• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CatDogのブログ一覧

2017年06月16日 イイね!

同じ林道 行きと帰りが違う道

同じ林道 行きと帰りが違う道梅雨空だが、体調が良かったので出かけた。

行き先は林道。奥武蔵グリーンラインである。
今回はその最初の林道・権現堂線である。

林道は一般道とは別世界である。

特に最近は酷い運転が多い。



直前での飛び出しは、日常茶飯事だ。殆どがおばちゃんと高齢男性である。

もう一度言うが林道は別世界である。上記の手合いは殆どいない。


林道へワープだ。

山から出てまた山へ入る。20K以上先の秩父市から来ている石灰の地下コンベア。


この奥はハイキングコースであり、終点に宿谷の滝がある。
最近まで朽ちていた橋がかけ替えられようとしている。
旧道の橋である。旧道もまた復活か? *滝は撮影日が別で、当日は訪問せず。



林道の起点を示す標識。
タイトル写真の場所から、ここに来るまで狭い道だ。

ハイカーが2人歩いてきた。先程、追い越した30代くらいの青年2人である。
車を停めて、2人が通り過ぎるのを待った。

2人は、お辞儀に近い会釈をして通り過ぎて行った。
この会釈が、気持ちを晴れやかにした。

ここへ来るまでにも、冒頭の乱暴運転にあった。
それをも、忘れさせてくれた素晴らしい挨拶であった。



今は新緑の季節。林道が最も輝く時期でもある。湿度計は70%を指していた。


途中で竹林に出会う。杉林ばかりのこの辺りでは、珍しい竹林なのだ。



アジサイも咲いていた。新緑や花をめでるのも、林道走行の楽しみのひとつである。


九十九折れの坂道を上がり切ると、そこがこの林道の終点である。



鎌北湖方面に車を進める。ここもまた権現堂線なのである。

日本の林道にはジャストサイズのTA51W。ホイールベースは、現行ジムニーより短い。
幅員が5mもあれば旋回可能だ。小さいなりだが、150馬力近いパワーである。
今年10月で満20歳になるが、オーナーより元気である。



権現堂線支線の、標識前に立つ何かわからない家がある。ここで、青空になった。
ここが本線だと思っていたが支線とは‥初めて分かった。

権現堂線は、行きと帰りが違う道なのである。



右は年代物の手書き案内看板。いつから立っているのだろうか?


鎌北湖畔道路に入る。水位が、随分と下がっているのには驚いた。


近年まで営業していた記憶がある湖畔の食堂。


水位が下がりボートも陸に上がってしまった。営業は中止との看板があった。


定点撮影の場所。

下が昨年12月の通常水位。


湖畔入口のかつては繁盛したレストラン。週末は、いつも満員で入れなかった。


それがいつの間にか廃業してしまった。駐車場の郵便ポストだけが未だ現役だ。


ここは奥武蔵Gラインの起点である。Gライン上の峠の茶店も、殆どが廃業してしまった。
皆さん、自然から離れてどこへ行ったんだろう?誠に寂しい限りである。

親に連れて来られた事のない子供が、親になっても自分の子供をこういう場所に
連れてくる事はないだろう。

自然の林道の通行者にも高齢化の波が押し寄せる。




坂道を下りる快適な道。

この快適な道は、やがて混雑した幹線道路に出るのである。

ワープの時間も、そろそろ終わりのようだ。


*100回目のエスクフォトギャラをUP中です。

2017年06月11日 イイね!

感謝と嘆き

感謝と嘆きフォトギャラを2本UPした。

いずれも過去の写真だ。

過去のアルバムを見ると毎月色々な所に
行っていた事を改めて知る。




さて、画面右の友達要項に書いたように黒背景の文字は読めません。

友人選びの対象外と言う事にもなる。それを知るとほとんどの方は、ファン登録を
解除して去っていく。

ごく当然な事である。しかし、中にはそれがわかっても変わらずに訪問され、イイね!
を付けて下さる方も、何人もいらっしゃる。

その方々には、改めて感謝申し上げます。



最近は余りないが、時々その読めない黒背景の方からお誘いを受けた事もある。

プロフにも書いてあるし、画面に常時表示されているが、読まれないようだ。

無理だと言うと「あなたは読めなくても、自分は読めるので差支えないです。」

と、重ねて友人登録を頼んでくる。

自分の常識が、おかしいのかと思い、友人に聞いてみると

「そんな自分の事しか考えない人は断固、断ったほうが良いです。」



と、我が意を得たりの返信だった。この方も黒背景だったが、白背景に変更して
くれたお友達である。友人の中で、他にもまだ数人いて感謝しています。

だが読めればみんな友達になる と言うものでもないので、この事は言わないできた。

白背景に変更してくれた方々にも感謝致します。



しかし、上記友人を含めて最近は休眠する方が多く現在は実働30人を割る位だ。

それに伴い、月2万を長く超えていたPVも、現在は1万5千強である。

当然イイね!も減っている。しかし、このところの健康状態等で、積極的に友人を
増やす気力も、減退している自分である。



自分には、誰がMy ファン 登録されているのか、一部しかわからない。

だが、時々足跡を付けてくれる中には懐かしい足跡も多い。

大変、うれしい事である。

今回はそれらのファン登録されている方々に御礼申し上げます。

最初に述べたように、いわば「見返りがない」 のにファン登録を続けて頂いている
黒背景の方々には、特にこの場から御礼申し上げます。




ブログUP本数も少なくなる一方だが、またドライブレポを再開して行きたい。

休眠中のお友達の復帰を願うと共に、お友達や上記の方々に御礼を申し上げます。



早いもので今日は母の1周忌だ。これから池袋の寺・墓に行ってきます。

長かった痛風も、今朝は痛みが消えたようだ。

親切に色々教えてくれた友人に感謝いたします。


*写真は本文とは関係ありません。

タイトル写真は、王が原・電波塔  下は河越城本丸御殿  佐久市 中込学校 
蓼科スカイライン途中の大岩  八ヶ岳鉢巻道路赤沢大橋  美ヶ原など


Posted at 2017/06/11 07:40:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | お知らせ、ご挨拶 | 日記
2017年06月06日 イイね!

久しぶりのダート 梅雨入り前の五月晴れに

久しぶりのダート 梅雨入り前の五月晴れに久々にエスクを出してダートに向かった。
泥分補給である(笑)。

週末・平日と、梅雨入り前の五月晴れ(陰暦)が
続くとの予報は当たった。

向かうは秘密の花園ならぬ秘密の泥道だ。
ここはかつてのクロカンのメッカだった。



熱狂的な四駆ブームは遠い昔。今は訪れる人もない。

その地域への入り口から振り返れば秩父のシンボル・武甲山(正面奥)が見える。




進行開始だ。気持ちの良い快晴である。


やがて林が見えてきた。ブッシュに突入だ。道は1車線となった。


しかし、通行車もないのに道の手入れが良い。訳はその後、分かったが。
路傍の木の枝に車体を擦られながら、少し広い道に出た。



やがて、高速道路の下に出た。関越自動車道である。
どうやらこのダートは、この橋のメンテ用の作業道であろう。

途中、やたらに入れないようにモーグルが連続していた。
真ん中は、人工的なコースであろうか?

2本の道路の隙間は、アクリル板のようなもので覆われている。



道の下を進んでいくと、河原に出た。
今はアユが遡上する清流を取り戻した入間川である。

この少し先で荒川と合流している。ここから東京湾まで45Km(標識)と意外に近い。



ここが車が入れる終点である。車を降りて水辺に近づけば、その涼風に驚く。

先程のダートより3度くらいは気温が低い。

しばし風に吹かれて、来た道を戻る。



さて、これから人がいるゾーンに移動である。

木陰に車を停める。



まずはジャングルゾーンに入る。


奥に進むと沼が見えてくる。が・ここは沼ではなく、入間川に流れ込む用水路なのだ。
*奥に放流口が見える。レンガ造りのこの構造物は明治中期に出来た。
更に県の重要文化財に指定されているので少し驚いた。

