車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月18日 イイね!



京畿道議会の「独島に少女像を設置」方針に 岸田外相「国際法上日本固有の領土」と反発 韓国政府、駐韓総括公使呼んで強く抗議


昨年末、釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された「平和碑」(少女像)で再燃した“歴史問題”をめぐる韓日間の軋轢が、独島(日本名・竹島)をめぐる“領土問題”に拡大する兆しを見せている。京畿道議会が独島に少女像を設置する方針を明らかにしたことに対し、日本政府が「竹島は日本の領土だ」として強く反発し、これを受けた韓国政府は日本総括公使を外交部に呼び、強く抗議した。

 
京畿道議会傘下の「独島愛・国土愛会」所属の議員たちは16日、「京畿道議会と独島に平和の少女像を建設するための募金開始式」を開き、早ければ年末までに独島に「平和の少女像」を設置する方針を明らかにした。同会の会長であるミン・ギョンソン議員は「独島や慰安婦問題は日本の歴史歪曲と関連するもので、独島と京畿道議会に平和の少女像を建立し、生きた教育の場にしたい」と話した。

 
韓国の地方自治体が慰安婦懸案を独島にまで拡大する構えを見せていることに対し、日本政府は強く反発している。岸田文雄外相は17日の記者会見で、京畿道議会が竹島に少女像を設置する方針を発表したことについて、「竹島は、そもそも、国際法上も、歴史的にも、日本固有の領土である。(少女像の設置は)受け入れられない。これが、我が国の立場」だと述べた。李明博(イ・ミョンバク)前大統領も野田佳彦当時首相から慰安婦問題に対する十分な譲歩を引き出せず、2012年8月に独島を電撃訪問して、韓日関係に荒波を呼び込んだことがある。

 
岸田外相の“独島発言”に対して、今度は韓国政府が直ちに反応した。チョ・ジュンヒョク外交部報道官は17日、定例記者会見で「日本政府が独島について、再び不当な主張を行ったことについて、慨嘆を禁じ得ない。明らかに韓国固有の領土である独島に対する由無い主張を直ちに断念することを日本政府に求める」とする論評を出した。外交部は同日、鈴木英夫・駐韓日本大使館総括公使を外交部に呼んで抗議した。



今ここで竹島に切れ目の娘像など設置したらそれこそ日韓の関係に修復不能な亀裂ができる。普通冷静に考えれば今のこの状況で慰安婦問題を領土問題に絡めるべきではないと思うだろう。しかし、あちらの人たちは物事を主観的かつ感情的に考える人が多いのかこうなってくると手が付けられなくなってくる。朴大統領の問題も日本であればあんなに十万単位の人間が集まって連日デモることはないだろう。政権が半身不随で国内は不安定、こんな時に問題を大きくするのは考えられないが、それがお隣さんの常識なのかもしれない。

Posted at 2017/01/18 14:09:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
2017年01月17日 イイね!



明け切らない空の下に多数の戦闘機が並べられ、その間を、まるで一ヶ月前と同じように懐中電灯を手にした整備員が忙しく動き回っていた。


「沖縄周辺の敵を撃滅せよ。そして全機無事に帰って来い。」


それが司令の訓示だった。


「大分、鹿屋、知覧からも陸海軍の制空隊が出る。必要な指示は無線で流す。連携を取って共同で敵に当たれ。」

 
飛行長から短い指示があった。しかし誰も生きて帰ろうとは思っていなかったに違いない。私自身生きて帰ろうとは思わなかった。搭乗前に小隊長の高瀬が隊員を集めて簡単な指示をした。


「単独戦闘は厳に慎め。どんなことがあっても編隊を崩すな。編隊で戦えば生きて帰ることが出来る。生きて帰ってこの戦争が終わるまで戦え。全機俺について来い。」

 
高瀬の普段と違った激の飛ばし方に私は少し驚いて高瀬の顔を見つめた。高瀬は構わずに「別れ。」の号令をかけると自分の機体に向かって走り出した。

 
離陸して約一時間、我々は喜界が島上空でおよそ五、六十機の敵編隊を発見してこれに攻撃をかけた。典型的な後上方からの優位戦であっという間に敵を蹴散らしたのはよかったが、新手の敵が救援にやって来て形勢が悪くなった。私は区隊で降下攻撃をかけ、敵機一機を撃墜して優越感に浸っていたのもつかの間、救援の新手を加えて形勢を挽回した敵は反撃に転じた。

 
我々は数で圧倒的に勝る敵に包囲されて苦戦に陥った。区隊をまとめて急降下して追撃して来る敵を振り切り空戦空域を離脱したが、四番機の姿が見えなくなったために二機を先に返して単機で空戦空域に引き返した。

 
機首を返して五分も飛ぶと、逸れた四番機はすぐに見つかった。四番機は二機の敵に追いかけられて四苦八苦していた。すでに被弾したらしく発動機から薄い白煙を引きながら高度を落として行った。私は距離が遠いことは承知で追撃する敵と四番機の間めがけて機関銃を連射した。敵に自分の存在を知らせて注意を引きつけるためだった。目の前を曳光弾が流れていくのを見て敵機の一機は機首を返して私の方に向かってきた。


『敵と遠距離で正面から撃ち合うな。』

 
高瀬の声が聞こえたような気がした。私自身も二度の実戦を経験して敵の機銃弾が低伸性の良いことは経験済みだったので、一旦右に旋回して格闘戦に持ち込もうとした。こちらの思惑通り敵は私の後を追って旋回に入った。勝負は数旋回で決着した。旋回の輪から離脱しようとした敵機を急旋回で追って至近距離から機銃を連射した。爆発で引き裂かれ翼が折れた敵は独楽のように回りながら墜落ちて行った。

 
敵機を撃墜して高度を上げながら四番機を探したが、広い空には私の機体以外飛んでいるものは何も見えなかった。しばらく旋回してから私は機首を北東に向けた。高揚した気持ちが収まって来て自分がたった一人で飛んでいることに気がつくと言い様のない孤独感が押し寄せてきてそれが恐怖へと変わった。突然降って湧いたように敵機が現れて自分と乗機を引き裂き砕くのではないかとしきりに辺りを見回した。それでも見えるのは所々に浮かんだ雲ばかりだった。

 
そんな心細さも陸地が遠くに見えてくると急に気が大きくなってまた今日の戦果を誇りたい気分になってきた。そしてそんな気持ちは基地に近づくにつれて増していった。私は基地の上空を大きく旋回すると滑走路に滑り込んだ。機体の行き足が止まると整備員が駆け寄ってきたが、これまでとは違って誰も表情が強張っていた。


「皆帰ってきているか。」


発動機を切って整備員に尋ねた。


「帰って来たのは大よそ半数です。山下隊長、高瀬分隊士、高藤上飛曹もまだ戻りません。」

 
私はそれを聞いて冷水を浴びせられたように体がすくんだ。今度の戦いが容易なものではないことを改めて思い知らされた。指揮所に報告に行くと飛行長も表情を強張らせていた。


「F六F二機撃墜確実、うち一機は小隊による共同撃墜。」


戦果を報告しても飛行長の顔に笑顔はなかった。


「ご苦労だった。午後もう一度出てもらうことになる。待機所で食事を摂って休養してくれ。」


飛行長は机の上の双眼鏡を手に取ると指揮所の奥に戻って行った。待機所に行く途中何度も爆音を聞いて空を見上げた。三々五々味方機が帰還して来た。その中には発動機から白煙を引いてよろめきながら帰って来る機体もあった。


「やられた、やられた。」


海兵出の竹本中尉が私を見とめて言った。


「他の部隊と連携して当たれと言ったが、一体他の部隊は出ているのか。」


「零戦隊は喜界が島の手前で別の敵戦闘機隊に遭遇して散々だったそうです。陸軍の四式戦部隊は航法と誘導がまずくて戦闘空域に辿り着けなかったそうですよ。午後は海軍から誘導機をつけて出すと言っていました。」


島田一飛曹の声が聞こえた。


「島田、無事だったのか。」


私は思わず声の方を振り向いた。


「まだ帰還しない機体の燃料はよくもって後十五分ですね。」


島田一飛曹は時計を見ながら呟いた。誰もが西の空を見上げた。


「高瀬を見かけなかったか。」


「高瀬分隊士は二番機を探しに単機で戦闘空域に戻って行かれましたが、その後は、・・・」


島田一飛曹はそのまま黙って俯いた。


「丸山は、丸山中尉は、」


「丸山は最初の一撃の後に新手の敵にかぶられて撃墜された。」


今度は竹本中尉が俯いた。


「撃墜数は戻った者の分だけでも二十機を超えている。だが味方の損害も五機や十機じゃないぞ。」


「五十機にも満たない数で百機を優に超える敵と渡り合ったんだ。仕方がないさ。」


「こんなじゃあ一週間もしないうちに味方は全滅だな。」


その時かすかな爆音が耳に飛び込んできた。誰もが立ち上がって天幕の外に飛び出した。


「双眼鏡を持って来い。」


「見張所、帰還したのは誰か。見張所。」


誰かが大声を張り上げた。見張員は大型双眼鏡を爆音のする方向に向けた。沈黙が続く中、爆音だけが次第に大きくなって耳を打った。


「隊長機着陸します。高藤機続いて着陸します。」


見張員が大声を張り上げた。二機は何ごともなかったように安定した姿勢で滑走路に滑り込んだ。先に待機所に戻ってきたのは高藤兵曹長だった。


「何機戻って来ているか。」


高藤兵曹長が最初に口に出した言葉はそれだった。


「隊長と先任を入れて三十三機です。」


島田一飛曹が答えた。


「十五機もいかれたか。」


「高瀬分隊士、丸山分隊士も今だ未帰還です。」


「なに、まさか、」


高瀬が未帰還と聞いてさすがの高藤兵曹長も言葉を失った。


「燃料、後十分。」

 
見張所からの声が響いた。誰もが顔を見合わせたが言葉を飲み込んだまま口に出すものはいなかった。


「おい、皆、どうした。景気の悪い顔をして。」


山下隊長の声が響いた。


「一四○○、大村空と合同で稼動全機をもって制空に出る。集合は一三四五、指揮所前。準備しておけ。」


山下隊長は命令を伝えると指揮所に戻って行った。主計が握り飯と一緒に缶詰や漬物を運んできたが、手をつける者は少なく誰もが西の空を見上げていた。


「燃料、後五分。」

 
何人かが時計を見つめてため息をついた。結局、残りの五分が過ぎても高瀬を含めて未帰還の一五名は一人も帰らなかった。天幕の中に戻る者、しばらく空を見つめる者、それぞれが残酷な現実を納得させようと時間を過ごしていたが、やがて全員が午後の行動に備えてそれぞれ準備を始めた。

 
私には高瀬が未帰還になったことが信じられなかった。その辺からひょっこりと高瀬が現れそうな気がしてならなかった。しかし燃料切れの時間を一時間過ぎても高瀬たちは一機も戻らなかった。そしてその頃になるとさすがに高瀬たちの未帰還を認めざるを得なくなった。


Posted at 2017/01/17 18:02:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | 小説2 | 日記
2017年01月17日 イイね!



TOYOTA GAZOO Racing(トヨタ自動車)は、1月19日(現地時間)に開幕するFIA世界ラリー選手権(WRC)の初戦 ラリーモンテカルロに向けて、チーム総代表 豊田章男氏のコメントを発表した。

 
ラリーモンテカルロは、総ステージ走行距離約380km。1月19日18時11分(現地時間。以下同)にモナコのカジノ・モンテカルロ前の広場からスタートし、2つのナイトステージがアルプ・ド・オート地方で行なわれる。1月20日はイベント最長の計約160kmのステージが待ち構え、1月21日にはギャップからモナコへと移動しながら5つの山岳ステージを競う。競技は1月22日まで続き、15時にモナコの王宮前で表彰式が行なわれる。

 
参戦車両のヤリスWRCは、10号車をヤリ-マティ・ラトバラ選手、11号車をユホ・ハンニネン選手がステアリングを握る。ラリーモンテカルロは天候と路面コンディションが変わりやすいため、タイヤ選択やクルマのセットアップが難しく、ラリー直前の路面状況を報告する専門クルーの情報が非常に重要になるという。

