車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月10日 イイね!
ん?投稿したのに消えた。何が起こったんだ?(^_^;)

気を取り直して…

先週はフロントの車高だけ上げましたが、リアはジャッキアップが出来ず断念。

弐号機はリアバンパースポイラーが付いているため、普通にフロアジャッキでジャッキアップポイントである牽引フックにアプローチできません。
なので、ハンガーと言えばいいのか、車両に付属しているものを使います。

車両に付属してきたのは、これです。



KTMから純正供給されている、ジャッキアップハンガーとウマ。
フロア高を約50cmまで上げて、重整備もしやすくするようになっています。

しかし、50cmの高さにジャッキアップするには、フロアジャッキもかなり大型のものを使わないといけませんし、
前後とも上げないと作業できないかもしれません。
また、エア抜き等で運転席に座ろうにも、高すぎて這い上がるのが困難かと…

で、30cm低い、フロア高20cmになるような足を追加で作ってもらいました。



午前中に塗装したのですが、まぁ出来は気にしない。(^_^;)

使い方は、牽引フック部にかけて



大型の皿を交換できるジャッキに対応した形状なので、ジャッキを買おうとしたら重くて(40kg以上)断念。
ガレージに置くにはいいのですが、持ち運んで使うのは無理です。
なので、(金属でアダプター作ろうとしたら高くて断念して)100円の端材に穴あけ加工して。



ジャッキアップしたら、足を取り付けて、下ろします。



これで、安心して作業できますね。(^_^)


ホイールを外して、リアハブ周り。X-BOWオーナーしか分からない?違いがあります。



・ローター/キャリパー大型化 (フロントと共通)
・スタッドボルト化
・スペーサー追加 (これがないとキャリパーとホイールが干渉するため)

スペーサーは純正部品なんですよ。



で、ショックにアプローチするために、フェンダーとリアサイドパネルを外して。



ショックのお皿を回そうとすると、手持ちのスパナのピンが入らない。(^_^;)

ガレージがあればこのままで買いに行くか、加工するところでしょうが、青空作業の身ではこれにて終了。

さて、明日は作業できるのかな?(^_^;)
Posted at 2016/12/11 00:56:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | KTM X-BOW(弐号機) | クルマ
2016年12月07日 イイね!
この記事は、ドライバートークショー。。。について書いています。

kamePさんが、神奈川トヨタ「マイクス」にいらっしゃるって、それおトークショーをされるとのことで、行ってきました。



「マイクス」は近くなんですよ。

最近もそこのauに、iPhone7買いに行ったばっかりだし。

で、kamePさんより、「X-BOWで来い」との指令を受けましたので、その前に…

マイクスの駐車場は地下で、スロープが若干きついのと、前輪切れ角対策で、フロントの車高を約12mm上げました。リアは馬が間に合わなかったので、今週末かな?
前輪切れ角は改善されたものの、やはりフェンダーは豪快に当たります。
どうしても必要なときは、フェンダーが曲がってタイヤに当たるまでは、フェンダー削りながら…
もう少し車高を上げれば概ね解決しそうですが、この段階で地上高は65mmくらい?
フロントを215⇒225に換えると、5mmくらいは上がっちゃいますから、これ以上は上げられません。

それでも、マイクスの駐車場スロープでは、腹を擦りました…
リアを上げれば擦ってないですね。そこは今回は仕方なし。
駐車場でも切り返しが多く、ちょっと迷惑ですね。(^_^;)

肝心のkamePさんのトークショーは



お話し上手。(笑)

モータースポーツ関係者って、実際障害について考えることは多いと思うんですよ。
自分もクラッシュのときに、右手を失っててもおかしくなかったですし…
伊豆のモビイティパークへ行ったときも、モビリティの代表から、キャンプ場をバリアフリーにしたのは、レースで怪我した昔の仲間が来られるようにとの理由だと聞きました。

今現在必要な人のためはもちろんですが、自分のこととして、病気にしろ怪我にしろ、障害を持ったときでも、この楽しい車趣味を続けられるようにも、何かお役に立てればなと思います。


会場で、なるほどなと思ったことが一つ。

X-BOWからステアリングを外して持って歩いてたのですが


(画像は拾いもんで、実際にはカーボンではありません。カーボンいいな…)

