• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Mekのブログ一覧

2015年09月30日 イイね!

日本GP

日本GP木曜のピットウォーク時点では週末の天気予報は雨でどうなることかと思ったが、予選および決勝レース当日は見事な秋晴れに。その結果、金曜のFPでは各チーム、あまり積極的に走らず、見ている方も色々な席で観ることができず少々残念なことに。

各チームのグッズ売り場を眺めていると、やはりレースの勝利が影響するのか、あれほど多くの人達が買っていたレッドブルが落ち目となり、メルセデスの人気が高まっていた。また、ベッテルファンのフェラーリへの転向も顕著に見られた。

予選はQ3のクビアトの事故で尻切れになってしまったが、ニコがポール。今年もヤバイことになるのかと緊張が走ったが無事で何よりだった。ハミルトンはこのコースが好きだと言っているが、どうもコース自体は苦手なようでいつものような予選一発の速さはなかった。

決勝はベッテルがスタートダッシュで2位まで上がって一瞬期待を持たせたがSCが出動するような事故もなく、ハミルトンは危なげなくレース淡々と消化して優勝。ラウダをして、メルセデスの中継映像が少なすぎると言わしめるほど何の波乱もないレースだった。


ハミルトンは束の間の観光を楽しんでいたみたい。




ニコはアンダーカットでベッテルを逆転し、その後こちらも淡々とレースを消化し2位。


メルセデスがシンガポールの不調がウソのように飛ばしていたので、前戦好調だったフェラーリでも追いつくことは難しくベッテルが3位を獲得できて万々歳だった。特にライコネンにとって、鈴鹿は2005年のごぼう抜きの経験もあるほど得意なコース(オールドコース好みでスパも得意)みたいで久々にライコネンの好調な走りをここで見ることができた。


ライコネンが前夜祭に登場したが、こんなことはめったになく、浜島氏いわく「日曜は大雪」だとも。


それにしてもアリバベーネ、いつも腕組みしていて渋かった。


パーツが届かず、スタッフの食事も事欠くと噂された貧窮のロータスは2台とも入賞。とうとうルノーに買収されて、貧乏生活ともオサラバになるか。実際、現場で見ているとマクラーレンの遅さは明らかで、トロ・ロッソの若造2人にいともかんたんに追い抜かれているアロンソ&バトンの姿を見ていると、屈辱以外の何物でもない。アロンソが無線でGP2並みの遅さだと無線で言っちゃうのも理解できる。


このコメントをロン・デニスに窘められたとか。それに対するアロンソのコメント。
Some things from today that seem not clear to everybody: -Today was our 3rd best result of the season !! we keep working hard. When we are fighting in group is difficult, we all want to win, and sometimes transmit the team radios, but it should be private chats.
No one should have any doubt that I have 3 years with McLaren and my career in F1 will end with this team, hopefully winning everything だそうです。

       ドライバー            チーム              レースタイム     予選 
1. ルイス・ハミルトン (GBR)    メルセデス F1 WO6 Hybrid     1:28'06.508      2
2. ニコ・ロズベルグ (GER)     メルセデス F1 WO6 Hybrid       +18.964       1 
3. セバスチャン・ベッテル (GER)  フェラーリ SF15-T           +20.850        4 
4. キミ・ライコネン (FIN)       フェラーリ SF15-T           +33.768        6 
5. バルテリ・ボッタス (FIN)      ウィリアムズ FW37          +36.746        3 
6. ニコ・ヒュルケンベルグ (GER)  フォース・インディア VJM08     +55.559       13 
7. ロマン・グロージャン (FRA)    ロータス E23 Hybrid         +1'12.298       8 
8. パストール・マルドナド (VEN)   ロータス E23 Hybrid         +1'13.575      11  
9. マックス・フェルスタッペン (NED) トロ・ロッソ STR10          +1'35.315      17  
10. カルロス・サインツ (ESP)     トロ・ロッソ STR10           +1周        10 



さて今年のフェラーリはベッテルがカリフォルニアTを使用。




やはりアロンソはホンダ車で。




アロンソ自身がこんな動画をアップしてました。


そしてロン・デニスとその仲間?たち。総責任者はモロ社長さんの腰巾着状態。
Posted at 2015/10/01 01:05:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2015年09月23日 イイね!

Are you Ready?

Are you Ready?今週末はちょっと心配な天気予報になってきましたが、都内では週末に向けての準備が始まっています。

まずはメルセデス。六本木のMBコネクションには#44が無造作に展示されていました。ちょうど撮影中だったみたいで、前面がオープンに。






そしてホンダ本社前でも栄光のMP4シリーズが。でも現状を考えると少々イタい。








Powered by Hondaが誇らしげですが。。。


この後、この場所でアロンソ&バトン登場のイベントがありました。It't time to make history。今のところちょっつと悲しいHistoryですが。


バトンは日本GPで引退宣言するとの噂も。


アロンソの背中も心なしか物悲しい。


グロージャンは楽しげに観光してます。


ベッテルはお忍び?でハチ公前へ。






ところで、formula1.comのHPでは「Vote for your favourite Japanese Grand Prix」ということで、1989年、1999年、2005年のレースでどのレースが印象に残っているかの投票が行われています。

因みに2005年はこんな感じでした。






そして最近「日本の名レース100選」でも2005年の日本GPについて発売されたばかり。
Posted at 2015/09/23 21:11:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2015年09月21日 イイね!

シンガポールGP

シンガポールGP何故か調子の上がらないメルセデスを尻目に予選から好調だったフェラーリ勢。決勝も完走15台とサバイバル的なレース展開のなかで、SCによる中断があったにもかかわらず見事ベッテルが逃げ切り通算42勝目、セナの勝利数を上回ることに。

レース後のライコネンも上機嫌で笑顔で話しているのが印象的。来季の契約も決まり、来年で最後になることも関係しているのかも。




来年のエンジンがどうなるか不明だが、レッドブルも健闘。フェラーリがエンジン提供を拒否したらどうなるんだろう?まさかホンダではないでしょう。可能性は低いけどVWグループのランボルギーニという噂も。

      ドライバー             チーム           レースタイム   予選 
1. セバスチャン・ベッテル (GER)   フェラーリ SF15-T      2:01'22.118   1 
2. ダニエル・リカルド (AUS)      レッドブル RB11        +1.478 2      2 
3. キミ・ライコネン (FIN)        フェラーリ SF15-T       +17.154      3 
4. ニコ・ロズベルグ (GER)       メルセデス F1         +24.720      6 
5. バルテリ・ボッタス (FIN)       ウィリアムズ FW37      +34.204      7 
6. ダニール・クビアト (RUS)       レッドブル RB11       +35.508      4 
7. セルジオ・ペレス (MEX)    フォース・インディア VJM08    +50.836      13 
8. マックス・フェルスタッペン (NED) トロ・ロッソ STR10        +51.450      8 
9. カルロス・サインツ (ESP)      トロ・ロッソ STR10       +52.860      14 
10. フェリペ・ナッサー (BRA)      ザウバー C34         +1'30.045     16  

さて、今週末はいよいよ鈴鹿。普通に考えればメルセデスだが、フェラーリに淡い期待を。マクラーレンが周回遅れになるのだけは見たくない気がする。

Are you Ready?


バトンは既に東京。


グロージャンはタクシーの中。


ハミルトンは機上。


"Joy Will Take You Further"


Posted at 2015/09/21 22:27:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ
2015年09月13日 イイね!

CG CLUB MEETING 2015

CG CLUB MEETING 2015先週、船橋オートレース場で開催されたCGのイベントを覗いてみました。CGTVの方は昔のを含めて(特にCSテレ朝ch2でやってる1990年代の古い番組がいいですよね)よく見るのですが、雑誌の方はというと気になる記事がある時のみ購入する程度なので、それ程こだわりがあるわけではありません。

あれは忘れもしない10数年前の東北道。走行車線から追越車線に出て追越しをかけていた時に、後ろから迫るホットハッチ系のフランス車。下品極まりなく後ろにくっつき、早く道をあけろと言わんばかりにピッタリくっついて追い越して行きました。リアウィンドーにはCGのステッカー。その当時は長期テスト車だと思い、2度と雑誌を買うものかと思いましたが。。。

