• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2012年02月04日

名曲の風景1 Life in A Northern Town

名曲の風景1 Life in A Northern Town 出張が多く、ほとんど休みもない私の数少ない息抜きが飛行機の中での時間です。
 最近は(も?)超多忙で隣の席に人がいないときは機内でもパソコンで仕事をしていますが、航空会社もコスト効率を徹底的に追及する昨今、隣が空席だということはめったとありません。
 そういう場合は、仕事をするわけにもいかないので、長距離線の場合は機内のエンタメを見て息抜きをします(コスト削減で機内エンタがない場合が多いアメリカの航空会社を除く 笑)。



 ここ何年も機内で楽しみにしているプログラムがあります。
 そのプログラムは80年代を中心にかつてヒットしたミュージシャンのミュージックビデオ(プロモーションビデオ、PV)を流す番組で、数年前までジオラマ撮影だった「機関車トーマス」と同じくらい楽しみにしている番組です(笑)(機関車トーマスについては別の機会に 笑)

 その曲は以前から知っていたのですが、80年代のMTVブームがあまり好きでなかった私は、PVはほとんど見たことがありませんでした。そしてその曲のPVも機内で初めて見ました。

 そのPVを見たとき、個人的にその景色の優しさとなつかしさに思わず・・・ときました。



 私は90年代初めに数年間英国北部に住んでいました。

 英国はユーラシア大陸の西端、フランスの北、スカンジナビア半島の西側に浮かぶ世界第9番目の面積の島に存在する国です。(ちなみに1位はグリーンランド、日本の本州は世界第7位の面積の島だそうです)
 メキシコ湾流、北大西洋海流のおかげで緯度の割には温暖な気候を持つ英国ですが、緯度は同じユーラシア大陸の東端で考えると、樺太中部からカムチャッカ半島の付け根付近に位置する北極圏に近い位置づけになります。

 テムズ川のほとりにある英国の首都、ロンドンはグレートブリテン島のほぼ東南の端に近い位置にあります。ご存知のように英国本土は、England、Scotland、Wales、Northan Irelandの4つから構成されており、Englandはグレートブリテン島の南部2/3を占めています。

 私が住んでいたのはイングランド北部で、大英帝国島のちょうど中央に位置する場所でした。
 緯度の高さから夏は23時前まで明るく、夕食時間の19時を過ぎるとまだまだ明るい街は通りには誰一人としていなくなり、弱い北国の日差しだけがさしています。23時ごろになると北西の空は弱弱しいオレンジ色に染まり、夕暮れの帳が降りてきます。
 冬は10時ごろまで薄暗く、15時にはもう真っ暗に近い状態になり、人々は長い夜をすごします。



 冷たい北の大地に温暖な海流が運ぶ暖かい空気のせいで、英国の空はいつも曇りがちで、Shower(小雨)やDrizzle(小ぬか雨)が降っています。

 1983年にロンドンで結成されたThe Dream Academyという3人組のバンドは、85年、Life in A Northern Townと言う曲で全米7位、全英15位のヒットを飛ばしました。



 このプロモーションビデオを見ると、北部英国の地味な気候の中で暮らしていた90年代初め頃を思い出しとても懐かしい気分になります。
 PVに写っている風景は、一部JFK関連の映像を除き、英国北東部の都市Newcastle Uopn Tyne、Dahramなど英国北部の都市の列車や車の車窓からの風景になります。



 NewcastleのTyne川に架かる橋、世界遺産Duhram大聖堂(ハリーポッターの映画の魔法学校修道院のロケ地)、山あいの20世紀初頭に建てられた庶民の住宅、テラスハウス、、、それらが北の英国らしい空模様の下で映し出されて、本当に日々の英国の風景がよく表れています。



 Youtubeを見ていると、彼らの初期のPVが出てきました。



 このPVは英国北部、リーズとマンチェスターの間に位置する、ウエスト・ヨークシャー地方のHebden Bridgeという村で撮影されており、19世紀終わりから20世紀初頭に作られた典型的な古い庶民の住宅風景を表しています。この時代は、こういう山あいには水力を利用する紡績工場が栄え、遠く植民地のインドから運ばれてきたコットンを加工する産業が栄えていました。



 私が住んでいた街の周辺は、かつて谷間を流れる水力と周辺で取れる石炭を利用した鉄鋼業で栄えた街でした。



 英国の製造業は20世紀初頭に全盛期を迎え、1970年以降は衰退していくばかりでした。
 しかしかつて世界を支配した豊かな時代に培った遺産で、自国の言葉を世界共通語にし(実際は元植民地のアメリカの力が大きいのですが 苦笑)、音楽や映画、映像番組や語学、ソフトウェア、金融など新しい産業が育ちました。

 独自の言語と文化で世界のガラパゴスとして空前の繁栄を迎え、そしていま衰退期に向かっている日本は、将来何で食べて行けばいいのでしょうか・・・

*3月3日、歌詞を追加しました。

A Salvation Army Band played     救世軍バンドが演奏している
And Children drunk lemonade     子供たちはレモネードを飲んでる
And the morning lasted all day,    朝はずっと続くよ、ずっと(*1)
All day
And through an open window came  フランクシナトラの若いときのような
Like Sinatra in a younger day,     歌声が窓から入ってきて街に抜けていくよ
Pushing the town away         (*1 英国北部の日の光は弱く、昼になっても
Ah                      朝のような弱い光とさわやかさがあります)

Ah hey ma ma ma             北の街の一日(生活)
Life in a northern town.

They sat on the stoney ground     タバコを取り出して話し始める彼を
And he took out a cigarette out    石の地面に座ってみんな聞き入ったよ
And everyone else came down     「1963年の冬はケネディ(暗殺事件)と
To listen.                  ビートルズ(の人気)で世界が凍ってしまったよ」
He said "In winter 1963
It felt like the world would freeze
With John F. Kennedy
And The Beatles."

Ah hey ma ma ma             北の街の生活
Life in a northern town.         この辺の工場も全部閉鎖してしまったよ
Ah hey ma ma ma
All the work shut down.

The evening had turned to rain      夜には雨になった
Watch the water roll down the drain,  雨水が側溝に吸い込まれて行くよ
As we followed him down         あの時僕らが彼に駅までついて行ったように
To the station
And though he never would wave goodbye, 彼はバイバイの手を振らなかったけど
You could see it written in his eyes     列車が離れていくときに
As the train pulled out of sight        さよならと書かれていたよ
Bye-bye                      彼の瞳の中に、、、

Ah hey ma ma ma
Life in a northern town.
Ah hey ma ma ma
Life in a northern town.             (訳責:44love)
---
"Life in a Northern Town" as written by Gilbert Alexander Gabriel, Nick Laird-clowes
Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc., EMI Music Publishing
ブログ一覧 | 名曲の風景 | 日記
Posted at 2012/02/04 08:10:14

イイね!0件



タグ

ブログ人気記事

名古屋メモ リニア博物館 夏休み家 ...
ドライブへ行こうさん

祝・みんカラ歴3年!
歩龍さん

最高級タクシー?! センチュリーの ...
タビトムさん

中国・韓国に、どうやって勝つ?
にん肉まんさん

今更だけど第4回ロータス祭り(wi ...
白銀号さん

東六甲展望台 ミニツーリング
ぐんちゃさん

この記事へのコメント

2012/02/04 12:13:25
日本人のアイデンティテイとは?ですね
たとえ日本の力がなくなったとしても
日本人としての誇りや魂みたいなものは必要ですよね
でもそんな教育や思想は潰される
マスコミ、教育だけでなく日本の政治中枢まで某国たちに蝕まれていて
もう浄化できないでしょう 日本は芯のほうからも腐っていってますね
(失礼しました 問題ありなら削除お願いします) 



コメントへの返答
2012/02/04 12:28:46
こんにちわ。

やっぱり軍国主義とかじゃなくて、誇り、とか愛国心とかいう言葉は必要ですよね。
日本語にも矜持(「きんじ」ではなぜか変換できない 苦笑)という素晴らしい言葉があります。
人間、生きる上で恥ずかしいことはしたくない、という誇りを持って生きることが大切だと思います。それが自制につながるわけですから。

そういう当たり前のことを教えるのを禁じてきた教育団体が今の政権の支持母体です。
戦後60年以上たって本当の意味での敗戦が来たんだなぁとしみじみ思います。(残念)
2012/02/04 12:45:37
僕は、それ以上に、サラリーマン転勤族が原因と思いますね。
ヨーロッパのように、生まれ故郷の村や町に、地に足をつけて人生を送っていれば、郷土愛も文化も民主主義も育つものです。
愛国心が無くても、郷土愛があれば十分。
首都圏や大阪北部・他都市のニュータウンに住む、日本国籍の4-5割程度は、根無し草ですからね。
郷土愛をつぶしたのは、むしろ明治以降の中央集権的な国家主義かも知れません。
生き方を見直すべき時代だと思います。

はよ、関西帰ろ・・・
コメントへの返答
2012/02/04 13:01:25
難しい話題に突っ込みを入れてくるnaofumingさんいらっしゃいませ(^^

確かに日本の大企業サラリーマンには転勤族は多いようですね。私自身上場企業にも何度か属しましたが、転勤族が多い業種ではありませんでした。
まあ個人的に毎日が転勤みたいなものでしたが(苦笑)

じゃあ欧米の企業に転勤族がいないのかと言えば、、、やっぱりいるのですよ。

では何が違うのか?
日本はほぼ東京一極集中であるというのが違うところでしょうか。日本なんか欧米と比べれば狭くて小さい地域ですけどね。
あと全国規模の企業が多いのか? 転勤族の割合が欧米と比べて多いのか? その辺は調べていないのでよくわかりません。

まあ、アメリカは特別にしても、イギリスも、フランスも国の誇りについては教育は行われているようですが。。

日々の生活の糧を稼ぐ仕事がなければ生き方を見直すのも難しいわけで、、、

私も出身地の関西で生活したいですよ。できるならばね。生まれ変わったら来世は地元で地道に生活できる仕事に就きたいですね。
2012/02/04 20:34:07
こんばんは^^

息抜きが飛行機の中とは、ほんと毎日お忙しそうで、、、
ボクは息子のいる札幌まで飛行機に乗るのも疲れてしまいます。
新幹線なら楽しめちゃうんですけどね(笑

それにしてもイギリスっていつも灰色のイメージですね。
雨が多いから野球も普及しなかったんでしょうね(笑
コメントへの返答
2012/02/05 00:24:58
いらっしゃいませ(^^)

実は私も飛行機が好きではありません。
こんだけ乗ってても!?って驚かれますが、好きでないものは好きでないんです(苦笑)
まず、恐い・・・ 恐がりなんです・・・
何百回乗っても恐いものは恐い・・・(笑)

あと、気圧の変化で体への負担が大きいのです(病気になる前から)。
以前、気の利かない商社に1日4搭乗入れられた時は3回目で吐いて、4回目の搭乗後は空港の椅子から立ち上がれなかったことがあります。
基本的に商社なし自社営業で自分で搭乗スケジュール決めれますので、1日せいぜい2搭乗までにするように抑えています。

東京から広島あたりまでは新幹線で行きますね。
mintgさんと違って楽しめるまでは行きませんけど
(^^;;

英国は野球はないですが、野球の元祖クリケットがあります。英国ではサッカーに次ぐ大人気のスポーツです。私は何年たってもルールを覚えませんでしたが、、(苦笑)
2012/02/04 23:02:38
ドリーム・アカデミーの名曲。PVを見たのは、初めてです。「北部の暮らしは、俺たちの誇り」的な感じなんでしょうか・・・。イギリス北部は、行ってみたい場所のひとつです。行った事のあるロンドンとは、全然違う風景があるんでしょうね。

話が逸れるかもしれませんが、イギリス経済の話で私的に凄いと思ったのは、保険組合のロイズの存在です。あんな”システム”が数百年前から続いている事を知った時の衝撃は、今も忘れる事が出来ません。
コメントへの返答
2012/02/05 10:17:04
この曲の歌詞は村の様子をただ淡々と歌っているようです。
北イングランドは地味~で特に観光地としては見るところもありませんが、企業派遣ではなく、無職の学生として地元に溶け込んで暮らしていた私には本当に素朴でいい所でした。北イングランドできれいなところと言ったら私の暮らしていた近所のPeak Districtか、北の古都であるYork、北西部の湖水地方などでしょうか、、、

ロイズの設立は18世紀の中ごろですね。
ちょうどイギリスのインド支配が決まった年代、つまり産業革命が始まった年代ですね。
近代産業の大半の礎はイギリスの植民地支配と産業革命から始まっているんですね。。
2012/02/05 08:49:36
The Dream Academy、不覚にも名前すら知らなかったのですが
Life in A Northern Town聴いてみたら物凄く良く知っていた曲でした(苦笑)

なんで知らなかったんだろう???

いかにもイギリス的でいいですよね~!
コメントへの返答
2012/02/05 10:22:10
いらっしゃいませ。

このグループの大ヒット曲はこの曲だけでしたからね~。

わたしもこのPVを見るまではそれほど思い入れのない曲ではありました(^^;;
2012/07/27 09:19:09
高度差を感じると疲労するんですか。電車も移動距離が長い新幹線とかは、疲れると聞きます。各駅停車と新幹線、どちらも3時間乗ると疲労が違うんだとか?

隣席が埋まっている場合は、PC作業をやると横の方が気になさるということですか?LCD照明とか音ということでしょうか。

なぜ英国と米国は外交政策で一致をみるのか、昔から不思議に思っています。なにか約束があるのかな。
コメントへの返答
2012/07/28 08:45:01
気圧の上下の差が体の負担になるようですね。本当に飛行機は嫌いです。ファーストクラス以外は。。(今はもう乗ることもない、、苦笑)
となりに人がいると、コンプライアンス(苦笑、機密保持)の観点から、また隣の人にも迷惑でしょうし、今は格安エコノミーに乗っていますからスペース的にも絶対無理です(爆)
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「笹子トンネル崩落の原因は民主党政権の二重国籍レンホーが高速道路設備点検法人を解散させたためです。ニュースでは全く触れませんね。民主党の悪行は完全隠蔽ですね。自民党政権だったら永久に非難されただろうに。」
何シテル?   11/23 18:56
44loveです。よろしくお願いします。年間の大半を出張している旅商人です。年間数万キロを欧米日でレンタカーで運転しています。自分の車は年間3000km以下走行...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

片山豊とRay Kroc 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/04 14:37:17
ふるさと納税は誰が得をするか? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/04 20:40:35
カルト? アルミテープチューニング について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/07 13:30:56

お友達

お友達申請前に、このブログをよく読んで下さい(^^) できれば、まず、いいね♪、やコメントで交流してからお誘い下さい。趣味嗜好の違いによりお受けできない場合もあります。m(_ _)m
58 人のお友達がいます
彰さん彰さん * ノーマルスタリオンノーマルスタリオン *
mario0470mario0470 * パパンダパパンダ *
ぴろりんBLぴろりんBL * ホームタウン急行(Express)ホームタウン急行(Express) *

ファン

229 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX S4 スバル WRX S4
事情により2ペダル車になりました(^^) 2L、300馬力、40.8kgmのジェントルモ ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
MSアクセラの最終製造Lotを購入しました。 2.3Lガソリン直噴ターボの264馬力、3 ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
十数年ぶりに乗り換えました。世界最強のFF車です。  皆様、たくさんのいいね有難う御座い ...
ポルシェ 944 ポルシェ 944
15年近く乗ってます->殆ど乗ってません、持ってます。 実走5.1万kmで購入して現在7 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.