• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mekのブログ一覧

2012年06月30日 イイね!

New 911S

New 911S近所にガソリンを入れに行く途中、いつも目の前を通るポルシェのディーラーに寄り道してNew911Sに試乗を試みる。

やっぱりポルシェはガッシリしていてミシリともいわない。室内は結構タイト、セダン的に座ることができてボンネットも低いので運転しやすい。試乗車はPDKだったが、オートマモードで十分。ギアチェンジもスムーズ、パドルシフトもさくさく入る。この辺は今時の車という感じ。



スポーツモードだと排気音が大きくなってその気にさせるが、如何せん後席がある分それでもフェラーリに比べると静か。でも窓を開けて聞くと結構勇ましい音。週末なので裏道をぐるぐる廻ったのだが、このサイズは取り回しがとても便利。因みに試乗車のカラーはダークブルーメタリックで綺麗な色だった。


               911S       F355
全長           4,491mm   4,250mm
全幅            1,808mm    1,900mm
全高           1,295mm    1,170mm
ホイールベース    2,450mm     2,450mm







工場にはカレラGTが2台も入庫中だったのでちょっと見せてもらった。


Posted at 2012/06/30 23:54:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | Porsche | クルマ
2012年06月29日 イイね!

2012 Ferrari Cavalcade

2012 Ferrari Cavalcade 最近の動画を何本か。

まずは458スパイダーでEmilia州を走り回る。



先日の地震へのチャリティーに出品された599Evo。アメリカ人に140万€で落札されたとのこと。モンテゼーモロ氏とアロンソ&マッサのサインが入ったプレートが装着される。オーナーには9月に開催のイタリアGPで直接納車されるとのこと。


Mario Brunelloというイタリアでは有名?なチェリストが各年代のV12を聴き比べ。
Posted at 2012/06/29 00:00:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ
2012年06月26日 イイね!

日産技術体験会

日産技術体験会週末は日産の技術体験会に参加するため、追浜工場に行ってきた。ゲストホールで当日のプログラム内容を聞いてから工場見学へ。この工場ではノート、キューブ、ジュークそしてリーフの4車種が同一ラインで製造されている。国産メーカーの工場見学は初めてだったが、1961年操業開始の工場はさすがに古かった。ただ4種類もの車体を同一ラインにのせて作業しているのを見ると流石日本の工場といった感じ。



リーフに関して大きく異なるのは、あの畳一畳分もある重いバッテリーをシャシーに取り付けることだが、機械でせり上げて取り付けていた。因みに2010年12月発売以来のリーフの販売台数は日本15,500台、北米12,300台、欧州3,800台の計31,600台だそうだ。ハイブリット車、特にプリウスと比較するとやはり販売数は少ない。





その後、GRANDRIVEと呼ばれるテストコースで試乗及び同乗体験。リーフの試乗は2度目だったが街中で走りまわるには十分な車。シーマ・ハイブリッド同乗では、以前試乗会で乗ったレクサスGSハイブリッドと同様に軽快な感じだった。後部座席はメチャクチャ広くて中国での販売を意識してるのだろー。



スバルやメルセデスが宣伝しているような衝突回避システムも体験できた。スバルはカメラで認識(認識できない状況も存在)するのに対し、日産(メルセデスも)はレーダーを使用し濃霧等の悪天候にも対処できると説明していた。近々搭載されるとのことだが車種は不明。



GT-Rの同乗では、ドライバー含め4名での160kmまで加速、そのままバンクコースに入る内容。ドライバーはこれだけの加速ができるのはGT-R(約900万円)の他にヴェイロン(約1億円)しかないと自慢していたが。。。速度は大したこと無かったがバンク走行は面白かった。

リーフNISMOレーシングも展示していて、乗りこんでみたが、何とミッションがなくアクセルとブレーキだけで運転するとのこと。女の子でも簡単に運転できますよ、と説明の方。



ゲストホールに戻って懇親会が開かれ、ゴーンさんを含む役員が参加。勿論、記念写真をお願いした。



なかなか興味深い体験会だった。特に技術・生産・カスタマーサービスの役員の方々がプレゼンをしたのだけど、とても上手く説明していた。多分ゴーンさんに説明するにはあれくらいじゃないといけないんだろーなと思った。




Posted at 2012/06/26 00:57:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | Nissan | 日記
2012年06月24日 イイね!

ヨーロッパGP 決勝

ヨーロッパGP 決勝予選11位スタートのアロンソは順調に順位を上げ、セーフティーカーアウト後にグロージャンを抜き去り(その時の歓声はテレビでも分かる程)、その後追いかけるグロージャンはリタイヤ。アロンソは危なげなくそのままゴール、スペイン国旗をもってのウィニングラン。表彰台では涙も。

後半にドラマが。リアタイヤがズルズルのハミルトンはライコネンに抜かれ、マルドナドに抜かれそうになって接触。ライコネンは逃げ切り、ハミルトンはリタイヤ。その後にいたシュー様が我慢の走行で3位表彰台に!!表彰台3人はフェラーリ・ドライバー経験者。



予選ポールで速さをみせたベッテルは前半も順調に飛ばし、一時は2位に20秒近く差をつけていたのに、セーフティーカー後に失速、リタイヤ。

可夢偉はせっかく予選7位でいい位置につけたいたのに、1回目のピットストップで遅れると、戻った位置が悪く、コーナーでセナに閉じられて接触。その後、マッサとも接触。その結果、次戦では5グリッド降格処分に。個人的見解だが、チームはスポンサー圧力でペレスを勝たせてようとしているのはないのか(勿論来年のステップアップを目指して)。可夢偉は微妙な立場が焦りをうんでるのでは。

  ドライバー    チーム        タイム
1.  F.アロンソ   フェラーリ      1:44:16.649
2.   K.ライコネン   ロータス       +6.421
3.  M.シューマッハ メルセデスAMG  +12.639
4.  M.ウェバー   レッドブル      +13.628
5.  N.ヒュルケンベルグ フォース・インディア +19.993
6.  N.ロズベルグ  メルセデスAMG   +21.176
7.  P.ディ・レスタ   フォース・インディア +22.866
8.  J.バトン      マクラーレン    +24.653
9.   S.ペレス      ザウバー     +27.777
10.  P.マルドナード  ウィリアムズ   +34.630


Posted at 2012/06/24 23:07:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2012年06月20日 イイね!

New Aston Martin Vanquish

New Aston Martin VanquishDBS改めNewヴァンキッシュがキープコンセプトで登場。エンジンは6.0リッターV型12気筒に可変バルブ・タイミング機構を組み込む。最高出力573ps(6,750回転)、最大トルク63.2kgm(5,500回転)。タッチトロニック2という6速トルクコン式オートマティック・トランスミッションが組み合わされる。









Posted at 2012/06/20 23:56:26 | コメント(1) | トラックバック(0) | Ohters | クルマ

プロフィール

ブログが何かのお役に立てば幸いです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2012/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
This car makes me brand-new and forever youn ...
その他 その他 その他 その他
出来事
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.