• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CatDogのブログ一覧

2013年01月26日 イイね!

春まだ遠しー秩父 美の山に登る

春まだ遠しー秩父 美の山に登るご無沙汰していました。

前回ブログUP直後に家族にアクシデントがあり、暫くは24H体制の介護でした。


無理が祟り、ひざに来て暫くはクラッチも踏めない状態  でした。

その間は、ATのスィフトが病院への往復・買い物等によく働いてくれた。

スィフトのタイヤは欧州ブランドの中国製造タイヤだ。
夏タイヤなのに凍結路をよくグリップして不安がなかった。
エスクの2輪駆動(FR)時より、ずっと安定した走りだ。

中国製品侮り難し。おまけに価格は純正の半分以下だ。次回も、これかな?



さて、ひざの痛みも取れ、介護状態も多少落ち着いたので今日は前回ブログ以来、
MTのエスクで日帰りツーリングをした。

交代が来てくれる日なので、やっと落ち着いてしばしのツーリングを楽しんだ。


国道299号を走り、秩父市に出ると景色が一変した。

各写真の如く、近所では見る事のない雪が各所に堆積していた。

今日は秩父の美の山に登る。
美の山は蓑山の当て字であり、一帯は埼玉県立公園になっている。


春以降は桜、ツツジ、あじさいが咲き乱れる花の山だ。
しかし今は、山頂付近の広い駐車場にただ1台。
何故でしょう ?



それは、途中道が写真の如くだからです。
無理に走れば、ご覧の通りレスキューのお世話になる。
ジムニーでは引っ張りきれず更に後ろのクレーン車が引っ張った。



頂上からの風景。正面は秩父のシンボル・武甲山と秩父市の街並。
全山、石灰岩の山だ。明治以来、削られ続けて山頂もどんどん低くなっていく。


日本の為に、文字通り身を削っている山なのである。
現在の標高は1304m。


山麓に太平洋セメントが操業しており、ここから日高市の同セメント工場まで23.4Kmに
及ぶ、長大地下トンネルのベルトコンベアで石灰が運搬されている。


山頂の反対側、群馬県方面を望む。
武甲山方面の険しい景色とは反対の開放的な眺めだ。真ん中に浮かぶ気球のような雲。


凍結した雪道を走るエスクDog。
ダンロップの細身ATタイヤは、太いタイヤより雪道でのグリップが明らかに良い。
強風の中で、晴れたり曇ったりの忙しい天候だった。


帰り道は、「日本の通貨発祥の地」に立ち寄る。

林道の途中で駐車して、そこから山中の雪道を足を滑らせながら歩く。

教科書でお馴染みの、日本初の通貨「和同開珎」の原料の自然銅を採掘した山である。

今でも辺鄙なこんな山奥まで、西暦708年に既に大和朝廷の支配が及んでいた事に
驚くばかりだ。1300年前に、ここで銅の露天掘りが行われた。


露天掘り場所へ続く、昼なお暗い山道

今日は日常をしばし忘れるツーリング&雪道トレッキングだった。

しかし、問題が解決した訳ではない。
春は、秩父路にも自分にもまだ遠いが、しっかりして頑張るしかない。


*フォトギャラもUPしました。
2013年01月04日 イイね!

感動 ! ! 埼玉の山奥から光りさざめく東京湾を見た!

感動 ! ! 埼玉の山奥から光りさざめく東京湾を見た!久々のブログです。
今日は初ツーリングでした。

奥武蔵グリーン(G)ライン・関八州見晴台(みはらしだい)に行ってきました。


関八州とは、ザックリ言うと関東地方の事である。
関東地方に山梨県を加えると、首都圏と言う事になる。

その首都圏が一望出来るのが関八州見晴台という事らしい。


しかし、こんな山奥から下房、安房などの房総半島が見えるとは信じがたかった。
真偽を確かめたいと言う気持ちもあり、見晴台に登って見る事とした。
だが、昨年のように雪で凍結していたら途中で引き返す事とした。

Gラインを走り始めて、もう20年。
見晴台の前は、何十回も通ったが登るのは初めてだ。

越生方面から入る。今日はハイカーも大勢来ていた。
この先(上に見えるガードレール)からは林道となり、道幅は半分となる。




タイトル写真の林道を登っていく。
昨年は雪と氷で、車を寄せつけなかったこの林道も、今年はまだ雪も氷もない。

この見晴らし台の位置は、越生町と横瀬町の間にある。
(川越市と秩父市の中間くらい。)




車を停めて、山道を登山服姿の人達に混じり、よっこらさと登る。
そしてこれが山頂。360度の大パノラマだ。お堂は、高山不動尊・奥の院。




山梨県方面の眺望。富士がハッキリと見える。



東京・千葉方面の案内図。



スカイツリーが、下写真・真中の枝の直上に薄く見える。
その右が、新宿高層ビル群。
肉眼では光りさざめく東京湾。
そして、その向こうに本当に房総半島が見える。


埼玉で海が見えるなんて !
 感動した !!


写真では、カメラの解像度が及ばなくて残念だ。



「山高きが故に尊からず。」とは良く言ったものだ。ここの標高は771mである。


何事もポジション取りが、いかに大切かがわかるような眺望だ。

関八州見晴らし台とは、大袈裟ではないと納得して帰途に着く。
今日はうっすら雲がある。山頂の気温は零度くらいだ。
風が頬に当ると痛いくらいだ。

光りの差し込む林道は、気分よく走れる。


希望の光りある年に、なりますように。


途中で梅林の名所を通ったが、もう蕾が見られた。
ひと月近く開花が遅れた昨年より、今年の開花は早そうだ。


今年も、よろしくお願いします。

*見所が各所にあったので、フォトギャラもUPしました。1.5 15時30分

プロフィール

2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

ネット通販 要注意 !!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/28 20:02:08
本田宗一郎の見事な引き際と、そうでなかった人 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/29 20:56:29
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46

お友達

黒等色背景文字や小文字は、読めません。
みんカラ各部門記事に興味を持てる方。
(特にブログ・フォトギャラ)
守備範囲の広い方、大歓迎。
病気なので料理の連発や酒のブログはスルーさせ
てもらいます。自己紹介なしの方とか政治話もパス。
実働45人位まで。

41 人のお友達がいます
野良猫モッチー野良猫モッチー * Demio_7513Demio_7513 *
ken0428ken0428 * miracle_civicmiracle_civic *
paje-kenpaje-ken 常につまらない自由人 お~さん♪常につまらない自由人 お~さん♪

ファン

75 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家、唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2003年、13年前の ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.