車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月19日 イイね!
スロットル部加工 & 燃圧と漏れ確認 & テールリフレッシュ & ため息排気系と吸気系を装着して、燃圧確認。



なのだが、その前に、







プラグの気筒差の要因が同調とれてないからでは?という指摘をいただいたので、



負圧計は持ってないけれど、調整はできるようにスロットル部を加工する。






インジェクタボディ(=インジェクタ搭載部の部品名)が調整部を隠してるので、






削ってみた。



>某氏
ワタクシ、嘘を申しておりました。
簡易加工で、調整機構は機能しそうです。




まぁ同調ってあんまり気にしてないので、実際に調整するかどうかは気分次第、、、

一応全気筒、全閉じ状態から、ネジ1回転開けた状態で統一。








これで吸気系もついて、燃料配管が接続されたので、



燃圧と漏れの確認。







漏れてなさそうなのでOK。










んで、



前々から部品は取ってあったので、



テール周りをリフレッシュする。







裸にして、キレイキレイして。






ガスケットを新品に。

テール部品番:81554-1A230 ×2枚
ウィンカー部品番:81556-1A230 ×2枚








復活!






う~ん、自己満♪











この後、久々に馬から下ろして着地させたのだが、





先日ラテラル調整したホーシング、





ボディに対して、センター出てるのだが、





バーフェン目視でセンター出てない。




かなり右に寄ってる。




あと、やっぱりホイールベース、左側が長そう。






さぁ、どうしたもんか・・・。




あと、メンバーローダウンの影響か、フロント車高が想定より低そう。










ふぅ~、、、




Posted at 2017/02/19 20:25:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月19日 イイね!
ステアリングセンター確認 & 燃料配管見直し & ハブベアリング交換ステアリングセンター、




原点に戻って、ラックに対してセンターが出てるかを確認してみた。






足が繋がってると、ラックの限界より先に干渉による限界が来てしまうので、一旦タイロッドの接続を切る。




んで、回してみたら、、、




ズレテタ。




ラック側でスプラインをヒトコマ分調整して、





バッチリセンター出ました。
(左右斜め下にある黄色いテープ)


ちょいとだけ左側テープの方が下までいってるが、もう限界。





アライメントの確認はまだやってはいないが、

リアのホーシングセンターも未確認なれど(まだ馬に乗ってるから)、調整した(される)ので、

前回フロント調整時のタイロッドとテンションロッドの左右差を一度リセットしておいた。






でも、足繋いで、左右差リセットした後のセンター確認忘れてた・・・。

確認しとかなきゃ。














んで、



次、



エンジンローダウンの弊害その2への対処。



燃料配管がステアリングシャフトと干渉するようになってしまったので、取り回しを見直す。





写真はすでに配管外した状態。



元々は、フレックスホースでステアリングシャフトの下側を通していたが、





今回は作戦を変えて、アルミチューブ配管に。






取り回しもステアリングシャフトの上側にしました。
(訳あって、シャフト抜いてるけど・・・)


ごちゃごちゃしてて分かりにくいな。






吸気系を装着しないと燃圧かけれないので、漏れ確認は後日。


万が一漏れたら、修復大変なんやけど・・・。













で、



次、




先日の走行前チェックで、気になったハブのガタ。



ベアリング交換しよう。





とりあえず、ハブをバラす。


いつも自分はマイナスドライバーでどついて外す。






某オクで入手のNTN製ベアリングとKOYO製オイルシール。






グリスはワコーズのハイマルチグリース(稠度20 HMG-U M520)。







ぶちこんだ。






ベアリング入れるときも、自分はマイナスドライバーでカンカン叩いて入れてるのだけれど、、、

気を遣っても、やはり多少はハブ内部に傷がついてしまう。

なんかいい方法ないでしょうか?
(プレス無し環境で)









スピンドルも旧グリスを拭き取って、







新グリス塗ってハブつけて完了。




新品のキャップを付属してるセット物で調達したが、

キャップ、、、ハマラナカッタ、、、








記憶の範囲で思い返してみたら、黄色いマシンはハブベアリング新調したの初めてかも・・・


自分ではやってないし、依頼した記憶もないなぁ~。




車両入手して、はや16年くらい経つが、、、






まぁこれでしばらくはOKってことで。













気づけば、ハチロク歴も20年だな、、、
(途中の長い冬眠期間含んでるけど)



Posted at 2017/02/19 08:01:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月16日 イイね!
ヨーク交換とミッションローダウン先日、ラック側のスプラインを削って、上方シフトして装着できるようにしたヨーク。






つけたのは新品。



重ステ用のヨーク、品番:45209-10020






固定ボルトも新品に



品番:90119-08560 ×2本







元々はワッシャとボルト別?っぽいが、バネ座付ボルトになった?






ラック側固定部に関しては、万が一、下方にずれて、ステアリングシャフトとヨークが抜けたら嫌だから、





ワッシャを、挟み込んでみた。

これで落ちることはない。
(つーか、そんなこと起きない気もするが・・・)







んで、懲りずに真の目的達成のため、


ミッションもローダウンしてみた。






こちらもKaipower製のスペーサーで20mmダウン。









が、




これでもダメだった・・・。



更にエンジンもミッションもあと10mmずつくらい落とさないと、達成出来そうにない。



でもエンジンをこれ以上落とすには、ステアリングシャフトを本格的に下げるか、延長する必要がある。





う~ん、厳しい!




道は険しいのぉ~


Posted at 2017/02/16 22:40:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月12日 イイね!
エンジンの更なるローダウン化エンジンメンバーローダウンスペーサー。


上側:厚み20mm(Kaipower製、実測22mmだった)。
下側:厚み10mm(松本自動車だったかな?もう随分前の品)



やりたかったことは更なるエンジンのローダウン化。




元々、10mmスペーサー入れてのローダウン状態だったが、更に下げる。




まぁ、やってみたかったから・・・





20mm品は、強度等考えて今は鉄製のようで、重量への配慮で肉抜き対策してあるが、





↑アルミ10mm、215g



に対して、













↑鉄22mm、1038g








う~ん、ちと重い!



1.6kg強の増量。









キットにボルトやナットももちろん付属していたが、自己判断で、





細目ネジとフランジナットなどを別手配してみた。


それなりに大事なとこかな、と思って。(気持ちの問題)


間に入れてるワッシャ(含、バネ座)はチタン製だったり・・・。






メンバースペーサー入れ替え作業の手順としては、

元々の状態で、まずボルトを入れ替える。
すると、長さに余裕ができるので、
その状態で、ボルトの先っぽにナット仮止めして、
ボルトついた状態でメンバー下げて、余裕代作って、
1本ずつ抜いてアダプタ入れ替えつつやっていくと、
ボディとメンバーの穴位置がずれることがなく、
結構簡単にアダプター変更完了。







+12mmローダウン。(トータル22mm)
















ただ、












このローダウン化には、いくつか弊害がある。







そのうちの一つ、



ここまで、大きく落としてしまうと、



ステアリングシャフトがヨークに届かなくなる。





困りますね・・・。











んで、





ステアリングシャフトの固定をスペーサーかまして、落としてみたのだが、、、(個人的には奥側9mmが限界)









まだまだ足りない。















ああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああ










困った!
















ヨシ、もう勢いだ!










↑ラック側のスプライン部





























削ったった!













一応、ちょっと上側にオフセットすれば、ヨーク介してシャフトと繋がる。










いいっしょ、コレデ・・・・・・








まだまだ未完の仮組状態。











































は、





別にある真の目的のための達成手段として更なるローダウン化を実行したのだが、、、



真の目的の方は、それでもうまくいかず挫折・・・












なんのためにコレヤッテルノカ・・・















"手段" が "目的" へ




そういうことってアルヨネ♪






まぁ低重心化したってことで・・・


Posted at 2017/02/12 20:51:16 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月11日 イイね!
ピロアッパーボルト交換とラテラル調整と次のやりたいことへ向けてピロアッパーのキャンバー調整ボルト、



長く飛び出して、ステアリングアッパーシートとの干渉懸念があるため、短いのに変える。










バネ座付の座金付ボルト、5mmほど短め。






左側が変えたボルト、右側突き出したのが元々のボルト。








↑ビフォア








↑アフター







で、


写真はないけど、


お尻もあげて、


リアのラテラル調整をしておいた。


先日のズレの黙視確認量を感覚でラテラル長短くして修正。


馬かけたまんまなので調整結果は未確認。








んでもって、次のやりたいことへ向けて、







今はこんな↑状態。







が、





挫折しそうな気配・・・



Posted at 2017/02/11 19:13:45 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「夢の国でバッテリーあがり、、、
車には魔法かけてくれなかった・・・」
何シテル?   12/13 07:46
AE86で遊んでます♪
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
18 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
2011シェイクダウンAE86(サーキット用)
トヨタ スプリンタートレノ トヨタ スプリンタートレノ
2010.08に勢いで入手したリハビリ用街乗り号。 トレノに愛着がわかず2011.04に ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.