• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CatDogのブログ一覧

2017年05月29日 イイね!

再起動 日本一高い木の鳥居 軽自動車しか走れない橋

再起動 日本一高い木の鳥居 軽自動車しか走れない橋
ほぼ、ひと月ぶりにエスクに乗った。

まずは、身体のアイドリングである。

スズキパーツセンター行きの途中にある結婚式場。
洒落た造りなのだが、本題ではない。

左端に見える鳥居に注目。





鳥居が、建物3階の高さまで伸びている。

いやあ、高い! 

富士吉田神社に昨年、新鳥居が完成して、抜かれるまで木の鳥居としては
日本一の高さだった。



ここは、県内有数の参拝客がある川越氷川神社である。
中央に飾られる扁額は勝海舟直筆のものとか。高くて良く見えないが・・。




氷川神社の隣は、川越地方裁判所だ。

何故かこの裁判所で昔の婚約者に偶然会った事を思い出した。
二人とも、交通違反で来たと思うが、確かな記憶はない。

それにしても、となりの最初の画像の式場で式を挙げる筈が、裁判所で出会うとは。

婚約解消から数年経った、40年も遠い昔の話である。


ここから、蔵造商店街はそばである。

女性として世界で初めてエベレスト登頂や世界7大陸の最高峰登頂に成功した、
登山家の田部井淳子さん(昨年逝去)。
市民であった、その田部井さんも愛した、川越のシンボル「時の鐘」。




下2枚は、別の日の早朝に撮影したもの。 


蔵造の街並みにあって、ひと際 異彩を放つ威風堂々とした石造りの西洋建築。
昔の埼玉(現・埼玉りそな)銀行の本店のひとつであった。

現在も、川越支店として現役である。
国重要文化財・日本の西洋建築100選にも選ばれている。




少し郊外へ

エスクのハンドルを握るのは1カ月ぶりであった。
県道を十数キロ走って、高麗川の河原に出た。

後方に、軽自動車しか渡れない変な橋が見える。



 橋の幅はこんな感じだ。軽自動車でもギリギリである。
交通量が増えるのを嫌った、住民の意向が反映されたのだろうか? 



この狭い河原に、車は満車状態であった。
橋は架かっていても普通車は通れないので、ここに降りるしかない。  




BBQしたりテントを設営したりと、皆さん思い思いに楽しんでいる様子だ。

家族はイイね!




奥に行くと旧橋の橋げたが残っている。

旧橋には欄干(横のガード)がなかった。ある年の初詣での帰り道の事だ。
大渋滞を避けて迷い込んだのが、この橋の前。
車は、みな軽自動車だったのが不思議だった。

橋を見通せる位置まで来て、軽自動車ばかり並んでいるのかが分かった。
しかし、道は1車線でUターンは出来ない。
見れば1台だけ並んでいたコンパクトカーが、何とか渡り切った。


自分も行くしかない と覚悟を決めて橋に入った。
橋に入る前、脱輪した場合は後続車も動けなくなるから と言って、渡り切るまで橋への
侵入を控えるようお願いしてきた。後続の車は延々と続き、私の車を見ている。

まず、助手席側のタイヤを端ギリギリに寄せた。
その状態でも、運転席側のタイヤもギリである。

運転席側タイヤをギリギリに寄せて進んだ。時には半分タイヤが橋からはみ出した。
もう、大汗は冷や汗でもあった。

時間をかけて渡り切った時は本当にほっとした。




それ以後、この橋の事は忘れていた。数年前、偶然通りかかって思い出したのだ。
その時に撮影した再現写真が上の画像である。*渡らなかったけど。

旧橋を渡った時は、窓から顔を出してタイヤがはみ出さないよう見ながら時間をかけて
カメのようにノロノロと進んだ。

こんな時、運転席にもグリップがあれば便利なのにと思い、今回取り付けたのだ。



この日は身体のアイドリングだった。徐々に距離を伸ばして行きたい。
Posted at 2017/05/29 12:06:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月19日 イイね!