ここは、同じ水辺とは思えない程、蒸し暑い。清流には見なかった釣り人が・・。

水清ければ魚住まず  と言うところか。しかし、河童でも出てきそうな場所 だ。



ジャングルコースを抜けて外に出ると、そこは別世界である。

自分の世代より少し上の世代の方々が、元気にプレーしておられた。



今から20年以上前、入間基地に帰投中の自衛隊練習機が故障し煙を吐いた。
パイロットは市街地上空を避けて、この河川敷を飛行。
地上ぎりぎりまで、脱出装置を使わず機を操縦し、写真奥の高圧鉄塔に激突した。

衝突寸前、脱出装置を使ったが低すぎて、そのまま地面に激突し、2名の勇敢な
パイロットが亡くなった場所である。
自衛隊入間基地まで、あと数キロの地点であった。

東京都と埼玉県西部の80万戸以上が停電したが、市民の死傷者はなかった。
ここに来ると、いつもこの時の事故を思い出すのである。合掌。

昔からのお友達は、この場所をご存じかも知れない。



さて、戻ろう。久々に快適なダート路であった。

このスコーピオン・ベルデは、ダートでもゴツゴツせず良い乗り心地である。
その分、純粋なATよりも悪路には強くないが・・自分には十分である。



2017年06月04日 イイね!

充電生活 捨てないで再生出来る魔法の杖

充電生活 捨てないで再生出来る魔法の杖初めて買えた車は中古車だった。
冬は中々起動せず、バッテリーにお湯をかけて起動
させた事も、しばしばであった。

ライトは、シールドビーム時代の末期だった。
その後、ハロゲン、HID、LEDと長足の進歩を遂げた。
今後は、レーザーライトが主流になる事だろう。

また、車の自動運転も実用段階に入ってきた。


自動車パーツが長足の進歩を遂げた中で蓄電池は、その進歩に追い付いていないようだ。
*材質は変わったが基本構造に変化なく、蓄電量も飛躍的に伸びたとは言い難い。

近年リチウムイオン・ポリマー電池の登場で、格段の進歩を遂げたが価格的には、まだ
一般的ではない。

バッテリーの知識がない頃は、安い長期在庫品に飛びついたりして無駄金を使った。

原付は余り乗らないので、500Km・2年毎に、未だに買い替えしている。

エスクードの95D23バッテリーは、夏には満7年を迎える。




自車の3台の中では、このエスク用が一番元気が良いのだ。

原付用は、交換後300Km走行で若いが、専用充電器も受け付けなくなっている。



1.バッテリーの再生へ

本来ならエスクード用から順次、買い替えていくのが順当だが今回は考えた末に
バッテリーを再生して使用を続ける事にした。

今回ブログは整備手帳の代わりにUPするものだ。


今年は、エスクのタイヤ、スイフトのダンパー等の大型商品を初めてネット購入した。

激安店より更に安く買えて満足なところに更にポイントが付き、入会したTカードでも
7千ポイントも付いた。

合計は1万を軽く超えて、バッテリー等も実質無料で買える。

しかし、ポイント使用期限が短いために、購入を急ぐ必要があったのだ。

・7年物カオスも本来は定年だが、まだまだ働けると各種指標も示していた。
・バイク用バッテリーも、300Km毎の交換では、世の為に働いた事にはならない。

以上、購入ではなく再生を選んだ理由である。




ポイントで購入したのは、充電しながらパルス波で極板に付いたサルフェーションを
除去するパルス充電バッテリーである。

上画像が、米国のバッテリーメーカー・ACデルコ社が販売している充電器のOEM商品だ。


2.原付用バッテリーの再生

下画像のバイク専用充電器でも、要交換で充電できないバッテリーに充電した。

電流を2Aにセットして開始。オー充電がされているぞ!




充電器は、マイコン制御の4段階パルス充電方式だ。
まず、14.7V以下の充電を行う。次に16Vに電圧UPしてパルス充電を行う。

サルフェーションが、電解液に溶けて極板から落ち、充電容量が上がるとの説明書き。
*バッテリーは、放電過程でサルフェーションが発生して極板に付くが、時間を置かず充電
すると溶解してしまう。

しかし、充電しないとサルフェーションは徐々に増えて充電容量が減り、やがて寿命となる。

長寿の為には、走る頻度や充電をまめに行い、放電時間を減らす事である。

この充電器でも充電できない場合には、メンテナンスモードがある。
低電流で、2日かかりでサルフェーションを取り除くモードで、この充電器の最終兵器だ。

しかし、通常のパルスモードで充電出来た。写真は、16VにUP(自動)して充電中のもの。




こうしてパルス充電は、約1.5時間で完了した。
バイクに戻し、セルを回すと力強い音。セル2回目で起動した。

この充電器は
  魔法の杖  のようだ!

これで、バイク用バッテリーが、再生出来て買わずに済んだ。


なお、写真の専用充電器は使えない。お勧めしません。買わない方が良い。


3.エスクード用95D23(カオス)へのパルス充電

残るスイフト用とエスクがお世話になった充電器。

これのお蔭でエスクバッテリーは寿命を伸ばして来たと言える。

この充電器はお勧めです。価格も5千円以内だ。




パルス充電器は、車載のまま端子を外さずに充電できるのは、使いやすい。
エスクは、6Aにセットして4時間で満充電となった。
上記充電器より1時間早かった。

10年まであと3年だ。バッテリーはメンテすれば10年使える。
実際に使った方々を知っている。

エスクのカオスは、10年使用を達成出来るだろう。
セルも軽快に回り、1発始動が続く。

バッテリーが大容量な割に、電装品が少ないからだ。
ラジエター冷却ファン・ステアリングも電動ではない旧車だ。





4.スイフト用80B24

電源が駐車場にはないので、バッテリーを外して自宅に運んだ。
イヤー重かった。バッテリーの取っ手は、付けておいた方が良い。



選択電流は、原付と同じ2Aである。
スイフトの24Bの電気容量は、エスクの23Dの70%ほどだ。

その癖、車が新しい(10年ものだが・・)だけに、エスクより電装品は大分多い。
電動ファン・電動パワステである。

充電も中々16Vに上がらずエスクより充電時間が多かった。
今年、秋に満4年だが現状から見ると10年は無理そうだ。

買った時も、エスクは充電率100%で届いたが、スイフトは50%で5時間充電した。
購入直後の充電率はバッテリーには重要な要素である。

今後も、サルフェーションの除去を続けて様子を見たい。




バッテリーを外して戻した所。セルは、充電前より明らかに軽快に回った。

しかしこれらのバッテリーより


遥かに長いのは自分の充電時間である。

もういい加減にしてくれ!  だが、こればかりはどうにもならない。



タイヤ・ダンパーの大型商品が安く買えてなおポイントで、充電器まで買えた。

だがラッキーと思う前に、今回ポイントの数倍の6万ポイント近くを失うバンパーの自損。

少しラッキーと思えば次には大損と言うパターンが、自分の人生ではいつも繰り返しなのだ。

パルス充電器の詳細 エスクードスイフト


Posted at 2017/06/04 21:37:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車弄り・用品購入 | 日記
2017年05月29日 イイね!

再起動 日本一高い木の鳥居 軽自動車しか走れない橋

再起動 日本一高い木の鳥居 軽自動車しか走れない橋
ほぼ、ひと月ぶりにエスクに乗った。

まずは、身体のアイドリングである。

スズキパーツセンター行きの途中にある結婚式場。
洒落た造りなのだが、本題ではない。

左端に見える鳥居に注目。





鳥居が、建物3階の高さまで伸びている。

いやあ、高い! 

富士吉田神社に昨年、新鳥居が完成して、抜かれるまで木の鳥居としては
日本一の高さだった。



ここは、県内有数の参拝客がある川越氷川神社である。
中央に飾られる扁額は勝海舟直筆のものとか。高くて良く見えないが・・。




氷川神社の隣は、川越地方裁判所だ。

何故かこの裁判所で昔の婚約者に偶然会った事を思い出した。
二人とも、交通違反で来たと思うが、確かな記憶はない。

それにしても、となりの最初の画像の式場で式を挙げる筈が、裁判所で出会うとは。

婚約解消から数年経った、40年も遠い昔の話である。


ここから、蔵造商店街はそばである。

女性として世界で初めてエベレスト登頂や世界7大陸の最高峰登頂に成功した、
登山家の田部井淳子さん(昨年逝去)。
市民であった、その田部井さんも愛した、川越のシンボル「時の鐘」。




下2枚は、別の日の早朝に撮影したもの。 


蔵造の街並みにあって、ひと際 異彩を放つ威風堂々とした石造りの西洋建築。
昔の埼玉(現・埼玉りそな)銀行の本店のひとつであった。

現在も、川越支店として現役である。
国重要文化財・日本の西洋建築100選にも選ばれている。




少し郊外へ

エスクのハンドルを握るのは1カ月ぶりであった。
県道を十数キロ走って、高麗川の河原に出た。

後方に、軽自動車しか渡れない変な橋が見える。



 橋の幅はこんな感じだ。軽自動車でもギリギリである。
交通量が増えるのを嫌った、住民の意向が反映されたのだろうか? 



この狭い河原に、車は満車状態であった。
橋は架かっていても普通車は通れないので、ここに降りるしかない。  




BBQしたりテントを設営したりと、皆さん思い思いに楽しんでいる様子だ。

家族はイイね!




奥に行くと旧橋の橋げたが残っている。

旧橋には欄干(横のガード)がなかった。ある年の初詣での帰り道の事だ。
大渋滞を避けて迷い込んだのが、この橋の前。
車は、みな軽自動車だったのが不思議だった。

橋を見通せる位置まで来て、軽自動車ばかり並んでいるのかが分かった。
しかし、道は1車線でUターンは出来ない。
見れば1台だけ並んでいたコンパクトカーが、何とか渡り切った。


自分も行くしかない と覚悟を決めて橋に入った。
橋に入る前、脱輪した場合は後続車も動けなくなるから と言って、渡り切るまで橋への
侵入を控えるようお願いしてきた。後続の車は延々と続き、私の車を見ている。

まず、助手席側のタイヤを端ギリギリに寄せた。
その状態でも、運転席側のタイヤもギリである。

運転席側タイヤをギリギリに寄せて進んだ。時には半分タイヤが橋からはみ出した。
もう、大汗は冷や汗でもあった。

時間をかけて渡り切った時は本当にほっとした。




それ以後、この橋の事は忘れていた。数年前、偶然通りかかって思い出したのだ。
その時に撮影した再現写真が上の画像である。*渡らなかったけど。

旧橋を渡った時は、窓から顔を出してタイヤがはみ出さないよう見ながら時間をかけて
カメのようにノロノロと進んだ。

こんな時、運転席にもグリップがあれば便利なのにと思い、今回取り付けたのだ。



この日は身体のアイドリングだった。徐々に距離を伸ばして行きたい。
Posted at 2017/05/29 12:06:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「[整備] #エスクード リムガード張り替えと、工具入れ替え http://minkara.carview.co.jp/userid/1110056/car/855706/4309005/note.aspx
何シテル?   06/23 10:55
2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

本田宗一郎の見事な引き際と、そうでなかった人 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/29 20:56:29
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46
八高線と列車事故 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/29 13:17:12

お友達

黒等色背景文字や小文字は、読めません。
みんカラ各部門記事に興味を持てる方。
(特にブログ・フォトギャラ)
守備範囲の広い方、大歓迎。
病気なので料理の連発や酒のブログはスルーさせ
てもらいます。自己紹介なしの方とか政治話もパス。
実働45人位まで。

43 人のお友達がいます
miracle_civicmiracle_civic * じゃんぼうじゃんぼう *
minnjiminnji * ma-ci-ma-ci- *
散らない枯葉散らない枯葉 * ハヤタハヤタ

ファン

68 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2001年、13年前の事 ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.