それ、何処で作ってもらったんですか? と、聞かれました。

MR-Sのレースカーもそうでしたが、どちらかの手が不自由な場合に、どちらの手でも全操作が出来るように、スイッチ類は上方(サンバイザーのあたり)に配置してありました。
X-BOWもスターターとハザード以外は、ステアリングに集中してるので、どちらの手でも操作できます。
もしかしたら、そのような用途として、ステアリングにスイッチ類を配するのもアリなのかもしれませんね。


さて、今週末はリアの車高調整も出来るかな?
Posted at 2016/12/07 23:33:38 | コメント(2) | トラックバック(0) | レース | クルマ
2016年11月28日 イイね!
本題に入る前に。
X-BOWのホイール、まだあります。誰か買って下さい…(^_^;)


で、本題。
みん友さんのところでも話題になってる、X-BOWのマイナーチェンジ。



予定どおりの、GTとの共通化を進めた内容になってそうです。

RはGTとの共通化によって、ドラッグも減るけどダウンフォースも減る方向。
RRは前後に空力付加物を追加して、ダウンフォースをより強力に。
と、いったところでしょうか?

インテークは中央からロールバーの左右に移され、これはGTのウィンドシールド外側に配し、共通化を図るためではと推測されます。
興味深いのは、RRのリアパネルにエアダクトが追加されているところ。位置からするとアウトレット?
フロントパネルはライト後方にまで広げられ、ドラッグを減らしているように見えます。
デザインのため?サスカバーは付けられないでしょうが、こちらも効果ありそう。
リアパネルは後端が落ちて、ダウンフォースは減る方向ですが、GTとの共通化と、RRでのGTウィングによるダウンフォースとドラッグの最適化のためでしょうか?
フロントフェンダー上のガーニーフラップ状のもの。これも考えてやってみようと思ってたんですよね。

総じて、実戦からのフィードバックと、GTとの共通化を、上手くまとめているように感じます。
(自分はそのような評価が出来る人間ではないですが…)

思ったのは、色からくる印象か?うちの弐号機に似ているように感じます。
出力もRRで、355bhp / 350lbf.ftとのことですから、弐号機の実測値(レースガス) 388bhp / 369lbf.ftから推測されるハイオクでの出力と、ほぼ同等ではないかな?
フロントスプリッターの延長と、GTウィング装着は、半ば予定してるし。

さて、日本には何台入ってくるのでしょうか?(^_^)
Posted at 2016/11/28 23:56:09 | コメント(1) | トラックバック(0) | KTM X-BOW(弐号機) | クルマ
2016年11月21日 イイね!
日曜日は天気が良くて暖かかったので、弐号機のオイル交換に。
イギリスから持ってきただけで、何の整備もしてないので、とりあえずオイル交換だけでも。

そのまえに、ヒタキさんと大黒PAで待ち合わせ。

弐号機の大黒デビューです。(^_^)

フロントサスカバーがあると、ちょっとのっぺりしてますね。

ヒタキさんにも乗ってみてもらいましたが、警告灯が点きっぱなしになって、ウインカーが分からなく迷惑かけました・・・(^_^;)
回転落ち等で電圧が下がると警告が出てしまい、ストップウォッチボタンを長押しすると、解除できるようです。

しかし、メーターがマニュアル読んでも使い方が分からず、苦戦しています。
結局ノートPCをイーサネットで繋がないと設定変更できず、そのマニュアルもよく分からないもので、やってみようと思いますが失敗したときが怖い…

その後、ヒタキさんと別れて、東雲のSABへ。
壱号機はみなとみらいのSABでオイル交換してたのですが、再開発で閉店になり、何処でやってくれるかも分からないので、取り急ぎ。(面倒なので上抜きで。)

待ち時間にランチを食べて(助手席の妻はワインも飲んで…)、さてオイル交換です。

いつものことですが、カウルは自分で外します。


エアインテークのホースが、ステンバンドで繋げてあるので、少しだけ面倒。

外したらこんな感じで。

このアングル結構いいなぁ。(^_^)

レーシングエアボックスあたりを


メカノイズが大きいのは、エンジンカバーがないのも影響してるかもしれませんね。
壱号機でカバー外して、インテークを前側にしてたときは、エアクリーナーまでは遠かったですし、
煙突外してたので、音も上に抜けていたのかもしれません。
まぁ、音は慣れてきましたが。(ヘルメット被ってる限りですが…)

さて、徐々に慣れていきたいところですが、寒さが厳しくなりそうですね。(^_^;)

Posted at 2016/11/21 22:27:47 | コメント(7) | トラックバック(0) | KTM X-BOW(弐号機) | クルマ
2016年11月18日 イイね!
X-BOW弐号機初乗感想前記事のとおり、X-BOW弐号機が登録完了しました。
お昼にスマホから投稿だったので、もう少し詳しく。


今日の一番のびっくりは、弐号機ではなく、横浜陸事恐は凄い!(笑)

いきなり別の車の話題で。

陸事に行くときは、珍しい車がいることも多く、ちょっと楽しみなんですが、今日は何かいるかな~?

Alfa Romeo RZとかいますね~
大きな羽根を付けた930。
まぁ、そんなに珍しくはないですね。



で、地上に降りてませんでしたが、今日の珍しい車はこれ。


(画像多少加工してますが、問題あれば消します。)

BAC MONOです!
まさかこんなところで会えるとは。(笑)

いやぁ、偶然同じ日に、X-BOWとMONOが集まるなんて、横浜陸事恐るべし。(笑)


で、自分の車。
積車に載って登場。
ここで下ろしてナンバー付けて、そのまま引取りです。





覗き込むおっさん一人

ナンバー付けると見えないところに、レース用のバックライトがあります。
運転席から点灯/点滅できます。(確認してないけど、出来るはずです…)


今日はほんの少ししか乗ってませんので、さわりの感想だけ。

まず、うるさい!
いや、排気音が大きいわけではなく、周囲に迷惑はかけないのですが、吸気音とターボの音が、
インテークから耳元に、けたたましく聞こえます。
なんか、エンジンルームの中に居るみたい。(入ったことないけど…)
回そうと思っても、まず音で押さえちゃいますね。
ヘルメット被ると大丈夫だと思いますが…

ハンドル切れないのは予想通り。
トラックを運転していると思えば大丈夫ですが、周りはそう見てくれないので、間を空けてくれたりはしません。
これは慣れるか、加工するか…

エンジンパワーは確かにありますが、前述の音の問題と、いきなり全開も怖いので未確認。
フライホイールが軽いのが影響してるのか、アイドリング付近の燃調の問題か、クラッチの重さか、
エンストすること数回。(^_^;)
まぁ、これは前の車の感覚が抜ければ大丈夫でしょう。

シフトは1,2速にちょっと入りづらく、3速発進してしまうこと数回。
入りにくいくらいのほうが、サーキットでは(1,2速使わないので)シフトミスしにくいですし、
もしかしたらわざとそう詰めてるのかもしれません。

車体の感じは、リアの補強フレームが効いてるようで、かなりがっちりしてる感触です。
まだ不整路でのばたつき感触だけですが、このフレームは効果的なようですね。

いろんな面で、ちょっとやりすぎかなぁ… とも思いますが、これくらいで始まったほうが
どうせならいいと考えましょう!(^_^)

その他、いろいろ違ったところがありますが、またおいおい。
Posted at 2016/11/18 00:11:53 | コメント(9) | トラックバック(0) | KTM X-BOW(弐号機) | クルマ
プロフィール
「明日は大黒デビュー?」
何シテル?   11/19 20:53
普通のサラリーマンですが、普通でない車遊びがしたいと思ってます。 とりあえず、他の方のブログにコメント書くために登録してみました。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
M235iクーペの油温表示の方法(裏メニュ) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/07/28 10:02:15
お好み焼 まるう 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/04 09:20:21
汐留の穴場… 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/02/17 19:08:11
ファン
169 人のファンがいます
愛車一覧
フェラーリ 328GTB/GTS フェラーリ 328GTB/GTS
あこがれ続けて15年、2002年に手に入れました。 乗る頻度は少ないですが、いつも快調で ...
KTM X-Bow (クロスボウ) X-BOW(弐号機) (KTM X-Bow (クロスボウ))
さて、どんな世界を見せてくれるのか?
MV AGUSTA ブルターレ750s MV AGUSTA ブルターレ750s
もうバイクに乗ることはないかなと思いつつ、やっぱり乗りたくなり… F4のデザインが最高 ...
BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
Polo君は非常に気に入ってたのですが、後席に人を乗せる機会が少し増え、さすがにきつくな ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.