20世紀末の銀塩写真 みんカラ6周年

20世紀末の銀塩写真 みんカラ6周年 今回のフォトギャラにUP出来なかった
エスクからみの銀塩写真一覧になります。
*上2枚はUP済
タイトル写真は、納車間もないエスクードTA51W。
入間川河川敷 廃線メッカの西武安比奈線そば。

純正オプションの背面カバーは、気にいるものがなく
好きな「Jeep」ロゴを背負った。
手入れしながら10年持たせた。



また、行きたい忍野村・富士の撮影ポイント。*山中湖そば
春は、あたり一面がお花畑である。




山中湖に向かう幹線から忍野村に向かう途中道。富士を据えた絵のような風景。


世紀末2000年頃の国道299号線 十国峠。八ヶ岳山麓の常宿からの帰り道。
峠を降りると群馬県・上野村から埼玉県・秩父市を経て終点入間市に至る全長約230Kの国道。

長野県・佐久町から埼玉県・秩父市に米を運んだ昔は、それは酷い極悪路だったと言われる。
*1日10石が輸送の限度だったので十石峠と名付けられた。

当時でも、長野側から峠付近は1車線しかない部分がまだ存在した。

撮影後、大規模土砂崩れで復旧に数年を要した。




初めて行った尾瀬湿原と至仏山。冬季閉鎖の直前だった。
遥かな尾瀬だが、自宅から2時間(関越道・沼田IC 南入口 )で行けるとは意外だった。




案内してくれた会社の同僚。遥かな尾瀬 遠い空 であった。
紅葉の季節ではあったが、こんなに湿原が赤かったかな?



初めて奥武蔵Gラインに入った。

雪道を、乗用車がついてきた。乗用車では、これ以上進めないから戻った方が良いと言った
途端に、その車はスタックしてしまった。

押して、方向転換させたのを覚えている。



タイトル写真撮影日、同場所で。気に入っていた純正鉄ホイール。
いずれまた復帰させたい。



上記の銀塩フィルム写真を撮影したカメラ。*この写真のみデジカメで撮影。
UPしたフィルム写真は、デジタル変換器ではなく、写真をデジカメで撮影したもの。

フィルムはデジタルのように画像消去が出来ない。
現像代と合わせると高価だったので、今のように、やたらパチパチとはいかなかった。



健康を回復・遠出して、またドライブレポをUPしたいと願う、今日この頃なのであります。

そういえば今日(UP日5/20)が、丁度6回目の入会記念日であった。

*20年前のエスクと亜米利加 変わらぬ富士 フォトギャラ
2017年05月12日 イイね!

自損に始まり痛風で終わった最悪のGW それでも みんカラ6周年

自損に始まり痛風で終わった最悪のGW それでも みんカラ6周年
例年、GWは入会年から静養が必要な状態になる。
出かけるのは例年、GW明けになる。

それにしても、今年は最悪のGWだった。
初日にUPしたは良いが、結局それのみに終わった。


スイフトバンパーを、交換するような自損をやったのは
前回ブログにUPした通りだ。



そして、バンパー交換後の帰り道。立ち寄ったスーパーのがら空きのPKで交換したての、
バンパーを含めたボディ横を擦られそうになった。
相手の車を停車させたとき、車同士の間隔は僅か2Cmほどしかなかった。

高齢者の運転だった。

顛末は、パーツレビューにUPしてあります。


問題の体調は、初日がピークで、あとは元の不調に戻った。

昨年残したリホームがあったので、大工さんに一部補修と、昔一部木だった外壁を木の色
に塗ってもらい、オリジナルが戻った。

自分は、高圧洗浄機を借りて昨年出来なかった2階部分を、ベランダや屋根に乗ったり
して丸洗いした。

別棟も行い、2棟の丸洗いを実施した。



塗装後15年経つとは思えない程、白さが戻った。

ところで、この高圧洗浄機の水圧は物凄く、スポット洗浄にするとコンクリートに文字
が書ける程である。この事に、乾いてから気づいた。

エスクも洗浄したので、塗装面をチェックしたが無傷で済んだようだ。


微熱の中、窓から作業して壁に噴いた洗浄機の水を、大量に何回も被った。

お蔭で翌日は、体温38度に上昇。再び静養となった。



*GW中は、家と車の丸洗いのみの作業だった。
足回りを強化。内外装も、リニューアルして10周年記念スイフト完成だ。

しかし、相変わらずつきのない私なのである。

1.奥秩父・丸神の滝を見る登山予定日は、GW中、唯一の雨で中止。
  リホーム後は、静養した。

2.一昨年、行った函館温泉に泉質が似た、市営の日帰り温泉に出かけたが
  レジオネラ菌が、出て休業になっていた。

  ならばと、夜近所で外食し、久々にビールを中ジョッキ1杯だけ飲んだ。

3.翌日は、手の親指の付け根が膨れ上がり、痛くて指を動かせない。
  初めて経験する痛風だ。前回の血液検査で尿酸値7.5だった。

暴飲暴食の在職中とは違い、節制した生活のつもりでも身体の各臓器の機能が
衰えているのだろう。



ここに引っ越して来た時、母が(自分の祖父)から送られたツツジも満開だ。
いつも、ここに立つ時は笑顔だったのを思い出した。早いもので来月は、1周忌になる。

余りに枝が増えたので昨年、枝を半分に剪定した。


医者の薬を飲めば、痛みからは解放されるが、また不摂生になるかも知れない。

自分への罰として医者には行かず、節制で治す事にした。
アルカリ食品を多く摂取する。野菜を倍に とは言っても無理なので、無添加野菜ジュースを
2倍飲んで、プリン体の多い青魚・納豆なども控える。

また尿酸を薄めるため、水分も意識的に多く取っている。

鶏肉は低カロリーだが、プリン体は肉では群を抜いて多いのは意外だった。
特に皮・レバーなどは、旨いが健康的には非常にまずい。

本日は5日目だが、腫れも半分以下となり痛みも、ほぼなくなった。

「人間は、誰でも自分の中に医者を抱えている。」
とのシュバイツアー博士の言葉が実感出来る。



山中に椿が一輪。
浅田次郎のざくろ坂の仇討ちに出てくる椿は雪の中だが、これも「懸命に生きる」の趣がある。

来週は、みんカラ入会6周年である。皆さんのお蔭でやって来られました。

休眠中の方々も次第に増えて、今の実働友人数は30名もいないだろう。

この方々の復帰も、首を長くしてお待ちしています。


プロフィール

「[整備] #スイフト 格安・良品・実用的ネットグッズ紹介 http://minkara.carview.co.jp/userid/1110056/car/855743/4555287/note.aspx
何シテル?   12/14 16:47
2ストSJ-30からTA-01W,TA-51Wと乗り継いで います。オフロードも絶滅寸前。 力を発揮する場所も段々なくなる一方で、歳を取りMT疲れ。 エス...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

ネット通販 要注意 !!! 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/28 20:02:08
本田宗一郎の見事な引き際と、そうでなかった人 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/29 20:56:29
さらばゼロ戦 ! 自動車産業の礎にー ポルシェを破る快挙 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/11/14 19:01:46

お友達

黒等色背景文字や小文字は、読めません。
みんカラ各部門記事に興味を持てる方。
(特にブログ・フォトギャラ)
守備範囲の広い方、大歓迎。
病気なので料理の連発や酒のブログはスルーさせ
てもらいます。自己紹介なしの方とか政治話もパス。
実働45人位まで。

38 人のお友達がいます
ケイタ(madcrow)ケイタ(madcrow) * miracle_civicmiracle_civic *
イガグリイガグリ * 赤兵衛赤兵衛 *
cocoichicocoichi * ATSUPHARDATSUPHARD *

ファン

77 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ エスクード Escu Dog (スズキ エスクード)
初代TA51Wの最終生産分(97.10)で、新車から乗り続けています。 軽にも間違えられ ...
スズキ スイフト Swift Cat (スズキ スイフト)
2007.5購入のZC11の最終製造分。(1300cc)スィフト最後のAT車だ。 既にC ...
ホンダ トゥデイ Wild Cat (ホンダ トゥデイ)
我が家、唯一のホンダ車。 買い物、街中のブラリ散歩用に購入した。 2001年、13年前の ...
スズキ セルボ スズキ セルボ
自分のメモ用としてフォトギャラを使用。 初めてのスズキ車にして初の新車。 写真は借り物 ...
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる