• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

GVB@Ryoのブログ一覧

2017年07月21日 イイね!

【CCウォーターゴールド モニターレポート】

【CCウォーターゴールド モニターレポート】















CCウォーターゴールド モニターレポートに申し込んだらなぜか当選してしまったので、使ってみました。

※あくまで個人的な感想と憶測なのであらかじめご了承くださいm(__)m

当選品は宅配で↓の箱で送られてきました。

物が届いたのは一週間前だったですが、最近の猛暑で洗車する気がまったく起きなくて玄関にそのまま放置していたのはここだけの話です(^^;)


箱を開けるとモニター品のCCウォーターゴールド


ご案内の手紙が入ってました。


箱から出すとCCウォーターゴールドが入ったスプレーと拭き取り用のクロスが入ってました。


一応、コーティング施工車両に使えるとの事ですが、自分のGVBはガラス系撥水コーティングが施工されており、4ヵ月に一回施工してもらったコーティングショップで定期的なメンテナンスをしています。

普段はコーティングショップから渡された↓のメンテナンスキットを使って手入れをしてます。



メンテナンスキットをショップオリジナルのトートバックに入れてくれたり、ちゃんと手入れの仕方の手引きをパンフレットにしてくれたり、チェーン店コーティングショップ顔負けのホスピタリティです。

自分が行きつけにしている地元にあるアペックスというコーティングショップは腕も確かで信頼でき、対応もかなりよく、代車もあるので他県の人もOKなのでかなりお勧めです。 
(お値段高めですが…)

https://www.apecs-co.com/

話はそれましたが、施工前に水を掛けてある程度ボディーに付着している汚れを洗い流して、洗車ミットを使って水を流しながらボディーを洗います。


次にシャンプー洗車をします。

容器にシャンプーの原液入れて水で泡立てます。


自己流ですが、ホイールにある程度シャンプーを掛けて付け置きして、先にボディーを洗います。
※一応ホイールを洗うときはボディーを洗うのと別のミットを使ってます。


シャンプー洗車は上から下の順で、ある程度洗ったらシャンプーシミにならないようにこまめに洗い流します。


シャンプー洗車後の屋根の水弾き状態

ん~なんかすでに水を十分に弾いているので、CCウォーターゴールド を施工する必要がないような気がしますが…
一応レポートなので、比較の為施工前とします。

CCウォーターゴールド は濡れた状態で施工できるとの事で、濡れた状態でスプレーします。


施工してすぐに付属のクロスで拭き取ってみたですが…

分かりにくいですが、すでに撥水が効いていたせいか溶剤を弾いてしまい、写真では分かりにくいですが水玉模様に塗りムラになってしまいました。

すでに撥水系のコーティングがしてあるボディーには向かないのか、あるいはしっかり拭き取って、クロスにコート剤を染み込ませて施工するべきだったか色々考えましたが、とりあえず屋根だけでやめました。

注意書きにもありましたが、ディーラーやショップのコーティングがしてある場合はコーティングショップで相談してくださいとあったので、コーティングがしてある車両は一度相談してから施工するのがいいと思います。

一応、拭き取ったあと水を掛けてみました。

水弾きは十分な感じです。

このあと、ショップからもらったメンテナンス液で塗りムラを落として、撥水系のメンテナンス溶剤を塗り直しました。

コーティング施工車両にも使用がOKだという事ですが、濡れた状態でスプレーしてすぐに拭き取ったですが、どうもガラス撥水系のコーティング施工車両には合わない気がしました。

撥水系コーティング施工車両に施工する場合は、水を拭き取ってクロスに液剤を染み込ませて、しっかりムラがでないように液剤を伸ばすように施工した方がいい気がしました。

塗りムラがでないように施工すれば、コーティング施工車両の上塗りとしてはよいのではないのかというのが、自分の感想です。
Posted at 2017/07/21 13:21:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月25日 イイね!

エンドレスフロントブレーキローター交換DIY

エンドレスフロントブレーキローター交換DIY








本日は、エンドレスのブレーキローター交換作業を、前回に引き続き経費削減の為DIYしました。


今日も前回同様夜勤明けで睡眠2時間しか取れなくて眠かったですが、キャリパーを取り外すのに必要な工具がちょうど届いたので、暑くなる前にやってしまうおうと思い作業しました。


今回必要な工具は御覧の通り。

前回からの追加はキャリパーを取り外しに必要な12.7spの10mmヘキサゴンソケット、取り外した時にキャリパーを吊るすフックは家にあった園芸用を代用しました。

前回取り外したブレーキパッドがあるのは、ピストン戻しを使用する際に、減ったパッドを入れてピストン戻しを使うと、非常に楽にピストンを戻せます(^^)

まずは、前回の作業でブレーキローターが固着してない左側から

ブレーキパッドを取り外して、古いブレーキパッドを入れてあらかじめパッドを戻す時に入れやすいようにピストンを戻しておきます。


ヘキサゴンソケットとスピンナーハンドルを使ってキャリパーを固定している六角ネジを緩めます。


キャリパーを外したら、フックで車高調の適当なところに掛けておきます。


新しいローターを付けたら、キャリパーを戻して、エンドレスの取説に記載されている規定値でトルクレンチで締めます。


で、左側はサクッと簡単に完成!


交換前と比べるとかなりピカピカになりました(^^)

そして右側の交換作業をしたですが…

固着してないといいだけどな…と思っていたら、キャリパーを外してローターを手でゆすっても外れない、案の定固着してましたorz
こういう時は純正ローターみたいにベルハウジングにネジ山が切ってあると、ドラム外し工具で取り外すのが簡単なのに、材質がアルミだからないのかな?

ほんとはローターをハンマーで叩くのはダメなんですが、どうせ外したローターはポイッしてしまうので、内側からぶっ叩けば外れるだとあまく考えていたですが…いくら叩いても外れないorz

周りは薄暗くなってきてるし、古いブレーキパッドを戻して行きつけのショップに泣きつこうかなと考えましたが、最後の手段として浸透剤スプレーをハブとハブボルトの隙間から差して放置、しばらく経ってまた差して放置をして、プラスチックハンマーで軽く叩いたら外れました。

こういったうまく行かないときに、知恵を絞って解決するのもDIYの醍醐味ですね。

タイヤを取り付けて作業完了♪


これで何もなければ、ヘキサゴンソケットを買った費用だけで、800円ちょいで済んでめでたし、めでたしなんですが…

ロックネジ?が馬鹿になりトルクレンチがぶっ壊れましたorz

前々からロックネジがダメでだましだまし使っていたですが、ついにご臨終となりました。
やっぱカーショップで売っている安いのはダメですね。

で、仕事でも使用しているのと同じ東日のトルクレンチが欲しいなと思いましたが…
使用範囲トルクが40N.m~200N.mのやつが結構いいお値段しますので、使用範囲トルクが30N.m~140N.mの安いのを購入しました。

それでも、密林で諭吉さん1.3人ですので、今回のDIYの出費は諭吉さん1.4人逃げていきましたが、それでもショップに頼むと部品持ち込み料金+αで結構工賃取られるのと(部品持ち込みでも安い場合もあります)どのみちトルクレンチは買い替える予定だったので、今回もかなり経費削減できました。

しかし、今回は右側の交換にかなり手こずったので、もうしばらくは同じ作業はやりたくないですね(-_-;)

Posted at 2017/06/25 21:32:18 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月22日 イイね!

みんカラ:モニタープレゼント!【プロスタッフ】

Q1. 普段お使いの洗車用品は何ですか?
回答:シュアラスター ウォッシンググローブ、カーシャンプー1000
    
Q2. あなたが使った事のあるプロスタッフ製品何ですか?
回答:


この記事は みんカラ:モニタープレゼント!【プロスタッフ】 について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/06/22 20:51:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2017年06月20日 イイね!

フロントブレーキパッド交換&メンテナンスDIY

フロントブレーキパッド交換&メンテナンスDIY








そろそろ今シーズンのサーキットシーズンに向けての準備と車検もあるので自分でできる所は自分でやって少しでも節約して次なる箱替え候補の為に貯金しようと思い、本日はフロントブレーキパッド&ブレーキフルード交換、エアー抜き、ワイパーゴムの交換を行いました。

最近思うのは、こういう作業する場合はガレージジャッキとリジッドラックがあると安全だし便利だなとしみじみ思います。

E社の6POTブレーキパッド交換はパッドを固定しているブラケットを緩めるヘキサゴンレンチとブレーキキャリパーピストン戻し、ブリーダーを11mmのメガネ、ブレーキフルード受け(ペットボトルに穴空けてブリーダーに合うゴムチュープでOK)、パッドをこじって外すのにマイナスドライバ1本、ブレーキクリーナーがあれば十分DIYできると思います。

フロントのブレーキパッドは定番中の定番のE社のMX72

外した右側のパッドを新品と比較してみると、半分位でまだまだ大丈夫かな?


左側

時計周りのサーキットばかり走っているせいか残り1/3位、まだまだ使えそうですけど、行きつけのショップいわく、キャリパーのシール関係への熱の影響を考えるとこの位が交換の目安らしいです。

エアー抜きでタイヤを外すのでホイールも綺麗にしたり


リヤメンバーのリジッドマウントも緩み易いみたいなので、ロングメガネで緩んでないか確認


下回りを確認してたら、ミッションアンダーカバーを固定している、ボルト?クリップ?(赤丸の部分)が前2本無い事に気がつきました。
やたら最近パタパタ下回りから音がしていたのはこれが原因かな?

2月にディーラーでドライブシャフトとミッションケースの継ぎ目からのミッションオイル漏れ修理でミッションオイル交換したので、そのくらいしか心当たりがないので、リコールで入庫する時聞いてみようかな。

ある意味このタイミングで気づいてよかったかもしれません、サーキットでアンダーカバー落ちたら大変ですからね。

結構自分でDIYすると色々な事に気がつきますね、以前なんか某所でホイールのハブリング2枚重ねにされた事もありましたからね。

フロントローターは固着して外れないだろうなと思いましたが、パッドを外した時に左側は固着してなかったので、キャリパーを固定している六角ネジを外す12.7spの10mmヘキサゴンソケットがあればスピンナーハンドルで外せそうなので、ローター交換も自分でやろうと思います。


右側がもし固着してたら、ローターはアッセンブリで交換で使わないので、本来はダメなんですがプラスチックハンマーで後ろからぶっ叩いて外そうかなと思います。
ダメな場合はショップ頼みで…

工具は大半がKTCかスナップオンで揃えているので、KTC製をチョイス
サーキット走行やDIYも物に頼ってしまうというのが自分の悪いところですね(^^;)」

最近上りと下りが一方通行の某所でブレーキをシバキ倒してきたので、熱でアルマイトの色抜けが進行してさらに醜い状態にorz


TC1000、2000を走るより某所を走る方がブレーキに厳しいみたいです。
ブレーキを酷使する方はE社のキャリパーやローターを使う場合は、アルマイトはやめて、多少高くなってもオプションで高耐熱塗装、ブレーキローターはタフラムコートをお勧めします。

今回のブレーキパッド交換、ブレーキフルード交換&エアー抜きとブレーキローター交換をディーラーやショップに頼むとおそらく最低でも数万円は工賃を取られると思いますのでだいぶ節約になったと思います。

前にもブログで言ったかもしれませんが、よくディーラーやショップの作業工賃が高いと言う人がいますが、ディーラで整備士をしている友人も言っていましたが、一度自分でその作業をやってみると作業工賃の意味が分かってくると思います。

DIYするにもある程度道具をそろえたり、大掛かりな作業だと人手が必要だったり、自己責任も発生しますので、自分は特にあまり要領がよくなく不器用なので実際に自分で作業してみると、ディーラーやショップの作業工賃って適正なのかなと思います。
中には作業後の領収書明細をみると他より高いなと思う所も中にはありますが…
中には人間ジャッキでミッション降ろしたり、エンジンをO/H作業する強者もいますから、そういうなんでも自分で出来るプライベータの方は自分はかなり尊敬しますね。

この後、ガラスの油膜取り&撥水コート全面、シャンプー手洗い洗車をやったので疲れました(;´ρ`) グッタリ
なんだか最近洗車も面倒くさくなってきました…
やっぱ年のせいですかね~
Posted at 2017/06/20 22:54:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月11日 イイね!

ボチボチ今シーズンのサーキット走行準備と気になる次期箱替え候補?

ボチボチ今シーズンのサーキット走行準備と気になる次期箱替え候補?








