• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mekのブログ一覧

2014年03月25日 イイね!

三浦・横須賀

三浦・横須賀本日東京でも開花宣言が出されたみたいですが、先日一足早く春を感じるために三浦方面へ出かけてきました。

最初は三浦海岸の河津桜を見に。行ったときは既に散りかけていましたが、それでも菜の花とのコントラストはキレイでした。



その後、横須賀へ行って軍港めぐりです。




海上自衛隊の「おやしお」型潜水艦


ミサイル駆逐艦「ステザム」。最近は基地解放デーでも艦船へ近づくことができず(○○のスパイが紛れ込んでいるんでしょうね)、今では船上からしか見ることができません。


そして原子力空母「ジョージ・ワシントン」。今年後半には「ロナルド・レーガン」に交代するようなの話もあるで、その前に間近で見ておきたかったわけです。


全長333mで東京タワーと同じ長さ。先日横浜に入港したクィーン・エリザベスIIIよりも長い。


横に立っているクレーンは小さく見えますが、50-60mくらいあるそうです。




海洋観測艦「わかさ」「しょうなん」


廃棄される潜水艦だそうです。


掃海母艦「うらが」


護衛艦「ゆうぎり」


イージス護衛艦「きりしま」
Posted at 2014/03/25 23:37:20 | コメント(2) | トラックバック(0) | JSDF | 日記
2014年03月21日 イイね!

EV入門塾

EV入門塾先日、日本EVクラブ主催による「EV入門塾」なる講座に参加してきました。

館内端氏が代表をされているクラブで、一日でEVの座学と試乗ができるという一粒で2度美味しい的なイベントでした。

会場はお台場にある日本科学未来館で行われ、その周辺が試乗コースとなります。湾岸警察署の前もコースの一部なので無茶なことはできません。



講義内容は以下のとおり:

・EV入門講座(館内端氏)
 ~基礎的な内容ですが、なるほどと思うことも多々あり

・三菱のEV、PHEVについて(三菱自動車EVビジネス部木野氏)
 ~i-MiEV+ランエボ=アウトランダーPHEVという話、若干セールス的な話もあり

・EV&プラグインハイブリット海外最新事情(川端由美氏)
 ~フランクフルト&ジュネーブショーの見聞録

・EV&プラグインハイブリットのエコドライブ講座&楽しみ方
    (石井昌道氏、竹岡圭氏、まるも亜希子氏)
 ~EVスーパーセブンによる日本一周旅行記を面白おかしくトークしてもらいました。
   竹岡&まるもコンビの掛け合いは面白い。また、竹岡さんの着目ポイントはなるほどと思うとこ    ろが多々あり 

・EVスーパーセブン急速充電の旅レポート(寄本好則氏)
 ~試乗に行っていたので詳細不明

ということで試乗に関して。試乗車はテスラ・モデルS(今回の目的)、三菱i-MiEV&アウトランダー、日産リーフ、そしてEVスーパーセブンの同乗。

テスラは車重が2トン以上あるにもかかわらず、EVだからということもあるが、その重さを感じさせない軽やかさ。また大型(全長x全幅x全高=4978x2189x1435、因みにNewメルセデスSクラスは5120x1900x1495)にもかかわらず取り回しが楽だった。ブレーキ回生も手元で変更できてその違いがはっきりと分かった。愛車遍歴でも竹岡さんが番組に持ち込んでいましたよね。






インパネはこんな感じ。


一方、三菱のi-MiEV、アウトランダーは取り立てて目立つ特徴なないが、ブレーキだけはどうしても慣れない。乗り慣れればいいのかもしれないが、あのブレーキははっきり言って好ましくない。


リーフは以前日産本社がある横浜で試乗したのだが、今回はNISMO仕様。少々固められた足回りだったので、ノーマルのモデルよりも好感がもてた。

EVスーパーセブンはモーターの音がそこそこするので他の静かすぎる車両よりはいい感じ。ドライバーが竹岡さんだったのもプラスに作用したか。こちらで記事と動画を観ることができます。


CLUB LEAF of JAPANというクラブの方々が参加しており、その中の一人の方が先月の大変な経験を話されました。本来ならば先月開催された今回のイベントですが雪で中止になり、その方はその大雪の中、東名を帰られました。要は大雪の中でもリーフは全然大丈夫だと言われてましたが、エアコン切って電力を持たせたという話を聞いて。。。。。自分はダメだと思いました(笑)。

今後も引き続き講座が開かれるようなのでご興味のある方は是非。新車種でi3やi8(BMWが貸し出せば)、そしてVWのUpやゴルフGTEにも乗れるかもしれないそうです。一度にEV車を乗り比べてみるのは非常に楽しい経験になります。

日本EVクラブのHPはこちら
Posted at 2014/03/21 23:40:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 出来事 | クルマ
2014年03月18日 イイね!

オーストラリアGP

オーストラリアGP下馬評通りのメルセデス、ニコの優勝。ただハミルトンはリタイヤだったので、全てが順調なわけではない様子。リカルドの失格もよくわからないが、明らかなのはレッドブルはまだまだ解決しなければならない問題が山積しているということ。

フェラーリも速さを見せることが出来ずいつの間にかレースが終わった感じ。どのドライバーも何だかエコドライブしているようで、最近やってるトヨタのCMみたいに団子状態で等間隔距離で淡々と走っているようだった。

それにしてもあのブーンというエンジン音。時代の流れとは言え悲しいものがある。唯一良い点といえば、エンジン音が静かになったお陰でピットとの会話がはっきり聞こえるようになったことぐらいだろう。

オーストラリアGPの主催者は、マシンのサウンドが十分ではなかったことは契約違反にあたる述べており、それに対してバーニーは「私はノイズを恐れてはいない。その欠如にゾッとした」とコメントしたようだ。

   ドライバー               チーム              レースタイム   
1. ニコ・ロズベルグ (GER)     メルセデス WO5 Mercedes    1:32'58.710
2. ケビン・マグヌッセン (DEN)   マクラーレン MP4-29        +26.777
3. ジェンソン・バトン (GBR)     マクラーレン MP4-29        +30.027
4. フェルナンド・アロンソ (ESP)  フェラーリ T              +35.284  
5. バルテリ・ボッタス (FIN)     ウィリアムズ FW36          +47.639
6. ニコ・ヒュルケンベルグ (GER)  フォース・インディア VJM07    +50.718
7. キミ・ライコネン (FIN)       フェラーリ T              +57.675
8. ジャン-エリック・ベルヌ (FRA)  トロ・ロッソ STR9          +1'00.441
9. ダニール・クビアト (RUS)     トロ・ロッソ STR9          +1'03.585
10. セルジオ・ペレス (MEX)     フォース・インディア VJM07   +1'25.916



レッドブルによるレギュレーション解説。去年との対比で面白い。


Posted at 2014/03/18 22:55:58 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2014年03月16日 イイね!

Esperienza Ferrari Tokyo 2014

Esperienza Ferrari Tokyo 2014先日パレスホテルで開催された今年のEsperienzaに行ってきました。

ニコルともディーラー提携するなど、最近日本での販売に力を入れ出したフェラーリ・ジャパン。おそらく過去2-3年のユーロ安で並行輸入が劇的に増加したことも関係していると思われる。

さて今回はスペシャル・モデルが2台展示され、要はあなたも作れますよという「ワンオフ・プログラム」を受け付けてくれるそうだ。昔はこういうプログラムをフェラーリは否定していたような気がするが、最近は儲けが馬鹿にならなくなってきているのだろー。べらぼうなプレミアムが上乗せされるんだろーな。

SP1は間近で初めて見たが、想像していたほど悪くない。




一方FFXは個人的には微妙。。。今月末の御殿場ではこの2台が展示されるそうだが、ラフェラーリ、も期待したいものだ。




うちのと同じNARTブルーのスペチアーレを早く見てみたい。






今年はやけにロッソカラーの展示車が目立つ。









Posted at 2014/03/16 23:12:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | Ferrari | クルマ
2014年03月12日 イイね!

Time to Go Racing

Time to Go Racingとうとう開幕オーストラリアGPが今週末から始まります。

テストシーンを見ると何ともエンジン音がこもった感じで、いささかガックリしましたが、ゼロからのよーいドンなので最初のアウェー数戦は波乱含みです。昔のようにマシン・トラブルでリタイヤするドライバーが続出するかもしれません。

下馬評ではメルセデスおよびそのエンジン使用チームが良さげで、マクラーレン&フェラーリがつづき、ルノーエンジン勢、とくにレッドブルが厳しそうですが、レースなんで何が起こるか分かりません。





フェラーリのダブルエースは上手く機能するのか、こうご期待!!









Posted at 2014/03/12 22:09:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

ブログが何かのお役に立てば幸いです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2014/3 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
This car makes me brand-new and forever youn ...
その他 その他 その他 その他
出来事
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる