車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月20日 イイね!
北陸ツーリングのおまけ先日のツーリング用に以前から気になっていたアイテムを購入しました。

シガライターソケットを利用したスマホホルダーで スマホの充電をしながら使用できる優れもので スマホホルダー側のソケットを使ってシガライターも使用(自分は喫煙しませんが)できます。


これでバッテリーの残量を気にせずスマホのナビソフトを利用できると思いきや エスプリのシガライターソケットの径が大きいようで スマホホルダー単体では問題ないもののスマホホルダーにスマホを取り付けると倒れてしまいます。
シガライターソケットの径って世界共通じゃないの~?

まあ、嵌らない訳ではないので改良すればなんとか使えそうです。
当然、スマホホルダー側のソケットにはエスプリのシガライターは嵌りません。

もうひとつ問題があり 取付け位置がシフトレバーとウインカーレバーに近いためスマホを横向きにすると操作の際に手が当たってしまい 縦でしか使用できません。
まあ、これはいいか~。

購入時にサンプル品を借りて取り付け確認すべきだったな~。

又、今回のツーリングにてエナプリさんとブリティッシュグリーンさんが燃費を気にされていたので帰宅後にメーターをパチリ。

今回の走行距離は353.8kmで フューエルメーターはこんな感じ。


すごく燃費がいいよう見えますが 実は、以前にフューエルメーターのメーターケースが経年劣化で割れてメーターパネルの奥に落ちた際にメーターの針の位置が狂ってしまい実際の残量より多く表示をすることを思い出しました。

昨年のガス欠トラブルはこの狂ったメーターのせいだったんだ~!
Posted at 2016/11/20 18:35:03 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月14日 イイね!
関西・東海組合同北陸ツーリング11月13日に関西組と東海組との合同ツーリングに参加しました。


東海組は一宮PAに集合。


初めてお会いするブリティッシュグリーンさんのエスプリにトラブル発生にて
今回はエナプリさんの助手席にてご参加。

早瀬さんとの集合場所である羽島PAに向かう道中で早瀬さんを発見、自然
合流し 関西組との集合場所である北陸道神田PAへ。

tamiさんのSE


早瀬さんのS4


S4&4SさんのS4


エナプリさんのSE


幹事 蟹さんのエスプリにトラブル発生にて国産プリ(ウス)にて参加。

メタセコイア並木を通って第一目的地であるマキノピックランドへ。


天気がよかったこともありマキノピックランドは大盛況。

昼食場所である千鳥苑へ。
11月とは思えない気温22度で車中は暑いくらい。


tamiさんのご友人?のS4が合流。


千鳥苑で海鮮バイキングをいただいた後、レインボーラインへ。

先導役の蟹さんのプリの速いこと速いこと。
コーナー2つほど置いていかれました。(笑)


山頂公園からの景色は最高。


ここで解散となりました。

トラブルにてエスプリで参加できなかった方は残念でしたが 天気にも恵
まれ 最高の景色を満喫できるコース設定で とても楽しいツーリングと
なりました。


幹事の蟹さん、ありがとうございました。
又、参加された皆様 お疲れさまでした。

帰路の途中、名神羽島~一宮間で事故のより11km、55分の渋滞のため
寄る予定をしていなかった養老SAへ。

偶然にも30年程かよっている?居酒屋一○ゃんのママにバッタリ。
店のお客さん達と一泊で三方五湖へでかけた帰りだとか。
昔は・・・、いや 言うまい。(笑)

Posted at 2016/11/15 00:32:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月11日 イイね!
三週連続ヘッドライトモーターの修理も終わり「やれやれ」と思ったのもつかの間。

イグニッションスイッチをONにしてもABSの警告灯が点灯しないのに気づきました。

「ありゃ~! ヘッドライトモーター脱着時に何かやらかしたか?」
「それとも気づかなかっただけで 以前から点いていなかったか?」

こんな時はいつものように主治医さんに
「イグニッションスイッチONでABSの警告灯が点かないんだけど~?」
と電話で問い合わせ。
「イグニッションスイッチONでの点灯は球切れの確認の為なので 球切れが怪しい」
との回答をいただきました。

早速ホームセンターでT10のバルブを購入。
以前から時計がグラグラしており 2年前にメーターケースの破断を接着修理した経験から「又、割れたかな?」と思いつつ放置しておりました。

この際ついでに時計も修理することにしました。

まずはメーターカバーの取り外し。
①メーターカバー左右の下側に1本ずつあるプラスの鉄板ビスを取り外し。
②運転席のフロアに寝転がり デフロスターダクトの奥にあるM6六角ボルトを取り外し。
  (右ハンドル車はダクトを外す必要あり)

③メーターカバー側面を外側に引っ張り 左側はメーターパネルの前側に外す。

④右側はメーターパネルの後ろ側に外す。

  これが結構、力がいります。
⑤メーターカバーを助手席側にずらしながらメーターカバーを上から見た状態で反時計まわりに回転(右ハンドルの場合)させればカバーが外れます。

外れたメーターカバーを裏から見てます。


ABS警告灯はバルブ交換で無事点灯。

時計はやはりケースがパックリ。
以前、接着した部分が剥がれていました。


破断部を圧着した状態で瞬間接着剤を流し込んだのですが どうも不完全だったようです。
そこで今回は破断面に接着剤を塗布することとし 破談面の位置あわせならびに時刻調整ノブの位置あわせがひつようとなるためゼリータイプを使用しました。

ところが位置あわせ途中でくっついて動かなくなり焦りました。

マイナスドライバーでこじてなんとか外し 再び前回同様 圧着した状態で側面から接着剤を流し込む方法に変更。

着いて欲しくない時はすぐに着いたのに 着いて欲しい時はなかなか着いてくれず 1時間程圧着状態をキープして無事修理完了。

メーターカバーの取り付けは当然、取り外し時の逆ですが 取り付け時はピラーガーニッシュとベンチレーターダクトに干渉して元の位置に戻しにくいので ダクトと干渉位置まできたらフロアに寝ころがってメーターカバー内にダクトを押し込むと楽に復元できます。

3週間続けての修理になりましたので しばらく修理はいいかな?

Posted at 2016/10/12 00:52:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月02日 イイね!
修理完了!先日の作業時にできた傷のかさぶたも取れ 時間が出来たので本日修理を再開。

外したモーターを取り出すべく10分程格闘するもモーターボディに着いたままになっているブラケットが邪魔して全く出る気配無し。

かといってモーターブラケットを外すには狭いスペースに落ちたモーターのブラケット締め付けM8ナットをスパナで固定しプラスネジを緩める必要があるがとても無理。

こんな時はとオーセンさんに「モーターが出ない(泣)」「モーターブラケットが外せない(泣)」と泣きついたところ 「スペースをつくるためにアキュムレーターのブラケットを緩めたかもしれないが モーターブラケットは外さなくても出る」との回答でした。

アキュムレーターのブラケットを緩めるべく眺めていたが 緩めたところで1cmも動きそうにない。
モーターブラケットを外さなくても出るとわかったからには一か八かこのまま再挑戦することに。

するとあろうことか5分もかからずスルリと出てきました。(ヤッタぜ~!)

取り出したモーターは以外にキレイ?


ギヤ部の蓋を外すと案の定、樹脂のカケラがパラパラと・・・。


シャフトを抜くとエスプリオーナーには見慣れた光景が。


早瀬さんのブログにあったとおり右側はコイル部をばらすことなくシャフトが抜けてくれました。
知らなかったら迷うことなくコイル部をばらしていたでしょう。
早瀬さん、詳細なレポートありがとうございました。

シャフトとギヤを洗浄し組み付け。


今回も使用するのはこの部品。


樹脂製丸棒で単価は270円。
今回の修理に必要なのは3個ですが 次回の修理用?を含め9個を購入。

モーター自体の修理は部品の洗浄を含め10分程度で完了。

取り出すのに難儀したモーターはあっけないくらいにスルリと入ってしまいました。(ヤッタぜ~!)
モーターさえ入ってしまえば狭いスペースから右腕を入れてモーターを保持し M8ボルト3本でモーターを仮締め。
今回の作業にはこの工具が大活躍。


モーターブラケットをM6ボルトにてボディ側に締め付けた後、モーター固定ボルトを本締め。

モーターのシャフトにロータリーリンクを嵌めてM8ナットで固定。
後はモーター後部のノブを回してロータリーリンクのシャフトとポッド アクチュエーター リンクの穴を合わせてM8ナットで固定すれば作業は完了。

これらの作業は作業スペースをかせぐ為、ヘッドライトを上げた状態で固定する必要があります。

本日は1時間ほどの作業でしたがまともに西日を浴びて汗だくになり、中腰での作業はとても苦痛でした。

体重53kgの自分の右腕がぎりぎり入るスペースしかなく 腕の太い人はこの修理は大変です。


今回は流血こそありませんでしたが 作業後の右腕はこんな状態です。


割とスペースがあったにも関わらず左腕はこんな状態です。


ヘッドライトのアップ、ダウン時に「ク~」音が出ますが良しとして今回の修理は完了。

まずはやれやれ。

< 番外 >
ペイントを使って画像を回転させているにも関わらずブログに反映されないのはナゼ???


Posted at 2016/10/02 21:54:27 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月26日 イイね!
前途多難?

3週間程前、右側のヘッドライトが上下にバタバタしだしました。

この症状は2年前に左側のヘッドライトで経験済にてすぐにモーター部の樹脂部品の粉砕が原因であることはわかりました。

左側の修理実績があるうえに みん友である早瀬さんの過去のブログに「右側は左側と違ってモーターのコイル部までばらす必要がなく短時間で修理対応できた」とあったことを覚えていたので気楽に考えていました。 

すぐに代用品を調達し油圧」ポンプアクチュエーター部のカバーを外して愕然としました。

左側はモーターが丸見えで作業スペースがありましたが 右側はあろうことか油圧ポンプアクチュエーターに隠れてモーターが見えないばかりか工具を使用するスペースすらありません。

オーセンさんに問い合わせたところ 「油圧ポンプアクチュエーターは外さなくてもモーターは外せるけど ABS用のプレッシャースイッチをオーセンオリジナル対策品に交換したあるためさらにスペースがなく 結構苦労する」との回答でした。

昨日、意を決して8mmと10mmのスパナ、オフセットレンチ、ソケットレンチを用意。


まずはリンク部の接続を切る為にM6のナット2ヶ所を緩めようとするも やはり作業スペースがないためにオフセットレンチもソケットレンチも使用不可。
やむなくスパナ(六角がなめやすいのであまりスパナは使いたくないでけど・・・)を使用。

なんとかナットをはずしヘッドランプモーターロータリーリンクを外そうとするもシャフトに固着しておりビクともせず。
CRC5-56を吹きかけながらリンクを回転方向やシャフトとスラスト方向にこじること40分。
なんとか外れました。

次にモーターボディブラケットのモーター側のM6プラスネジを緩めようとするもアキュムレーターが邪魔をしてドライバーが使えず、とりあえずボディー側のM5ボルトを外しました。

あとはM6のボルト3本を緩めればモーターが外れます。
ところがこのボルトが又、スペースがなくアキュムレーターが邪魔でオフセットレンチは無理。
ソケットレンチもハンドルが干渉し エクステを付けると反対側に干渉。
またまたスパナを持ち出すもスパナ側面がブラケットに密着するためスパナの柄を指で押すことしかできません。

それでもなんとか緩めることができましたが スパナを動かすスペースが狭く スパナの向きを変えながら5~10度くらいずつ緩めて1本に15~20分を費やしてモーターを外しました。

腕1本がヤットはいるスペースに右腕をつっこみモーターを取り出そうとするもブラケットがモーター本体についたままな事もあり まったく出そうにありません。

日暮れに加え作業灯のバッテリーが切れたため作業は終了。

結局3時間かけて外れた部品はこれだけ。




さあ、これからどうしようか?
Posted at 2016/09/26 17:33:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「北陸ツーリングのおまけ http://cvw.jp/b/1094675/38882842/
何シテル?   11/20 18:35
11年間維持したジウジターボを手放しS4sに乗り換えました。 丸みを帯びたデザインのせいかジウジ程ペラペラ感はありませんがペッタンコなデザインはやはり人目を引き...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
最新ロータス試乗、そしてついに『380』が~!!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/04 22:36:57
別府からフェラーリへ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/25 23:54:00
北陸ツーリングのおまけ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/21 00:34:19
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
ロータス エスプリ ロータス エスプリ
4気筒エスプリの最終進化版
ロータス エスプリ ロータス エスプリ
クイックなハンドリングはまさにオンザレール感覚でジウジアーロデザインのシャープなボディは ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.