今年も早くも6月、後4か月もすればリハビリを兼ねたサーキット走行シーズンが始まるので、今年はGVBの車検やリコールもあるので、ボチボチシーズンインに向けた準備を始めました。

手始めにタイトル画像にあるパーツ類を揃えたですが、この時点ですでに諭吉さん20人近く逃げていきました (T_T)

一応メンテ内容は…

〇E社のブレーキローター左右(ローター&ベルハウジングアッシー)諭吉さん約15人也←これが一番痛い出費(>_<)まあでも3年もったしなあ…

〇E社のフロントブレーキパッド(MX72)

〇ブレーキフルード交換RF650

〇パワステフルード

〇クラッチフルード(車検時実施予定)

〇レーシングクーラント KEMITEC PG55 8L(ウォーターポンプリコール時実施)

〇油種類(エンジン、ミッション、デフ)

〇エアークリーナー

これに車検と今シーズンの用のNEWタイヤA052がプラスされるので、まだまだ諭吉さん逃げていきそうです(-_-;)

ウォーターポンプのリコール時にタイベルとサーモスタット、ラジエーターホースも交換しようかなと思いましたが、ディーラーで「走行距離が47000kmで少ないし、そんなに気にする必要は無いと思いますよ」と言われたので見送ります。

一応、GVBは最後の弄りの仕上げにECUを現車合わせしようかな?と思いましたが、TC1000なら現車合わせしたGV/GRと遜色ないし、サーキットでトラブルもないし、もういいかなと思い、やらずに現状維持で行こうと思います。

今まで、物に頼って、我流の行き当たりばったり?ドライブもさすがに限界なので、デジスパイス等のロガーを使って、自分の悪い部分を論理的に分析して、ドライビングの精度を上げていこうかなと思います。

巷では、VABのD型や


アメリカではタイプRA発売、日本ではS208も出るのでは?と噂されていますが…


GVBで使っていたブレーキ等パーツ移植もできるし、VABってどうなのかな?とずっと思いつつズルズル現在に至るですが…

実際にVABに乗ってサーキットを走っている方や行きつけのショップ等色々?各方面で情報取集した結果(色々はご想像にお任せします)

現状の自分のGVBと同じ内容のライトチューン?をしてVABでサーキットでタイムを追いかけるとなると、自分のヘタレドラテクだと現状のタイムを上回れる自信がないという結論に…

サーキットを走らないなら、出るだろうと噂されているS208を買えるなら憧れのコンプリートカーに箱替えは自分的にはありなんですが、エンジンの排気量を2.5Lにしてパワーを上げる、カーボン多用で約100kg軽量化とか大きな事をやってくれないと、サーキットを走ってるうちは現状の路線のままだと箱替え候補にはならないかな…

決断すれば、ハンコ押して注文して、移植できるパーツを装着して乗り換えは現状できましたが、結局今回もGVBの車検を通して乗り続ける事になりました。

そんな現状ですが、最近1台だけちょっと気になる車があります。

一応、AWDでミッションがDCTなんですが、一番ネックとなっているが新車車両価額と維持費、あと気になるのが、その車種の唯一の弱点?である車重、弄るとなると費用がGVBの比ではないので、GVBのように弄る楽しみは無くなってしまうかなと…

某ディーラに勤めているその車種をメンテできる社内資格を持つ親友に聞いても「維持費を気にするような人は乗っちゃダメだよ」と言われました。

気になる車種は次期型はハイブリッドになるとか、車両価額はもっとあがるとか噂されて、現行型のような車はもう2度と出てこない気がするのでチャンスは今しかないですし、7年間GVBに費やしてきた金額を考えれば購入には相当な覚悟が必要ですが、次のGVBの車検までに頑張って貯金すれば全く手が出ない分けでもないですよね…

GVBも次の車検で9年目なので、さすがに真剣に箱替えを考えなければいけない時期にきているですが、GVBに代わる車種が無くて段々焦ってきている今日この頃です。
Posted at 2017/06/11 18:08:29 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「【CCウォーターゴールド モニターレポート】 http://cvw.jp/b/1107867/40123148/
何シテル?   07/21 13:21
インプレッサGVBに乗ってます。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

GV、GR車種関係なくOKですが…

お友達申請はブログである程度の絡みがある方、実際にお会いした事がある方に限らせていただきます。

急なお誘いはお断りする事がありますのであしからずm(_ _)m
92 人のお友達がいます
タケラッタタケラッタ * JEFJEF *
ズー太郎ズー太郎 * celi@tSceli@tS *
きねずみきねずみ * VAB-102VAB-102 *

ファン

60 人のファンがいます

愛車一覧

スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
インプレッサGVBです。平成22年9月23日納車 購入時ハッチバックとセダンで迷いました ...
日産 ノート 日産 ノート
初めて買った新車です。5年間乗りました。 仕様:グレード15S Vパッケージ       ...
日産 シルビア 日産 シルビア
大学生時代乗ってました。 黒のS14前期型ターボで、バイトして初めて中古で買った思い出深 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.