車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月17日
Be a driver. Experience at Fuji Speedway
Be a driver. Experience at Fuji Speedway またまた時間が経過してしまいましたが、先月行われたマツダのイベントに行った時の様子です。マツダのこういうイベントに参加するのは初めてですが、全般的に実直に行われているなーという印象です。

後で記載しますが、技術関係の展示で実際のエンジニアの方が一生懸命説明してくれるのを聞いていると、「社員は悪くありませんから。。。」というあの某証券会社の社長が吐いた名言が思い浮かばれます。三菱にしても一般の社員の方々は一生懸命やっているのに。。。と話はそれましたが、まずはモータースポーツ関連の展示を。


#18の方はあまり目にすることはありませんね。


本格的なレース活動を再開するんでしょうかね。レースは金食い虫ですから、まだまだと思いますが、逆に始めたときはちょっとヤバイかも。


最後のほうでデモ走行をしたみたいですが、そこまで待てませんでした。






ロードスターを使ったアマチュアレースは始めるようですが。


屋外の駐車場ではサーキットパレードに備えてます。






歴史コーナーです。山あり谷ありでした。




あの当時、マツダが5チャネルを持つなんて、バブルは怖い、怖い。ある意味メインバンクのS銀行が悪い部分もあるんですけどね。財務戦略はおんぶにだっこですから仕方がありません。


「これ以上圧縮比を上げることができるんですか?」との質問にエンジニアの方は自信ありげに「できます」と。


最近のマツダは色に拘っているのは皆さんもご存だと思いますが、メタリックカラーが綺麗に見えるように粒子を均等にしてペイントするそうです。ですから最近のマツダレッドは発色がよく見えます。因みにカープのヘルメットの色もマツダが助言しているとか。最初クルマと同じように塗ったら暗めになって、あの明るい色を出すのに苦労したそうです。またメタリックグレーへの拘りも半端なものではないようです。




欧米、特にアメリカではこちらのモデルの方が人気が出るような気がします。


「人馬一体講座」でいかにマツダが楽しくドライブするためのハード側の努力をしているかを力説していましが、確かに運転を楽しみたいと思う人にとっては至極もっともでした。しかし、そもそも何故にこの時期になってそういうことを言い出したか、何故に今までユーザーにそういう素晴らしいと考えることを提案してこなかったのかが個人的には解せない部分です。何故なら会社が潰れかけて、このままじゃいけないと考えたからとはあまり話さないですよね。自動運転が各社のテーマになっている昨今、「人馬一体」なる操る楽しみをホントに必要とする人たちがこれからどれほどいるのかは疑問が残るところです。


竹岡さん、最近オシャレですよね。


向かって右側にお座りなのはかの有名は「藤原大明神」こと藤原常務。日経ビジネス・オンラインの「走りながら考える」をお読みの方にとっては既に既知の有名人。このお方は既にRX-Visionの為に貯金を始めたとのこと。どれくらい貯めたらいいんでしょうね。


何だかんだ言っても、なかなか有意義な時間を過ごせました。



ブログ一覧 | 出来事 | クルマ
Posted at 2016/10/17 23:54:57

イイね!0件



この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
ブログが何かのお役に立てば幸いです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ファン
17 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ 355 フェラーリ 355
This car makes me brand-new and forever youn ...
その他 その他 その他 その他
出来事
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.