時は流れ、年齢と共に自分も丸くなり、今ではそこまでの思いはありませんが、雑誌に書かれていることに盲目的でもありません。また、最近ブックオフで90年代後半のCGが100円で売っていて、大人買いしてしまったこともあり、ちょっと行って観ようかと思った次第です。

前振りが長くなりましたが、まずは協賛ディーラーの展示車。


このボンネット、ここまで開くんですね。


昔ここに船橋サーキットがあり、色々なレースがあったようですが。。。


こちらはミーティング参加車。

こういう図柄ってなんかCG的な感じがする。








数年前まで不人気車だったような気がするZ8。今じゃ値段がうなぎ上り。希少価値さまさまです。






こちらは関係者の車両エリア。流石マニアックです。






ブックオフで買った1998/2号。1997年のCOTYに係る記事で、この年はご存知プリウスが受賞。今は社長さんになった加藤氏の選択は355F1。今では普通になってしまった技術ですが、初めて本格的なセミATを導入したのがこのモデルです。今のセミATと比べるとまだまだ稚拙ですが、そこがまた今のレベル比でのマニュアル度があるとオーナーとしては思うのでした。
Posted at 2015/09/14 00:58:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 出来事 | クルマ
2015年09月07日 イイね!

イタリアGP

イタリアGPハミルトンの勢いは誰も止めることができません。ベッテルとの差は25秒。タイヤの内圧問題が不問とされ、ティフォシの微かな望みが断たれました。

折角の予選2位をふいにしてしまったライコネンだけど、過去2戦はメルセデスが失敗しているし、エイド・デバイスがなくなったお陰で多少はスタートが面白くなったのも事実。


マッサも久々の表彰台で流暢なイタリア語で挨拶。それにしても何でジョージ・ルーカスがインタビュアーなのか不思議だった。観客もブーイングをしていたような感じ。


さて、マクラーレン・ホンダ。今年はもう改善の見込みはないが、ホンダ総責任者、ロン・デニスを敵に回したら勝つ見込みはないでしょうね。そもそも2社の目標達成に対するスピード感が違い過ぎる。手段を選ばず最も効率的に物事を考えるマクラーレンと、教育の一環としてプロセスも重視して開発するホンダの違いは明らか。組織論の恰好なケースになりそう。

松田次生選手の解説はなかなか良かった。メルセデスの車高の高さに対する疑問点などドライバーならではの着眼点。F1速のHPに詳細が載っています。それに比べて。。。最近元F1ドライバーは解説していないけど。

ヨーロッパ・ラウンドが終わりいよいよアジアへ。今から楽しみな今月末の日本GP。

   ドライバー                チーム               レースタイム    予選
1. ルイス・ハミルトン (GBR)      メルセデス F1 WO6 Hybrid     1:18'00.688      1 
2. セバスチャン・ベッテル (GER)   フェラーリ SF15-T           +25.042      3
3. フェリペ・マッサ (BRA)        ウィリアムズ FW37          +47.635       5 
4. バルテリ・ボッタス (FIN)       ウィリアムズ FW37          +47.996       6
5. キミ・ライコネン (FIN)         フェラーリ SF15-T         +1'08.860       2
6. セルジオ・ペレス (MEX)       フォース・インディア VJM08    +1'12.783       7
7. ニコ・ヒュルケンベルグ (GER)   フォース・インディア VJM08      +1周        9
8. ダニエル・リカルド (AUS)      レッドブル RB11             +1周       19 
9. マーカス・エリクソン (SWE)     ザウバー C34              +1周       12
10. ダニール・クビアト (RUS)     レッドブル RB11             +1周       18

シェルがフェラーリとのパートナーシップ契約を延長。また、今ならシェルで給油するとフェラーリのレゴが買えます。



Posted at 2015/09/07 23:40:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | クルマ

プロフィール

ブログが何かのお役に立てば幸いです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/9 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

フェラーリ F355 (クーペ) フェラーリ F355 (クーペ)
This car makes me brand-new and forever youn ...
その他 その他 その他 その他
出来事
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる