車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月29日 イイね!
事故のサイクル GW初日自分のカーライフの中で、比較的大きな事故に遭う
サイクルが10-15年毎位に存在する。

当てたり当てられたり・・・。
だが、いずれも人身に至らなかったのは、幸いだった。

今年は、そのサイクルが到来しているようだ。

先月軽微な損害があり、修理をしたら今日またこれだ。



修理後、お祓いに行くか迷ったが、結局お守りで誤魔化した結果?が、今日の自損だ。

パーツレビューに皆様とは桁が違うと自虐したが、修理代を入れて桁も合う事となった(泣)。
人間節約しても、どこかで帳尻が合うと言う事だろうか。

下記写真を投稿した途端に、その右の状態だ。20Cm以上に渡って樹脂バンパー
が破れて、破れの下側が凹み、タイヤに接触した。

写真は、Dで応急処置を受けて目だたくなったものだ。




バックして入れるのは面倒なので、どこでも頭から入れてバックして出す。
目を閉じてもターン出来る慣れた場所だの過信が、新設されたごく低い柵に気が
付かなかったのだ。

歳を重ねて一層の慎重さを、運転に求められる事を自覚せねばなるまい。

破れは修理不能と言う事で、バンパー・一式交換となった。*交換はGW終了後。

先月の損傷と連続では、初の自損と言うことになった。
軽度2回合計で、重大事故のサイクル年は終わりにしたい。

自戒を込めて、これを記録に残す事にした。


これで厄落としと、したいものだ。


1.埼玉県最大の樹  

本日は珍しく体調も良く、早朝に友人と出かけた。

埼玉県最大の樹「広谷の大クス」である。樹齢は、千年以上とか・・。
本来、南の植物の楠が埼玉に、しかも自然の森にある事が大変珍しいとか・・。

埼玉県県民も、知る人は少ない。



下は1本の幹から分岐している。八岐大蛇。キングギドラのようだ。


ここから、黒山三滝に移動する。

記念碑には、明治の文豪・田山花袋紀行の地と刻まれている。



田山花袋・武者小路実篤らが逗留した老舗旅館も、この地の衰退とともに一昨年閉館した。


2.深山幽谷の地と草の花

数年前、女優の羽田美智子さんがTVで私の隠れ家と、この地を紹介した。
まだ、結婚前だったと思う。それ以後、少しだが訪問者も増えた感じがする。

昭和29年に、この地は日本観光100選・滝の部に選ばれている。
20年位前までは、週末ともなれば凄い人出だった事を覚えている。



*天狗滝入口の様子

越生の町中から少し離れているだけで、ここは別世界である。
遊歩道横には渓流が流れる。

名も知らぬ草の花が咲いている。



「草の花」と言えば、福永武彦の名作である。
最近、彼の小説が相次いで復刊されているとの記事を見た。嬉しい事である。
愛と死の孤高の作家・福永武彦が、今見直されている。



いつ来ても赤い布が真新しい。着せ替えてくれる方がいるようだ。

男滝・女滝の横にある東屋。



江戸時代からの信仰の地として賑わった終点の男滝・女滝。
新緑が眼にまばゆい。





こうしてGW初日は、気分よく帰る時にとんだハプニング。まあ自業自得だ。
これで、厄落としになる事を願いたい。

同行した友人も、インプラントの歯で20万の出費だと嘆いていた。
みんな、どこかで不意の出費があるようだ。

まだGW初日だ。事故には十分ご注意下さい。
2017年04月26日 イイね!
ネット通販 要注意 !!!アマゾンのマーケットプレイスに注意!と言う
記事が昨日ネットに出ていた。

冷蔵庫始め掲載品目全て1円と言うだましである。
出品者は中国内の会社らしい。

こんな騙しでも注文する人間は多いと見える。
無論、商品は届かない。



1円と言う金額からして金銭目的より個人情報取得が目的だろう。
*注文主のカード情報はいかないが、住所・名前・メアド等は売主にデータがいく。

名簿を作れば、それを転売できるからだ。

しかし、10万以上の品でも全品1円とは、それを掲載するアマゾンのチェック体制は
どうなっているのか? と誰でも思う事だろう。

チェツクが出来ないなら、自分の常識に頼るしかない。



通販でなくても年金利が2桁の金融商品や投資などは、絶対に手を出さない方が賢明だ。
 
問題は、自分の常識では相場のプライスゾーンが不明な場合である。

今回、スイフト10年勤続の表彰?で、ささやかながら自己初のドレスUPパーツを購入した。

ドアノブのメッキカバーである。

某大手ショッピングサイトでは5千円弱ー1万円(4本セット)のプライスゾーンであった。
*価格差は2倍ある。一度、ピンキリを並べて、どこがどう違うのか見たいところだ。



プライスゾーンは、こんなものかな と思った。価格からして東南アジア製造だろう。

ところが、1件に気になる事が書かれていた。
「配送はアマゾンに委託しているので、アマゾンの箱で届く場合があります。」
との説明だった。


話を早くする為に、結論から話そう。

これは、アマゾンで安く売られている商品を高く売って、鞘を抜こうと言う商売である。
アマゾンは、配送のみの委託など受けてはいない。



全体はこう言う事である。

1.注文が来たら売主は、アマゾンに同じ商品を発注する。
2.支払い主は自分(売主)で、届け先は注文主である。
  *つまり、他人へのギフトのように装うのである。

仮にアマゾンで3千円で売られているものを、倍の6千円で別サイトで売りに出す。
売主はアマゾンに3千円支払い、買い主は6千円を売主に払う。

売主はアマゾン商品を横流しするだけで、3千円の利益になる と言うわけだ。

これもネットで見た事があるが、自分の目で今回確認出来た。


もう一度言うが、アマゾンでは、配送のみの委託など受けていない。
*商品の委託販売か、委託販売と配送のセットなら受けている。
  同一販売者が複数サイトで販売しても、アマゾン以外のサイトで購入したなら
  アマゾンの梱包で自宅に届く事はない。

アマゾンは、宅配料金値上げ予定のヤマト運輸と交渉の席に着くところなのだ。



某サイトと比較の結果、冒頭の言葉とは裏腹にアマゾンマーケットプレイスで購入した。
商品は同じ感じだが送料込みで、上記サイトの約六掛けであった。

しかし取り付けは、すぐとはいかず、やすりがけ等が必要だったが想定内の事だ。
価格に較べた精度・品質は、それでも良いほうだろう。これで十分満足である。

高価なものは、もう少し精度高く作ってあるのかも知れない。 


*貼付の両面テープはノブまで届かない。なので、両面テープは厚手のものに張り直し。
それに長すぎるエッジ部分のやすり掛けと、1分のつもりが1時間以上かかってしまった。

ネット通販だから安いだろうは、先入観に過ぎない。悪は、この先入観につけ込む。

同様に、有名サイトだから大丈夫だろう も、また間違いなのである。



まずは比較検討だ。ご注意下さい。

*ノブは、パーツレビューか、整備手帳でUP予定です。
体調は回復傾向で、少しは運転できるように・・。前回ブログもご覧下さい。

スイフトフォトギャラ 薫風近し
Posted at 2017/04/26 19:55:25 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車弄り・用品購入 | 日記
2017年04月24日 イイね!
春のアンカー・桜から目には青葉の新緑へ 再起動
ようやく起きだして、少し車散歩した。
再起動である。それでも距離はまだ僅かだ。

春のアンカー・桜も散って、季節は新緑にバトンタッチ。

当地では、目には青葉の季節が来た。



日高市の茶畑。三大茶葉のひとつ、狭山茶を栽培している。
色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山にとどめさす と謳われた。

全国大会で優勝した茶葉で入れたお茶は、小売店の店頭で1杯5千円也だった。
自分には縁のないお茶である。TVニュースを見て、そうか! と感心するのみ。

狭山茶は、地元狭山より周囲の日高・入間・所沢・奥多摩地区での生産が多い。



高麗神社に参拝して健康等、諸願の叶うお守りを求める。
奥は、国重要文化財・宮司の江戸時代の住居だ。



桜の花の前に咲き桜が散っても、なお咲き誇るロングライフの菜の花である。
今は住人のいない、元牛舎の前に咲いていた。



鎌北湖に向かう途中、新緑の里山の1本道。先日までは冬枯れの景色だった。


県道に合流して鎌北湖への坂道を上る。写真奥から勾配がきつくなる。
5速ホールドで湖畔に到達した。



新緑の鎌北湖。このアングルも、季節ごとの自分の定番アングルだ。
湖面もまた新緑のようだ。

鎌北湖は昭和初期の大恐慌の際の雇用対策としての公共工事であり、この時期全国に、
同様なものが造られている。農業用灌漑用水池である。
よく行く奥蓼科の美しいみしゃか池も、同様の目的で、その時代に造られた。



湖畔には釣り糸を垂れる人々が。ボートも週末のみだが営業を開始したようだ。


鎌北湖をバックに、愛車の写真を撮るのは初めてだ。
今年10月に満20歳で、ネオクラッシックカーの仲間入りである。



帰路は下りの爽快な道。同じ道でも上りとは違う雰囲気の道だ。


途中、僅かに残る山桜と新緑のコラボが見えた。


幹線に出る手前には、チューリツプ畑が・・。


ううーーん  イイね!


次は、もっと遠くに行きたい。
2017年04月10日 イイね!
桜満開・菜の花とコラボ。身体は腰痛と坐骨神経痛のコラボ
風邪の発熱で週末は床の中。
前回ブログの桜堤も満開だろうと早朝に出かけた。

いつも桜は咲く前か散った後で、同時のコラボは
殆どお目にかかってはいない。


月曜日でもあり、途中から通勤時間帯に入る。


渋滞も始まった。とにかく、目的地の桜堤まで寄り道なしだ。
いや、朝7時OPENのヤマダうどんで、OPEN早々、朝定食を食べた。

桜堤に着いたのは8時少し過ぎだ。

オー!桜も満開だ。素晴らしい光景が広がる。
1Km以上にも、延びる桜堤は圧巻である。

奥中央のとんがり山が、辛酸なめこ山ー笠山である。頂上付近のアイスバーンでスタックしたのは、
ほんの二か月前である。





これが先週の桜堤だ。*前回ブログ写真。


桜並木の下で1枚。幅員の狭いこの道では、早朝以外に車の写真は撮れない。
足回りは10年記念で、KYB・NEWスペシャル+ピレリに変更したZC-11・SWIFT。



帰りは、前回と同じ林道を走る。

両脇の林も間伐されていて良い雰囲気の林道だ。所々に桜も見える。



この先、長瀞に寄ろうかと思ったところで、腰に異変が・・・。
尾てい骨横に、痛みが走る。自分の持病のひとつである坐骨神経痛である。

風邪が治り、ギックリ腰も快方に向かっていたのに・・・。

北北西に進路を取る。(どこかで聞いたような・・・。)つまり帰宅である。  


ナビもスマホも持たず、頼りは道路標識とコンパスのみなのである。*地図も滅多に見ない。

帰路中に少し道に迷った。廃校があった。いつも幹線側から見る廃校であった。


この街で一番大きな建物(工業高校)も、過疎化に伴う廃校となって10年近くが過ぎた。


いつ見ても、良き地名だ。途中の市にある町名である。

途中、GSに寄って満タンにした。燃費は、たった10K/L 強。
*プラグ交換したのに、燃費はまた逆戻りである。

八ヶ岳の常宿に行く時は、16K以上走るが、毎日都内以上の渋滞をチョイノリだ。

狭いのに人口が多い埼玉県。山奥近い秩父でも(失礼)市内では、いつも渋滞だ。
車の数に道路の数が追い付いていないのだ。

桜と菜の花の素晴らしいコラボを堪能したが、腰の痛みは耐えるのみである。
帰宅してアリナミンの大量療法。*坐骨神経痛は、少し続ければこれで治る。




エスクード・スイフト整備手帳の他に、自分の整備手帳を作らねばなるまい(泣)。

しかし、今日の花のコラボは素晴らしかった。多少の痛みは、吹き飛んでしまう。


VIVA・ドライブ である。
2017年04月05日 イイね!
桜の国 古戦場の菜の花 昨日朝、所用で市役所を訪ねた。

そこには川越祭りがユネスコ世界遺産に登録された
事を祝う垂れ幕が・・。知らなかったが、めでたい事だ。

市役所前の、市ゆかりの大田道灌像も嬉しそうだ。
*下右写真は、市広報から借りました。

大田道灌は、江戸城はじめ築城の名手で有名だ。  





河越城も道灌の手によるものだ。
軍師としての才覚にも秀で、戦では連戦連勝であった。

私のブログによく出る越生町に、大田道真・道灌 親子の墓がある。*伊勢原にもあり。
市役所は、河越(現川越)城(日本100名城)本丸の跡に建っている。

下は、役所からほど近い本丸御殿である。河越城、唯一の遺構である。
現存する本丸御殿は、ここと高知城のみである。



武蔵の国(東京都・埼玉県の全域)の、当時最大都市だった河越の争奪戦は熾烈を極めた。

当時の関東管領・扇谷・上杉と小田原の北条氏康が覇権を争った。
北条の5倍か、それ以上の大軍だった扇谷・上杉連合軍だったが、北条軍の奇襲に敗れた。
*明治に入り、道路工事で掘り起こしたところに、大量の人骨が出て人々を驚愕させた。
 後の鑑定で、河越夜戦の時代(1546)の死者である事が分かった。

扇谷・上杉軍には名軍師・大田道灌がいたが、その才知を妬んだ主人である扇谷氏により
現在の神奈川県・伊勢原市で暗殺されていた(1486)。

自分の手で暗殺した扇谷・上杉軍が、道灌の出身地で大敗するとは、歴史の皮肉である。

その後、扇谷氏は滅亡、上杉氏は上州から越後へ敗走。
長尾景虎に救援を求め、景虎を養子として関東管領とした。

長尾景虎改め、戦国の英雄・上杉謙信の誕生である。



*当地でも桜が満開。桜の国・日本である。

ともかく小軍で大軍を破った戦いは、桶狭間・厳島の戦いと共に戦国3大夜戦として
歴史に名を残す事となった。厳島夜戦(よいくさ)は、毛利元就。河越夜戦は北条氏康。

だが桶狭間(言う迄もない織田信長)が、何故夜戦に入るのかは不明だ。
3大奇襲と言う人もいる。自分も、奇襲のほうが理にかなっているように思う。




ここは、縄文時代から湧き続けている公園の沼だ。
沼周囲には当時の集落跡の遺跡が出ている。


そして、スイフトと嵐山町にやってきた。都幾川の桜堤を見る為である。

ところが、タイトル写真のように桜は、まだ十分に開花していない。
だが、桜に代わる主人公がいた。



最初に見た時は、息を飲むような美しさだった。週末には桜とのコラボが満喫出来る。


そして鎌倉時代は、源一族が治めていたこの地。鎌倉街道の古道が残る。


鎌倉街道を越えると、時代は室町へ。将軍沢林道・・短いがお洒落な林道だ。



短い山道を登ると、林道終点の笛吹峠に出る。

ここは、室町幕府の開祖・足利尊氏軍が、敗走した新田義貞軍を壊滅させた地だ。

京都から敗走してきた公家が、決戦前夜吹いた笛の音が、峠に響き渡ったと言う。
笛吹峠の由来である。死を覚悟して吹いた笛は悲しげな音色だったろう。




下の桜堤の桜は開花していないが、笛吹峠の桜は不思議なことに満開であった。


菜の花畑からここまでは、ほんの10分程である。
そう、あの菜の花畑は、かつての古戦場だったのである。*1342年の事である。

長い長い戦の時代を越えて、菜の花が見る人の心を癒してくれている。



*足回り含め、新車のようにリニューアル完了した、我が10年SWIFTである。
 フォトギャラUP準備中。
                                歴史大好き    おわり
プロフィール
「[パーツ] #スイフト 本革製サイドブレーキカバー  http://minkara.carview.co.jp/userid/1110056/car/855743/8424887/parts.aspx
何シテル?   04/30 11:56
2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
本田宗一郎の見事な引き際と、そうでなかった人 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/29 20:56:29
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46
八高線と列車事故 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/29 13:17:12
お友達
黒等色背景文字や小文字は、読めません。
みんカラ各部門記事に興味を持てる方。
(特にブログ・フォトギャラ)
守備範囲の広い方、大歓迎。
病気なので料理の連発や酒のブログはスルーさせ
てもらいます。自己紹介なしの方とか政治話もパス。
実働45人位まで。

42 人のお友達がいます
miracle_civicmiracle_civic * 赤兵衛赤兵衛 *
ootaoota * AS25AS25 *
常につまらない自由人 お~さん♪常につまらない自由人 お~さん♪ * 奈良の小仏奈良の小仏 *
ファン
66 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2001年、13年前の事 ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.