 
TOYOTA GAZOO Racingでは、モータースポーツを通じてもっといいクルマづくりを進めていくという理念のもと、復帰初年度を数多くの学びを得るためのシーズンと位置付け、初戦に臨むとしている。

 
以下に、初戦に向けたチーム総代表 豊田章男氏からのメッセージ全文を掲載する。


■チーム総代表豊田章男からのメッセージ(全文)

トヨタがWRCの道に戻る日を迎えます。

WRCに戻りたい…戻ろう…と、私が決めるに至ったのは、“熱いファンの皆様から寄せられた声”、そして“偉大なる先人達への感謝の想い”であることは、昨年末の発表会に際したコメントで皆様に伝えさせていただきました。

発表会の直前、我々のヤリスWRCのハンドルを握る、もう一人のドライバーがヤリ-マティ・ラトバラ選手に決まりました。

彼とは、2014年のラリーフィンランドの時に、偶然、出会い、言葉を交わしたことがあります。当時は、フォルクスワーゲンのドライバーです。

その時、彼はスマートフォンを取り出し、自身が初めて乗ったラリーカーであるカローラGTや、初めて実戦経験したWRカーであるカローラWRCの写真を見せ、トヨタへの熱い想いを私に語ってくれました。

おそらく、トヨタの社長である私にではなく、同じクルマ好き、大のトヨタ好きである私に語ってくれたのではないかと思います。

トヨタが、WRCに再び参戦できるようになるとは思っていませんでしたし、ましてや、彼が、私どものクルマに乗り、一緒に戦う仲間になるとは夢にも思っていませんでした。

彼との契約が決まったと聞いた時、当時の彼の表情が浮かび、不思議な縁があったに違いないと感じました。

テスト先から駆け付けた過日の体制発表会の場で、彼は我々の言葉を引用し「Let's make "ever-better rallycar"!(もっといいラリーカーを作ろうよ!)」と語ってくれました。

実際、その後のテスト走行でも、彼は、ヤリスをもっと強くするためのアドバイスを挙げ、日々、クルマを鍛えあげていってくれていると聞いています。

また彼は、「トヨタに久しぶりに帰ってきた」とも言ってくれました。私からも、彼を迎える言葉は「トヨタにお帰りなさい」です。

WRC初戦「ラリーモンテカルロ」へ向けた私の気持ちは、彼を迎えたことで、一層、心強くなり、そして待ち遠しくなりました。

開発当初からヤリスWRCを鍛え続けてきた、ヤリスを一番よく知るドライバー、ユホ・ハンニネン。トヨタに乗ってキャリアをスタートさせ、数多くのWRC勝利経験を持つドライバー、ヤリ-マティ・ラトバラ。彼らの相棒である、カイ・リンドストロームとミーカ・アンティラ。

この4人のドライバー、コドライバーが、トミ・マキネンをはじめとするチームの皆が作ったヤリスWRCで走り出します。

もっといいクルマづくりに携わるトヨタ自動車の皆、我々の想いに賛同いただき一緒に戦ってくださるパートナーの皆様、そして、応援くださるファンの皆様…多くの仲間と、もっといいクルマづくりに向けた“トヨタの新たな旅”が、ついに始まります。

我々は“負け嫌い”です。ですから、もちろん負けたくはありません。ですが、そう簡単に勝てる世界でもありません。

多くの皆様に、応援いただければ、それが力となって、チームに…、クルマに…、ドライバーに…必ずや届くと思います。

皆様、トヨタのWRCへの挑戦に応援、よろしくお願いいたします。

トヨタ自動車株式会社 取締役社長
TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team総代表
豊田章男




もうずいぶん昔の話だが、WRCで快走するセリカGT-4は格好良かった。ぜひ残してほしい車で、また、乗ってみたい車でもあった。諸般の事情で乗れなかったが、何度も購入を検討した。今度はヤリスのようだが、頑張れ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Team!!
Posted at 2017/01/17 15:02:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 自動車 | 日記
2017年01月17日 イイね!



稲田朋美防衛相は17日午前の記者会見で、陸上自衛隊配備が最大の争点となっている22日投開票の沖縄県宮古島市長選に関し、「選挙で(配備方針の)変更はない」と強調した。

 
陸自の配備について稲田氏は、中国の海洋進出などを念頭に「南西地域における自衛隊配置の空白状況を早期に解消するため、着実に進める必要がある」と指摘。その上で「機会を見つけて、しっかり私からも説明をしていきたい」と述べた。




先島諸島が軍事的空白になっていることは理解ができない。日本的な事情があってそうしてきたんだろうけど中国海軍の太平洋への進出ルートになっているので対艦、対空ミサイルの配備などは必須だろう。もっとも中国側としては真っ先にこれら脅威の排除にかかるだろうから住民としてはない方が良いのかもしれない。難しいところだねえ。でもここへの自衛隊の配備を反対するのはまさに中国の手先なのかも、・・。
Posted at 2017/01/17 15:00:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 軍事 | 日記
2017年01月17日 イイね!



韓国・京畿(キョンギ)道の議員団が竹島(島根県隠岐の島町)に慰安婦像を年内に設置しようと、16日から募金活動を始めた。韓国ではソウルの日本大使館前に続き、昨年12月末に釜山(プサン)の日本総領事館前にも慰安婦像が違法に設置されたばかりで、日韓の新たな外交問題に発展する恐れがある。

 
聯合ニュースによると、議員ら34人が加入している「独島(トクト)(竹島の韓国での呼称)愛・国土愛の会」が同日、ソウル南方の水原市にある道議会のロビーに募金箱を設けた。同会は、京畿道内の市・郡庁や地域相談所にも募金箱の設置を検討。街頭での募金活動も計画しているという。

 
同会は昨年10月に発足し、12月に道議会で竹島への慰安婦像の設置を提案した。今年上半期に像1体を議会に設置し、さらに、2011年に日本大使館前に慰安婦像が設置された12月14日に合わせて1体を竹島に設置する方針。募金の目標金額は7千万ウォン(約680万円)で、他の地方議会や政界にも協力を呼びかけていくとしている。竹島は韓国で「天然保護区域」に指定されており、開発行為には国の許可が必要なため、像の設置が実現するかどうかは不明だ。

 
竹島のある島根県隠岐の島町の久見地区で漁業を営み、「久見竹島対策協議会」の会長を務める前田芳樹町議(65)は「竹島に慰安婦像を設置することなど、到底承知できない。竹島問題と慰安婦問題を混同させるやり方はまったく理解できず、きわめて非常識。憤りを感じる」と語った。




半島君は日本と国交断絶したいのかな。やっていることを見ているとどう考えてもそうとしか思えんが、・・。まあそれならそれでもかまわないだろうけど、・・。
Posted at 2017/01/17 14:59:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 政治 | 日記
プロフィール
「どうして主観と感情で物事を考えるのか、お隣さんは、・・。 http://cvw.jp/b/110820/39193952/
何シテル?   01/18 14:09
ntkd29です。CB1300スーパーボルドールに乗って3年になりました。CB1300なかなかの優れものです(⌒‐⌒)。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
縁があったら、よろしく。
72 人のお友達がいます
晴れ後ぶった晴れ後ぶった * ジムニー魂ジムニー魂 *
YOURSYOURS *みんカラ公認 ぐる&#215;ぐるぐる×ぐる
☆もぐたん☆もぐたん 素 うどん素 うどん
ファン
30 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール) 一四式スーパーボルドール (ホンダ CB1300 SUPER BOL D'OR (スーパーボルドール))
何ともきれいな風格のある大型バイクで、一目ぼれで買ってしまった。乗り味は極めて素直でとて ...
ホンダ クロスカブ CC110 ホンダ クロスカブ CC110
超アップライトな乗車姿勢でCB1300が疾風怒涛ならそよ風のように、でも粘り強くトコトコ ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
室内スペースは縦横ともに狭い。でも車の中で生活するわけではないし、運転するには特に不満は ...
トヨタ WiLLサイファ トヨタ WiLLサイファ
TS-020の流れを汲むSuper Cypha GT-1
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.