車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月22日 イイね!
ECUの現車合わせするべきか否か








※ECUの下に写っている謎の物?は現在撤去してあります。

自分のGVBは社外タービン交換、エンジン本体を弄らないライトチューンレベル?としては納得のいくレベルまで仕上がりました。

最後の仕上げでやるとしたら、残すはECUの現車合わせセッティングです。

自分のGVBは吸排気系+ECUはP社のアクセスポート+スぺCタービンポン付け仕様なんですが、TC2000のバックストレートで周りの同じライトチューンレベル?で現車合わせをしているGV/GRから約5km/h遅い(某SABのデモカーと比べると約10km/h以上遅い)ですよね…
後、強いて言うと、立ち上がりのレスポンスもちょっと…

中の人のがダイエットして軽量化したり、無いに等しいドラテクを磨いて努力してもせいぜい上げられるのは後1km/hかと…

「じゃあ、ECUの現車合わせやればいいのでは?」と思われますが、幾つか不安要素がある為、なかなか決断できずにいます。

不安要素その1

ECU現車合わせでベストなセットを出す為の時間

今主流なのはシャシーダイナモ上で回してOBDⅡから純正ECUを〇cuTek等で書き換えるやり方が主流だと思います。

現車合わせもある意味セッティングなので、シャシーダイで大丈夫でも、サーキット等で実走させると純正ECUを使っている都合上、フィールセーフが働いて警告灯点灯する等一発で決まるとは限らないので、セッティングのトライ&エラーが必要。
再セッティングと書き換えで、大体の場合また料金が掛かりますので、お財布にも厳しい(-_-)

なので、ドツボにハマるとトラブルを抱えたままで、サーキット走行の時間を無駄にしかねない事も…

現状の吸排気系+P社のアクセスポート+スぺCタービン交換仕様でも、サーキット走行ではまだ警告灯が点灯した事はありませんが、お山をツーリング?した時に上りでハイギヤでアクセルを踏み込む負荷がかかる場面で、3度程フィールセーフが働いて警告灯点灯とS#に切り替わらないトラブルはありました。

後、低いギヤからの立ち上がりで、急激なブーストの立ち上がり方すると、ブースト計を見るとブーストを絞っている制御が入っている気が?します。

まあ、ある意味アクセスポートのデータはあまり攻めてない(P社言わく弄れる範囲が〇cuTekと比べると限られてるとか…)ないので、純正ECU+αで安全マージンを取った仕様なのかもしれません。

補足ですが、アクセスポートでもP社に頼めば弄れる範囲で既存のデータから自分好みにデータは書き換え可能だそうです。

不安要素その2

リスク

現車合わせするショップの力量にもよりますが、そのあたりの能生がない所だと、最悪エンジンブローしたり、悪徳なショップだと「どうせ、書き換えたデータは見れないから…」という事で、リミッターカットとアクセルのバイワイヤー(電動スロ)のレスポンスをチョロッと弄って「はい、現車合わせしてレスポンスアップしました費用は10万円です」なんていう所もあると聞いた事があります。

現車合わせの度合いにもよりますが、あまり攻めたセッティングをすると、エンジンの寿命を縮めたり不具合が出るリスクも…

現状の仕様で純正ECUとアクセスポートのデータマッチングがいいのか?サーキット走行して何のトラブルもなく、TC1000では現車合わせした仕様に遜色がなく、TC2000のバックストレートでの最高速+5km/hとレスポンスアップの為に上記のリスクを冒して現車合わせするか、信頼性かさらなる速さを重視するかかなり悩んでます。

さて、ECU現車合わせするべきか否か…
今年は車検やメンテナンス費用がかさむし…
Posted at 2017/05/22 11:57:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月02日 イイね!
夜のツーリングとVDCが全OFFできない検証その2









先日、会社の同期と夜のツーリング会をしに1年ぶりに地元の某所へ…

某所の近くの駐車場での待ち合わせの図

街灯で照らされた夜桜がいい感じで(^^)

待っている間に雨が降ってきてしまいコンディションはフルウエットになってしまいました。


まあ、今回はあくまでインプ購入を考えている同期の先輩を助手席に乗せてまったり安全運転でツーリング?するだけですから関係ないですけどね(^^;)


ツーリングするメンバーもZⅢタイヤを履いたタービン交換したカプチーノ改と現行のアルトワークスのゆる系?ですから。

今回はこんな物まで…

ツーリングではトランシーバーあると移動する時に連絡取るのに色々便利です。

カプチーノ改は某所の一方通行の下りの超低速のつづら折れのヘアピンが嫌って程続くところの区間では、車重がGVBの半分以下なので色々な意味でヤバかったです。
ちなみに現行アルトワークスもカプチーノと同じくらい軽いらしいです。

やはり、超低速区間の下りでは軽さは武器なのを嫌というほど実感しました。
スバルも見習って次期型WRXを現行型より約100kg位軽く作って欲しいですね。

フルウエットの中、一方通行の某所を3往復と別の場所を1往復ツーリング?しましたが、VDCを全OFFしたですが、フルウエットでタイヤがサーキット志向のA052なのもありますが、やっぱりちょっと油断すると勾配がきついヘアピンの立ち上がりではVDCが出しゃばってきますね。

VDCが効いた瞬間に露骨にABSが効いたように「ガガガッー」となり、助手席に乗っている人も分かる程でした。

後、今シーズンの最後にTC2000を走った時も、最終コーナーの進入でオーバースピード気味で突っ込んだ時に、弱オーバーな姿勢になった時に、アクセル全開でほぼゼロカウンター位までステアリングを戻してイン方向に切っているのに、車がスピンしないように強制的に姿勢制御して車の方向をコーナーのアウト方向に戻そうとして失速している感じがしました。

このことから、GV/GRはVDCを全OFFにしても介入をするのが、自分の中では確証されました。

なんかもう、今時の車、(GV、GRはもう基本設計が10年前ですが…)は電子制御を介入しないような乗り方、セットアップしなければならないのと、車が勝手に「これ以上はドライバーの好きにさせない」と勝手に線引きされているようでちょっと残念な気がします。

そういった意味では昔乗っていたABSすらなく電子制御と無縁のS14前期型ターボは面白かったな…

逆を言えば、自分が思うにGV/GRは比較的出来がいい電子制御なので、おかげでサーキットで安全かつ速く走れるのかもしれませんが…

自分のGVBをサーキットで速く走らせる為の課題として、電子制御を介入させない走り、セットアップに最近取り組んでいるですが、これが結構難しいですよね…

※あくまで個人的な感想なので、本当のところは分かりませんのであしからずm(__)m
Posted at 2017/05/02 14:47:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月08日 イイね!
エンドレスブレーキパッド比較









サーキット走行を4年続けて、エンドレスの3種類のブレーキパッドを使用してきたので、個人的な感想をまとめてみました。

自分のGVBのブレーキ関係に関するデータ

フロント エンドレス6POTブレーキキャリパー&345mm×32mm2ピーススリット入りローター

リヤ   ノーマルブレンボキャリパー&エンドレスベーシックスリットローター

ブレーキホース エンドレススイベルレーシング

その他 クスコマスターシリンダーストッパー

     ブレーキフルード RF-650

まずは定番中の定番?MX72


純正ブレーキパッドから交換しても街乗りでも普通に使え、純正ブレーキパッドよりはブレーキダストが少なく、鳴きも皆無、なので、ブレーキパッド選びに迷ったらとりあえずMX72を選んでおけば大はずれはない?という感じです。

少々初期制動が甘めですが、サーキット走行ではそれほど気になりませんが、初期制動がガッツリ効くのが好みの方には物足りないと思います。

コントロール性はブレーキを踏んで中間でコントロールする感じです。
それ以上踏むとABS作動。

ローターへの攻撃性はサーキット走行しても良好。

CC-Rg


MX72、MX72PULSと比べても初期制動が強めで、かと言って街乗りではカックンブレーキにならずブレーキを踏んだ瞬間からしっかり効く感じです、ブレーキダストもMX72と同等、ただし、鳴きがキーキーうるさいので、パッドの角の面取りをしてみましたが変化なし、サーキット走行しないのであればあまりお勧めはできません。

なぜか自分のGVBは右側は全く鳴かず、左後側がやたらキーキー鳴ってやかましかったです。

ローターへの攻撃性はブレーキをガツガツ踏んだり、GR、GVBはVDCを完全にOFFにすることができないので、VDC介入させるような乗り方をするとあっという間にブレーキローターがレコード盤状になったり、酷いとヒートクラックが入ったりする等、ローターへの攻撃性は高いです。

ブレーキ制御による電子制御が完全にOFFにできない車に装着すると、作動した時の失速感は高いです。

コントロール性は初期制動が強いので、あまり強めにブレーキペダルを踏むとABS介入が顕著なので、ブレーキング時のコントロール性はブレーキを踏んで初期か中間のちょっと手前でコントロールする感じなので少々シビアな感じです。

MX72PLUS


エンドレスのHPの説明を読むと、個人的な解釈だとMX72を正常進化させて、高温時の熱ダレを強化した物らしいですね。

MX72との差は、普通のMX72の平均摩擦係数が0.37~0.47に対しPLUSが0.39~0.47と少々高め
ローター適正作動温度域が50℃高く750℃

TC1000、2000クラスのサーキットで適度にクーリングを入れてやればMX72との差はそれほどないと思います。

実際、感覚が鈍い自分では街乗り、サーキット走行しても普通のMX72と比べても差は感じられず、鳴きは微妙に時々鳴くかな?という程度でそれ程に気なりません。

初期制動はCC-Rgと比べると街乗りでもわかる程低く、CC-Rgから交換してその感覚で踏むと「あれ?ブレーキ効かない…」と思うほど、慣れるまで少々違和感がある感じです。

コントロール性は普通のMX72とほぼ同じで、ブレーキを踏んで中間でコントロールする感じです。

ローターへの攻撃性はMX72とほぼ同等かな?

レーシングコンパウンドのブレーキパッドも試してみたいのですが、あくまで自分のGVBは街乗りとサーキット走行のオールラウンダー志向なので、ブレーキを踏んだ時にキーキー五月蠅いのとローターへの攻撃性と作動温度に達しないとブレーキが利かないのはNGなので、ブレーキパッドはエンドレスだとMX72かMX72PLUSがベストという結論に達しました。

※最後にあくまで個人的な感想になりますのであしからずm(__)m
Posted at 2017/04/08 19:23:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月02日 イイね!
本日はレブミでTC2000へ行ってきました。

今ままではハイパミでしたが、今年からは車種なんでもOK?のレブミになったみたいですね。

とりあえず、個人的に気になったブースをプラプラ

RAYSのTE037 DURA

いいな~R35GT-Rサイズしかないから、18インチで9.5J+45で黒色で発売してくれないかな?
でも、材質が超超ジュラルミンだから高いだろうな(´Д`)

Prodrive ブースではGTでTC2000を分切りしたらトートバックが貰えるという事でチャレンジ
車種はWRX STI インプレッサ
ボディーカラーがイエローだったので、多分GRBのスペCだと思います。

で、見事ゲット
バーチャルなら自分でもTC2000をGRBのスペCで分切りできます(爆)
写真は一応本日の戦利品です。

後はシュアラスターで洗車用のオーストラリア産の天然羊毛でできた洗車ミット
現在使用している某メーカーの半額以下の1,000円で買えたのでお得でした。

イベント定番のエンドレスの凹み缶のRF650を1本2,000円だったので2本購入
何時もは早々に無くなるのに、お昼過ぎても残ってました。
この辺もイベントが萎んでいるバロメーターなんでしょうね…

個人的に気になったマシンを何台か


シルビアのSRエンジンを載せた車
ベースは何とジムニー!

ジムニーは仕事でよく乗っていたので、どういう車なのかは知っているつもりですが…
ノーマルのままだとオフロードを走るのが似合う車でサーキットを走るような車じゃないですけどね(^-^;)

以前から存在だけは動画で知っていましたが、実際にみるとリヤにラジエターが載っていたりして、ここまでやると変態…もといいスゲーなと思いました。

ここまでやると、サーキット走ったらバラバラになるじゃないかなと心配しましたが…
ちなみに、ちゃんとサーキット走行してました。

TM-SQUAREのZC32スイフト



マフラー出口にレーシングカーみたいに触媒?があるのがスゲーなと思いました。



1.6LNAのFFでTC2000を1分2秒台を目指して作られた車らしいですが、本日のイベントで目標達成したようで、アンダーパワーの車でTC2000を1分2秒台ですから、下手なライトチューン4WD+ターボ車より速くて、ドライバーもプロで凄いのもありますが、アンダーパワーの車で上のクラスの車より速い、ある意味自分の理想形でカッコいいなと思わせる1台です。

その後TC2000内にある食堂で昼飯でもつ煮定食を食べました。

ここのもつ煮はうまいので何時もここに来るときは注文します。

その後ラリーカーのデモラン

スバルファンにお馴染み?の世界の新井選手

ほとんどカウンターをあてないゼロカウンタードリフト



TC2000の1ヘアを逆走して、コーナー入口手前からリヤを大きく振り出す豪快なドリフト


リヤタイヤが止まって見えますが、恐らくサイドを引いて姿勢をコントロールしてる?かドリフトの飛距離を伸ばしている?だと思います。

以前新井選手の横に乗った時にも思ったですが、AWDなのに自由自在に車を振り回しているので、やっぱプロはスゲーなと思います。

CUSCO Vitz 4WD


このヴィッツはなんと、ランエボⅩの4B11型2000ccターボを1600ccに縮小したエンジンが搭載されていて、これに合わせてギヤボックスやデフなど駆動系パーツもランエボⅩのユニットを移植した車らしいです。

入口からドリフトアングルが凄くて、「ラリードライバーはやっぱり頭のネジ飛んでる」(いい意味で)と思いました。

後は何時もお世話になっているショップに挨拶に行ったり、みん友さんと駄弁って午前中で帰りました。

2年前のハイパミ以来行ってみたわけですが、会場のTC2000に行ってみて感じたのが、駐車場に止まっている車少ないし、メーカー系は写真のようにスバルだけでレヴォーグ STI 一台展示してグッズを販売するブースをとりあえず設けた感がプンプンで、去年のSGTもてぎで出していたブースと比べるまでもなくジョボかったですので残念です。

2年前には居たトヨタや三菱は来てませんでした。

以前はインプ、エボ中心のイベント色が強くて大御所ショップが参加していたりして活気がありましたが、数年前からいまいち元気が無くなってきてスイフトやコルトもOKになって、86&BRZが発売になってイベントの活気も盛り返してきた感じでしたが、2年ぶりに来て来場者もなんか某タイムアタックイベと比べても少ない感じ?でステージのトークショーの集まりも悪くなんだかな~といった感じで微妙でした。
チケット代1,900円+1,000円の駐車料金払ってこんな感じでは来年はもう行かないかも…

今後は予定がないので、次のシーズンに向けてリコールやって、今年は車検もあるし諸々の消耗品のメンテをしようと思います。
色々思うことがあるので、もうGVBのバージョンアップはしないと思います(たぶん…)
Posted at 2017/04/02 18:25:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月23日 イイね!
今シーズンを総括して、あまり目を向けたくないのが、サーキット走行するための投資、諸々の費用です。

自分の記憶にある範囲で、ちょっとまとめてみました。
※物の値段、工賃は等はうる覚えなのであしからずm(__)m

スペCタービン

本体+取り付け工賃で諭吉さん約35人

ポン付けでECUの現車合わせてしてないので、TC2000ではあまり効果がなく、TC1000ではあったかな?という感じで、一番効果が体感できたのが街乗りという、感覚が鈍い自分にとってはいまいち分かりませんでした(-_-;)

車高調、ブレーキキャリパー前後のO/H

車高調を装着して3年経過したのと、ブレーキ関係もトラブルが出る前にシール関係交換で前後キャリパーをO/H
O/H+工賃+シール等のパーツで諭吉さん約22人

タイヤ代+ローテーション費用
71R 1セット

A052 1セット

タイヤ2セット+ローテーション等代で諭吉さん約35人

サーキット走行参加費用

今シーズンはTC2000を4回 1回25000円(平均)×4=100000円
         TC1000を4回 1回16000円(平均)×4=64000円
合計諭吉さん約17人

意外とサーキット走行参加費用掛かってるだな…

メンテナンス費用

オイル代
サーキット走行2~3回で1回交換サイクルで、オイルはモービルの5W-50を使用でうち一回はエレメント交換で、計2回交換で諭吉さん約3人弱


ミッションオイルディーラー純正2回で諭吉さん1.2人

パワステオイル、リヤデフ1回 銘柄と価額忘れた。

ブレーキパッド
フロントブレーキパッドMX72 1セット 約23000円
リヤブレーキパッドccR-g   1セット 約17000円


計諭吉さん約4人


フロントブレーキ2ピースロータアッセンブリ1セット(予備)で諭吉さん14人


リヤブレーキローター3枚で諭吉さん約5.1人

1枚多いのは、左後ろローターを攻撃性の高いパッドのcc-Rg使用でVDC介入でレコード盤状、ヒートクラックでダメにしてしまった為

左フロントドライブシャフトとミッションケースからのオイル漏れ修理で諭吉さん約2.4人

セッティング変更

アライメント変更諭吉さん1.5人

リヤブレーキパッドMX72+に変更で諭吉さん1.7人


コースアウトでフロントスカートリップの破損による交換諭吉さん1.5人


で、ざっと計算して今シーズンサーキット走行する為にお財布から逃げて行った諭吉さんは…

合計諭吉さん約143人Σ(゚Д゚)

計算してみて頭がクラクラしてきました。
でも、さらに上の領域でやってる人はもっと諭吉さんいっぱいお財布から逃げていてるだろうな…(´д`)(遠い目)

今年は車検もあるし、色々と思うこと?もあるので、EVC+ECU現車合わせの厚揚げ仕様は見送ろうかな…

毎年こんなにサーキット走行する為に費用が掛かるわけではないですが、こんな事毎年やってたら10年後にはR35GT-Rの標準車の新車買えちゃいますね(-_-;)
そう考えると何か急にしらけてきますね…

普通の人から見たら、「サーキット走行なんてしないでもっといい車買えば」と言われそうですが…

実際それに近い事は自分は言われて、それも正論だと最近思うようになってきて、自己満足な世界だし、年齢や将来の事を色々考えるとそれもありかなと思うようになってきました。

話はそれましたが、GVBはいい車で気に入ってますし、サーキット走行はお金が掛かる趣味ですが楽しいのでGVBがまだ元気なうちは続けていきたいなと思います。
Posted at 2017/03/23 15:25:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「行き着けのコーティングショップでメンテナンス中、ロールスロイスのクーペレイスやベントレーのSUVベンティガ等普段お目にかかれない高級車ばかりで場違い感半端ない(-_-;)」
何シテル?   05/23 09:28
インプレッサGVBに乗ってます。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
GV、GR車種関係なくOKですが…

お友達申請はブログである程度の絡みがある方、実際にお会いした事がある方に限らせていただきます。

急なお誘いはお断りする事がありますのであしからずm(_ _)m
92 人のお友達がいます
ZENGARZENGAR * JEFJEF *
nb1005nb1005 * タケラッタタケラッタ *
くりむぞん。くりむぞん。 * VARIS JAPANVARIS JAPAN *みんカラ公認
ファン
60 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサGVBです。平成22年9月23日納車 購入時ハッチバックとセダンで迷いました ...
日産 ノート 日産 ノート
初めて買った新車です。5年間乗りました。 仕様:グレード15S Vパッケージ       ...
日産 シルビア 日産 シルビア
大学生時代乗ってました。 黒のS14前期型ターボで、バイトして初めて中古で買った思い出深 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.