• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

famicabのブログ一覧

2017年12月05日 イイね!

DIY, "NOT" Completed yet, but... Time is UP

土曜時点で、タイミングベルト交換まで完了。
日曜は土曜と異なり、目標時間に魔界入り成功。
タイミングベルトカバーの清掃から開始。
この時点で、すでに右親指がツってしまうというテイタラク。。。
なにぶん、普段、箸より重いものをもたないもので。。。

で、A/Cコンプレッサの取り付け。
謎のイタリアーんパワーを駆使する悪魔さんの力をできるだけ借りないように、ということで、せっかくつけた右バンクのタイベルを一旦外して、コンプレッサをねじ込む。(後で、かえって時間がかかることになる その1)


それでもコンプレッサはようやくねじ込めるかどうか。。。
で、コンプレッサのステー兼オルタネーターのステー兼オルタベルトのテンション調節スライダ部分を一旦緩めて角度を変えてねじ込む。(後で、かえって時間がかかることになる その2)

その2の方、コンプレッサをねじ込んでしまうと、ステーを止めているボルトを締め付けられない。
一応ネジロック剤併用して締結(したことにしたものの、ここで30分)
これで、A/Cのパッキンをすべて交換してA/Cの回路完成!
ということで、持ち込んだ真空ポンプで真空引き。

ここで昼食。
昼食後も圧力変化なく、無事A/C修理はほぼ完成。(後は充填のみ)

このあたりでKoheiさん魔界入り。
こちらは時短のために持参したお弁当。
みなさまはレストランへ。

昼飯後、Koheiさんはあっという間に車高調を下げる。
さすがDIY王子!

更にその1の方、アイドラープーリーの位置をずらしてどんなに緩めてもきついまま。左バンクはするーっと入ったのに、右バンクはどうしてもダメ。 ということで、結局、困ったときの悪魔さん頼み。
結局前日に引き続き右バンクは悪魔さんのイタリアーんパワーで強引にはめてもらいました。
(握力がここまで落ちているとは。。。)

ここまでくれば、オルタ・A/Cベルト、パワステ・水ポンプベルトを順にかけていけばOK。
(じつは、この時、アイドラープーリーの位置をずらして緩めたまま。でも気づいていない)

のはずが、オルタ・A/Cのベルト、アイドラーを付けてしまうと、またもオルタ位置を変えて緩めても全然入らない。 で、せっかく付けたアイドラーをまた外して、ベルトをかけてからアイドラーを付ける、という二度手間。15分以上ロス。

パワステ側は何のことはなく取り付け完了。

ここで、エアクリさえつければ自走可能(なくても走れますが。。)、ではあるものの、タイベルカバー、他ベルトのカバーを付けておきたい。 
しかし、ここにまたも落とし穴が。。。
落とし穴その1 タイベルカバーのフランジ部分の取り付け、やたらとたくさんボルトがある。
しかも後ろ側から止めるので、狭くてラチェットも入らない。 
ここで20分。
更に、ベルトカバーの取り付けボルト、なんと、長さが何種類もある。
一体どこにどれを付ければよいのかわからない。 
一つひとつ確かめながら取り付け。(次回からは、外す時にカバーにボルトを残しておくことにします)
と、ここで、日没タイムアップ。。。。

残念ながら「楽しい楽しいDIY」はここまで。

これ以上魔界をDIYのために占有しては申し訳ないので、残りは悪魔様に託すことに。

車検も併せてお願いすることにいたしました。

程よい全身疲労を味わいながら、Jaguarで最寄駅まで送っていただき帰宅の途に。
アイドラープーリーの位置をずらしたままなことに、車中で気づき、悪魔様に申し送り。

これで、456はエアコン復活。
夏もドライブが楽しめるはず。(って、もう完全に冬ですが)

次は323のDIYを満喫します!



Posted at 2017/12/05 23:51:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 456情報 | クルマ
2017年12月03日 イイね!

Timingbelt


今までのタイミングベルト


マーカーは万が一の間違いを避けるためにカムシャフト側はマーカーの種類を別に、左右バンクは別々に作業。

この記事は、DIYについて書いています。

Posted at 2017/12/03 09:41:50 | コメント(1) | トラックバック(0) | 456情報 | クルマ
2017年12月02日 イイね!

Timingbelt replacement completed

魔界朝着のはずが温かな天国(ふとんの中とも言う)に長居してしまい、結局昼前着。。。
残り四時間。
どこまで行けるのか?

先ずは右バンクのタイベルカバー外しから。
いきなりアクセス不能なボルト。
落ち着いて知恵の輪外し。
この辺りは単独作業。


エアクリ箱外して、ゆるくすればよいのね。



これが取り外したA/Cコンプレッサ


右バンク タイベル Before


でパワステポンプのベルト緩め辺りで悪魔さん降臨。

下からテンション調整なのね~

ドライブシャフトロックのSSTの位置決めに難儀。
20分のロス。

からのプーリー外しどうやるの?
全く緩まない。
1/2のブレーカーバー、先日廃業したwit製は敢えなく曲がり、魔界のKTC+足場パイプのエクステでようやく緩む!
キー溝掘ってあるプーリーなのでこのボルトはただの脱落防止用。

これを馬鹿力で締めるどっかのいい加減な整備士さんに任せておくより、やっぱりDIY!
その後、無事にタイベル交換完了。
次はもともとのエアコン修理に復帰!

