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | ノスタルジックカー | クルマ
プロフィール
ブログが何かのお役に立てば幸いです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ファン
16 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ 355 フェラーリ 355
This car makes me brand-new and forever youn ...
その他 その他 その他 その他
出来事
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.