この記事は、DIYについて書いています。
Posted at 2017/12/03 01:11:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | 456情報 | クルマ
2017年11月27日 イイね!

Beginning as A/C Repair, but might Ending as Timing Belt Replacement

2週前のA/C修理DIYでやり残したコンプレッサ本体付近のオーリング交換。
この日曜に再度魔界詣でしてDIYに挑戦。

到着時の水温・油温はこんなもの。

日没まで、すでに残り3時間。。。。

お約束でエアクリ箱を外し、上から下からタイミングベルトカバーを外し、オルタ・A/C駆動ベルトを緩め、コンプレッサ本体を外す。
そうこうしているうちに、DIY王子のKoheiさん魔界入り。

コンプレッサのステーをエンジン本体に取り付けているボルト。なんでこんなに太いのをたくさん使う必要があるの??? などと言いながら、先達のご指導を賜りながらやけどに気を付けながらばらし続ける。

コンプレッサーの遮熱版を外さないとコンプレッサーが出てこない、にも関わらず、付けたままではねじが緩まない、という絶妙なイタリア~ン設計orz 
しかもコンプレッサの遮熱板は背面まで届いていない雰囲気。

何とかエンジン本体からコンプレッサが外れたものの、コンプレッサの外側で配管と接続している部分を外すのにまた30分。
この辺りは漏れている気配なし。

コンプレッサ本体外側の配管への接続部分のパッキンをばらすべく、コンプレッサ本体をエンジンルームから摘出したいのに、今度はタイミングベルトが干渉してコンプレッサ本体が取り出せる気配なし。

どうするの、これ??

タイミングベルト外す??

と、なんと、イタリアンの心を持つ魔界の住人、紅い悪魔さまの魔力で知恵の輪が解けてコンプレッサ本体ボディ下から無事摘出!

で、コンプレッサ本体外側の配管への接続部分のパッキン周り、パーツクリーナーでも固着した汚れ。
パッキン本体も同じように黒ずんだ汚れ。 これ、もしかしてシーラント施工した後のベタベタってやつかも。。。

残念ながらこの部分のパッキンが魔界にも在庫切れ。ということで、日没も近いので日曜はここまで。

ここまで来ると、もしかしてタイミングベルト交換ってあと一息でできる??
実は6年塩漬けの在庫がうちにあったりして。。。


というわけで、次回は今回の続きでタイミングベルト交換しつつの、A/Cパッキン交換からのガスチャージ、の予定。

最後にJaguarのシルキー6を悪魔様の助手席にて堪能。
456GTのメカノイズとは大違い。
456のメカノイズも最初はびっくりしたものの、あれはあれで慣れれば良いものですが、
Jaguarの6気筒は21世紀のエンジン並みに滑らか、静か。
同じ世代なのに。。。。

(一日たって、全身筋肉痛。 立ったり、寝たりを繰り返したからの模様。 DIYダイエット、流行るかも。。。)

来週もよろしくお願いします m(_ _)m
DIY万歳!


Posted at 2017/11/28 00:26:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 456情報 | クルマ
2017年11月20日 イイね!

Additional Info

写真上は456GTの洋書。 
日本でたとえると某紙の「***のすべて」的な新車デビュー時の解説誌のシリーズみたいです。
ほかにmiataとかもあるようです

ドア窓のパッキンは写真下の筒状の温水用断熱ウレタンフォームを割いて利用。
monotaroで1m単位で調達。 ホムセンでも売ってるかと。。。
<
MINTIAはサイズ比較用。

456のアンベール時の風景。 
人々の熱気が伝わります!
お約束のエンジンフッドご開帳は、今も昔も人だかり?
Posted at 2017/11/20 23:59:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | 456情報 | 日記

プロフィール

「DIY "NOT" Completed yet, but... Time UP http://cvw.jp/b/1103421/40812622/
何シテル?   12/05 23:51
famicabです。よろしくお願いします。 323 と 456との生活を楽しんでいます。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

地味にムズいε-(•́ω•̀๑)フゥー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/28 22:14:49
3Dプリンターでワンオフパーツ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/27 00:00:30
外装灯火 LED化 省電力効果まとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/22 19:05:29

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ファミリア マツダ ファミリア
マツダ ファミリアカブリオレに乗っています。
フェラーリ 456M 456GTA(紺の練馬) (フェラーリ 456M)
遠くで見ると「さすが」 近くでみると、「かなりイタリアン」  (雨漏れ当たり前!)  と ...
トヨタ アバロン 走る応接室 (トヨタ アバロン)
走る応接室!  フニャフニャサスで、峠道は徐行運転。 米国仕様だったからかも。。。 安全 ...
トヨタ プリウス BLACK ROACH (トヨタ プリウス)
当時住んでいた坂の多い雪の降る街(大都市の郊外です)では、ハイブリッド車は初めての納車。 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2014年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2012年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2011年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる